古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:群馬県 > 後期(終末期)

今回紹介するのは畿内では前方後円墳がみられなくなった終末期の6C末(7C初ともいわれる)に現在の群馬県高崎市(当時の上野国)に造られた100m規模の八幡観音塚古墳です。既に仏教が伝来し、間もなく白村江の戦いを迎える時期になります。


 この地には観音塚に先立ち、5C後半に平塚古墳、6C前半に二子塚(いずれも前方後円墳)が造られて八幡古墳群を形成しています。東国以外の首長墓は円墳や方墳が主流となるなかなぜ東国では前方後円墳が造り続けられたのか興味深いところですが、そこは専門家の議論に委ねましょう。大型の墳墓築造の理由が権力、権威を「見せる」「見せつける」という点にあるという点からすると碓氷川、烏川に囲まれた台地は絶好の地であったに違いありません。高崎市からコミュニティーバス(ぐるりん少林寺線)で十分体感できます。バスに40分ほど揺られJR信越本線群馬八幡駅を過ぎたあたりから丘陵が迫ってきます。西部公民館前あたりからの急坂を一気に登り切ったところに古墳は立地していました。前方部が後円部に比して大きく(高さも高い)発達した墳丘は人々の心に焼き付いたことでしょう。


 この古墳は関東の石舞台ともいわれる巨大石室と発掘された銅承台付蓋碗や画文帯環状乳神獣鏡など豪華な副葬品(一括して重要文化財)でも知られています。太平洋戦争中の防空壕掘削途中に地元の人々により偶然発見された貴重な品々は丁寧に保管され、それが現在、古墳から200mほどのところにある観音塚考古資料館の前身になったと聞きます。鍵がかかっていて全く中の様子すらわからないどこかの石室と違い、石室は開口しておりいつでも見学可能です。このあたりが地元主導で保存されてきたことの強みかもしれません。資料館で懐中電灯も常備されているのにも驚きました。動画でどこまで雰囲気を伝えることができたかはわかりませんがご覧ください。


 アクセスは既に書いたように高崎駅西口発のバス、ぐるりん少林寺線で考古資料館前下車が最も便利です。ただ、バスの本数は1時間に一本しかありません。JR信越線群馬八幡駅から徒歩だと30分ほど。

  JR上越線の群馬総社駅近くにこれほど古墳が集中しているとは驚きでした。改めて地図を見ると古代においても大河川だったと想像される利根川が1キロほどのところにあり、古墳築造にはうってつけでした。今回紹介するのは6Cから7Cにかけて造られた前方後円墳や方墳が立ち並ぶ総社古墳群の一つ、その石室の見事さでよく知られる宝塔山古墳です。


   飛鳥の地では壬申の乱も終わったであろう7C末に造られた方墳は一辺55m、高さ12m。石室は動画からお分かりのようにただただ巨大です。石室は羨道(玄室に向う道)、前室、玄室の3室からなり、全長は12mもあります。最も重要な玄室は奥壁幅2.9m、長さ3.3m、高さ2.1mを数えます。しかも奥壁、天井ともに加工された一枚板です。

 
   すぐ近くに同じく石室で知られる蛇穴山古墳があり、愛宕山古墳、前方後円墳の二子山古墳にも横穴の石室があり見学可能です。是非、ご一緒にどうぞ。それらの石室もいずれ紹介します。肝心の宝塔山古墳へは上越線に並行して走る上毛三山パノラマ街道を南に下り光巌寺を目指すとよいでしょう。古墳は光巌寺が所有しています。



宝塔山古墳データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 54m×49m 高さ12m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 両袖型横穴石室。羨道、前室、玄室の3室をもつ構造で、
全長は12.04mもあるとのこと。動画でその様子はわかると思います。
最も重要な玄室は奥壁幅2.9m、長さ3.3m、高さ2.1mです。安山岩を用いた
玄室の奥壁及び天井石は一枚の巨石を加工して、使用しいるそうです。

PNG houtouzan zu

  今回の蛇穴山古墳は624日にアップした群馬県総社町の宝塔山古墳からわずか100mほどしか離れていません。宝塔山古墳は石室の切石が見事でしたが、ここ蛇穴山古墳の石室も、まさか1300年以上も前に造られたとは思えないほどの巧みな石材加工技術がみてとれます。同じ石工の手になるものなのでしょう。

  ただし、動画でおわかりのように一回り小さな方墳という点で共通していますが、石室自身の形状は全く違います。これまでいくつか紹介した横穴石室は長短の差はあれ羨道(被葬者の棺を納める玄室につながるトンネル状のもの)が存在していましたが、どういうわけかそれはなく、玄室がいきなり現れます。玄関の扉を開けたらいきなり居間という感じでしょうか。その代り、これも動画でおわかりのように石室前に、八の字状の空間が広がっています。



 アクセスはJR上越線群馬総社駅で下車、線路に並行して走る上毛三山パノラマ街道を南に下り総社公民館を目指してください。その真裏にあります。



蛇穴山古墳データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 39m 高さ5m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 両袖型横穴石室。説明で触れたように羨道はない。

玄室は全長3.0m、幅2.57m 高さ1.8m


PNG jyaketsuzan zu


   紹介が前後してしまいますが、今回の前橋二子山古墳から南東方向2kmほどのところに、前期古墳の前橋八幡山古墳(いずれアップの予定の前方後方墳)や前橋天神山古墳(墳丘はほとんど残っていませんのでアップはしません)があり、それらとともに二子山古墳は朝倉・広瀬古墳群を構成しているとのことです。いずれも墳長100mを超えるという点でこの地を支配していた有力者中の有力者の墳墓に間違いはないでしょう。


   JR
両毛線の前橋大島駅から歩いて八幡山古墳に寄り、広瀬川を北に向ってHonda Cars を左折するとほどなく右手の児童公園の中に墳丘と思しき小山が木立とともに視界に入りました。車の往来が激しく、大型店舗の立ち並ぶ通り沿いという古墳にとっては残念な立地です。宅地化の波がひたひたと墳長104mの墳丘に迫っています。最近アップした甲斐銚子塚古墳と周囲の環境は大きく違います。それでも国指定の史跡であればこそ、現在まで保存できたのかもしれません。それに河原石による葺石が動画で紹介するようによく残っています。築造当時の6C中頃は今のような木立が並び立ってはいなかったわけですから、石の塊のような墳丘が人々の目を奪ったに違いありません。


   紹介した三つの古墳は前橋大島駅から前橋駅(その逆ルートでも)に至るコースにあります。アップダウンはほとんどなく楽に歩けます。


前橋二子山古墳データ

所在地 群馬県前橋市文京町

形状 前方後円墳

築造時期 6C中頃

規模 墳長 104m 後円部72m 高さ11m 前方部76m 高さ9.5m

出土品 人物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 周堀あり

PNG maebashifutakoyama zu

1981年、上越新幹線建設予定地の群馬町大字三ツ寺から発掘された古墳時代の豪族の館跡。そう三ツ寺Ⅰ遺跡です。その主が眠っているとされるのが今回紹介する保渡田古墳群を構成する三つの前方後円墳の一つ二子山古墳です。三ツ寺I遺跡とは1kmほどしか離れていません。三ツ寺遺跡は新幹線と県道に分断されて、当時の様子をうかがい知ることはできませんが、こちら保渡田古墳群は違います。西光寺と墓地があり墳丘が大きく削平されている薬師塚古墳は別にして、二子山古墳と八幡塚古墳は見事に復原されています。二つの古墳ともに中島と呼ばれる祭式が行われたとされる造り出しのようなものがあります。珍しいと思います。造り出しと違い動画でおわかりのように島そのものです。

C後半に二子山が築かれ、ついで八幡塚、そして薬師塚の順で造られたと考えられているそうです。いずれも墳長は100mを超える巨大古墳です。二子山古墳は三段築成、復原された墳丘は笹薮ですが、実際には葺石が葺かれていて、円筒埴輪が立ち並んでいました。

アクセスはJR高崎駅から市内循環 ぐるりんバスでかみつけの里博物館前下車。本数は少なく、2時間に1本程度です。少々不便です。

 PNG futagoyama zu

 今回の七興山古墳は201558日にアップした白石稲荷山古墳と同様、群馬県藤岡市の白石古墳群に属します。時期的にはこちらが新しいそうです。古墳公園として整備された七輿山古墳ですが、周囲に墳丘を遮る高い建物が見えず墳長145m以上の大きさを感じさせます。そのあたりの雰囲気が動画で伝わっているとよいのですが・・・。七興山古墳が築造されたと考えられる6Cの前半期には、畿内では継体天皇の真陵ではないかといわれている大阪府高槻市の今城塚古墳(宮内庁の治定は茨木市の太田茶臼山古墳)が造られています(いずれアップします)。

 もっとも、つい最近アップした森将軍塚古墳のように埴輪を含め復原しているわけではありません。墳丘はご覧のように桜を含めた雑木の林ですが、それでも周濠を含めた全体像はなかなかに迫力があります。敢えて桜の季節を避けましたが、それはそれで美しいことでしょう。今城塚古墳は出土した大規模な埴輪列でも有名ですが、この七興山古墳でも円筒、朝顔、馬、人物、盾等豊富な埴輪が発掘されています。             

アクセスですがJR高崎線の藤岡市からコミュニティーバスのめぐるん号で七興山古墳公園入口です。七興山古墳、復原された円墳の皇子塚などを見て、藤岡歴史館に立ち寄って最後に白石稲荷山古墳というコースがベストです。ただしコミュニティーバスの本数は少なく注意が必要です。時刻表はネットで検索できます。

PNG nanakoshiyama zu

七興山古墳データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 前方後円墳

規模 墳長145m、後円部径87m 高さ16m、前方部幅106m 高さ16m

築造時期 6C前半

出土品 円筒、朝顔、人物、馬、盾など各種埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 円筒埴輪は径50㎝、高さ1mの大型品


  石室の石積みに特徴のある小さな古墳は、七興山のバス停に戻って500mほど北上した上落合にあります。よく整備された古墳の周辺はもちろん、大きめの自然石の周辺に石英片岩をちりばめた石室の壁は見事です。ただ、暗いので懐中電灯など持参されるとよいと思います。こうした石積みは、藤岡市周辺ではじまり埼玉県の児玉郡あたりに限定されるそうです。古墳の内装も流行りがあったということでしょうか。動画ではその美しさはとれず、静止画像もフラッシュでとってこの程度です。築造の際の石工はどのように灯を確保したのでしょうか。気になりました。

 500mほどしか離れていないところに位置する七興山古墳(88日アップしています。カレンダーの該当日をクリック)も是非ご覧ください。こちらは実に壮大です(撮影2015年3月26日)。

伊勢塚古墳基本データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 不正八角形墳

規模 長さ27.2m 高さ6m

築造時期 6C

出土品 須恵器、埴輪等

史跡指定 県指定

特記事項 石室の石積みが独特です。説明板によれば「石室は胴張形の平面形で、所々にやや大型の自然石を配しその周辺に細長い結晶片石を差し込んで飛白模様にしている点に特徴があります。こうした模様積の石室を持つ古墳は、藤岡市域から埼玉県児玉郡周辺に見られます」とあります。動画ではよくわからないが静止画像でその雰囲気はわかります。

石室全長8.94m羨道長 4.24m 幅 奥1.95m 前1.4

玄室長 左4.7m 中央部7.15m 右7.25m 幅奥1.84m 中央2.41m 前1.54m 高さ2.5m





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ