古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:茨城県 > 前期

今回紹介する前期古墳は茨城県常陸太田市の梵天山古墳群の主墳、梵天山古墳です。20151114日にアップした石岡市の船塚山古墳は墳長184mと茨城県最大の古墳でしたが、こちらは墳長151mと第二位です。ただ築造時期は梵天山古墳の方がはるかに古く前方部が未発達等墳丘の形状からそのように考えられています(常陸太田市の説明板は不思議なことに5C半ばと中期の築造を示唆しています)。巨大な後円部に対して、前方部は細く伸びていて端にいくにしたがってやや広がっています。その特徴が動画からわかればよいのですが・・・。少なくとも中期の前方部幅が後円部を上回るような前方後円墳と違うことはわかります。529日アップの白石稲荷山古墳は後円部径92mに対して前方部幅はなんと145mもあり、舟塚山古墳も後円部径90mに対して前方部幅は100mあります。それに対して梵天山は後円部径81mに対して前方部幅は57mにしかすぎません。
  箸墓古墳(2015518日アップ)と梵天山古墳は類似の墳丘の形をしています。こうしたバチ型の墳丘をもつのは611日の岡山県の浦間茶臼山、1223日の奈良県の中山大塚古墳、いずれアップする京都府の椿井大塚山古墳も同様です。通説では定型化された前方後円墳は箸墓古墳が最初であり、それが徐々に全国に広がっていったとされていますが、同時期に畿内に限らず西国でも東国でも前方後円墳は造られ、前方後方墳を加えればさらに数は多くなるそうです。広瀬和雄さんは「いわば同時多発的に出現していたのです」と述べています(前方後円墳の世界、岩波新書、2011123頁)。歩いてみるとなるほどと思います。地方の力は想像以上にあったということなのでしょうか。それにしても類似の設計の古墳が古墳時代の初期から存在したということは、情報の伝達等はどう行ったのかなど次々に疑問が湧いてきます。
  梵天山古墳は宝金剛院の境内の裏にありましたがよく手入れされた墳丘は木々の間から差し込む光とも相まって荘厳な趣でした。動画2でその雰囲気が伝わっているでしょうか。神仏習合の典型例でしょう梵天山古墳も後円部には神社が祀られています。しかもどこかの古墳と違い控えめなところが気に入りました。神社の存在こそ墳丘が守られてきた証かもしれません。なお動画5では古墳群中の阿弥陀塚古墳を最後に付け加えています。

 アクセスは水戸駅からJR水郡線で河合町下車。徒歩30分です。バスでは乗車時に整理券をとり降車時に運賃を払いますが、水郡線の河合駅は無人駅で券売機もないため、バス同様に乗車時に整理券をとり降車時に払います。新鮮な驚きでした。徒歩30分とはいえ道順はいたって簡単です。駅前の166号線を北西方向に歩き一つ目の信号を左折、久慈川の支流を渡り500mほど歩くと右手にコンビニがあります。その手前を右折すると宝金剛院が見えてきます(撮影2016年1月13日)。


PNG bontenyama zu

梵天山古墳基本データ

所在地 茨城県常陸太田市島町

形状 前方後円墳

規模 墳長151m、後円部径81m 高さ13m、前方部幅57m 高さ8m

築造時期 3C

出土品 不明 埴輪、葺石、周堀は確認されていない

史跡指定 県指定

特記事項 被葬者は久慈川流域を治めていた久自(慈)国造舟瀬足尼
(くじくにのみやつこふなせのすくね)と考えられている
(茨城県教育委員会、常陸太田市教育委員会)




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介する前期古墳は茨城県水戸市牛伏町にある墳長60mの牛伏17号墳です。水戸市にあるといっても市中心部までは東に10㎞ほど、大洗の海岸までは南東方向に20㎞超と栃木県寄り標高60mほどの微高地にあります。その牛伏古墳群、300m×200mほどのごく狭い地域に既に紹介した本格的な復元古墳牛伏4号墳(クリックすれば飛べます)はじめ前方後円墳が7基(内帆立貝型1基)、円墳9基が眠っています。

説明板や教育委員会の話では本格的な調査は4号墳以外は行われていないものの今回の前方後円墳17号墳の墳丘がバチ型をしていることや採集遺物(なにかは不明)などから古墳群中最初の4C後に築かれたとみられています。たしかに他の前方後円墳よりもはるかに大きく主墳としての威容を誇っています。動画でご覧のように墳長のわりに大きく見え、しかも中期の古墳と違って後円部と前方部の形状の差が顕著で前方後円墳を体感できます。動画3の後半で後円部から前方部を振り返るところでよくわかります。ただ後円部は後世のお祭りに使われた際にかなり削られ墳長部が広くなっています。埋葬施設はここにあったのか気になるところですがよくわからないようです。
  前方部の先に見えるのは埴輪を模したはに丸タワー(動画では誤って埴輪タワーとしています)で展望台になっています。なんと無粋なと思ったのですが最上階からは17号墳やいくつかの小墳が見え、山並みに囲まれたこの地を確認することができます。アクセスは常磐線水戸駅からイオンモール水戸内原行で中原バス停で下車し県道52号線を北に徒歩20分歩くと左側に案内板が見えます(撮影2016419日)

PNG ushibuse 17(ofujisamakofun)


amebord

牛伏17号墳(牛伏古墳群)基本データ
所在地 茨城県水戸市牛伏町
形状 前方後円墳
築造時期 4C
規模 墳長60m、後円部35m 高さ 5.48m、前方部長 24m
出土品 不明
史跡指定 なし
特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ