古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:大分県 > 後期(終末期)

今回は4回目に紹介した大分県宇佐市の前期古墳、赤塚古墳と同じ古墳群、川部高森古墳群にある鶴見古墳です。この古墳群には6基の前方後円墳がありますが、その最後に、おそらく6C中頃に築造されたといわれています。後期の前方後円墳では一般的な横穴式石室があり、動画でもわかるように短く幅広い前方部をもっています。規模としては墳長31mと小さなものです。3Cから6Cの300年の間、この地域に集中して前方後円墳を中心とした墳墓が造られたことは、安定的な支配を宇佐の地域に継続して被葬者が行っていたことを示すものでしょう。このサイトでは後期、終末期の横穴石室の内部を動画で紹介していますが、ずいぶんと異なるものですね。

 JR宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。

 


鶴見古墳データ

所在地 大分県宇佐市大字高森

形状 前方後円墳

規模 墳長31m 後円部径21m 高さ3m前方部幅17m 高さ2m

築造時期 6C中頃

出土品 ガラス製小玉、銅釧、耳飾、鉄鏃、刀子、土師器、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 石室は奥行き2.8m、幅2m、天井高2.5mの片袖式の横穴式


  今回は終末期古墳に位置づけられる大分県大分市の古宮古墳を紹介します。ヤマト王権が畿内に権力を確立して以降、九州はどのような権力が存在したのだろうか。漠とした疑問を持ちながら九州の古墳を訪ね歩くのも実に興味深いです。装飾古墳の数々や岩戸山古墳が思い浮かびますが、今回は畿内との関係が極めて密接だった人物が葬られているのではないかと考えられている古宮古墳です。その理由は巨大な凝灰岩を刳り抜いた玄室がある横穴石室を有する墳墓だからということになります。現地説明版などによれば、こうした構造の石室は当時の畿内の豪族の間で流行したもので九州ではほかに例がないのだそうです。そうしたところから「被葬者は大和政権と深くかかわり、壬申の乱に活躍したことが「日本書記」に記される大分君恵尺(おおきたのきみえさか)・稚臣(わかみ)という二人の豪族のうち、特に恵尺が有力な候補者として考えられています」ということになります。

動画3の最後に付け加えた石室前からの眺めからもこの古墳の被葬者が高い地位にあったことは容易に想像がつきます。いわゆる古墳の一等地だからです。石室は入室不可ですが、中は比較的よく観察可能です。刳り抜かれた玄室は勿論ですが、羨道天井の巨大な一枚の板石にはいつものことですが感心します。残念なのは、そのような高貴なお方が眠っていた石室前に立つ無粋としか言いようのない鉄格子です。何とかしてほしいと思うのは私だけではないと思います。かなり早い時期に整備された復原古墳の石室には鉄の扉や入口をコンクリートで固めたりしているものが多く見受けられます。

アクセスですが大分駅から今回はこの踏査のルールを破ってタクシーで往復してしまいました。日没前にようやく間に合いましたが本来ならば大分交通バスの青葉台行に乗り椎迫1組で下車し徒歩の予定でした。



古宮古墳基本データ

所在地 大分県大分市大字三芳

形状 方墳

規模 南北12.5m、東西12m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 石室全長2m、幅0.8m、高さ0.85m、羨道長 2.5m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ