古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:群馬県 > 中期

塚山古墳の後にみるとホッとする二基の帆立貝形前方後円墳
  これが古墳なの。前方後円墳なのと驚いた方も多かった塚山古墳(クリックすれば飛べます)に付随する二つの帆立貝型前方後円墳が今回紹介する古墳です。西洋庭園の装いの主墳、塚山古墳とは違い墳丘を自然復元保存した西古墳、南古墳を見てほっとしたのは私だけではないと思います。西古墳が墳長61m、一回り小さい東古墳が58mと決して小さくはない前方後円墳ですが、
前方部は短く西古墳が15m、南古墳は21mにとどまります。ご存知の方も多いと思いますが上から見ると帆立貝に似ているところから帆立貝型と呼ばれています。同型の古墳では東京世田谷区の墳長82m野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、71mの奈良県岸和田市の風吹山古墳(クリックすれば飛べます)があります。この二基は帆立貝型前方後円墳が明瞭にわかる復元ぶりですので是非比較してご覧ください。塚山西、南も本来このような形をしていたと考えられています。

 これら二基の築造時期ですが主墳の塚山古墳を避けるように造られていることから古墳時代中期、5世紀後半から6世紀前半に西、南の順で造られたと考えられているようです。現在、残されているのは墳丘が削られてしまった6号墳を含め四基ですが元は小規模の円墳六基があったということです。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。

PNG tsukayamanishi&minami zu 修正

塚山西・南古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 (西)墳長61m、後円部径46m 高さ5m、前方部幅22m、高さ2.5 (南)墳長58m、後円部径37m 高さ6m、前方部幅18m 高さ2m 周溝が巡る

築造時期 (西)5C後から6C初 (南)6C末から6C

出土品 (西)円筒埴輪、形象埴輪、土師器、須恵器 (南)円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 主墳の塚山古墳を中心に塚山古墳群を形成



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

総社古墳群中最初に築かれた古墳
  今回の中期古墳は前期と後期の境目、5C後半から末に造られたと考えられているJR上越線群馬総社駅近くの遠見山古墳です。既に紹介した墳長90mの前方後円墳総社二子山古墳(クリックすれば飛べます)の東500mほどのところにあり墳長は80mを誇ります。1㎞四方にも満たない範囲にある総社古墳群の中では最初に築かれたと考えられています。築造の順は遠見山→王塚(未アップ、予定なし)→二子山→愛宕山→宝塔山→蛇穴山と5C後半から8C初め古墳時代中期から終末期にかけてと考えられているようです。

ようやく見つけた住宅地と田畑に囲まれた墳丘ははじめて訪れた夏は一面藪に覆われて古墳のイメージをつかむのに苦労しました。二回目は晴天に恵まれた初冬。草刈が行われた墳丘に登ると前回と違って後円部径よりも前方部幅が広い中期以降の前方後円墳の特徴がよくあらわれていると思いました。動画2、3から感じて頂けるでしょうか。ただ残念なのは北側にある公民館の敷地が墳丘ぎりぎりまで迫っていて全体像がつかめないこと。墳丘には周濠がめぐり葺石が葺かれていたようです。埋葬施設は総社二子山古墳とは違い竪穴石室であったようですが調査はなされていません。動画1のキャプションでは50㎝後円部が前方部より高いと書きましたが正しくは逆で前方部のほうが高くなっています(失礼しました)。前方部幅も高さも後円部を上回っています。

遠見山古墳のいわれですが江戸時代の慶長9年(1604年)総社城二の丸の物見櫓が墳丘に

建てられた名残りのようです。全国の古墳が後世、城として利用され墳丘が改変された例は数多くあります。眺望が効く、一定の面積が確保できる、古墳築造の際に土木工事が行われている等利用価値があったのでしょう。

アクセスは総社郵便局の裏の道を東に200mほどのところにあります。城山公民館を目指してください(撮影20151217日)。
 総社古墳群は狭い地域に見ごたえのある古墳が並んでいます。是非とも現地を訪問してみてください。築造順にこだわらなければ二子山古墳(以下いずれも古墳名をクリックすれば直接当該古墳に飛べます)、愛宕山宝塔山蛇穴山、遠見山古墳の順になるでしょうか。横穴石室が確認されている古墳は全て入室可能(二子山は二室の内の一つ)という点も見逃せません。もちろん照度の高い懐中電灯をお忘れなく。宝塔山古墳近くに前橋市総社歴史資料館もあります。


PNG toomiyama zu


遠見山古墳(総社古墳群基本データ)説明

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 80m 後円部径41m 高さ5m、前方部幅48m 高さ5.5m

   周濠

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 前橋市

特記事項 後円部に埋葬施設、総社古墳群中最初に築かれたと考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

帆立貝形としては全国第三位の規模
  今回の中期古墳、女体山古墳は東日本最大の前方後円墳 墳長220m太田天神山古墳の県道を挟んだ向かいにあります。前方部(現地説明板は造出しと書いています)の短い帆立貝形古墳ですがその墳長はなんと106mとびっくりするほど巨大です。後円部径は84mもあります。同時期に造られ以前紹介した東京世田谷の野毛大塚古墳が墳長87m、後円部径が67mですから、その大きさがイメージできるのではないでしょうか。帆立貝形としては墳長175m宮崎県西都市の男狭穂塚古墳、墳長128mの奈良県河合町の乙女山古墳につぐ全国第三位の規模だそうです。

以前、緑濃い季節に訪問したところ扁平な短い前方部がよくわかりませんでしたが、今回ははっきりとらえることができました。幅10mから20mほどの周濠がめぐっており今回ぐるっと廻ってみて、その大きさを実感できました。しかし、高さは7mと低いために、圧倒されるというほどのことはありません。かえって後円部径が41.4mしかないものの高さがほぼ同じ6.5mの帆立貝形前方後円墳、奈良の三吉石塚古墳のほうが大きく見える感じもします。不思議です。三吉石塚は完全な復元、他方、女体山は自然保存という違いはありますが墳丘の高さが視覚に与える影響を改めて感じました。埋葬施設は竪穴式と考えられています。

興味深いのは、天神山古墳と主軸の向きが後円部を北に向けていて共通している点です。しかも両古墳の巨大さ。両被葬者には密接な関係があったという説明は納得がいきます。両社の位置関係がわかる動画を動画3の最後につけておきました。車が行きかうなかで、よく保存されている貴重な古墳です(撮影20171226日)。


PNG notaisan kofun zu



女体山古墳基本データ

所在地 群馬県太田市大字内ケ島

形状 帆立貝形前方後円墳

規模 墳長106m、後円部径87m 高さ7m、前方部幅13m 高さ不明

築造時期 5C央(隣接する太田天神山古墳より先行)

出土品 円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 帆立貝形前方後円墳としては全国第三位の規模


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

長持型石棺の現物が見られるお宝古墳

JR両毛線の伊勢崎線伊勢崎駅からコミュニティーバス(北巡回)で20分ほどでしょうか。石井病院で下車し北部環状けやき通りを1㎞ほど西に歩くと目指すお富士山古墳のあるこんもりとした緑が見えます。動画1の冒頭の景色です。周囲は田畑ばかりですので否が応でも目に入ります。いつも書くようにこうした時、墳丘に近づくにつれ鼓動の高まりを覚えます。どんな古墳なのだろうかと。後円部側からぐるりとまわると右に後円部、左に前方部墳丘全体が見渡せます。墳長134mとかなり大きな前方後円墳です。墳丘全体が緑に覆われ両毛線で前方部が削られてしまっているにもかかわらず中期古墳特有の前方部の幅の広がりを想像することは可能です。

 この古墳が有名なのは畿内の大王墓などで主に用いられている長持型石棺がほぼ原形通り出土していることです。動画2で紹介していますが、これ実物です。残念なことに曇ったガラス越しの石棺は、細部がはっきりしないところがありますが全長2m85㎝、重さ6.8トン大きさには驚くばかりです。この砂岩製の長持型石棺、東国では最大の前方後円墳、群馬県太田市の太田天神山古墳(クリックすれば飛べます)でも使われていたことが知られていますが、考古学者白石太一郎さんは「古墳から見た倭国の形成と展開」(敬文舎、2013)で次のように述べています。少々長くなりますが興味深いので引用します。

「太田天神山古墳には巨大な長持型石棺が採用されていたことが知られているが、それは同時期の伊勢崎市お富士山古墳の長持型石棺ととともに、中期前半の畿内の王墓級の巨大古墳に用いられている播磨の竜山石製の長持型石棺にきわめて近い形態のものである。その製作には竜山の工人が派遣されたと考えるほかなかろう。つまり、上毛野(群馬、栃木)連合の大首長の葬送に際しては、畿内の大王の棺をつくっていた工人が派遣されて、その棺の製作にあたっているのである。これもまた、5世紀前半の畿内の王と東国の上毛野の大首長とが同盟関係にあったことを物語るものにほかならない。」

 これだけ重要な古墳であるということがはるか以前にわかっていたならば、旧国鉄によって墳丘が切断されるということもなかったのかなとも思ってしまいます。お富士山古墳から西に15㎞ほどの太田天神山古墳と合わせご覧ください。なお太田天神山古墳の長持型石棺は確認されているだけで現物がみられるわけではありません(撮影2018529日)。

PNG ofujiyamakofun zu

お富士山古墳基本データ

所在地 群馬県伊勢崎市安堀町

形状 前方後円墳

規模 墳長134m、後円部径77m 高さ9.5m、前方部幅83m 高さ5.5m 三段築成

葺石あり

築造時期 5C

出土品 凝灰岩性の長持型石棺 285㎝×121㎝×115

史跡指定 県指定

特記事項 本文に書いたように畿内に多い長持型石棺がこの地で用いられたことは被葬者と
ヤマト王権のつながりが強かったとみられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ