古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:群馬県 > 後期(終末期)

幅広の一段目テラスが印象に残る優美な墳丘
 今回は既にアップした前二子古墳、小二子、後二子古墳同様、群馬県大室古墳群の一角を占める中二子古墳を紹介します。群中、最大規模の前方後円墳です。前橋の駅からバスで1時間ほど。次第に標高が高くなっていくことに気が付き始めた頃終点の大室公園に到着です。赤城山麓の標高130mの大地の整備された公園は、訪問した二度とも静寂に包まれていました。そこに復元された国指定の4基の前方後円墳と中小10数基の古墳が点在しています。

C初めに前二子(クリックすれば飛べます)、続いて6C前半に今回の中二子、後半に後二子(クリックすれば飛べます)古墳が、そして最後に小二子(クリックすれば飛べます)が築かれたと考えられています。畿内では前方後円墳の築造が終わりを迎えつつあった頃のことです。この地を含め上野(かみつけ、現在の群馬県)では依然として前方後円墳が造られ、これまでアップした古墳でいえば中二子の後に綿貫観音山(以下いずれもクリックすれば飛べます)、総社二子山前橋(天川)二子山と横穴石室を有する前方後円墳が築かれました(残念ながら中二子では埋葬施設は確認されていません)。葺石、埴輪なども畿内ではあまり見られなくなったにも関わらず東国では、そうした抑制的な姿勢はみられず、そのことは動画2の中二子の前堤に立ち並ぶ円筒、朝顔、盾持ち人の3000本にものぼる埴輪を思い出して頂けば十分ではないでしょうか。

墳長111mと大室古墳群中最大の前方後円墳は後二子同様に一段目のテラスが広く、それは実際の墳丘規模よりも大きく見せる効果を持っている気がします。前方部幅は後円部径よりも広く、高さも後円部と同じで後期特有の前方部の発達がみられます。墳丘の周りには幅15mほどの空の内堀が、その外淵には中堤がまわり、墳丘への道、わたりが2か所設けられています。一時期は水を湛えていたのではないかと考えられた時期もあったようですが近年の調査の結果空堀だったことが判明しています。今回で国指定の4基の古墳からなる大室古墳群のアップはとりあえず終了です。なお詳しくは前原豊さんが書かれた「東国大豪族の威勢 大室古墳群」(新泉社、2009)に詳しいです。前原さんの本ではじめて知ったのですが幕末の英国の外交官アーネスト・サトウも考古学に興味をもっていたそうで大室の地を1880年に訪れてスケッチ等残しているそうです。外国人考古学者としてはウィリアム・ゴーランド(冶金技術者として大阪造幣局に招かれ、傍ら全国の古墳の調査を行った)が有名ですが、彼以外にも日本の古墳に興味を持っていた外国人がいたとは驚きでした。
 アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015930日)。



中二子古墳(大室古墳群)基本データ

所在地 群馬県前橋市西大室町

形状 前方後円墳

規模 墳長111m、後円部径66m 高さ14.8m、前方部幅79m 高さ14.8m

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は明らかになっていない


PNG nakafutago(oomurokofunngun) zuPNG oomurokofunngun(chikuzoujun)



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

緑が映える夏の八幡塚古墳(保渡田古墳群)
 このブログをはじめて4か月ほどたった20157月と9月、群馬県高崎市にある保渡田古墳群から二子山、八幡塚の二基の前方後円墳を紹介しています。ところが八幡塚に関しては納得のいかない出来栄えでした。訪れた時間が20152月と冬の日没寸前、画面全体が暗いのです。これも古墳時代の人々も見た光景に違いないとは思いつつも晴れの日の再訪を狙っていました。漸く実現したのが20178月の23日。天候もまずまず、内濠の草刈りも行われたとの情報を得て出かけました。夏の八幡塚古墳です。

湘南新宿ラインの遅れもなく、乗り継いで予定通り前橋駅に到着。840分発の土屋文明記念文学館行きの関越交通バスでかみつけの里博物館前へ。9時過ぎには現地に着き、広大な敷地に広がる墳丘を目の前にてホッとしました。葺石の間から雑草がのぞいてはいたものの前回の光景とは比べものにならないスケールの大きさを感じることができました。動画でどの程度その雰囲気が伝わったかわかりませんがご覧頂ければ幸いです。

 動画5から8までさまざまな角度から墳丘をとらえてみました。それにしてもよくできた復元古墳です。とりわけ二重の周濠と堤も含め古墳時代の人々が見たであろう姿をみることができます。スケールが大きく感じられる一つの理由は二重の周濠が復元されているためではないでしょうか。

畿内では大型の前方後円墳の築造が下火になりつつあった5Cの後半には、八幡塚古墳を含め東国では次々と前方後円墳を見ることになります。八幡塚古墳が築かれた上野でも、白石稲荷山古墳(170m)(クリックすれば飛べます)がやや早く5C中頃に、七興山古墳(145m)(クリックすれば飛べます)が6C前半に築かれています。なお2015922日にアップした八幡塚古墳の動画1-4及び保渡田古墳群の二子山古墳も古墳名をクリックして頂ければ直接飛べます。
PNG hachimanzuka(natsu) zu



八幡塚古墳基本データ

所在地 群馬県高崎市保渡田町、井出町

形状 前方後円墳

規模 墳長102m 後円部径56m 高さ6m、前方部幅53m 

高さ4.8m(削平されたので不明との情報も)

築造時期 5C

出土品 副葬品は鉄地金銅張f字形鏡板の轡と同剣菱形杏葉

史跡指定 国指定

特記事項 堀のなかに四つの島状区域(中島)がある。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

可憐という言葉がぴったりの帆立貝形古墳

前橋市教育委員会発行のパンフレット、「朝倉・広瀬古墳群」の表紙には「群馬の古墳時代はここから始まった!!」あります。鍵になるのは利根川水系の広瀬川で流域の南側台地に150基を越える古墳が4Cから6Cにかけて次々に造られたようです。現在では今回の亀塚山古墳をはじめ7基(一部を含む)が残されているにすぎません。既に古墳踏査をはじめた頃に早速訪れた墳長130mと大型の前方後方墳 前橋八幡山古墳、墳丘に葺石が数多く残る墳長104mの前方後円墳 前橋(天川)二子山古墳などをアップしています(クリックすれば飛べます)。今回、改めて最も東側にあり前期4C前半に造られたと考えられる文殊山古墳、阿弥陀山古墳(クリックすれば飛べます)から広瀬川沿いを西に向かって歩いてみました。亀塚山古墳はその両古墳から西に500mほどのところにありますが造られたのはずっと下り後期の6C前半といわれています。古くから墳丘が亀の形をしていることから亀塚山古墳と呼ばれてきたようです。古墳公園として住宅や道路に囲まれた一角に残された姿は、ああなるほどと思わせるところがあります。墳丘がだいぶ崩れ短い前方部と周濠の境がよくわかりませんが(動画2)、後円部と前方部の高さの違いはよくわかりますし、後円部墳頂からの赤城山方向の眺めは格別です。

アクセスはJR両毛線前橋大島駅から徒歩30分ほど。前橋大島駅南側にある県道2号線を左折し4つ目の信号 下大島町の信号(二股になっている)を右に進み一つ目の信号を南に歩き広瀬川を渡ります。川沿いに50mほど東南方向に歩くと右手にあります(撮影201727日)。

亀塚山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長60m、後円部径40m 高さ6.5m、前方部幅15m 高さ1.5m

葺石あり 周濠あり

築造時期 6C初頭

出土品 埴輪片

史跡指定 前橋市指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

金銅製の冠が出土したことで知られる古墳

 前橋市の南東、前橋台地と呼ばれる地域は現在では住宅はじめ開発が進んでいますが、そこには今回の金冠塚古墳はじめ大小、154基の古墳が4Cから7C初めにかけて築かれたとされたそうです(朝倉・広瀬古墳群、前橋市)。その中には既に紹介した文殊山古墳(帆立貝形)、亀塚山古墳(帆立貝形)、前橋八幡山古墳(前方後方墳)、前橋天神山(前方後円墳)、天川二子山古墳(前方後円墳)が含まれています。いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます。残された古墳はごくわずかですが、広瀬川沿い4㎞ほどの間に154基も造られたというのは壮観としかいいようがありません。

 今回の墳長約53mの前方後円墳、金冠塚古墳は古墳群の東のはじに6C後半から末ごろに築かれたと考えられています。金冠塚の由来となった金銅製の冠が後円部の横穴石室(全長5.2m、奥壁幅2.5m)から出土しましたが、その他数多くの副葬品が発掘されたことで知られています(国立博物館収蔵)。石室は現在では埋め戻されています。

 肝心の墳丘ですが、1981年に改めて行われた発掘調査に基づいて復元がなされています。既にこの時点で墳丘は農地としての開墾のために削平されていたこともあり、墳丘の平面の大きさはともかく高さは推定値のようです。典型的な後期古墳の姿をとどめていて、前方部幅が後円部径よりずっと広くなっています。墳丘全体は、動画1の冒頭にあるように公園側から見るのが一番美しいように思われます。個人的には非常に思い出深い古墳です。というのも前方部にカメラを落としてしまい暫くうろうろした記憶があるからです。ようやくみつかり今回の動画がご覧いただけます。アクセスは他の古墳のところでも書きましたようにJR両毛線前橋大橋下車徒歩20分(201727日)。



PNG kinkanzuka zu

金冠塚古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市

規模 墳長53m 後円部径33m 前方部幅42m

二段築成、葺石あり、周濠あり

築造時期 6C

出土品 管玉、冑、槍、金環、銀環、雲珠、辻金具、鉄鏃等

円筒埴輪、朝顔形、盾形、靱形、家形、馬形、人物等埴輪

史跡指定 前橋市指定

特記事項 横穴石室あり(埋め戻し)




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ