古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:茨城県 > 後期(終末期)

  古墳踏査は地図上では近いと思ってもいやはや、一筋縄ではいきません。今回の牛伏古墳群が残るくれふしの里古墳公園もそうでした。前日水戸駅のビジネスホテルに泊まり、北口バス乗り場からイオンモール水戸内原行で中原バス停まで結構な時間乗りました。そこから徒歩20分。遠いです(苦笑)。帰りはJR常磐線内原駅まで歩いたのでなおさらでした。肝心の今回の牛伏4号墳、中小規模の前方後円墳6基、帆立貝型1基、小円墳9基が狭い地域に密集する牛伏古墳群の中で唯一本格的に復元されています。唐櫃塚(からうと塚)古墳ともいいます。

動画からおわかりのように墳長52mの墳丘は前方部の幅は後円部径よりもかなり広く後期古墳の特徴を示しています。驚いたのは二段築成の斜面の勾配でした。動画でどこまで伝えられているかわかりませんが非常に急峻な印象なのです。埋葬施設が後円部墳頂にはなく横穴石室であるとしてもです(残念ながら説明版によれば石室自身は天井、側壁の板石も全て持ち去られているとのこと)。ずっと大きな古墳ですが同じく後期の古墳で横穴石室を後円部に持つ高崎市の97m綿貫観音山(クリックすれば飛べます)、安中市の80m簗瀬二子塚古墳(クリックすれば飛べます)と比べてどうお感じになるでしょう。残念ながら墳丘の東側以外は全て雑木林が接近していて遠景がとれませんでした。それでも園内に自然保存されたその他の前方後円墳よりもはるかに古墳時代を実感できる牛伏4号墳でした(撮影20164月19日)。
PNG  Ushibuse4gou zu




牛伏4号墳(牛伏古墳群)基本データ

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 前方後円墳

規模 墳長 52m、後円部径 30.5m 高さ6.8m、前方部幅35.4m 高さ6m

二段築成、周濠

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、朝顔形等形象埴輪、金銅製雲珠、太刀、鉄鏃

史跡指定 

特記事項 古墳群はくれふしの里公園として整備されている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期古墳は既に紹介した牛伏4号墳及び17号墳(お富士様古墳)と同じ牛伏古墳群に属する二基の前方後円墳2号と3号それに中規模の円墳5号墳です。いずれも

C後半に造られたと考えられ牛伏古墳群のなかでは最終段階のもののようです。中では3号墳は4号墳とともに横穴石室があったことが確認されていますが、残りの二基については発掘調査は行われておらず推定の域を出ないようです。ただし、2号墳は前方部幅が後円部径に比べ広く発達しており後期の古墳であることは間違いなさそうです。5号墳は径28mだけあって遠くからも墳丘の美しさが際立ちます。

古墳群は北側に200m級の山並みが連なる標高60mほどの微高地にあります。立ち並ぶ古墳は300m×200mほどのごく狭い地域に整然と眠っています。本格的な復元古墳牛伏4号墳(クリックすれば飛べます)はじめ今回の二基を含む前方後円墳が7基(内帆立貝型1基)、円墳9基があります。杉木立のなかに佇む中規模の古墳の数々は群馬県の大室古墳群や保渡田子古墳群のようなスケールの大きさは全く感じられません。しかし古墳の形容には相応しくないかもしれませんが愛らしいのです。牛伏古墳群の他の古墳は紹介する機会がないと思われます。今回の三基及び4号墳17号墳(お富士様古墳) (いずれもクリックすれば飛べます)をご覧頂き牛伏古墳群の全体のイメージをつかんで頂ければと思います。アクセスは常磐線水戸駅からイオンモール水戸内原行で中原バス停で下車し県道52号線を北に20分ほど歩くと左側に案内板が見えます(撮影2016419日)。
PNG ushibuse2,3,5gou zu




牛伏2号、3号、5号墳基本情報

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 2号、3号 前方後円墳、5号 円墳

規模 2号 墳長43m 後円部径28m 高さ5.8m、前方部幅36m 高さ5m

3号 墳長 44m、後円部径26m 高さ4.2m 、前方部幅 26m 高さ3m

5号 径28m 高さ 約5m

築造時期 6C

出土品 埴輪

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ