古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:静岡県 > 後期(終末期)

   今回は静岡県三島市に比較的最近発見され古墳公園として整備された向山古墳群のうち3号墳を紹介します。動画1からおわかりのように前方後円墳のミニチュアのような3号墳です。3号墳が前方後円墳ということはヤマト王権とのつながりを連想させます。山あいの向山古墳群全体は4C中頃から6Cにかけて造られた10数基の墳墓から構成されています。AからCのゾーンに区分された公園は復原された古墳と、ほとんど人の手をいれずに墳丘を保存した地域にわかれていますが、非常に工夫されていると思いました。


   古墳群から見る雪を被った富士山の姿はそれは印象的でした。幾たびかの噴火で形は変わっているとはいえ、被葬者が眠る古墳から雄大な富士山を人々が目にしていたことは疑いがありません。円墳の14号墳から見る富士山は格別の美しさだったので、前期古墳ですが番外編として3号墳の動画に加えました。


   アクセスは伊豆箱根登山鉄道の駿豆線大場駅から大場分譲地・錦が丘分譲地行で錦が丘入口で下車。徒歩5分です。バスは1時間に2本ほどあります。

PNG mukaiyama3gou zu

所在地 静岡県三島市

形状 前方後円墳

規模 墳長 21.7m 高さ不明、前方部幅8mほどか 高さ不明

築造時期 6C中頃

出土品 長さ1mの鉄剣(1号、2号墳からは鉄剣に加え鉄刀、鉄鏃も出土)

史跡指定 県指定

特記事項 1975年に近くの向山小学校建設時に12号墳が偶然に発見され、その後

残りの古墳が発掘され古墳13基が県指定の史跡となった。別途平成16年に竪穴埋葬施設をもつ前方後円墳が近隣から見つかっている。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

賎機(しずはた)は静岡の語源なのですね。恥ずかしながら知りませんでした。麻の織物、機織りを職業とした人々が多数いたこの地一帯の丘陵が賎機山とよばれ、それが明治になり、賎機の丘、静岡になったというのです。静岡にとり、この地は非常に重要だということになります。

それはともかく、駿府城近く、静岡市内のど真ん中の浅間神社境内に古墳はあります。復元整備された石室は、江戸時代から開口していたようで、古文書にも記されているそうです。昭和24年の発掘調査では、石室、石棺は盗掘に遭い荒らされていましたが、石棺の周囲から土器、武具、馬具など質、量ともに豊富な副葬品が出土しています(静岡市教育委員会の賎機山古墳パンフレット)。そのパンフレットには出土品は浅間神社境内横にある静岡市文化財資料館にて公開中とあるので、楽しみに立ち寄ったのですが、結論からいえば見れませんでした。特別展開催中の時は、賎機山古墳出土品は展示スペースの関係で公開していないというのです。少々、不親切なパンフレットの記述ですね(静岡市のHPにも常時展示とあります)。

肝心の石室ですが、内部には入れないものの、ライトに照らされた見事な家形石棺を含め柵越しに見ることができます。ただ、玄室の大きさなど実感するには中に入りたいところです。6C後半の築造と推定されているようですが、出土品は7C前半のものもあるそうで、複数回埋葬されたと考えられています。アクセスは静岡駅北口から安東循環線で赤鳥居前下車すぐです(撮影日2015年9月5日)。



PNG shizuhatayama zu
 

賎機山古墳データ

所在地 静岡県静岡市葵区

形状 円墳

規模 径32m、高さ7m

築造時期 6C後半

出土品 金銅製の冠帽金具、土師器、須恵器、挂甲、馬具、武具、装身具類

史跡指定 国指定

特記事項 横穴石室規模 全長13.2m、羨道6.4m 高さ1.7m 幅1.2m、玄室 長さ6.5m

奥壁高さ 3.8m 幅2.6m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する終末期古墳、静岡県富士市の実円寺西古墳はあまり情報がありません。新旧の日本古墳大辞典にも記載がありません。とはいえ確かなことは駿河湾まで6-7㎞までの標高87mの地に村の首長を被葬者とする円墳が7C前半に築かれたことです。たしかに古墳前に立つと眺望は良好です。径が19mの円墳ですが横穴石室の長さはその半分、9.5mもあります。追葬を前提にしたということなのでしょうか。動画でおわかりのように内部はかなり武骨な川原石を主体とする石室で、寸胴という形容がぴったりです。これまでみてきた精巧な切石積みの終末期古墳とは様相がだいぶ違います。関東は群馬県総社町の蛇穴山古墳(クリックすれば飛べます)と比べてみてください。

 残念ながら秋口の訪問は失敗でした。石室が南向きということもあり夏草は枯れるどころか茫々と生い茂り石室入口をふさいでいました。入口の前によくみると四段の階段が設けられていましたがこれも雑草におおわれていました。しかも内部には施錠されていて入れません。実はこの古墳、一度解体され補強したうえで復元されたものだそうですが機会があれば草刈が行われたあとに訪れたいと思いました。アクセスはJR富士駅から富士見台団地行きで富士東高校前下車徒歩5分。1時間に2本ほどあります。バス停進行方向の一つ目の信号を右折し200mほど歩いた右手に墳丘がみえます(撮影20161011日)。





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の6C末に造られたと考えられている径12mの小さな円墳、天神洞古墳については情報が乏しいのが実情です。動画に見るように墳丘及び横穴石室は復元され小さな公園内に保存されています。わかっていることはこの辺り一帯は香貫(かぬき)九十塚といわれる古墳群があり、そのなかに天神洞が含まれています。1970年代に行われた土地区画整理に際しての三基の古墳が発掘調査され武器類やメノウ製勾玉装身具、土器類などが多数出土したことがわかっています。沼津市教育委員会の説明では天神洞古墳は、これらの発掘調査で明らかになった結果に基づき、おそらくこのような横穴石室をもった円墳が存在したであろうという想定の下に復元を行ったということでした。

 地域的に近く、また6C末と同じ頃に造られたと考えられる静岡県富士市の円墳、実円寺西古墳(クリックすれば飛べます)は径18m 奥行9.5mに対して、天神洞古墳は径12mに対して奥行4mに留まっています。この古墳群にはこの規模の円墳がいくつもある群集墳だったと考えられます。この規模からして古墳の造営が有力な豪族しか造られなかった時代から、下位レベルのより小さな地域を治める豪族、さらには上位の庶民上層部の者、家父長クラスにまで可能となったことを示すものといえるのではないでしょうか。アクセスは沼津駅から東海バス大平行きで中瀬バス停下車信号まで戻り山側に渡り入るとすぐです(撮影20161011日)。


天神洞古墳(香貫古墳群)基本データ

所在地 静岡県沼津市中瀬町

形状 円墳(復元)

規模 径12m 高さ2.3m 横穴石室 長さ4m 床近くの幅1m、天井近くの幅0.75m

築造時期 6C

出土品 武器類やメノウ製勾玉装身具、土器類など多数

史跡指定 なし

特記事項 本文に書いたように天神洞古墳は区画整理に伴う発掘調査の結果明らかとなった遺構等から想定復元された横穴石室のある円墳。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ