古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:群馬県 > 前期(出現期)

  今回は東日本最大の前方後方墳、前橋八幡山を紹介します。墳長は130m、4C前半の築造といわれています。全体として東国には前方後方墳が多く、ある時期から前方後円墳の数も増えるようなのですが、白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)の次の記述が印象的です。「三世紀後半から四世紀前半の時期では、西日本が基本的には前方後円墳の世界であったのにたいし、東日本は前方後方墳の世界であったということになろう」(東国の古墳と古代史、10頁、学生社、2007年)。その理由ですが白石さんは、魏志倭人伝のいう邪馬台国が戦った狗奴国を前方後方墳が多数ある濃尾平野の地と考え、東国は三世紀前半にその狗奴国連合に加わり、ついで卑弥呼の死後三世紀以降にヤマトを中心とする倭国連合に加わったとみています。そして、連合内での身分秩序に応じて様々な古墳造りがはじまり、後からこの連合に加わった東日本の首長らに与えられた墳丘形式が前方後方墳であったと思われるというのです(この辺りは前掲書、第Ⅱ部 関東の古墳を考える に詳しいです)。前橋八幡山古墳をそうした位置づけで見るとまた、墳丘を見る目も違ってくるような気がします。
アクセスは前橋大島駅から徒歩で10分ほど、大きな公園になっているので、わかりやすいです。ただし、動画1の裏側、つまり東側は野球場になっていて古墳と共存しています(撮影2015年4月25日)。
PNG maebashihachimanyama zu





前橋八幡山古墳データ

所在地 群馬県前橋市朝倉町

形状 前方後方墳

規模 墳長130m 後方部72m 高さ12m 前方部幅59m 高さ8m

築造時期 4C前半

出土品 不明 葺石あり

史跡指定 国指定

特記事項 東日本で最大の前方後方墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  また前期古墳に戻り、今回は群馬県前橋市の前橋天神山古墳です。
 
 どこが古墳なんだろうか。そう思われた方も多いのではないでしょうか。実は墳長129mを誇り、埋葬施設からは三角縁神獣鏡を含む鏡5面が出土した大規模な前方後円墳だったのです。昭和40年代の区画整理で前方部は跡形もなく削られてしまいました。覆い屋がある下が主体部ですが、そこを囲むように後円部の一部が切り取られて残されているというわけです。大半の古墳が開発の名によって消滅している中、まだよい方ではないかとの指摘もあるかと思います。私は現地を訪れて、うーんと首をひねってしまいました。皆さんはどう思われるでしょうか。
 歩いて10分もかからないところには727日にアップした墳丘が完存する前橋八幡山(クリックすれば飛べます)(前方後方墳)があり、さらに30分弱歩いたところには73日にアップした二子山古墳(クリックすれば飛べます)もあります。こちらも墳丘は完存しています。三基とも100mを越す大型の前方後円墳と後方墳なのに、なぜ前橋天神山だけがと思ってしまいます。

 アクセスは八幡山古墳公園を広瀬川沿いに南東方向に下り一つ目の信号を右折し100mほど進んだ右手です。道路沿いに説明板があります(撮影2015年4月25日)。

PNG maebashitenjinyama zu

前橋天神山古墳データ

所在地 前橋市広瀬町

形状 前方後円墳(後円部の一部を除き削平)

規模 墳長129m 高さ9m、前方部幅68m 高さ7m

出土品 三角縁神獣鏡を含む銅鏡5面、武器、工具、土師器等

史跡指定 県指定

特記事項 三段築成、周堀、葺石あり


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回はまた前期古墳に戻り栃木県那珂川町の前方後方墳、那須八幡塚古墳を紹介します。墳長60mほどの規模ですが、二つの理由で貴重な古墳だといわれています。一つは動画位置で図示したように駒形大塚古墳、吉田温泉(ゆせん)神社古墳とともにさほど離れていない距離に同じ形式の前方後方墳が築造されていることです。このあたり一帯を支配したグループの権力者が、継続して築造したと考えられています。出土品などから駒形大塚、那須八幡塚、吉田温泉神社の順で4C中旬から末にかけて行われていたといわれています。駒形大塚が八幡塚よりもやや大きく吉田温泉神社は二つよりも小規模です。

 二つは副葬品の豊富さです。駒形大塚では舶載鏡(輸入)の画文帯四獣鏡、那須八幡塚では舶載の夔鳳鏡(きほうきょう)、吉田温泉神社では古墳に隣接して殯(もがり、死者を葬る前に長期にわたり仮安置する葬送儀礼)を行ったと思われる竪穴住居の跡が発見されています。このような理由から那須小川古墳群として国の史跡に指定されています。

 日本の古墳は前方後円墳が代名詞のようになっていますが、前期を中心に、この那須小川古墳群など前方後方墳が数多く残されています。群馬の前橋の八幡山古墳(727日アップ)郡山の大安場古墳(626日アップ)もそうでした。いずれ紹介する名取市の古墳群もそうです。東国に前方後方墳が偏在している点は大いに興味をそそられます。なお今回は那須八幡塚古墳の紹介ですが、隣接する吉田温泉神社古墳も番外編として入れてあります。
  アクセスは決してよいとはいえません。コミュニティーバスは通ってはいますが、本数が少なくて(午前、午後3)計画を練るのに苦労しました。東野バス馬頭烏山線で小川仲町下車徒歩20分。()吉野工業所那須小川町工場を目指すとよいでしょう。吉田温泉神社は工場敷地内ですので受付で見学の手続きをとる必要があります。なお北上したところには中期の上侍塚、下侍塚古墳があります(撮影日2015年10月22日)。


PNG nasuhachimanzuka zu shusei


那須八幡塚古墳データ

所在地 栃木県那珂川町小川

形状 前方後方墳

規模 墳長 62m、後方部幅 31m 高さ6m、前方部幅17m 高さ?

築造時期 4C

出土品 舶載の夔鳳鏡(きほうきょう)1、鉄剣1、鋸1、鉇4、鉄斧1、けずり小刀2、鎌2周濠からは祭祀に使用された有段口縁壺、高坏、器台、異形土器などの土師器

史跡指定 那須小川古墳群として駒形大塚古墳、吉田温泉神社古墳とともに国指定

特記事項 

にほんブログ村歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



朝倉・広瀬古墳群最古の二基
 今回紹介する古墳時代前期の4C前半頃に造られたと考えられる文殊山、阿弥陀山の両古墳は広瀬川(古墳時代には利根川が現在の広瀬川の位置に流れていた)沿いに4Cから7Cつまり古墳時代を通じて多数築かれた朝倉・広瀬古墳群に属しています。前橋埋蔵文化財センターの「朝倉・広瀬古墳群」のパンフレットによれば古墳群は旧利根川(広瀬川)の崖上に発達した前橋台地に位置し、北側には高燥な土地が帯状に延び、南側には肥沃な水田が広がる」東西4㎞ほど南北500mほどの範囲に造られています。

 実はこの古墳群から既に墳長130mの東日本では最大、全国でも第4位の前方後方墳、前橋八幡山古墳、墳長108m前橋二子山古墳天川二子山古墳ともいう)(クリックすれば飛べます)を紹介していますが、これらを含め昭和10年の調査では154基が確認されています。19基の前方後円墳、1基の前方後方墳、130基の円墳、1基の方墳、不明3基と首長クラスの主墳に部下たちの小墳が囲むように造られています。今では10基ほどが交通頻繁な道路沿い、立ち並ぶ住宅地の中に公園化され残されているだけですが、それでもパンフレットの地図に記された古墳の数の多さには度肝を抜かれます。

 今回の阿弥陀山と文殊山古墳は古墳群の最も東側に並ぶように位置しています。文殊山古墳については1995年の発掘調査では墳丘全体は川原石に覆われ、墳頂には壺形が立ち並んでいたわかっています。築造時期は4C前半から中頃とのこと。今では墳丘裾部は所有者の禅養寺の墓地となっていますが周囲をぐるっとまわれば大きな円墳ということはよくわかります。他方、発掘調査は行われておらず詳細は不明な阿弥陀山は円墳に短い前方部がついた小規模の帆立貝型の前方後円墳です。文殊山古墳と同じ頃に造られたのではないかと考えられているようです。動画1に見るように前方部には現代の墓石が立ちならんでいるものの墳頂から眺める文殊山古墳の墳丘は当時と変わらぬ姿に違いありません。アクセスはJR両毛線前橋大島駅から徒歩30分。前橋大島駅南側の4つ目の信号を左折ひたすら直進すると8つ目に禅養寺があり見渡すと二つの古墳が見えます(撮影 2017年2月7日)。


PNG monjyuyama amidayama zu


阿弥陀山・文殊山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市

形状 帆立貝型前方後円墳(阿弥陀山)、円墳(文殊山)

規模 径25mの円墳に5mほどの前方部 高さ3.6m(阿弥陀山)径約50m 高さ6.1m(文殊山)

築造時期 4C

史跡指定 なし

出土品 壺(文殊山古墳)

特記事項 両古墳は民間所有



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

南側からの墳丘が美しい
 
東武伊勢崎線太田駅(群馬県)まで825分発のバスに乗るために朝1番で自宅を飛び出ました。これを逃すと次のバスはア二時間後です。古墳巡りをしていると案外バス停がどこにあるのか、南口なのか北口かわからず時間をとられることがあります。幸い東日本最大の前方後円墳太田天神山古墳女体山古墳(クリックすれば飛べます)を既に訪ねているので駅前のバスターミナルも覚えていました。県立がんセンターを経由する尾島歴史公園行きに乘りのんびりバスの旅です。あとでわかったのです県立がんセンターの構内に小型の円墳らしき墳丘が見えました。埴輪も発見された10数基の古墳がねむっているようです。そこから10分ほどでしょうか県道142号線を西に進むと下車予定の南中学校のバス停です。降りるとすぐに動画1の墳丘が目に入りました。田んぼを挟んでみる墳丘は木々に覆われていました。とはいえ12月も押し迫っていたのでだいぶ葉は落ちています。よく見ると長く低い前方部に高い後円部についています。前期古墳の特徴は素人目にもよくわかります。それでも後円部の形が何かおかしい。よくみたら後円部県道側の裾が大きく削れていました。ぐるっと廻り、南側から墳丘を見ると動画2でおわかりのように実に美しい姿が浮かび上がりました。前方部のくびれがよくわかります。大きな盾形の周濠が巡っていたようです。

 墳頂には小さな雷電神社のお社があり、その向こうに前方部が広がります。ただ後円部との高低差が5mあるうえ、よく見るとくびれ部分の道路が切通しのようになって前方部を遮断していました。埋葬施設は墳頂の発掘調査で確認された方形壇と関係があるようです。

前方部から歩くと同じように鬱蒼とした後円部の大きさはわかるのですが、切通しに阻まれて登ることはできません。なお墳丘には川原石の葺石貼られ円筒、朝顔などの埴輪が立ち並んでいたことがわかっています。

 この朝子塚のあとにこの新田の地域で造られた大型前方後円墳に別所茶臼山古墳があります。北に10㎞ほど離れたところにある墳長168mを測る大型墳ですが後円部には万福寺が建っています。ここも大いに期待して訪れたのですが動画4の最後で見るように墳丘は後世大きく改変されていて残念でした。それでも後円部の後から登ることができるので朝子塚古墳よりも大きいということはわかります。なお中世にこの地域を支配していた新田氏の墓が残されています(撮影20171226日)。


PNG choushizuka kofun zu
PNG choushizuka to beppucyausuyama  kofunn

朝子塚古墳基本データ

所在地 群馬県太田市牛沢

形状 前方後円墳

規模 墳長 123.5m、後円部径62m 高さ11.8m、前方部幅48m 高さ6.8m

二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 円筒、朝顔、家、きぬがさ等埴輪および底部穿孔壺、

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂に方形の壇上の区画があり埋葬施設があると考えられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ