今回はまた前期に戻り九州は大分県の川部高森古墳群の赤塚古墳を紹介します。3C中頃から3C末の築造といわれていますから前期(出現期)の代表格箸墓古墳からさほど時をおかずに造られたということになります。

 畿内に集中して造られたイメージのある前方後円墳ですがヤマトから遠く離れた宇佐の地に赤塚古墳を嚆矢として数代にわたり築かれていることは大変興味深いと思います。もっとも墳長は動画でみればおわかりのように赤塚古墳は可愛らしいといったら語弊がありますが、60mに満たない小さなものです。箸墓古墳とは比べ物になりません。しかしこの地における支配者、それもヤマト王権とつながりのある代表的な支配者であったことは間違いないのでしょう。広瀬和雄さんは赤塚古墳について「箱式石棺は在地的な埋葬施設ですが、いっぽうで大和政権との密接な政治交渉にもとづく三角縁の中国鏡五面を副葬していました」と述べています。川部高森古墳群では、その後も中規模の前方後円墳が続いて築造され、100年ほどの間をおいて後期古墳の鶴見古墳が造られています。今回は赤塚だけにとどめますがいずれ残りも紹介します。

 JR
宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。


 なお、赤塚古墳の説明とも関係がありますが、ヤマト王権、ヤマト政権、大和政権など研究者により政権の表記が異なります。このブログでは白石太一郎さんの「三世紀中葉に邪馬台国連合と狗奴連合の合体によって成立した広域の政治連合を「ヤマト政権」、その中枢を担った畿内に基盤をおく政治権力を「ヤマト王権」と呼ぶという解釈に従います。



広瀬和雄 前方後円墳の世界(岩波新書、2010111

白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 白石太一郎 古墳から見た倭国の形成と展開(同成舎、2013

赤塚古墳データ 所在地 大分県宇佐市大字高森字京塚形状 前方後円墳築造時期 3C中頃から末(前期最古期) 規模 墳長 57.5m 後円部径36m 高さ4.8m 前方部幅21m 2.5m 出土品 後円部の箱式石棺から三角縁神獣鏡4面・三角縁龍虎鏡1面・碧玉管玉、鉄刀片、鉄斧など史跡指定 国史跡特記事項 九州最古の前方後円墳とされ三角縁神獣鏡はいずれ紹介する奈良の椿井大塚古墳の神獣鏡と同笵鏡(同じ鋳型から作製)のものもふくまれているといわれている。