古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:群馬県 > 後期(終末期)

もっと知られてよい圧巻の石室!


 今回は群馬県の大室古墳群中、最初(6C初頭)に築かれた前二子古墳を紹介します。長野県にも積石塚で有名な大室古墳群がありますが、こちらは群馬県になります。当サイトではこれまで70を越えて古墳を紹介してきましたが、それぞれに見事な姿を現在まで残しています。そしてかなり多くの古墳が史跡公園として公開されています。ただ、単体の古墳が復元整備されている例が多く、前二子古墳を含め複数の大型古墳によって形成される古墳群を公園として整備している例は決して多くはありません。同じ群馬県の高崎市の保渡田古墳群のあるかみつけの里、埼玉県さいたま市のさきたま古墳公園、宮崎県西都原市の西都原古墳公園、大分県宇佐市の高部・高森古墳群のある宇佐風土記の丘、和歌山県和歌山市の岩橋千塚古墳群、香川県高松市の峰山公園にある石清尾山古墳群などが思い浮かびます。その中でも緑に囲まれた前方後円墳がいくつも築造当時を想像できる姿に復元されている大室古墳公園の光景は圧巻です。住宅地のなかに単体の古墳がポツリ残されているのとは違い古墳の印象が変わるのではないでしょうか。荘厳な葬送の儀式が行われたことが容易に想像できるのです。
 今回の前二子古墳は古墳群の中でも最初に築造されたと考えられています。その横穴石室は、東国で竪穴の埋葬施設から横穴に変わった頃のものだそうです。動画のキャプションにも書きましたが、かなり個性的な石室です。他の石室と比べてご覧ください。出土した副葬品からは、朝鮮半島との交流が行なわれていたことがわかります。なお詳しくは前原豊さんが書かれた「東国大豪族の威勢 大室古墳群」(新泉社、2009)をご覧ください。墳頂からは遠くに赤城山を、またすぐそこには埴輪が並ぶ、古墳群中最大規模の中二子古墳を望むことができます。
 アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015年9月30日)。

前二子古墳(大室古墳群)データ
所在地 群馬県前橋市西大室町
形状 前方後円墳
規模 墳長94m、後円部径68m 高さ14m、前方部幅65m 高さ12m位か
築造時期 6C初頭
出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器、装身具、馬具、武器、農耕具、鉤状金具
史跡指定 国指定
特記事項 後円部の横穴石室は全長14mの両袖式(玄室幅>羨道幅)で、玄室手前の玄門に扉石を設けている珍しい石室です。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

  大室古墳群を形成する重要な一基
 今回は1018日にアップしました前二子古墳同様、群馬県大室古墳群の一角を占める小二子古墳を紹介します。繰り返しになりますが、大室古墳群を形成する前二子、中二子、後二子、それに小二子古墳が築造時と同じ場所にその美しい姿を見ることができる大室古墳公園は、全国各地に点在する古墳を中心とする公園のなかでも群を抜いた見事さです。この小二子古墳は墳丘の規模こそ38mと決して大きいとは言えませんが、動画で確認できるように周堀、それに二段築成の一段目のテラスの広さが実際よりも大ぶりな印象を与えてくれます。復原された埴輪列も実に興味深いといえます。
  キャプションでも触れましたが、前方部から後円部に進むにしたがって朝顔や円筒埴輪、馬の形象埴輪から人物埴輪へと転換していきます。東国豪族の威勢・大室古墳群(新泉社、2009)を書かれた前原豊さんは、大型の古墳の場合、視覚を重視してテラス面上の埴輪が正面を外側に向けて立っているのに対して、小二子の場合はそうはせず、後円部頂に埴輪を配列させていると述べています。そういう視点から埴輪列を見る方法もあるのですね。

 他方、いずれアップする後二子古墳と小二子は墳丘の造り方は似ている一方、前原さんは後円部の大きさに比べあまり土を盛らない前方部と地形を削り出しただけのテラスをあげて、省力化が進んだ古墳と位置づけています。そこに76本もの埴輪が立ち並んでいたわけですから、これを華麗な葬送の儀式といわずして何と言いましょう。しかし、畿内では6C後半ともなれば埴輪そのものが造られなくなっています。しかし、大室古墳群のように東国では埴輪生産は続きます。このあたりも興味深いポイントです。

 アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015年9月30日)。

zuPNG shoufutagokofun (oomuro ) 

小二子古墳(大室古墳群)データ

所在地 群馬県前橋市西大室

形状 前方後円墳

規模 墳長38m、後円部径30m 高さ5m、前方部幅18m 高さ?、二段築成

築造時期 6C後半

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器、武器、装身具

史跡指定 大室古墳群全体として国指定

特記事項 動画に見るように横穴石室(無袖型)が後円部にある。復元すると全長6メートル、奥壁幅1.8メートル、高さ1.8メートル。現在は埋め戻されている。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

思わず声の出た驚きの石室
 今回の後期古墳は群馬県高崎市にある綿貫観音山古墳です。群馬県最大の横穴石室が後円部にある優美な古墳です。周濠を含め公園として整備されているために、その全体像がより映えています。墳丘は前方部の発達が著しく、高さは動画のキャプションでも触れているように、高さはほぼ同じです。これらは後期前方後円墳の特徴の一つだそうです。加えて前方部の幅が後円部径よりもやや大きくなっている点も同様の理由です。墳丘に自由に登れるために、それらの特徴を実感することができます。

66日にアップした同じ高崎市にある横穴石室を持つ後期古墳八幡八幡塚古墳は今回の綿貫観音山古墳よりも新しいものですが、是非、比較してご覧ください。豪華な副葬品が出土し、多くが国の重要文化財に指定されている点でも共通しています。特に驚かされたのは、現地では見られませんが、出土した獣帯鏡は韓国公州にある百済武寧王の墓から発掘された獣帯鏡と同じ鋳型で造られた同笵鏡だということを知った時でした(出土品は国立博物館及び一部は群馬県立博物館が所蔵)。百済、新羅と倭との交流の深さは常識ですが、発掘された資料から指摘されると説得力はまた一段と深まります。
  アクセスは高崎駅東口から、市内循環バス「ぐるりん」群馬の森線【健大先回り】系統番号9(群馬中央バス)で綿貫団地南で下車。北に徒歩78分です。動画2で触れた不動山古墳はバス停の目の前です。本数は1時間1本程度です。なお石室の見学は県教育委員会事務局文化財保護課への事前申し込みが必要で、HPに手続き書類が掲載されています(撮影日2015年8月25日)。



 

綿貫観音山古墳データ

形状 前方後円墳

規模 墳長97m、後円部径61m 高さ9.6m、前方部幅64m 高さ9.1

築造時期 6C

出土品 2枚の銅鏡、金製、銀製、ガラス製の装身具、大刀、小刀、刀子、矛、鉄鏃、冑、挂甲などの武具、金銅製轡、鞍、鐙、雲珠などの馬具、須恵器の大甕、壺、坏、土師器の壺、高杯、銅製の水瓶などの容器類等500点以上(大半は国の重要文化財)

史跡指定 国指定

特記事項 石室 全長12.65m、玄室長8.12m、幅(奥)3.95m、(前)3.16m、羨道長4.53m、幅(奥)2.40m、(前)1.34m 群馬県最大の石室



PNG watanukikannonyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

美しい墳形と開口する石室がみれる貴重な古墳
 今回は1019日、115日にアップした前二子古墳、小二子古墳同様、群馬県大室古墳群の一角を占める後二子古墳を紹介します。動画でどこまで伝えられたかはわかりませんが、木々に囲まれた古墳群は美しいの一言です。史跡指定の範囲が広域なためか周囲の喧騒とは無縁なのです。前二子、中二子、後二子、小二子古墳の四基の前方後円墳が築造時と同じ場所にその見事な姿を見ることができます。全国各地の古墳公園のなかでも屈指といってよいでしょう。

その後二子古墳ですが埴輪が立ち並ぶ小二子古墳の東隣りに位置します。規模は小二子に比べはるかに大きく墳長は85mです。しかも周囲を巡る幅の広い堀、一段目の広いテラスがさらに大ぶりな印象を与えます。見学者にとり見逃せないのは開口している全長9mの石室です。羨道幅よりも玄室が広くなる両袖型を採用し輝石安山岩で造られています。また、石室に至るテラスには墓道が造られ祭祀が行われた際に用いられたと思われる埴輪が並びます。残念ながら玄室までは入れませんが自動的に照明がつくようになっていて見学者には親切です。さまざまな条件が整っていたからこのようなことが可能になったのでしょうが、全国規模でみればごく少数です。残念なことです。

  アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影日2015年9月30日)。


PNG ushirofutagokofunn zu

後二子古墳(大室古墳群)データ

所在地 群馬県前橋市西大室町

形状 前方後円墳

規模 墳長85m、後円部径48m 高さ11.5m、前方部幅59.5m 高さ不明

築造年代 6C後半

出土品 大刀、馬具、耳環等、墳頂及びテラスから円筒埴輪

史跡指定 国指定(前、中、小古墳とともに)

特記事項 盾型に巡る周堀を入れると全長106m。また段築は1段目を大きく造り、その上に小さな2段目が載る構造で、6世紀の栃木県の古墳に特に見られ下野型古墳と呼ばれている(いずれアップする栃木県の吾妻古墳が典型例)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ