古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:奈良県 > 中期

 今回紹介するナガレ山古墳は奈良県でも有数の古墳群として知られる馬見古墳群の中の墳長103mを数える前方後円墳です。馬見古墳群といっても古墳マニア以外にはピンとこないかもしれません。GoogleYAHOOの地図で近鉄線田原本線の池部駅を起点にして少々北に目を移すと墳長215m巨大前方後円墳の大塚山古墳(北群)があります。馬見古墳群の北群のある河合町を広陵町方面に南に下ると墳長204mの巣山古墳やナガレ山古墳が含まれる中央群があり、さらに大和高田市方面に下ると陵墓参考地墳長210mの新山古墳がある南群となります。直線距離で大塚古墳から6kmほどの間に4C 末から6Cにかけてこれだけの大きな古墳が造られ続けてきたわけですから、当時、この地域を支配した有力な豪族の墳墓であった(葛城氏一族の墓という見解もあります)ことは素人目にもわかります。



 やや前置きが長くなりましたがナガレ山古墳は馬見丘陵公園の南端にあり、5分ほど歩くと周濠の見事な巣山古墳があります。古墳は東半分が葺石を葺いて築造当時の姿に、西半分は芝を植えて墳丘を復原されています。1975年に墳丘が土取りで破壊されかけたことをきっかけに発掘調査が行われ、地元の人々の協力も得て(動画、静止画にみる埴輪作製)1997年に現在の姿になったそうです。その他、乙女山古墳(帆立貝型)はじめ数多くの古墳が並ぶ公園は見応えがあります。

 アクセスは近鉄田原本線池部駅に隣接する河合町役場横に公園の入り口方面の道があります。わかりやすく迷うことはないと思います。

PNGナガレ山カメラ




 

ナガレ山古墳データ

所在地 奈良県北葛城郡河合町佐味田字別所下

形状 前方後円墳

規模 墳長 105m 後円部径 65m 高さ8.75m 前方部幅70m 高さ6m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、石製模造品、石製玉類、鉄製品、土師器、須恵器等

史跡指定 国指定

特記事項 前方部と後円部に埋葬施設


   今回は奈良県広陵町の馬見古墳群に属する巣山古墳です。同じ古墳群のナガレ山古墳は既にアップしていますが、巣山古墳の墳長はその二倍、220mにも達します。群中、最大クラスの古墳です。しかし雑木林が全面を覆っているために動画をもってしてもその雰囲気を味わっていただけるかはわかりません。ただ動画でも一部映っている周濠とセットでみると、その規模の大きさは理解できるのではないでしょうか。築造当時は雑木林の代わりに葺石と円筒埴輪が墳丘を覆っていました。復原されたナガレ山古墳を思い出して頂きたいと思います。

見る側からすると、動画1、西側からの眺めは、全体像を見下ろす感じになり条件はよいと思います。蓋形、家形、水鳥など形象埴輪の出土でも大変有名です。考古学的には、そうした埴輪が多数置配置されていた祭祀が行われた島状遺構が既にアップした津堂城山古墳、いずれ紹介する三重県宝塚1号墳と類似しているとのことです(奈良県広陵町HP巣山古墳概要)。

   アクセスは近鉄高田駅から奈良バスで竹取公園東行で終点まで行き、徒歩5分です。1時間に一本はあります。
PNG suyama zu




巣山古墳データ

所在地 奈良県北葛城郡広陵町

形状 前方後円墳

規模 墳長220m 後円部130m 高さ25m 前方部幅112m 高さ21m

築造時期 4C

出土品 多数の形象埴輪、滑石製刀子、籠形土器等

史跡指定 国の特別史跡(古墳では宮崎の西都原古墳、高松塚古墳等8か所)



  関西に土地勘のない私は三陵墓西古墳のある奈良県都祁(つげ)南之庄町といっても見当がつきませんでした。地図を広げると奈良から南に桜井までJRで下り、そこから近鉄大阪線で榛原まで行き北にあがったところということがわかりました。標高300mから500mの大和高原に位置します。二度目の訪問は秋雨に遭って寒いぐらいでしたが冬季の寒さは容易に想像できました。それは藤原氏の陰謀で自死せざるを得なかった長屋王邸跡から都祁氷室と書かれた木簡が出土したことからもわかります。このエピソードは8Cの初頭には都祁という地名が用いられていたことを教えてくれます。西古墳はそれよりはるか以前の5Cはじめに築造されたといわれていますが、被葬者をはじめ人々は当時から都祁とこの地を呼んでいたのでしょうか。

 
  そうしたことに思いを巡らせていると雨に濡れた円墳、三陵墓西古墳が見えてきました。実に美しい。ところが感動に浸る間もなく、視界を遮るように仁王立ちした巨大な古代人石造モニュメントが見えてきました。古代遺跡を現代につなぐという思いからなのでしょうが正直興ざめです。気を取り直して古墳に目をやると古墳公園の入り口が墳丘よりも下ったところにあるために実際よりはるかに大きく見えました。動画から伝わってくるでしょうか。墳頂からはいずれ紹介する前方後円墳、三陵墓東古墳の雄姿が確認できます。

 
  アクセスは榛原から奈良バスで針インター行、南之庄東口下車徒歩5分。バスの進行方向と反対に少し戻ると看板が出ています(撮影2014年10月8日)。

PNG sanryoubonishi zu

三陵墓西古墳データ

所在地 奈良県都祁南之庄町

形状 円墳

規模 円径 40m 墳頂径 16m 高さ5m

築造時期 5C前半

出土品 朝顔、円筒埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂に二つの埋葬施設あり。第一主体部割竹型木棺粘土郭 
第二主体部組合せ式木棺直葬


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

三陵墓古墳。古墳マニアの間でもそれほど知られていない古墳の名前の由来は、東西の古墳に南古墳(径16mの円墳、未発掘)を加えた三基が一つの区域に古墳時代中期に造られたからのようです(現在、三陵墓古墳史跡公園として整備)。関西に土地勘のない私は三陵墓古墳のある奈良県都祁(つげ)といっても見当がつきませんでした。改めて地図を広げながら調べてみると都祁は、1331年に討幕が発覚した後醍醐天皇が三種の神器とともに籠城し元弘の乱の契機となった笠置山地の山裾、大和高原にあることがわかりました。そのはるか以前から笠置山は巨石信仰の場として知られていました。都祁の人々も訪れたに違いありません。


   東古墳の雄姿は秋雨に遭って幽玄な趣をたたえていました。動画1からもわかるように、前方部幅は50mと広くバチの端のように見えます。5C後半の中期古墳と位置付けられる東古墳ですが、72mと後円部径の巨大さに比べ前方部の長さは39mと短く、しかも後円部の高さ10mに対して、前方部は動画4からもおわかりのようにはるかに低く、中期でも古い時期に属すると考えられているようです。残念ながら後円部の半分ほどが無秩序に削平されており、復原も墳頂全体をカバーしているわけではありません。現地の説明版にどの部分が削平されたか図示されています。アクセスは榛原から奈良バスで針インター行、南之庄東口下車徒歩5分。バスの進行方向と反対に少し戻ると看板が出ています。1時間に一本程度です(撮影2015年9月7日)。

sannryoubohigashikofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳は奈良県桜井市の茅原大古墳です。簡単な位置関係の図からおわかりのようにこのブログで最初に紹介した箸墓古墳、84日アップのホケノ山古墳からほど近い三輪山の西の裾に位置しています。築造は前方後円墳出現期のホケノ山、定型化された最初の前方後円墳である箸墓、そして茅原大墓の順で行われたようです。動画3でも紹介していますが墳頂からは手に取るように緑に覆われた巨大な箸墓の墳丘がみえます。

今回の主役茅原大墓古墳ですが、ホケノ山古墳を後にして纏向川を渡ると、ひっそりとしたたたずまいの家並の先に田畑が広がります。そして三輪山のほうに目を向けると動画1の墳丘が目に入ります。実に印象深い景色です。その威容を遮るものがほとんどないのです。5段に見間違いそうな墳丘ですが後円部3段、短い前方部は2段の帆立貝式の前方後円墳です。墳長は86mです。十分な大きさだと思いますが、箸墓古墳以後200m超級の墳丘を持つ巨大前方後円墳を築造してきたこの地の中ではぐっと小規模ということになります。なぜなのかと思っていたところ偶然に次のような専門家の解釈を見つけました。そういうことだったのかと納得しました。長くなりますが引用します。

「茅原大墓古墳は、奈良盆地東南部で3世紀代から続く大型古墳の系列の最後に位置付けられます。この地域では、それ以前は200m以上の巨大前方後円墳が築造されてきましたが、4世紀後半以降になるとそうした巨大古墳は築造されなくなり、かわって奈良盆地北部や河内地域において集中して築造されるようになります。これは当時の政権内における勢力変動を反映しているとされており、この時期になると奈良盆地東南部の勢力は衰退し、盆地北部や河内地域を根拠とする勢力がより強大になったと考えることができます。茅原大墓古墳は全長約86mとそれ以前の巨大な前方後円墳に比べると著しく小さくなっています。また「帆立貝式古墳」とよばれる古墳の形態は、茅原大墓古墳と同じ4世紀末頃より多く見られるようになりますが、これは前方後円墳を築造することが「規制」された結果、創出されたものという考え方があります。茅原大墓古墳に葬られた首長も、そうした規制を受けた可能性があります」(国史跡茅原大墓古墳第5次調査現地説明会資料、2012218日、桜井市教育委員会)。

アクセスは略図に書きましたようにJR桜井線巻向駅から南に徒歩で20分です。案内版がしっかりしているので迷うことはないでしょう(撮影日2015年10月22日)。PNG chiharahoka 三墓の位置関係
PNG chiharaoohaka zu



茅原大墓古墳データ

所在地 奈良県桜井市茅原

形状 帆立貝型前方後円墳

規模 墳長86m、後円部径56m 高さ8m、前方部幅29m 高さ2m

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 出土した盾持人埴輪で最古。

C後半からはじまる奈良盆地東南部の巨大前方後円墳の築造は4C後半には終わり、その最後に位置づけられるのが茅原大墓古墳。しかしそれまでの200m級の巨大古墳に比べればはるかに小規模の86mにとどまる。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する中期古墳は、既にアップしたナガレ山古墳(614日)、巣山古墳(81日)と同様、奈良盆地の馬味丘陵に広がる馬味古墳群に属する墳長45mの三吉石塚古墳です。前方後円墳に分類されますが前方部が短い帆立貝式の古墳で、前方部の東側、手が届きそうな所には馬味古墳群中でも墳長200mを数える新木山(にきやま)古墳が位置します。両者の関係にどうしても興味を持たざるを得ませんが、三吉石塚古墳は陪塚なのでしょうか。陪塚にしては築造時期に隔たりがありすぎる(三吉石塚は5C後半、新木山は5C前半)との指摘もあるようです。

それにしても新木山古墳の大きさには圧倒されます。周濠を一周し三吉石塚古墳に戻ると規模の違いを実感できます。陵墓参考地のために新木山古墳は立ち入り禁止。他方、当時の姿に復元された三吉石塚古墳は墳頂に立つことができますし、天候に恵まれれば二上山を望むことができます(訪ねた時には生憎の雨)。その二上山麓からは後円部の葺石が運ばれているそうです。前方部の東南部側には他に例をみない張り出しがみられます(説明板)。

アクセスは近鉄高田駅から竹取公園東口行で赤部駅下車し、バス停進行方向一つ目の信号を左折し、右に見えてくる新木山古墳沿いに400mほど歩くと正面に墳頂が見えてきます。バスは一時間に一本です(撮影2015年11月25日)。



PNG miyoshiishizuka zu

三吉石塚古墳基本データ

所在地 北葛城郡広陵町大字三吉字石塚

形状 前方後円墳(帆立貝式)

規模 墳長45m、後円部径41.4m 高さ6.5m、前方部幅22m

二段築成

築造時期 5C後半

出土品 円筒、朝顔、繖(きぬがさ)家等の形象埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 前方部南東隅に他に例のない張り出し部が存在している(動画4


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳は垂仁天皇陵と宮内庁が決めている宝来山古墳です。墳長227mの全国21番目の巨大古墳です。陵墓なので墳丘に登ることはできません。ただ陵墓が集中する百舌鳥・古市古墳群と違い動画からわかるように周濠の周辺に墳丘を遮る建築物がありません。そのため遠くからその堂々たる墳丘を一望することができます。訪れた時は生憎の雨にたたられましたが、残り桜越しに見る壮大な古墳はなかなかのものでした。動画3でご覧いただけます。

 動画1で触れていますが周濠の前方部東南部近くに小島が見えます。宮内庁は垂仁天皇陵の臣下、田道間守(たじまもり)命塚としています。陪塚です。天皇の命を受けた田道間守は不老不死の果物を探しに常世国に旅立ち、10年後ようやく果物を持ち帰った時には天皇は既に亡く、彼は自害して果てたと記紀は記しています。ただ、垂仁天皇が葬られているかというと疑わざるを得ないというのが一般的な見方のようです。第11代垂仁天皇実在説に立ったとしても皇統譜による99才まで生きたという年齢、53年間の在位期間などの記述と専門家による宝来山古墳の築造時期(5C前)とは全く合いません。

 天皇陵の謎(文春新書、2011)を書いた矢澤高太郎さんは、前方部側の周濠の拡幅と田道間守命塚とされる小島について、江戸時代に残された絵図のなかで小島が描かれたのは幕末に書かれた「山陵考」がはじめてだと述べています。つまり文久の修陵の際にもともと倍塚として存在した小島の外側にまで灌漑目的で周濠が拡張されたというのです。たしかに前方部の東南部は大きく広がっています。そういうことだったのかと思いました。
 美しい墳丘をみながら同じ大王墓といわれている墳長207m桜井茶臼山古墳のことを思い出しました。陵墓のために墳丘に登れない宝来山古墳、他方、そうではない桜井茶臼山古墳は少々残念な状況です。是非ご覧ください。

 近鉄橿原線 尼ヶ辻駅から徒歩5分です。大和西大寺駅から近鉄郡山方面に走る車内から右手にその姿がよく見えます(2016年4月7日)。

PNG houraisankofunn suininntennnouryou


宝来山古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市尼ヶ辻町

形状 前方後円墳

規模 墳長227m、後円部 径123m 高さ17.3m、前方部幅118m 高さ12m

築造時期 5C

出土品 不明 盗掘犯からの聞き取りにより竪穴石室に長持型石棺があったことがわかっている。

史跡指定 陵墓につきなし

特記事項 周濠内の田道間守の墓とされる小島を含め倍塚が7基ある。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳はこれまで何度も紹介してきた多数の古墳が存在する桜井市の兜塚古墳、前方後円墳です。墳長50mの中規模古墳で前方部に露出する阿蘇凝灰岩(ピンク石)製の石棺で有名です。桜井茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)から南に2kmほどの浅古に位置しますが奈良の中期古墳でほぼ同じ頃といえば三陵墓東古墳(色が反転しているものはクリックすれば飛べます)があり、5C初期、前半には馬見丘陵の古墳群(ナガレ山古墳)が思い出されます。
  全体として畿内ではこの時期大王墓以外は小型化が進んでいたことを考えれば墳長50mの前方後円墳はそれなりの権力者が眠っていると考えてよいのではないでしょうか。動画1で見るように周辺は住宅が密集しかろうじて丘陵に古墳が確認できます。浅古の交差点にある八坂神社南側から前方部に登るといきなり縄掛け突起のある石棺が迎えてくれます。たしかにピンクで少々感激。有力者である証拠ともいえる石棺です。ただ上半分しか覗いていないので一回目に訪れた夏場は草に覆われてよく見えませんでした。草刈りが終わったあとの再訪では動画3のようによく見えました。石室は埋没していますが現在の石棺の上には盛り土があったようです。
  この石棺のある前方部墳頂に立つと西側に後円部が広がります。桜井市立埋蔵文化財センターの担当者の話によれば平成11年の測量調査によって以前後円部と考えられていた石棺のある場所は前方部であることがわかったそうです。後円部にも埋葬施設があったと考えられ盗掘跡ではないかと思われる陥没もあるようです。ただ二段なのか三段なのか段築は未確認とのこと。その墳丘は動画4でおわかりのように墳丘に沿って民間企業の土地がぎりぎりまで迫り窮屈そのものです。それでも姫路市の瓢塚古墳の環境よりはよほどましです。じっくりご覧ください。
  アクセスは桜井駅から多武峰( とうのみね)行きのバスで浅古で下車。八坂神社南側の路地を左折すると左側に入口が見えます。ただ桜井市の駅から歩いても30分ほどです。駅観光案内所で地図を貰い説明を受けるとよいでしょう(撮影2015年11月25日)。



兜塚古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市浅古

形状 前方後円墳

規模 墳長50m、後円部28m 高さ4m、前方部25m 高さ4m

段築 不明、葺石あり

築造時期 5C

出土品 管玉等玉、鉄鏃、埴輪片

史跡指定 桜井市

特記事項 阿蘇凝灰岩(ぴんく石)製の石棺 約2.1m、幅、高さ約1m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する中期古墳の塩塚古墳は近鉄京都線の平城駅から徒歩で15分ほどのところにある墳長105mを数える古墳です。佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群に属しています。奈良の古墳群では既に紹介した奈良盆地東南の山麓に位置する下池山古墳(クリックすれば飛べます)や中山大塚古墳(クリックすれば飛べます)が含まれるオオヤマト古墳群(群中最大の古墳は下池山の動画に出てくる西殿塚古墳)の次に造られています。4C末から5C前半にかけてのことです。その一部はいずれアップしますが墳長200mを超す前方後円墳が7基もところ狭しと並んでいます。その様子は壮観の一言です。全て陵墓ないし陵墓参考地となっていて周濠越しに眺めることしかできないのは残念です。


  そうした中で登ることはできませんが墳丘を間近に見ることのできる数少ない一つが塩塚古墳なのです。古墳時代に関心のある人でなければ佐紀盾列古墳群といっても知らない人が大半ではないでしょうか。もちろん私も数年前まではその一人でした。そもそも佐紀盾列という名称はどういう由来なのでしょう。佐紀は地名のようですが盾列(たてなみ)とは聞きなれません。どうやら地図を広げてみるとわかるのですが今回の塩塚、いずれ紹介する瓢箪山など中規模の古墳を含め200m超の7基を含めいずれも後円部が北、前方部が南を向いていることにヒントがありそうです。盾のように並んでいるのです。後世の人々がそうした点に着目して盾列と呼んだという解釈はなるほどと思わせます。


   肝心の塩塚古墳ですがフェンス越しに苦労して撮った動画はいかがでしょう。前方部は高さが後円部の9mに比べると極端に低く1.5mしかありません。どうやら後世、開墾され周濠にあたる部分に捨てられたようです。周濠は後円部周辺しか残っていません。とはいえこの程度の改変で墳丘が残されたことを喜ばないとけないのかもしれません。1970年代には開発のために削平されることになり関係者の努力で所有者が保存に同意をした経緯があります。墳丘の半分は雑木林に覆われていますが径70mを測る後円部の巨大さは残された周濠と見事にマッチしています。後円部には粘土槨の埋葬施設があり鉄製品が検出されているようです。

 
   近くの瓢箪山古墳とセットで訪れることをお勧めします。平城駅から東方向に位置する塩塚古墳への道は土地勘のない者にとってはなかなか難しいのですが、誰でも知っている郵便局(山陵町簡易郵便局)を目指すのがベストです。塩塚も瓢箪山もその東側に位置します。丁寧に教えてくれます(撮影2016年1月27日)。



PNG shiotsukakofun zu

塩塚古墳(佐紀盾列古墳群)基本データ

所在地 奈良県佐紀町、歌姫町

形状 前方後円墳 二段築成

規模 墳長105m、後円部径70m 高さ9m、前方部幅55m 高さ1.5m

築造時期 5C前半

出土品 鉄剣、鉄刀子、蕨手刀子、鉄斧、鉄鎌等鉄製品

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後円部に粘土槨あり(全長6.80m、幅は北部で1.45m、南部で1.30m)。葺石は検出されず埴輪もなかった。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ