古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:愛知県 > 後期(終末期)

珍しい複室構造の石室
 自動車のトヨタで知られる愛知県の豊田市。地図を広げてみるとその巨大さに驚かされます。面積は愛知県の20%を占めますが人口は42万人と少なめです。今回の池田1号墳は径20mほどの円墳で豊田市の西の端にある標高600mほどの猿投(さなげ)山の近くにあります。三河地域と呼ばれるところですが東5㎞ほどのところには矢作(やはぎ)川が流れています。説明板は三河では最大の横穴石室を有する円墳だそうで猿投山の麓から広がる水田地帯を支配した豪族の墓ではないかと記しています。

もっとも豊田市駅から30分ほどバスに揺られて猿投登山口で下車した古墳周辺の景色は工場や住宅が建ち並び古墳時代を想起するものはなにもありません。ところが5分ほど歩くと動画1に見るような静寂の世界が広がっていました。時折墳丘周囲の落ち葉が風にそよぐ音が聞こえるほどでした。南西にまわると石室が開口していました。羨道は天井部分がなくかなり削られていますが複室構造のためにスケールの大きさを味わうには十分です。前室は長さ2.8m 幅2.2m 高さ2.3m、その奥の後室は一回り大きく3.2m、幅2.4m、高さ2.4m。いずれも磨かれた巨石で築かれています。それにしても美しい。個人的には天井が1mほど高ければと思いましたが・・・。羨道が完存していれば墳丘は現状よりももっと大きかったことが想像されます。残念ながら全国古墳編年集成には古墳自体が記載されておらず、日本古墳大辞典には池田一号墳は記載されているものの築造時期についてはなにも記されていません。説明板にある約1400年前を手掛かりに7C初頭としました。撮影日(20171211日)。


池田1号墳基本データ

所在地 愛知県豊田市猿投

形状 円墳

規模 径19m 高さ3.5m、横穴石室 羨道 残存長2.5m 前室長さ2.8m 幅2.2m 
高さ2.3m、後室 後室長3.2m 幅2.4m 高さ2.4m 

築造時期 6C

史蹟指定 愛知県

出土品 不明

特記事項  なし

 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

遠目には可憐な近寄ると武骨な小円墳

 今回の大留荒子古墳、タイミングがよかったのか朝日に輝く小さな円墳は可憐といってもよい趣でした。動画2の冒頭、遠景でそうした印象をもちました。ただ、近づいて見ると川原石で覆われた姿は可憐とは程遠く武骨な印象を受けました。残念ながら中には入れませんが、ヘッドランプのお蔭もあって奥壁までよく観察できました。横壁と同じような川原石が丁寧に何段にもわたって積んであります。時期は6C後にまで遡る、近くの豊田市池田1号墳では奥壁は一枚岩でしたし表面加工もされていましたが、この古墳石室はそこまではこだわっていません。被葬者のランクが古墳にも色濃く反映されているのでしょうか。金環や直刀、鉄鏃、須恵器などが出土しています。どうやら複数人が埋葬されていたようで現地案内板によれば金環の数の多さから類推されるとのことでした。

 調査の後削平される古墳が決して少ないなか、区画整理事業のためにこの地に数百m移動したというのはこの古墳にとり運がよかったのではないでしょうか。アクセスは中央本線神領駅の東南300mほどのところ大留町1丁目信号至近の公園内です。自分は西500mほどの高御堂古墳とセットで訪ねました(撮影20171212日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室がほぼ完存する志段味古墳群の円墳

 名古屋市の東部、春日井市や瀬戸市に隣接する地域にある東谷山の麓に志段味古墳群は造られてきました。4C前半から7C末までと言いますから古墳時代を通じてこの地域は有力者が支配してきたといえそうです。白鳥塚古墳中社古墳、南社古墳、それに志段味大塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます)に続いて今回は後期の終わり頃の7C初頭に築かれた東谷山白鳥古墳(白鳥1号墳)を紹介します。実は動画を一部つなぎ合わせていますがこの古墳、二回訪問しています。名古屋から最寄りのJR中央線高蔵寺駅までもそれほど遠くなく、駅からの道も南下して庄内川を渡ったところの信号を左折すればすぐというわかりやすさもあります。なにしろ国道155号線沿いなのですから。被葬者はひっきりなしに車が行きかう現在の風景をどんな思いでみているでしょうか。

 肝心な古墳ですが前方後円墳の築造がほぼ終わり、時を同じくして比較的小さな円墳が各地で造られるようになりました。志段味古墳群も例外ではなく円墳を中心とする群集墳が営まれており、説明板によれば横穴石室がほぼ完存する唯一の円墳がこの東谷山白鳥古墳なのだそうです。名古屋市が志段味大塚古墳を中心に復元整備し、この白鳥古墳もその一環として現代に蘇った感じがします。墳丘を後ろから眺めていれば気が付きませんが、石室が開口する側に向かうと鉄の扉が行く手を阻みます。扉にはご覧のように小窓がついており、開口部横のスイッチをいれるとライトがつき古墳の説明がはじまります。うーんと唸ってしまいました。もう少し石室に相応しい扉がないものだろうかと。以前は入れたのにと思いながら、気をとりなおしつつ覗いてみるとかなり奥行があることがわかります。加工なしの自然石によるきれいな石室です。羨道幅と玄室幅が同じの無袖形のために境界は玄室上のまぐさ石になります(撮影2017314日と117日)。

PNG shidamikofungunichikankeizu
東谷山白鳥基本データ

所在地 愛知県名古屋市東谷

形状 円墳

規模 径17m 高さ3.9m 横穴石室 全長9.8m7.8mとする資料も)

最大幅1.6m、高さ2.4m

築造時期 7C

出土品 馬具、直刀、鉄鏃、須恵器、土師器等

史跡指定 志段味古墳群として国指定

特記事項 志段味古墳群では唯一ほぼ完全に残る横穴石室


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

復元されたとはいえ見事な石室

 庄内川を挟んで南には東谷山のふもとに広がる志段味古墳群があり既に志段味大塚古墳(クリックすれば飛べます)、白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)などを紹介してきました。現在の行政区分では今回の高蔵寺3号墳は春日井市、志段味古墳群は名古屋市になりますが、当時も川を挟んだ両地域はそれぞれ異なるリーダーをもつ別々の領域だったのでしょうか。

高蔵寺古墳群はかつて6基の古墳からなっていたようですが現在では今回の3号墳と半壊状態の5号墳が残るのみです。3号墳から西に1㎞ほど行ったところには墳丘が石で覆われた大留荒子古墳がありますが(クリックすれば飛べます)、両古墳群は独立していたようです。。7Cの初頭、地域の首長やその配下の有力者がこぞって円墳を築くようになり、今回の古墳もその一基と考えられます。1974年に発掘調査されそのまま復元保存されたと説明板にあります。玄室は側壁中央辺りが左右に広がる胴張を採用していることが鉄格子越しにもわかります。神奈川県川崎市の加瀬台3号墳(クリックすれば飛べます)が時期は下りますが同様の胴張式の玄室です。是非比較してご覧ください。高蔵寺3号墳の玄室は奥行2.8mと石室全体の長さに比べ結構大きく立派です。キャプションでは遠目にみる奥壁は1枚板ではないか?と書いたのですがどうやら中ぐらいの複数の石を積み塗り固めたようにもみえます。出土品は瓶、広口の壺とごくわずかだったようです。アクセスはわかりやすいです。名古屋から40分ほどJR中央本線高蔵寺駅南口出て庄内川に向かって南下します。二つ目の信号、高蔵寺駅南を越え一つ目を左折して500mほど行った右側です(高蔵寺町6丁目2-12)。(撮影20171212日)。

 




PNG  kouzouji3goufun to shidamikofungun kannkeizu
PNG kouzouji3goufun sekishitu zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ