古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:熊本県 > 中期

貴重な石室内が曇って見えない残念な古墳 


 震災から半年を過ぎた熊本。上空から見た空港近くは屋根を覆うブルーシートが痛々しく、その爪痕の大きさに改めて驚かされます。ところが地域によってその被害の状況は全く違います。今回訪れたところは熊本市中心部から北に25㎞ほどのところです。 
 二度目の訪問で願いはかなったのでしょうか。その理由は後述するとして今回の古墳は中期と後期の境目(今回は中期に位置づけました)に造られたと考えられる熊本県玉名郡和水町にある江田船山古墳です。古墳時代に残る数少ない文字資料のひとつが出土したことで有名です。鉄剣に銀象嵌された75字から雄略天皇(5C半ば)に文官として仕えた人物が被葬者であることが明らかになっています。そのほか、発掘された銅鏡、冠、耳飾、玉、武具、馬具、鉄鏃等から、被葬者が朝鮮半島、大陸との交流を行っていたとみられています。それら国宝指定された出土品は東京国立博物館で展示され、その様子は和水町HPの動画で確認できます。

 豪華な副葬品が収められていた石棺のある石室は動画1でわかるように後円部西側に開口しています。なんとも無粋なコンクリートの入口が残念としか言いようがありません。とはいえ初期の古墳整備のスタイルは宮崎県の西都原古墳群も和歌山の岩橋千塚古墳群も同じで要塞を思い出させます。現在であれば墳丘と馴染む整備保護を考えるに違いありません。さて一度目の訪問ではガラス越しに見えるはず石棺が結露のために全く見えなかったのです。満を持して季節を変えて訪れたのですが、なんとまあ、今回も動画3で見るように家形石棺は水中に沈んでいるが如くでした。聞けばワイパーがすぐ壊れてしまい現在修理依頼中ということでしたが折角、遠路はるばる来たのにと愚痴も言いたくなります。それでも、なんとなくイメージはつかめる動画が撮れた気がします。動画3の終わりのほうに目をこらしてみると屋根の部分の突起に朱が残っていることがわかります。
PNG edafunayamakofun zu

江田船山古墳基本データ

所在地 熊本県和水町玉名郡和水町

形状 前方後円墳

規模 墳長62m、後円部径41m 高さ10m、前方部幅40m 高さ7.5m 三段築成

築造時期 5C

出土品 鉄剣、銅鏡、冠、耳飾、玉、武具、馬具、鉄鏃等

史跡指定 国指定

特記事項 本文中で触れた銀象嵌銘鉄剣の製作者も文字を書いた人物名も記されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠に囲まれた期待を越える前方後円墳


 今回の中期古墳は5C央に築かれたと考えられている双子塚古墳です。熊本県山鹿市の県立装飾古墳館に隣接しており、いくつもの円墳とともに岩原(いわばる)古墳群として、敷地内に整備保存されています。失礼ながらそれほど期待していなかっただけに動画1の冒頭、広がる緑の中の墳丘を目にした時の驚きは尋常ではありませんでした。しかも墳丘の輪郭が草刈直後ということもあり実に明瞭なのです。これが墳長107m?ずっと大きく見えます。とりわけ20mほどの周濠の外からみるとそう感じます。墳丘前方部の高さは8m。後円部のそれと1mしか違いません。典型的な前期の前方後円墳では前方部の高さは後円部よりもずっと低く、そこからもこの古墳が中期に築かれたことがわかります。ただ、不思議なことに目の錯覚でしょうか。実際に後円部に登って前方部方向をみると、動画3にあるように前方部はずっと低くみえます。おそらく前方部が後円部近くのくびれ辺りにかけて下がっているからではないかと思いました。

 川原石と思われる葺石があちらこちらに残り当時をしのばせてくれました。発掘調査の結果、三段築成の墳丘には円筒埴輪が据えられていたことがわかっていますが、埋葬施設については行われていません。既にアップした墳長が同規模のものでは奈良県のナガレ山、同じく奈良県の三陵墓東、千葉県の姉崎二子塚、三重県の宝塚1号墳、奈良県の塩塚、群馬県保渡田古墳群の中二子と数多くあります(いずれもクリックすれば飛べます)。同じ前方後円墳でもずいぶんと印象が違うことがわかります。比較してご覧ください。

 熊本県立装飾古墳館は特徴的な装飾壁画のある古墳石室をレプリカで再現してあって見応えがあります。同種の博物館がないだけに貴重です。それに負けず劣らず二子塚古墳を中心とするこの岩原(いわばる)古墳群もお見逃しなく。

 アクセスはよくありません。熊本市内からバスを利用する場合、山鹿バスセンターまで1時間以上かけて行き、そこから別の路線に乗り換えて、装飾古墳館前で下車。徒歩20分です。接続のバスが来るまで1時間以上待たなければならなかったので結局タクシーに乗らざるを得ませんでした。それでも、熊本バスセンターを朝出発し、装飾古墳館に着いたのは昼近くでした。県立の博物館に行くのにこれほど不便とは。これでは県立装飾古墳館には来てくれるなといわんばかりです。何とかしてほしいと思いました(撮影2016年10月25日)。
futagozuka(iwabaru) zu

双子塚古墳(岩原古墳群)基本データ

所在地 熊本県山鹿市鹿央町
形状 前方後円墳

規模 墳長107m、後円部径 57m高さ 9m、前方部幅49m 高さ8m、三段築成、周濠あり、

葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 国指定(岩原古墳群として)

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

もっと知られてよい古墳公園


 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。
 大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群(クリックすれば飛べます)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、前方後円墳の数は西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。このシリーズの2回目で紹介する1基の花見塚古墳は築造当時の姿に復元されています。 圧巻だったのは塚原歴史民俗資料館を経て、古墳群に入り真っ先に迎えてくれる方形周溝墓の数々です。20基あまりが当時の様子を伝えてくれます。いずれも4C後半から5C半ばに造られたということですから古墳時代前期末から中期にかけてになります。首長が前方後円墳を造り、陪塚を含めランクが下位の人物は円墳、方墳に葬られていたと思っていましたが、この時期にも方形周溝墓も多数造られていたのですね。説明には家族墓とありましたから、さらに下位の人物が葬られていたということになるのでしょうか。 今回、残念だったのは石之室(いしのむろ)古墳の横口式家形石棺が2016年4月の熊本地震で破壊された姿を見たことでした。それでも同じ形式の家形石棺である江田船山古墳(クリックすれば飛べます)を思い出しながら、本来の姿を想像してみました。なお、同じく破壊されたりゅうがん塚古墳は見学ができませんでした。アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

典型的な前方後円墳として復元された美形の墳丘
 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。 塚原古墳群1の冒頭にそのように書きましたが、今回は2基ある前方後円墳から琵琶塚古墳です。先に奥にある花見塚古墳に寄ったために全体に扁平な印象をもつ琵琶塚古墳の墳丘はあまり印象に残っていませんでしたが、今回、データなどを確認して改めて見直してみたところ、なかなかに美形な古墳ということがわかりました。それもそのはず、墳丘の大半は残っておらず、調査の結果、残存部分は長さ28m、後円部径17m、高さ4.4m、前方部幅2mということがわかったそうです。それをもとに復元したのが現在の姿です。ちょうど草刈り直後ということもあり本来の姿を想像できるに十分な前方後円墳の典型的な姿という印象でした。それにしても墳頂からみえる数々の墳丘はなかなかのものです(撮影2019年10月24日)。
PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ