古墳踏査は地図上では近いと思ってもいやはや、一筋縄ではいきません。今回の牛伏古墳群が残るくれふしの里古墳公園もそうでした。前日水戸駅のビジネスホテルに泊まり、北口バス乗り場からイオンモール水戸内原行で中原バス停まで結構な時間乗りました。そこから徒歩20分。遠いです(苦笑)。帰りはJR常磐線内原駅まで歩いたのでなおさらでした。肝心の今回の牛伏4号墳、中小規模の前方後円墳6基、帆立貝型1基、小円墳9基が狭い地域に密集する牛伏古墳群の中で唯一本格的に復元されています。唐櫃塚(からうと塚)古墳ともいいます。

動画からおわかりのように墳長52mの墳丘は前方部の幅は後円部径よりもかなり広く後期古墳の特徴を示しています。驚いたのは二段築成の斜面の勾配でした。動画でどこまで伝えられているかわかりませんが非常に急峻な印象なのです。埋葬施設が後円部墳頂にはなく横穴石室であるとしてもです(残念ながら説明版によれば石室自身は天井、側壁の板石も全て持ち去られているとのこと)。ずっと大きな古墳ですが同じく後期の古墳で横穴石室を後円部に持つ高崎市の97m綿貫観音山(クリックすれば飛べます)、安中市の80m簗瀬二子塚古墳(クリックすれば飛べます)と比べてどうお感じになるでしょう。残念ながら墳丘の東側以外は全て雑木林が接近していて遠景がとれませんでした。それでも園内に自然保存されたその他の前方後円墳よりもはるかに古墳時代を実感できる牛伏4号墳でした(撮影20164月19日)。
PNG  Ushibuse4gou zu




牛伏4号墳(牛伏古墳群)基本データ

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 前方後円墳

規模 墳長 52m、後円部径 30.5m 高さ6.8m、前方部幅35.4m 高さ6m

二段築成、周濠

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、朝顔形等形象埴輪、金銅製雲珠、太刀、鉄鏃

史跡指定 

特記事項 古墳群はくれふしの里公園として整備されている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村