古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:奈良県 > 前期(出現期)

 個人的に思いで深い巨大柄鏡形前方後円墳
 今回紹介する桜井茶臼山古墳は前期でも前半の4C初頭に築かれたといわれる墳長207mの巨大な古墳です。白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)の説明を借りれば「畿内でもとくに大型の前方後円墳は、その南部の大和川水系とその周辺に数多く営まれている」(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文社、2013)のだそうで、西殿塚(アップ済の下池山古墳の墳頂からその遠景を捉えている、240m)、行燈山(崇神天皇陵、240m)、渋谷向山(310m)、アップ済の箸墓280m)、今回の桜井茶臼山(207m)、メスリ山(259m)の順で南から北に約7kmの間に各古墳が築かれているということになります。

南東方向に標高467mの三輪山を見ながらJR桜井線の長柄駅から歩き始めると巻向、三輪駅各駅近くに4基、少々離れて今回の桜井茶臼山とメスリ山が桜井駅近くにあることがわかります。それら大型の墳墓が1Cほどの間に造られているわけですから、はじめてそのことを知った時の私はこれはえらいところに来てしまったと思わずにはいられませんでした。遠目でも確認できる数々の墳丘はこの地周辺を支配した巨大権力者の墳墓に違いないと思ったからです。発掘調査で明らかになった豪華多彩な副葬品の数々からしても(4基は陵墓のため桜井茶臼山、メスリ山古墳のみ本格的調査が行われている)ヤマト政権の盟主の墓なのでしょう。白石さんは「ヤマト政権と呼ばれる畿内の大首長を中心とする首長連合の政治秩序と密接な関係をもって営まれていたものと考えられる」と述べています。つまりリーダー中のリーダー、大王、後の天皇と呼ばれる人々の墓であったと・・・。
 それほど日本の古代史にとり重要な今回の桜井茶臼山古墳の現状はどうなっているのでしょう。メスリ山とともに墳丘に登れるという意味でも大変意味のある古墳です。はじめて訪れたのは静止画像しか撮らなかった20132月でした。今回一部使っていますが草刈りが終わり冬枯れの姿はなかなかに印象的で後円部からすっと見通せる前方部に惹きつけられました。いわゆる柄鏡形の前方後円墳の特徴がよくわかったからです。その後、動画を撮りはじめてから1510月末、162月と訪れましたが動画でご覧のように、後円部に立っても草木の影に遮られて前方部への見通しが十分にはききませんでした。現在では草刈りは周辺住民に関係のある裾部に限って行っており、後円部、前方部の墳丘は対象となっていないのだそうです(奈良県埋蔵文化財担当)。でも熊笹を押しのけながら確認すると東側くびれ部分には遊歩道が作られているのです。妙な話でではないでしょうか。
 200mを超す巨大な墳丘を収めるには一定の距離が必要ですが、唯一のスポットが西側農地を挟んだ建機等のリース会社の敷地になります。トラクターやユンボが駐機している敷地は古墳には似つかわしくないのですがお断りをして撮らせてもらったのが動画1です。快く応じて頂きほっとしました。
 後円部中央にある長さ6.75m、幅1m-1.28m、高さ1.60mの竪穴石室(埋戻し)からは直径38㎝の大型鏡に復元できるものも含め銅鏡の破片17-8枚分や鉄製品、石製品が発掘された(桜井茶臼山古墳範囲確認発掘調査 現地説明会資料(2003324日)奈良県立橿原考古学研究所)ほど貴重な古墳ですが残念の一言です。こうして放っておくと環境は悪化するばかりです。既にはじまっていましたが西側農地には建物が建設中でした。民有地なのでやむを得ないとの行政の声が聞こえてきそうですが、きちんと古墳が整備されていれば周囲も景観とのバランスなど考えるのではないでしょうか。桜井市に聞くと奈良県が管理しているのでとつれない返事。奈良県は桜井市のほうで整備計画が出てこなければと、どこかでよく聞く話で終わってしまいました。白石さんの本はもとより古墳関係の書籍では必ずと言ってよいほど登場する桜井茶臼山古墳がこれでは可哀そうです。
 アクセスは桜井駅から東に徒歩で15分。駅前の観光所で地図をもらうとよいでしょう。ただ165号線は交通量が極めて多くしかも歩道がないとこともあります。十分気をつけてください。また墳丘への道は滑りやすく十分ご注意ください(撮影2016年2月24日)。


PNG sakuraichausuyama zu

桜井茶臼山古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市外山

形状 前方後円墳

規模 墳長 207m、後円部径110m 高さ21.2m、前方部幅61m 高さ11

後円部三段、前方部 二段築成 葺石あり(埴輪なし)

築造時期 4C

出土品 後円部の竪穴石室から直径38㎝の大型鏡に復元できるものも含め銅鏡の破片17-8枚分や鉄製品、石製品等多数

史跡指定 国指定

特記事項 竪穴石室は長さ6.75m、幅1m-1.28m、高さ1.60mで壁面に朱塗布



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  墳丘に登れる珍しい巨大古墳
 
PNG mesuriyama kofun zu
PNG  オオヤマト古墳群の大型墓 図


古墳時代に関心をもちはじめて暫くたった頃、卑弥呼が眠るともいわれる墳長280m箸墓古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大王の墓はどこにあるのだろうと思っていたところ、それらは三輪山を東に望む奈良盆地のごく狭い地域(10㎞×3㎞)に密集していることを知り驚いた記憶があります(簡単な地図と古墳の位置関係をJR桜井線とともに記してありますので参考にしてください。)3C央から100年の間に墳長200mを超える前方後円墳がこの地域に6基も築造されています。いずれも前期古墳に属し今回のメスリ山古墳は墳長224mを数えます(その後の調査で250mとの見方もあります)が、築造順では4番目になります。

 興味深いことに既に紹介した桜井茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)とともに、今回のメスリ山古墳は陵墓指定されておらず本格的な調査も行われ、一般人の我々も墳丘にも登れる国指定の史跡です。古事記や日本書紀、さらには律令時代の施行細則の延喜式にもメスリ山古墳に関する記述はないそうです。実に不思議です。それはともかく墳長200mクラスで墳丘を実際に体感できる古墳の数は限られており、その意味でも実に貴重です。もっとも既にご存知の方も多いと思いますが、墳頂の埋葬施設(動画2でその天井石を映しています)から豊富な副葬品が発掘され、とりわけ未盗掘の副室からは大量の武器が出土し、また、埋葬施設を囲む方形の区画には高さ2m42㎝口径1m31㎝胴部径90㎝の最大規模のものを含む特殊円筒埴輪と円筒埴輪107本が立ち並んでいたそうです。その壮観な様子の復元図は橿原考古学研究所付属博物館(近鉄橿原線畝傍御陵前下車、徒歩5分)でその巨大な円筒埴輪とともにみることができますが、是非、メスリ山の墳頂に立ち、その姿を想像することをお勧めします。博物館のスペースでは現地の空間を表現することは難しいからです。

 肝心の墳丘ですが動画からも三段築成の後円部、二段築成の墳丘がよくわかります。ただし公園になっている北側からのみの景色で、八坂神社がある南側は民家が立ち並び一望することが難しいように思われました。また、高さ20mあまりの後円部の斜度はかなりあり葺石がゴロゴロしていることもあったかなり歩きにくいです。ただ、頂上にたどり着くとその広さに驚くこと間違いなしです。長さ6.75m1m強の竪穴石室の天井石がそのまま見ることができる機会もそう多くはありません。埋め戻された石室は高さ1.6mほどだったそうです。これらの画像を含む情報は千賀久さんのヤマトの王墓(新泉社、2008)が詳しいです。季節を変えて何度か訪れましたが、やはり木々の葉が落ちた晩秋から冬がベストでしょうか。アクセスは非常にわかりやすいです。JR桜井駅(近鉄でも)南口から南下する道を1㎞ほど奈良情報商業高校を目指し直進します。高校の前を東西に走る道の正面にみえる森がメスリ山古墳です。駅から徒歩20分ほどです(撮影2016224日)。

メスリ山古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市高田

形状 前方後円墳

規模 墳長228m、後円部径128m 高さ19m、前方部幅80m 高さ 8m

後円部三段、前方部二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 内行花文鏡、三角縁神獣鏡の破片、石釧、鍬形石、車輪石、椅子形石製品、櫛形石製品、石製合子などと玉類及び刀剣、副石室からは鉄矛(鉄剣形の槍先)236本の銅鏃、50本の石鏃、鉄製矢5本等

史跡指定 国指定

特記事項 メスリ山古墳のいわれははっきりしていないが、メスリはメグルが訛った者との解釈もあるようだ。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

美しさが際立つ天皇陵 


このブログでは陵墓について批判的に書いてきました。本格的な刈り込みもなされず自然のままに放置された(敢えてそうしているのでしょうが)墳丘は、よほど関心のある人がみなければ前方後円墳ということはおろか古墳ということすらわかりません。そのことは(20161123日の記事 遠くから墳丘の見える大型前方後円墳(1)でも書いたとおりです。とはいえその自然に任せるままの陵墓でもお気に入りはあります。既にアップしたものでは宝来山古墳、すなわち垂仁天皇陵(宝来山古墳)として宮内庁が治定している墳長227mの前方後円墳は、幅の広い周濠のなかに堂々とした墳丘が印象的です(クリックすれば飛べます)。今回の崇神天皇陵(行燈山古墳)はそれに負けず劣らずの雄姿を見せてくれます。箸墓古墳の築造にはじまるオオヤマト古墳群に属する6基の内、メスリ山古墳(クリックすれば飛べます)に次いで5番目に造られたと考えられています。

惹かれた理由ですが一つにはそこにあるのはわかっているのになかなか到達できないという気分の高まりがこの古墳には感じられるということです。崇神陵はJR桜井線の柳本駅から西に一直線500mほど歩き県道169号線を渡ってすぐのところに位置します。ところが目の前にあるのは急な石段。それを登らなければ周濠に浮かぶ墳丘を見ることはできないのです。ようやく拝所に立ってみると・・・。拝所の高さまで濠がありその先に動画1でみる前方部が広がっています。そう柳本駅方向に下がる丘陵の斜面に崇神天皇陵は築かれているのです。そのために動画2に登場する渡堤も周濠内に水が溜まるように造られたようです。動画からは残念ながら墳丘を確認するまでのドキドキ感は伝わってきません。

惹かれた理由の二つは周囲に古墳を遮るものがまったくといってよいほどないことです。自然の森にしか見えない墳丘は周囲と調和しています。山の辺の道沿いにあることからもそこのこはわかります。三つめは墳長230mの古墳をみながら周濠沿いに一周できることです。陵墓で墳丘を見ながら一周できるところは多くはありません。後円部東側にはいずれ紹介する双方中円墳という珍しい櫛山古墳が並ぶように造られているのも一興です。江戸時代に周濠北側をはじめ改変されているそうですが、私にとり古墳の価値を減じるものではありません。それよりも陵墓のために学術的調査は行われていないことが気にかかります。動画3ではあまり知られていない2基の陪塚(アンド山、南アンド山)を紹介しています。陪塚といっても墳長はそれぞれ120m65mを誇ります。崇神天皇陵と同じ頃4C前半に造られたと考えられています。アクセスは柳本駅から東に徒歩で10分ほど。非常にわかりやすいです(撮影20151013日、28日、2016年11月7日)。
PNG sujintennouryou zu

箸墓古墳以前の前方後円型の古墳 
  JR
桜井線の巻向駅の西500mほどのところに今回紹介する勝山、矢塚、東田大塚古墳が位置します。既に紹介した纏向出現期の古墳として有名な纏向石塚古墳(クリックすれば飛べます)もその至近距離にあり、同様によく言及される同時期のホケノ山古墳(クリックすれば飛べます)は駅東南側1㎞にあります。それらの位置関係の略図は動画とともにアップしてあるのでご確認ください。

 いずれも定型化された最初の前方後円墳の箸墓古墳(クリックすれば飛べます)からほど近いところにあります(ホケノ山古墳の墳頂からは箸墓古墳がよく見えます)。箸墓古墳が3C半ばに造られたとしてそれより前に箸墓(墳長278m)よりは規模は小さいとはいえ後円部と前方部を伴った100mクラスの墳墓がいくつも造られたというのが研究者の共通した見解のようです。残念ながらホケノ山や石塚のように発掘調査が行われたのちに復元されている例とは違い、今回の三基は勝山は別としても矢塚、東田大塚は前方部が削られ畑地と化しているために現地に立って測量図を眺めながら当時の姿を思い浮かべるしかありません。今回の動画では最後に現地にある測量図を静止画像で掲載してあります。それでも勝山は土器や木製品が発掘されたとされるくびれ部分を後円部方向から確認することができますし、築造時からあったといわれる周濠のむこうに広がる墳丘はなかなかのものです。何より勝山からは矢塚が、矢塚からは東田大塚を今でも一望できることは、当時と同じわけで感慨深いものがあります。

 なおここでは纏向出現期古墳として勝山、矢塚、東田大塚、石塚、ホケノ山を扱っていますが既に石塚を紹介した際に書きましたように、研究者の間ではこれを古墳と呼ぶかどうか論争があります。近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは、纏向石塚やホケノ山がのちの定型化した大型前方後円墳の祖形となるものであるとしても、あくまでも古墳以前の墳丘墓と捉えるべきとしている(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文舎、2013)のに対して、桜井市纏向学研究センター長(纏向小学校に隣接)の寺沢薫さんは、纏向石塚のような定型化した前方後円墳よりも前方部が未発達な墳丘墓を「纏向型」前方後円墳と呼ぶことを主張しています(王権誕生、講談社、2000)。

 いずれにせよ定型化された前方後円墳である箸墓古墳出現の前に、こうした墳墓が造られたことは間違いがなく、ここでは出現期の古墳として紹介しました(撮影2017215日)。
PNG makimukukofungunichikankei zu


↑このページのトップヘ