古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:愛知県 > 中期

築造当時の完全復元
 今回の中期古墳は愛知県名古屋市にある志段味(しだみ)大塚古墳です。前方部が短い墳長51mの帆立貝式の前方後円墳です。2017年の春に復元工事が終わり動画1で見るようにその雄姿をかなり遠く離れたところからでも確認できます。葺石を張り巡らした二段築成の墳丘はなかなかのものです。周囲には濠が巡っていて実際の墳丘よりも大きく見えます。このブログでは既に300基以上の古墳を紹介していますが、築造当時の人々が目にしたと思われる墳丘を学術的考察をもとに完全に復元した例はごくわずかです。その意味で大変貴重な古墳といえます。


 名古屋市で198mと最も標高の高い東谷山には既に紹介した南社・中社古墳(クリックkすれば飛べます)、尾張戸神社古墳があり麓には墳長115mを誇る白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)等志段味古墳群の中核をなす古墳が築かれています。今回の大塚古墳もそのうちの一基です。それらを含む70基が4C後半から7C初めにかけて庄内川を臨む1㎞四方ほどの地域に築かれています。この地域はルーツを同じくする豪族が支配していたのではないでしょうか。


  話は志段味大塚古墳に戻りますが私が訪れた2か月後の20182月、朝顔形、きぬがさ型埴輪を中心に30本の埴輪(レプリカ)が何者かによって破壊されてしまいました。全体で500本のうち目立つ朝顔、きぬがさに被害が集中しています。被害総額は615万円にのぼっています(2018213日、名古屋市教育委員会文化財保護室報道資料)。心無い人々のこうした行為に怒りを禁じえませんが、これまでも東京都世田谷区の野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、岐阜県大垣市の昼飯大塚古墳(クリックすれば飛べます)等同様の被害にあっています。野毛大塚古墳は修復するにはかなりの費用がかかることから全てレプリカの円筒埴輪撤去に踏み切りました。残念なことです。志段味大塚古墳についてはパトロルールの強化や文化財保護の大切さを記した看板の設置などを考えているそうで、引き続き墳丘には登れるようでホッとしています。今回は埴輪が破壊される前の志段味大塚古墳を存分にご覧ください。アクセスは本古墳だけ訪ねる場合はJR中央本線高蔵寺駅から南に下り、庄内川に掛かる東谷橋を渡りすぐ右折し一つ目の信号所下(ところげ)を左折し青里掛(あおりがけ)の信号まで進むと動画2の冒頭の志段味古墳群と書かれた碑がみえます。徒歩20分です(撮影2017117日)。


PNG shidamiootsuka kofun zu

志段味大塚古墳基本データ

所在地 愛知県名古屋市

形状 前方後円墳 二段築成 葺石あり 周濠あり

規模 墳長52m、後円部径36m 高さ7m、前方部幅 15m、高さ1.5m

築造時期 5C

出土品 銅鏡(五鈴鏡)、金銅製帯金具、刀剣類等、水鳥、鶏埴輪、きぬがさ形、朝顔形、円筒埴輪等

史蹟指定 志段味古墳群として国指定

特記事項 埋葬施設は二基


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

整美な大型円墳は一見の価値あり 

  巨大な古墳はなかなかその全体像をとらえることが難しい。今回もそのような思いをしました。目の前に広がる墳丘は実に美しくまさに整美そのものなのですが、密集した住宅に囲まれて全体像をとらえることができないのです。仕方なく墳丘裾をまわってその一端を味わっていただくことにしました。 径82mですから全国の円墳でも上から数えて何番目という巨大さで、「売り」は東海地方最大の円墳ということだそうです。グーグルマップでお分かりのように、舞鶴小学校の校庭とほぼ同じ大きさです。それはともかく幅10mの周濠が高さ10mの墳丘にまわる姿は、数字以上に八幡山古墳を大きく見せています。太平洋戦争中に高射砲が墳丘に据え付けられたこともあり、戦後、傷ついた墳丘を名古屋市が修復したのが現在の姿のようです。日本古墳大辞典によると八幡山古墳は名古屋市東南部にかけて広がる瑞穂台地の西端に立地し、精進川を挟んで断夫山古墳(クリックすれば飛べます)の所在する熱田台地と対しているとあります。その瑞穂台地には八高古墳、高田古墳など80m級の前方後円墳もあるところから、一つの政治勢力を築いていたのではないかと記しています。残念ながら円筒埴輪以外出土品はほとんど確認されていないようです。アクセスは名古屋市営地下鉄舞鶴線、荒畑駅から徒歩10分。舞鶴小学校の隣です(撮影2017年3月15日)。

png HACHIMANYAMAKOFUN(NAGOYA) ZU
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

まとめて見返してみると見応えのある古墳群


 なるほど、そうだったのかと改めて思うことは、日々の生活でもよく経験します。今回もそうした類でしょうか。なぜ、東西1.7㎞×南北1㎞ほどの東谷山が否が応にも目に入る狭い地域に、66基もの古墳が築かれたのかという疑問です(現存は半数)。東谷山(とうごくさん)にも中社、南社等有力古墳が築かれています。内容も前方後円墳2基、帆立貝型前方後円墳5基、円墳50基、方墳1基、不明8基と序列がはっきりとした構成で、前期から後期まで連綿と築かれています。 その理由を名古屋市HPでは、古墳群のある上志段味と呼ばれる地域は岐阜県から愛知県へ流れる庄内川が濃尾平野へ流れ出る部分であること、庄内川の水上交通と美濃へ向かう陸上交通の結節点でもあること、古墳はそれら重要な交通拠点を管理していることを示すために築かれたとしています。
 墳長110mの白鳥塚古墳(クリック)や東谷山腹に築かれた中社、南社(クリック)、築造当時の姿に復元整備された志段味大塚古墳(クリック)、周濠を含め残りのよい勝手塚古墳(クリック)、古墳群中、唯一横穴石室が見学できる東谷山白鳥塚古墳(クリック)と、主だった古墳を改めて見返してみると、古墳時代前期から後期まで、墳形も前方後円墳、帆立貝型前方後円墳、圧倒的多数の円墳に1基の方墳と、たしかに「日本の古墳時代の縮図」といっても過言ではない様相を呈しています。 興味深いことに今回の東大久手古墳はじめ帆立貝型前方後円墳が5Cに至近の距離に5基が集中して造られていることです。ヤマト王権が以前ならば前方後円墳の築造を認めていたランクの豪族たちに帆立貝型を強いたということなのでしょうか。出土品の内容から志段味古墳群の被葬者たちはヤマト王権とは近かったと考えられ、ヤマト王権に服属する地方の豪族たちに王権の作成した「造墓基準」を当てはめた結果ではないかと考えました(撮影2017年11月7日)。 PNG 志段味古墳群の所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ