古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:千葉県 > 中期

千葉県市原市の姉崎海岸(埋め立てられてしまった)からほど近いところに築かれた前方後円墳が今回紹介する中期の姉崎二子塚古墳です。1221日にアップした六孫王原古墳も姉崎古墳群に属しますが二子塚ははるかに古く5C中頃に造られたと考えられています。墳長103m前方後円墳は群中では119mの天神山古墳(いずれアップ)に続く規模です。前方部端の幅が後円部径よりも大きく中期古墳の特徴を備えていますが、裾が大きく広がってはおらず全体として寸胴な墳丘形をしていることは動画からもおわかり頂けるのではないでしょうか。三段築成で二段のテラスに埴輪が並び、墳丘を囲む盾形の周溝が巡っていたようです。また後円部、前方部には木棺直奏の埋葬施設があったことが明らかになっています。既に盗掘を受けていましたが鏡、玉類、直刀や甲冑片、滑石製品等多数発見されているようです(銀製耳飾り、直弧文石枕は市原市埋蔵文化財調査センターの電脳展示室で見ることができます)。

養老川流域の姉崎古墳群は上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により4C中頃から継続的に造られたと考えられており、全国古墳編年集成(雄山閣、1995)によれば、天神山(いずれアップ)、釈迦山(いずれアップ)、山王山(消滅)、ずっと飛んで六孫王原の順で築かれたようです。実は二子塚古墳訪問は二度目です。以前は静止画像でした撮っていなかったうえに夏草が生い茂り墳丘の形はよくわかりませんでした。今回は天候にも恵まれラッキーでした。違いをおわかり頂くために動画の途中に静止画像を潜り込ませています。

アクセスはJR内房線姉ヶ崎駅東口から徒歩で15分ほどです。東口ロータリーから24号線に出て左折し信号を四つ越えた右手にマツモトキヨシが見えるので、その先を右折。100mほど歩くと右手に明神小学校、左手に墳丘が見えます(撮影2015年12月1日)。




姉崎二子塚古墳基本データ

所在地 千葉県市原市姉崎

形状 前方後円墳

規模 墳長103m 後円部径50m 高さ9.5m、前方部幅52m 高さ8.5m、三段築成

盾形の周溝

築造時期 5C

出土品 鏡、玉類、直刀や甲冑片、滑石製品等多数、銀製耳飾り、直弧文石枕は市原市埋蔵文化財調査センターの電脳展示室にも展示

史跡指定 県指定

特記事項 直弧文石枕は重要文化財




PNG anesakifutagozuka zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は千葉県我孫子市の手賀沼を見下ろす丘陵端にある墳長69mの前方後円墳、水神山古墳です。中規模ながら墳丘がよく残された古墳です。水面が反射してしまっていますが後円部から前方部に歩くと右手に手賀沼を一望できます。古墳時代には現在の手賀沼は香取海の入り江に当たっていたそうで古墳の被葬者は水運を仕切っていた人物に違いありません。
  同じ中期に属する墳丘規模が70m程度のアップ済み古墳と是非比較してご覧ください。古墳名をクリックすると飛ぶことができます。静岡の三池平、奈良の三陵墓東、大阪の風吹山、三重の毘沙門塚などがあげられます。本題に戻りましょう。
 水神山古墳は中期といっても前期に近い時期4C末に造られたようです。それでも前方部幅は後円部径36mに近い33mと前方部の発達がみられます。三段築成で葺石はなく埴輪もありませんでした。しかし周辺の古墳の多くは6C代に造られていること、規模の点でも突出していることなどが水神山古墳の重要度を示しています。前方後円墳がヤマト王権とのつながりを示すわけですからこの地域にもその影響が及んでいたことになります。墳丘周囲には周濠が巡っていましたが、土取りのための堀で水は張られていなかったようです(教育委員会担当者)。後円部墳頂には長さ5.13m、幅0.7mの粘土郭に割竹形木棺が埋められていたことが確認され、青色ガラス管玉1、滑石管玉1、青色ガラス小玉約、刀子等、前方部墳丘上からは土師器甕等が出土しているとのことです。

アクセスはJR常磐線我孫子駅から阪東バスで湖北台駅又は東我孫子車庫行きで、我孫子中学校で下車し徒歩10分ほどです。バスの進行方向に信号を背にしながら50mほど歩き右折、突き当りの高野山桃山公園に入ります(ここには水神山古墳よりも古い前原古墳跡があります)。西の出口(前原古墳跡があるところ)をさらに西に進み一つ目を左折(南方向)するとすぐに二差路になるので右の道を歩くと突き当りに墳丘が見えます。手賀沼側や隣の香取神社側からはわかりにくいと思います(撮影2016年2月22日)。


水神山古墳基本データ

所在地 千葉県我孫子市高野山(こうのやま)字舟戸台

形状 前方後円墳

規模 墳長69m、後円部径36m 高さ5m、前方部幅33m 高さ2.5m

三段築成

築造時期 4C

出土品 青色ガラス管玉1、滑石管玉1、青色ガラス小玉約、刀子等、前方部墳丘上から土師器甕等 

史跡指定 千葉県

特記事項 手賀沼北岸では最大規模の古墳




PNG suijinyama kofun zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  「兵どもの夢の跡」式の草木に覆われた前方後円墳は、それこそ万とありますが多くは考古学の専門家にしかわからないところに築造されていて、よほどのことがない限り一般の人の目に触れることはありません」と広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)は前方後円墳の世界(岩波新書、2010)で記していますが、そこまでいかずとも今回の内裏塚古墳も自然に任されたままです。動画2と3でその状況はよくわかります。こうした保存方法がよいのかどうか議論する必要があるでしょう。もっとも草刈りが追い付かない、現状がベストではないということはわかっているという声も聞こえてきそうです。二度訪れ、雑草が少ない時期も選んだので誤った観察ではないと思います。説明板がきちんと設置されているのはよいとしても墳長144mという内裏塚古墳群の盟主墳にしては残念な扱いです。

 墳長100m超の前方後円墳は全国で302基しか確認されていない上に確認された竪穴石室2基からは人骨、鉄製武器、農工具、銅鏡が出土しているという重要な古墳です。しかも堺市百舌鳥古墳群の履中天皇陵(陵山古墳)と墳形が酷似し5分の2の大きさにあたると説明板は記していますし、周濠を含めると185mにもなる巨墳です。関東ではまだ紹介していない群馬県太田市の天神山古墳、茨城の船塚山古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大きさです。これら二基は墳丘がきれいにみえるので、どうしても比較してしまいます。

 築かれた場所という点でも重要です。内裏塚古墳から7kmの富津岬は対岸の三浦半島に迫っています。「東京湾のなかで最も距離が接近しており,『記紀』のヤマトタケルの東方遠征の経路にもあたり,古くから交通の要衝として重要な位置を占めていたと考えられる」(文化財オンライン)のです。二重三重の意味で重要な古墳であるにもかかわらず繰り返しになるが残念としかいいようがない現状です。埋葬施設は後円部頂に竪穴式石室が二つあり人骨二体とともに武具等の副葬品が出土しています。基本データをご覧ください。
 アクセスは内房線青堀駅から徒歩15分。駅前に走る16号線を西南方向に歩き大堀亀下の信号を左折、内房線の線路をまたぎ直進。信号を越えると左手に登り口がみえます。踏切をわたったあたりからの墳丘は動画1でみれます(2015年12月1日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

内裏塚古墳基本データ

所在地 千葉県富津市二間塚字東内裏塚

形状 前方後円墳

規模 墳長144m、後円部径84m 高さ11.5m、前方部幅88m 高さ13m

築造時期 5C

出土品 後円部頂に二つの石室あり。武器類、鉄直刀、鉄角棒、鉄鎌、長刀1等。他に青銅鏡、 朝鮮半島製の金銅製胡籙金具(ころくかなぐ、矢を入れて携行する道具)

史跡指定 国指定

特記事項 古墳近くの小糸川流域を支配した須恵国造が埋葬されているとの言い伝えがある

 




PNG dairizuka futtsu zu shusei

↑このページのトップヘ