古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:群馬県 > 後期(終末期)

  後期前方後円墳の特徴が際立つ総社二子山古墳
 JR
上越線の群馬総社駅から徒歩で7-8分ほど。三度目の訪問で漸く気に入った動画が撮れた今回の古墳があります。墳長約90mの総社二子山古墳です。後期の典型的な前方後円墳の特徴を持ち前方部の幅が後円部径よりも広く、高さも前方部のほうがやや高くなっています。はじめどちらが前方部かを確認せずに頂上まで登った時、てっきりその広さからして後円部と思ったほどでした。そうした特徴は動画でもおわかり頂けると思います。二つの横穴石室を持つことでも知られた存在ですが、後円部の石室は天井石の崩落もあり立ち入り禁止になっています。聞けば切石積みの見事な石室だそうで見学できず残念でした。動画3の前方部のほうは川原石で組まれた武骨な感じのする石室ですが精緻な切石とはまた違った趣があります。

 この二子山古墳や既に紹介した見事な切石積みの石室を持つ宝塔山古墳(15624日)、蛇穴山古墳(15629日)は6Cから7Cにかけてこの地に造られ総社古墳群を形成しています。古墳群中宝塔山、蛇穴山、それにいずれ紹介する愛宕山古墳は方墳で、二子山古墳、王山古墳、遠見山古墳は前方後円墳です。被葬者はどのような関係にあったのでしょうか。二子山古墳は明治初期に豊城入彦命(とよきいりひこのみこと、崇神天皇の第一皇子)の陵墓に一度は認定されたものの結局はそうならなかった事情があるようです。もし陵墓であれば、これほど容易には近づけない存在だったに違いありません。
 アクセスは冒頭に書いたように群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折すると動画1冒頭の説明の石が見えます(撮影2015年12月17日)。


総社二子山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 89.8m、後円部幅44.2m 高さ7.5m、前方部幅60m 高さ8m二段築成

築造時期 6C

出土品 江戸時代に後円部、前方部横穴石室から勾玉、金耳環、銅製六鈴釧、鉄鏃、脚付長頸壺等が出土している 

史跡指定 国指定

特記事項 後円部の横穴石室は天井が崩落しているために閉鎖されている




PNG soujyafutagoyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

見通しの効かない石室にぼんやりと家形石棺が浮かぶ
 2016
18日に紹介した二子山古墳(クリックすれば飛べます)から南に100mほど下ったところ総社第6中学校の目の前に愛宕山古墳はあります。といっても動画1からお分かりのように雑木が生い茂った小山で一辺55mの方墳にはみえません。道路に沿って東に回り込むと愛宕山古墳の標識が立ちようやく古墳だということがわかります。墳丘を歩きましたがあるのは藪また藪です。同じ方墳で家形石棺が置かれた300m南にある宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)とはだいぶ違います。愛宕山よりも後に造られた宝塔山の場合、光巌寺が大切に守ってきたということなのでしょうか。関ヶ原の戦いの後、総社に入った秋元氏が開いたのが光巌寺で宝塔山墳頂には秋元家の墓所があります。愛宕山も同様に国の史跡指定を受けているのですからそれらしい保護のあり方があってよいのではと思ってしまいます。

 自然石の積まれた石室にある石棺の違いも興味深いです。時代が下っていることもありますが宝塔山のほうが優美な感じがします。石棺の脚部が仏教の影響を受けて特殊な形に加工されています。他方今回の愛宕山の家形石棺は風化が進んでいるためかあるはずの縄かけ突起もよくわかりません。ただし家形石棺の特徴である蓋石の平坦面はキャプションでも書きましたがきれいに加工されています。家形石棺は関東では二例しか残されていないそうで大変貴重です。縄かけ突起がよく残されているすでに紹介した石棺は静岡市の賎機山(しずはたやま)古墳(クリックすれば飛べます)です。是非ご覧ください

群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折してまず二子山古墳を見学したあとすぐ目に入る総社市立第6中学校まで歩くと正門の前が

墳丘です(撮影2015年12月17日)。




愛宕山古墳(総社古墳群)基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 一辺56m 高さ8m 二段築成

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 群馬県内で確認されている二つの家形石棺のうちの一つ




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  何とも残念な見学お断りの石室!
 今回紹介する後期古墳は群馬県安中市にある墳長80mの前方後円墳、簗瀬二子塚古墳です。20157月にオープンしたばかりの古墳公園内にあり道を挟んでガイダンス施設があります。訪れたのはその一か月ほど後の夏真っ盛りの時期でしたが開園直後ということもあり、墳丘のシルエットは非常に明瞭でした。しかも巡っている二重の周濠のほぼ全域が公園なので、遠くから古墳全体を一望できます。もっとも墳長が80mと中規模であることも関係しているのでしょう。なかなかの出来栄えの復元古墳です。以前の墳丘写真をみると竹藪で覆われており復元後の姿とはだいぶ違います。築造時に近いのは現在の姿に違いありません。もっとも葺石や埴輪は復元されていません。同じころに復元された古墳は京都府長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)ですが、こちらのほうは一部ですが葺石も埴輪も復元されています。

それにしても今回の簗瀬二子塚古墳、墳長は97mと一回り大きいとはいえ高崎市の綿貫観音山古墳(クリックすれば飛べます)とよく似ています。後円部に横穴石室があるのも同じです。是非、比較してご覧ください。ともに後期の前方後円墳に特有の前方部の発達がみられます。簗瀬二子塚は動画2からわかるように前方部の北の端から南の端まで歩いてみると、後円部が見えないこともあり壁のように感じました。

とはいえ異なる点もあります。築造の時期です。綿貫観音山古墳は同じ6Cでも後半、簗瀬二子塚古墳はずっと早く6Cの初頭に造られたと考えられています。上野(かみつけ、現在の群馬県とほぼ同じ)地域では最初の横穴石室をもつ前方後円墳としても価値があるそうです。全長は11.5mもあります。

残念なことに、それほど貴重な古墳にもかかわらず、石室は閉鎖され見学はできません。市の教育委員会によれば湿度計など機器が設置されており開放の予定はないということでした。普段は閉鎖されていても京都府の物集車塚古墳(クリックすれば飛べます)のように一年に一度一週間ほど開けるところもあります。安中市は全国の例を参照されたのでしょうか。代わりにガイダンス施設には横穴石室内部が動画でみることができるというので、寄ってみましたが、数多くの石室に入った経験からすると、よくできているとはいえ実物にはかないません。と、ここまで書いて、皆さんご覧いただいている私の撮った動画も古墳理解のあくまで補完材料ということに気が付きました。現地を是非訪れて頂きたいと思います。

 新幹線の安中榛名駅前から安中市のコミュニティーバス磯部駅行きで原市小学校下車、南に徒歩10分、道路沿いにあるのでわかりやすいです。バスは1時間に1本ほどです(撮影2015年8月25日)。
Yanasefutagozuka zuPNG



簗瀬二子塚古墳基本データ

所在地 群馬県安中市簗瀬

形状 前方後円墳

規模 墳長80m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅60m 高さ7m

二段築成 葺石 円筒埴輪あり

築造時期 6C

出土品 玉類、鉄鏃等鉄製品、馬具、土師器、須恵器、円筒埴輪、家、馬など形象埴輪

史跡指定 市指定

特記事項 横穴石室 長さ11.5m、羨道7.3m 幅1m、玄室 長さ4.3m 幅2.3m 高さ2m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


 国の特別史跡山上碑の隣の石室
  上野三碑(こうづけさんぴ)と呼ばれる現在の群馬県域に、日本に18例しかない古代の石碑が三つあります。造られた順は山上碑(やまのうえ)(681年)、多胡碑(711年頃)、金井沢碑(724年)です。なぜ三つもあるかは別にして、最も古い山上碑は、隣にある山上古墳の被葬者について書かれている墓誌という点が重要です。これまで紹介してきた古墳の被葬者の多くは特定できていませんが、山上碑のおかげで事実上被葬者を知ることができるのです。碑には、近在の放光寺の僧侶・長利(ちょうり)が母の黒売刀自(くろめとじ)のために墓を建てたことなどが書かれているそうです。ただ、石室の形態などからすれば古墳は石碑の建てられた681年より数十年前に造られたとようで(事実上と書いたのはそうした理由です)、実際には山上古墳の被葬者は黒売刀自の父であり、その後、黒売刀自が追葬されたものと専門家はみています(高崎市HP、上野三碑とは)。
 上信電鉄の山名駅から西に1㎞ほどアップダウンのきつい山間の道を歩きます。国の特別史跡なので山上碑までの標識は整備されて迷うことはありませんでしたが、最後は動画1の冒頭にあるような急な階段が続きます。頂上まであがると左に建屋に覆われた山上碑が、その隣に小さな円墳が見えます。石室は精緻な凝灰岩による切石積みです。時期は下りますが同じ群馬の総社古墳群の宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)、蛇穴山古墳(クリックすれば飛べます)と共通するものがあります。奈良明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)の石室とも是非比較してご覧ください。ただ、山間にある古墳の石室ということでしょうか動画では削除しましたが石室の天井にはカマウドが密生していました。苦手な方はご注意ください。もう一つ驚いたのは奥壁前には大きな馬頭観音像が鎮座していたことでした。聞けば鎌倉時代のものだそうですが怒りの表情のように見える形相がぼんやりと浮かびあがった時には思わず後ずさりしました(撮影2015年12月17日)。


↑このページのトップヘ