古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:奈良県 > 前期(出現期)

 考古学的に貴重な纏向型前方後円墳の一基
 今回は箸墓古墳の後円部から南側に300mほどのところにあるホケノ山古墳を紹介します。箸墓古墳以降に定型化する前方後円墳より前の段階のもので、後円部に比べ前方部が短く、帆立貝のようになっています。纏向型研究センター長の寺沢薫さんはホケノ山古墳を含め、纏向石塚、纏向矢塚はじめ全国の同型古墳を纏向型前方後円墳と呼んでいます。復原された墳丘を空撮画像でみると(Yahooの地図検索)、たしかにはっきりとその形がわかります。森におおわれてはいる箸墓古墳の空撮画像と是非見比べてください。

 三段築成の墳丘や前方部の様子は春の撮影のために草に覆われて明瞭ではありません。そこで、冬場に撮った静止画像で補足しています。墳長は約80mですが、後円部の高さ8.5m、前方部の高さは3.5mとかなり差があります。後円部から前方部を撮った動画で、その差がわかりますでしょうか。後円部に石積みで囲った木槨、前方部裾の葺石を破壊して造った埋葬施設がそれぞれあるそうです。後者は復原されて位置がわかるようになっています。画文帯神獣鏡、鏡片、鉄製刀剣類、銅鏃、鉄製農工具等副葬品も豊富だったそうです。

 アクセスは箸墓古墳の後円部側からJR桜井線の踏切を渡り100mほど道なりに進むと国津神社があり、その裏手になります(2015年4月17日)。

owfullscreen> PNG hokenoyama zu

ホケノ山古墳データ
所在地 奈良県桜井市大字箸中
形状 前方後円型墳丘墓(纏向型前方後円墳)
規模 墳長約80m、後円部径約55m 高さ8.5m、前方部長25m 高さ3.5m
築造時期 3C央出土品 画文帯神獣鏡、鏡片、鉄製刀剣類、銅鏃、鉄製農工具等史跡指定 纏向古墳群として国指定
特記事項 墳丘の周囲には10.5mから17mの周濠があったそうです
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠から見る風情のある前方後方墳 
 後期古墳として紹介した巨大な石室の埼玉県の八幡山古墳の次は、また前期古墳に戻り奈良県天理市の墳長120mの下池山古墳を見ていただきます。616日にアップした西山古墳同様の前方後方墳です。墳長183mの西山古墳と比べると小ぶりな感じがしますが、数多くの前方後円墳が立ち並ぶ大和の地にあって100mを越える前方後方墳が存在していることに感慨を覚えます。以前紹介したように格は前方後円墳のほうが上であるといわれ、しかし、前方後方墳としては規模が大きい。どのような被葬者だったのか興味はつきません。築造時期は出土品等から4C央と考えられ西山古墳よりも早いと考えられています。
  後方部の埋葬施設からは長さ 6.8メートルの竪穴式石室が見つかり、内部からは保存状態のよい木棺とともに鉄製品等が出土し、石室に隣接する小石室からは、径36.7㎝と大形の内行花文鏡が見つかっています。 場所は621日に紹介した黒塚古墳から1kmほど桜井線長柄駅方面に北にあがったところにあります。動画4で紹介するように後方部頂からは宮内庁が継体天皇皇后 手白香皇女衾田陵に治定する墳長234mの西殿塚古墳がよくみえます(専門家の間では出土品や埴輪等から西殿塚古墳の築造時期は手白香の没年よりはるかに古いといわれています)。

魅力的な古墳ですが一度目の訪問では柳本駅と長柄駅の東側を走る169号線のさらに東側にあることはわかっていたもののたどり着くまでには時間がかかりました。長柄駅から歩いた二度目も結局は畑仕事をしていた古老に聞くことになりました。「すぐそこの池の向こう」と言われたのですが・・・。地図をよく眺めて訪ねてください(撮影2015年4月15日)。

PNG shimoikeyama zu

所在地 奈良県天理市成願寺町

墳形 前方後方墳

規模 墳長120m、 後方部 60m×57m 高さ14m、 前方部幅27m 

高さ 7m

築造時期 4C

出土品 石釧や勾玉、管玉、鉄器、内行花文鏡

史跡指定 国指定

特記事項 文中で触れたように内行花文鏡は直径37.6㎝と大きい。

もっとも福岡県の平原方形周溝墓からは直径46.5㎝のものが出土しています。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳時代を考えるうえで非常に重要な古墳
 今回の纏向石塚古墳にはじまる前期(出現期)、中期、後期(終末期)のセットはいずれも自分にとり印象深い古墳です。纏向石塚古墳はこのブログの初回にアップ(518日)した箸墓古墳がそれ以前と比べ墳丘の規模が飛躍的に拡大し、画一的な内容を持ち、定型化する(白石太一郎)古墳時代の出発点だとすると、その直前の古墳として極めて重要なものだそうです。大規模な後円部と短く、低い前方部を持つ前方後円形の墳丘が石塚、矢塚、勝山、東田大塚と纏向地域の一部地域に集中して築造されています。たしかにホケノ山古墳(87日アップ)が多少離れているとはいえ、それ以外は見渡せる範囲に収まっています。しかもそれが偶然ではないことは、墳長、後円部直径、前方部長の比は3:2:1を原則としているという研究の蓄積からも明らかです。もっとも、纏向石塚古墳を古墳と呼ぶかどうかについては研究者の間でも論争があり、その内容は古墳データの特記事項に紹介しておきました。ご関心のある方はご覧ください。

 石塚古墳は山の辺の道を歩きながら四年ほど前に初めて訪れて以来、折に触れ立ち寄ってきましたが、残念なことにいつも藪に覆われて墳丘を確認することが困難でした。今回、ようやく願いが叶ったというわけです。残存する巨大な周濠に囲まれた後円部からは削平された前方部をイメージすることが可能です。周囲は田畑と小学校の校庭で眺望が開けている点も墳丘の存在を際立たせています。皆さんはいかがでしょうか。

 アクセスはJR桜井線巻向駅下車。西方向に600mほど歩いたところにあります。案内図が充実しているので迷うことはないと思います(撮影2015年10月28日)。
纏向古墳群と箸墓古墳位置関係PNG makimukuishizuka zu(修正)


纏向石塚古墳データ

所在地 奈良県桜井市太田字石塚

形状 前方後円型墳丘墓(纏向型前方後円墳)

規模 墳長 96m、後円部径 約64m(不正形)、前方部幅約34m、約20m幅の周濠

(周濠への導水溝も確認されている)

築造時期 3C初頭(前方後円墳出現期)

出土品 土器、朱塗りの鶏型木製品、鍬、鋤等の木製品、土師器等

史跡指定 国指定

特記事項 この墳丘を古墳と呼ぶかどうかについては論争がある。近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは、纏向石塚やホケノ山がのちの定型化した大型前方後円墳の祖形となるものであるとしても、あくまでも古墳以前の墳丘墓と捉えるべきとしている(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文舎、2013)のに対して、桜井市纏向学研究センター長の寺沢薫さんは、纏向石塚のような定型化した前方後円墳よりも前方部が未発達な墳丘墓を「纏向型」前方後円墳と呼ぶことを主張している(王権誕生、講談社、2000)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

なんともわかりにくい墳形
 終末期古墳としては珍しい千葉県市原市の前方後方墳、六孫王原古墳のあとは再び奈良に戻ります。ご紹介するのは箸墓古墳に続く出現期の前方後円墳ともいわれる天理市の中山大塚古墳です。墳長は130mJR桜井線の柳本駅から山の辺の道を歩くルートでは黒塚古墳⇒崇神天皇陵⇒長岳寺の次に位置します。行く手には竜王山からの山並みが続きます。動画1でわかりますように古墳の東側に立つと右手奥に巨大な西殿塚古墳(墳長220m、宮内庁は継体天皇の手白香皇女の陵に治定しているが専門家は出土品等からして真陵ではないとみている)がよく見え、左手奥には917日にアップしました前方後方墳の下池山古墳が存在します。いずれも前期古墳であり大和(オオヤマト)古墳群を形成しています。

 ご覧頂いけばおわかりのように墳丘は雑木林に覆われしかも前方部には大和神社の御旅所が設けられ改変されているようで、その形を確認することができません。そのためかはじめて訪れた時には後円部にあがる道がわからず通り過ぎてしまったほどでした。中世には山城が築かれています。再訪の今回は前述のルートで何度か地元の人にもお聞きし漸くたどり着きました。墳頂には植栽で長さ7.5m、高さ2mの石室を含む埋葬施設があった場所が図示されています。現地説明板にある発掘の際の石室内部の画像からは、角を丸くするなど当時の石積みの技術の高さを知ることができます。ただ、墳丘は後円部から見る前方部も目をこらさないとよくわからないほど木々に遮られています。おそらく墳丘に登れない陵墓や陵墓参考地もほぼこうした状況ではないかと想像することができたという意味ではこの訪問は収穫でした(撮影日2015年10月13日)。


nakayamaootsuka nishitonozuka shiomikeyama ichikankei


PNG nakayamaootsuka zu

中山大塚古墳基本データ

所在地 奈良県天理市中山町

形状 前方後円墳

規模 墳長132m、後円部径73m 高さ11.3m、前方部幅68m 高さ10.5m

築造時期 3C

出土品 槍、刀、剣、鉄鏃、銅鏡のいずれも破片、特殊器台破片

史跡指定 下池山古墳、ノムギ古墳とともに2014年に国指定

特記事項 後円部頂に7.5m×1.4mの埋葬施設(竪穴石室)、後円部二段、前方部一段築成、葺石


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ