古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:大分県 > 前期

 今回はまた前期に戻り九州は大分県の川部高森古墳群の赤塚古墳を紹介します。3C中頃から3C末の築造といわれていますから前期(出現期)の代表格箸墓古墳からさほど時をおかずに造られたということになります。

 畿内に集中して造られたイメージのある前方後円墳ですがヤマトから遠く離れた宇佐の地に赤塚古墳を嚆矢として数代にわたり築かれていることは大変興味深いと思います。もっとも墳長は動画でみればおわかりのように赤塚古墳は可愛らしいといったら語弊がありますが、60mに満たない小さなものです。箸墓古墳とは比べ物になりません。しかしこの地における支配者、それもヤマト王権とつながりのある代表的な支配者であったことは間違いないのでしょう。広瀬和雄さんは赤塚古墳について「箱式石棺は在地的な埋葬施設ですが、いっぽうで大和政権との密接な政治交渉にもとづく三角縁の中国鏡五面を副葬していました」と述べています。川部高森古墳群では、その後も中規模の前方後円墳が続いて築造され、100年ほどの間をおいて後期古墳の鶴見古墳が造られています。今回は赤塚だけにとどめますがいずれ残りも紹介します。

 JR
宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。


 なお、赤塚古墳の説明とも関係がありますが、ヤマト王権、ヤマト政権、大和政権など研究者により政権の表記が異なります。このブログでは白石太一郎さんの「三世紀中葉に邪馬台国連合と狗奴連合の合体によって成立した広域の政治連合を「ヤマト政権」、その中枢を担った畿内に基盤をおく政治権力を「ヤマト王権」と呼ぶという解釈に従います。



広瀬和雄 前方後円墳の世界(岩波新書、2010111

白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 白石太一郎 古墳から見た倭国の形成と展開(同成舎、2013

赤塚古墳データ 所在地 大分県宇佐市大字高森字京塚形状 前方後円墳築造時期 3C中頃から末(前期最古期) 規模 墳長 57.5m 後円部径36m 高さ4.8m 前方部幅21m 2.5m 出土品 後円部の箱式石棺から三角縁神獣鏡4面・三角縁龍虎鏡1面・碧玉管玉、鉄刀片、鉄斧など史跡指定 国史跡特記事項 九州最古の前方後円墳とされ三角縁神獣鏡はいずれ紹介する奈良の椿井大塚古墳の神獣鏡と同笵鏡(同じ鋳型から作製)のものもふくまれているといわれている。

 

 今回の前期古墳は4C中頃に築かれたと考えられている大分市の蓬莱山古墳です。60mと中規模ですが墳丘の美しさはなかなかのものです。近くに墳長116mの古墳、亀塚古墳(クリックすれば飛べます)があるせいでしょうか。マニア以外にはあまり知られていないようです。JR九州の久大線の賀来駅の北側に広がる丘陵の龍音寺境内に保存されているこの古墳、住職のお話によれば定期的に寺や地域の関係者の方々が草刈はじめ整備をされているとのこと。ずいぶんと恵まれた古墳です。

 築造当時のままに墳丘の形に添って芝などが植えられた古墳ももちろんきれいですが、蓬莱山古墳のように所々に緑の中に色づいた木々が点在する墳丘も盆栽のようで個人的には好きです。残された周濠が墳丘全体を大きく見せているような気もします。動画2はその意味でお気に入りです。

 墳丘は典型的な前期古墳で後円部径に比べ細長く伸びた前方部の幅は短い柄鏡型と呼ばれるものです。埋葬施設は後円部に確認されてるようで箱形石棺だったそうです。残念ながら盗掘に遭い副葬品は残されていないとのこと。とはいえ墳丘だけでも見る価値は十分にあると思います。大分の前期古墳ではすでにより古い隣の豊前にある(宝来山は豊後)赤塚古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。合わせてご覧ください。
 賀来駅の北側の幹線道路を金谷迫の信号まで1㎞ほど登り、大分自動車道路沿いに西側に500mほど歩くと龍音寺入口という矢印があります。そこから南方向に300mほど歩くと目指す古墳に出会えます。賀来駅からの登り坂はかなりの勾配です。とはいえ古代の人は歩いたのですから歩きましょう(撮影20171030日)。
PNG houraisan zu shuseiban




蓬莱山古墳基本データ

所在地 大分県大分市庄の原

形状 前方後円墳

規模 墳長60m、後円部径36m 高さ6m、前方部幅17m 高さ3m 段築不明

葺石あり 周濠あり

築造時期4C央 

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 後円部中央に箱型石棺を検出



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ