古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:熊本県 > 後期(終末期)

江田船山古墳に続く二基の古墳
 
今回の後期古墳は既に紹介した江田船山古墳と同じ熊本県和水町にある塚坊主古墳と虚空蔵塚古墳です。江田船山古墳のあと6C初め頃に築かれたと考えられる前方後円墳です。文字が銀象嵌された鉄剣が出土したことで有名な江田船山古墳に対して、塚坊主古墳は石室内の石屋形の壁に描かれた赤、白の円や三角の模様で知られています。ラッキーなことに春、夏二回の公開日にしか入室できない石室なのに墳丘に近づくと扉が開いているではありませんか。覗いてみるとボランティアの方がどうぞどうぞと招き入れてくれました。教育委員会関係の視察がこれからあるそうで早めに開けたとのこと。こういうこともあるのですね。

肝心の石室ですがガラス越しの見学です。動画1にあるように石室は天井部分が完全に失われていますが、中にある石屋形の奥壁に確かに模様が描かれていることがわかります。とはいえ残念ながらぼんやりしています。これ以上の照明は保存の観点からすれば難しいのでしょう。模様が描かれた石屋形は板石で囲った遺体を葬る場所のことですが、福岡県八女市の童男山1号墳の動画でよくわかります(古墳名をクリックすれば飛べます)。もっとも模様は書かれていません。九州でよくみられる埋葬施設だそうです。周濠がめぐる墳丘は長さ43.4m、後円部径29.6mに対して前方部幅は20m。前方部が短い帆立貝形古墳のようです。銅鏡(四獣鏡)、金環、銀環、馬具、直刀などが出土しています。

動画3で紹介するのは墳丘のみそれも後円部の一部以外は破壊されていたため復元された虚空蔵塚古墳です。こちらも帆立貝形の墳長44mの前方後円墳です。外形調査で円筒埴輪、人物埴輪が確認されています。埋葬施設は未調査のため不明だそうですが塚坊主古墳と同様の横穴石室が存在するのでしょうか。江田船山古墳と二つの古墳は古墳公園として整備されています。二度訪れましたが芝はきれいに刈り込まれ気持ちのよい見学となりました。アクセスはJR玉名駅から1-2時間に1本出てる産交バスに乗り菊水ロマン館下車徒歩5分。

道路沿いに大きな看板があります(撮影日2016年10月25日)



塚坊主古墳と虚空蔵塚古墳基本データ

所在地 熊本県和水町江田

規模 塚坊主古墳長さ43.4m、後円部径29.6m 高さ5.5m6m、前方部幅20m 高さ不明 周濠あり。虚空蔵塚 長さ44m。虚空蔵塚古墳 墳長44.5m、後円部径32m 高さ7m、前方部幅27m 高さ不明。二段築成。周濠あり。

築造時期 6C

出土品 塚坊主古墳 銅鏡(四獣鏡)、金環、銀環、馬具、直刀 虚空蔵塚古墳 円筒、人物埴輪

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

目を見張る石屋形と穹窿式天井の技術の高さ

PNG oninoiwaya kofun (kumamotoshi)

熊本市の新装なった桜バスターミナルから45分ほどで小野泉水公園(終点)に着きます。

。小野小町が産湯を使ったと伝えられる回遊式の庭園の奥にある登り路を15分ほど歩くと目指す古墳に到着します。こう書くと簡単ですが動画1にあるように途中の七国神社の石段はすり減ってる上に苔むしていてスリル満点でした。

肝心の古墳は墳丘は雑木林が生い茂り円墳ということはよくわかりませんが石室は期待以上でした。長さ9.3m。複室構造の石室ですがなんといっても目玉は後室(奥室)のがっしりした石屋形船と穹窿式、ドーム状の天井です。前室から後室に入ると、さらに第三の部屋があるように見えるのが遺体を安置した石屋形です。肥後をはじめ九州では石棺ではなく板石で仕切る石障(せきしょう)や屍床(ししょう)に遺体を置く例が多いようです。石屋形は福岡県八女市童男山古墳1号墳(クリックすれば飛べます)、屍床は童男山古墳2号墳で確認できます(童男山2号墳と3号墳を同時に紹介した回です。クリックすれば飛べます)。

石屋形の上を見上げると穹窿式の丸い天井が広がっていました。ただただ丁寧な仕事ぶりに感心。それにしても崩れないように積み上げるにはどのような技術が必要だったんでしょうか。側壁の巨石や天井の一枚板石も印象的です。ただ、中世以降長い間開口され信仰の対象とされてきたということでしょうか。落書きが多く残念でした。玄室(後室)から金環、鉄鏃、須恵器、前室から馬具皮留め片が出土しているそうです(説明板)(撮影20191025日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠を含めた復元が圧倒的迫力!

 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。はじめて塚原古墳群を紹介した際に、そう書きました。おさらいをすると次のようなことです。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群1(クリック)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、前方後円墳は西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。
 今回の花見塚古墳はその内の1基で築造当時の姿に復元されています。 これがなかなかの優れものです。 スケールという点では西都原には遠く及びませんが、北の民俗資料館から入ると、目にするのは所狭しと並ぶ方形周溝墓(クリック)、円墳、方墳、前方後円墳の数々です。密集という表現がぴったりです。そして、見学ルートの最後に登場する今回の花見塚古墳。説明板によれば古墳群中最後に築かれ(6C末頃)、大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)(クリック)の100分の1にあたるようです。大型前方後円墳のミニチュア版として、古墳の構造を理解するにはうってつけのように思われます。 この花見塚古墳はそうした役割だけにとどまりません。自分ははじめて見たような気がするのですが、二重周濠がめぐらされた前方部の南端に径10mほどの円墳が付属するという点です。埋葬施設を2つ設けるのではなく、わざわざ、周濠を共有して独立した円墳を設けるというのは、前方後円墳の被葬者とは極めて密接な関係にあったことが容易に想像されます。
 珍しいと感じたのは周濠が丁寧に復元されていることです。多くの復元古墳の場合、墳丘は当時の姿を再現しても、周濠はせいぜい、掘られていた場所がわかるように目印がつけられている程度です。ところが花見塚古墳の場合、2重に廻っていた濠が復元されているのです。 周濠の底を歩いてみると、墳長43mの小規模前方後円墳でも、墳丘は壁のようにそそり立っているように感じます。より大型の前方後円墳の築造に励んでいた人々も同様に感じたのでしょうか。 アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。

PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
動画撮影位置 花見塚古墳(熊本市)21年9月13日作成
花見塚古墳基本データ
所在地 熊本県熊本市南区
墳形状 前方後円墳
規模 墳長 46.2m、後円部径 24.6m 高さ不明、前方部幅 24.3m 高さ不明
築造時期 7C初
出土品 鉄剣、矢じり、鎧、玉等(伝)
史跡指定 国指定
特記事項 狭い範囲に方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳が密集している

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ