古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:千葉県 > 前期(出現期)

今回は千葉市中央区の前期古墳、大覚寺山古墳を紹介します。518日アップの海老名市の秋葉山古墳群1号墳と同じ頃造られ、ともに前方後円墳です。東京湾を挟んで東西に位置しています。両古墳の関係性を示すものは何もありませんが、4C後半頃にこの地を支配していた豪族がそれぞれの前方後円墳に埋葬されたと考えても間違いではないでしょう。

なぜ大覚寺山なのかを調べてみました。古墳のある生実(おゆみ)町には浄土宗の大覚寺があり、このあたり一帯を昔から大覚寺山と呼んでいたからのようです。

 想像以上に美しく整備保存された墳丘に驚きました。そもそも、長い間古墳とは気が付かれずに、住宅地開発の際に発見されたものだそうで、このあたり一帯が古墳の密集地であることも明らかになったそうです。丘の先端を利用して造られたと思われる古墳の後円部墳頂からは動画では白くしか映っていませんが千葉港を望むことができます。後円部から前方部をみると数字よりは幅も広く長くみえます。実際には全長63mに対して後円部径は45mです。前方部が短いことは明らかです。おそらく、築造当時から時が経ち墳丘が崩れ、地山と前方部の境が不明瞭になったのではないかと推察しました。

 墳丘には段築はなく、葺石も施されていないそうです。埴輪もみられません。本格的発掘調査も行われておらず埋葬施設についても不明です。なお、以前は築造時期は5C代と考えられていたようですが、その後4C後半と考えられるようになり、現地説明板も修正が行われています。

 アクセスはJR千葉駅から小湊バス明徳学園行で表台で下車、徒歩5分です。バスはおよそ一時間に1本です(撮影日2015年11月16日)。
daikakuji chiba zu



大覚寺山古墳データ

所在地 千葉県千葉市中央区

形状 前方後円墳

規模 墳長 63m、後円部径45m 高さ5.5m、前方部幅33m、高さ4.1m

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

市原市の姉ヶ崎と聞いて真っ先に思い出すのは簀立(すだて)。子供の頃、夏に何度か祖父に連れられて来たことがあります。簀立は遠浅の海岸の沖にしかけられた竹で作られた柵に、夜間網に入った魚を捕まえる漁法ですが、姉ヶ崎でも観光客相手に行われていました。飛び跳ねる魚にワクワクドキドキしたことを昨日のように思い出します。

 その姉ヶ崎の海岸(埋め立てられてしまった)からほど近い台地上に築かれたのが、今回紹介する終末期古墳の六孫王原古墳です。姉ヶ崎古墳群は4Cから7Cにかけて上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により継続的に築造された南関東最大の古墳群で、いずれ紹介する天神山古墳、二子塚古墳、鶴窪古墳など数基の大型古墳が残存しています。六孫王原古墳は群中最終段階に築かれています。多くの古墳が方墳に変化する中、極めて珍しいことに前方後方墳です。このブログで紹介する古墳のなかで、はじめてになります。後方部には凝灰質砂岩製の切石積み横穴石室が設けられていました(六孫王原古墳にかかわる記述は現地説明板による)。残念ながら南側に開口する石室は民有地にあるために近づくことはできませんでしたが、内部も砂岩製ということもあり崩壊が進んでいるそうです(市原市教育委員会)。

 墳丘も元の姿とはだいぶ異なっているようで、とりわけ前方部がバチ形に広がっている点は想像を巡らせるしかありませんでした。しかし、後方部の方形はよく確認できましたし、長方形の周堀のなかに浮かぶ朝日に映える草刈りの終わった墳丘は大変印象的でした。残念ながら墳丘の南半分は民間所有で荒れ果てたまま。惜しいの一言です。それにしても前方部から見上げると高層マンションが聳え、古墳の周囲は動画からお分かりのように野菜畑。古代と現代、都会と農村が共存する不思議な光景です。

 アクセスですが姉ヶ崎駅から徒歩が地形の変化もよくわかりお勧めです。姉ヶ崎駅から椎津変電所のある交差点を目指し歩き、そこから登りになる姉崎神社の東側の道路を道なりに直進し、姉崎東中学校を右手にみながら二つ目の信号まで進みます。信号をわたるとダイアパレスのマンションです。その裏手にある細い道を道なり進むと古墳にたどりつきます。徒歩30分。途中に窪塚古墳も、帰り道には天神山や二子塚古墳に寄ることもできるルートです(撮影日2015年12月11日)。


PNG rokusonnoubara zu

六孫王原古墳基本データ

所在地 千葉県市原市姉崎

形状 前方後方墳

墳長 45.6m 後方部 27.4m×28m 高さ2.5m、前方部幅 32m 高さ1m

築造時期 7C

出土品 金銅製馬具の破片、直刀、刀子、鉄鏃、須恵器大甕等

史跡指定 市指定

特記事項 終末期では珍しい前方後方墳、横穴石室


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  3C後半に造られた飯郷作2号墳のある飯郷作遺跡は1970年代の後半、佐倉西高校の建設現場から発掘されたそうです。ビルやマンション、道路、鉄道など建設現場から貴重な古代遺跡が発見されることは珍しくないと承知していますが、一部とはいえきちんと整備し後世の人々の目に触れるようにしているケースはそれほど多くないのではないでしょうか。大半が考古学的調査を終えたあと何もなかったかのように削平されてしまいます。発掘される遺跡の数が多すぎる現状を考えれば、現在の人々の生活を優先させるべきだとの声が聞こえてきそうです。
  飯郷作遺跡にとりその点は大変に幸運でした。学校の建設中に発見されたわけですから。生きた教材としてこの遺跡を残すと当時の関係者が決断したのは当然でした。動画からわかるように校舎に囲まれた中庭的な空間に、弥生時代の方形周溝墓、方墳2基、前方後方墳1基が肩を並べるように整備保存されています。狭い地域に時代を越えて墓が造られているのです。墓制の変遷を辿ることができるわけで、だからこそ県の指定史跡になったのでしょう。前方後方墳はもう1基あったようですが現在では見ることはできません。
  案内して下さった先生によれば、学生が墳丘上で吹奏楽の練習をしたりすることもあるようです。それにしても約40年間きれいに保存されたのは学生や教職員の方々の意識の高さがあったからではないでしょうか。肝心の前方後方墳2号ですが、墳丘は墳長29mと小さいものの、前方部と後方部の形がはっきりとわかり実に興味深いです。出土品の一部は校舎内に展示されています。校舎が改修工事中のために校舎の上層階から見下ろすことができなかったのは残念でしたが、機会を見て再訪するつもりです。見学は佐倉西高校に事前に電話で申し込みをすればスムーズです。
  アクセスは京成志津駅南口から京成バス佐倉行で東邦大学佐倉病院下車目の前に佐倉西高校が見えます。バスは1時間に23本です(2015年11月16日)。
PNG iigousakuiseki zu



飯郷作2号墳基本データ

所在地 千葉県佐倉市

形状 前方後方墳

規模 墳長 29m、後方部径 18.5m 高さ1.5m、前方部幅約10m 高さ1m

3号墳 一辺9.5m×12m4号墳9.5m×11m 

築造時期 3C

出土品 ガラス玉、銅鏃、底部穿孔土器(校舎内に一部展示)

史跡指定 県指定

特記事項 弥生時代の方形周溝墓から古墳時代前期の前方後方墳、方墳が近接して築造され墓制の変遷を知る上で重要



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の前期古墳は千葉県市原市にある姉崎天神山古墳です。墳長130mの前方後円墳です。既に紹介した六孫王原古墳、二子塚古墳が属する姉崎古墳の中では最大規模を誇ります。その詳細はあとで触れるとして、市原市は20167月中旬ゲリラ豪雨に見舞われ住宅街の道路が濁流に変身した様子がテレビでも報じられました。姉崎古墳群からも至近の距離のところです。今回の姉崎天神山古墳や六孫王原古墳を歩いていてなるほどと思いました。姉ヶ崎駅から古墳群に向けて急な登坂が続きます。動画2や3でもおわかりのように西の東京湾方面だけでなく谷をはさんで南の丘陵もよくみえます。標高は30mから40mもあり古墳を築くには絶好の場所ともいえます。

天神山古墳を含む養老川流域の姉崎古墳群は上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により4C中頃から継続的に造られたと考えられており、全国古墳編年集成(雄山閣、1995)によれば、今回の天神山、釈迦山(いずれアップ)、二子塚古墳(クリックすれば飛べます)、山王山(消滅)、ずっと飛んで7C後半に六孫王原(クリックすれば飛べます)の順で築かれたようです。ということは古墳時代のほぼ全期間を通じて古墳が造られたことになります。いずれの古墳にも養老川流域を支配した豪族が眠っているに違いありません。

肝心の天神山古墳ですが、残念なことに丘陵先端に雑木に覆われて位置することと周辺の開発のために横から墳丘全体を撮ることがかないませんでした。唯一全体像がわかるのは後円部東側から前方部を臨んだ動画3だけです。それでも、その大きさはかなり伝わってくるのではないでしょうか。後円部径が60mを超え、前方部幅は50m超と、中期以降にみられる前方部の発達はありません。そうしたところからも天神山古墳が前期に位置することがわかります。くびれ部分には天神様がまつられており前方部側から後円部への視野を遮ります。全国の古墳にはこうした例が少なくありませんが(一例は岐阜県大野町の上磯古墳群、動画1 クリックすれば飛べます)、神社のお蔭で墳丘が残されてきたことを考えるとわがままは言えません。

アクセスですが姉ヶ崎駅から徒歩が地形の変化もよくわかりお勧めです。姉ヶ崎駅から椎津変電所のある交差点を目指し歩き、そこから登りになる姉崎神社の東側の道路を進み、一つ目を左折し(東方向)道なりに進むと左に天神山古墳の道標が出ています。その道を下ると動画1の冒頭のシーンになります(撮影2016年2月2日)。
姉崎天神山古墳







姉崎天神山古墳基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径60m 高さ14m、前方部幅55m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 土師器、鉄鏃、刀子、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 姉崎古墳群中 最大規模



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 全国で前方後円墳が最も多く築かれたのはどこの県でしょう。ご存知の方も多いと思いますが今回その一基を紹介する千葉県が733基と第一位なのです。ついで群馬の455基、茨城が391と東国が続きます。多そうに見える奈良県は312基、大阪府は202基にとどまります。千葉県教育委員会の白井久美子さんによれば、このブログでも見てきたように関東では前期は前方後方墳が多数豪族の墓として採用される一方、近畿では前方後円墳がほとんど造られなくなった6C後半以降盛んに築かれていると指摘しています(「前方後円墳の理解」、千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 20142月)。その理由を白井さんは東北進出というヤマト王権の命題に呼応したためとみています。とても興味深い指摘でこのブログでも東国の古墳を紹介するときには頭に置いておきたいと思いました。

 肝心の今回の公津原古墳群ですが図の1にあるように三つの支群からなっています。JR成田線の成田湯川駅から南方向に歩くと八代台古墳群、天王塚・船塚古墳群、それに今回の最も南にある瓢塚古墳群が4㎞ほどの間に点在しています。元は公津原古墳群全体では120基を超える古墳があったようですが現在は38基余りが県の史跡に指定され住宅や公園の中に眠っています。既に方墳の大型墳船塚古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。この地域は千葉県の北部に位置し、手賀沼・印旛沼周辺には既に紹介した巨大な方墳、龍角寺岩屋古墳や我孫子市の水神山古墳(クリックすれば飛べます)を含め多数の古墳が残されています。

 成田ニュータウンの造成に合わせて今回の公津原古墳群は復元整備されたようで住宅が密集するなかに古墳が溶け込んでいることに感心しました。いずれ紹介する団地や小学校の校庭のなかにも古墳が残され間近にみることができます。

 公津原3号墳は墳長45mと小ぶりですが前方部が未発達の前期古墳の特徴がよく残されています。天候に恵まれたこともあり南側からみる稜線の美しさが印象的でした。周濠の残存状況にも驚かされました。アクセスは成田湯川駅から徒歩をお勧めします。4-5時間あればゆっくりまわれます。撮影(20161231日)。
PNG kouzugahara kofungun bupuzu
PNG kouzugahara3gou zu



公津原3号墳(瓢塚)基本データ

所在地 千葉県成田市加良部

形状 前方後円墳 周濠

規模 墳長45m、後円部径21m 高さ6m、前方部幅15m 高さ4m

1号墳 径25m 高さ2m2号墳 径23m 高さ2m

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  神門5号墳と同じ頃に造られた出現期の古墳、神奈川県海老名市にある秋葉山3号墳(2号墳メイン)は既に紹介していますが、残念なことに前方部が完全に失われ、現在は円墳のようにみえます(クリックすれば飛べます)。その点、秋葉山3号墳よりも少し前に造られた神門(ごうど)5号墳はだいぶ削られた印象はありますが短い前方部も確認できます。住宅地に囲まれているためにこの古墳の特徴である幅の狭い周濠は北側に関しては生活道路に化しています。それでも1700年以上も前の構築物がこうして現在の住宅と共存して残されていることに感心します。墳頂にあった埋葬施設からは剣、ガラス玉、鉄鏃が出土しているそうです。

5号墳ということからもおわかりのようにいくつかの古墳が神門古墳群として確認されています。調査が行われた3号墳、4号墳はいずれも5号墳とほぼ同じ規模の出現期の前方後円墳でしたが現在では開発のために消滅しています。興味深いのは3基から出土した土器です。現地説明板によればこの地区(国分寺台)の中台、天神台等多くの遺跡からは近畿、北陸、東海、北関東などの特徴をもった土器が出土しており、移住や地域間の交流が盛んであったことがわかるとしています。三基はいわば地域統合の象徴として造られたということになります。

交流が盛んであったことは古墳の50m東に今でも残る雷伝池がありその向こうは東京湾だったことからもわかります(現在は埋め立てられ海岸までは凡そ5㎞)が、3Cにはるか遠い近畿や東海地方と想像以上に往来があったようです。海路を用いたとして、7Cから9Cにかけての遣唐使船が無事に倭と唐を往来できる確率は高くはなかった(所説あるようですが高いほうで8割)とされていますから、それよりはるか以前の3Cの航海成功の確率はいかほどのものであっただろうかと考えてしまいます。それでも交流の証明としての各地域の土器が残されているのですから驚きです。

古墳を離れてしまいましたが出現期の奈良県桜井市の纏向出現期の古墳を3回にわたり紹介しています。神門5号墳が造られていた頃、畿内の中心ではホケノ山(纏向出現期古墳1)、纏向石塚(纏向出現期古墳2)、勝山古墳他(纏向出現期古墳3)などが姿を現していました(クリックすれば飛べます)。比較してご覧ください。アクセスはJR内房線五井駅東口からアリオ市原・市原市役所経由国分寺台行きでバス停市原市役所で下車。信号を南西方向に300mほど歩き、次の信号を過ぎて200mほど、ローストハウス焙煎の店を左折し200mほどの左手にみえます(撮影日201622日)。

PNG goudo5goufun zu



神門5号墳 基本データ

所在地 千葉県市原市惣社

形状 前方後円型墳丘墓(出現期前方後円墳)

規模 墳長42.6m 後円部径30m32.5m 高さ5m、前方部幅13m 高さ不明

築造時期 3C

出土品 ガラス玉、剣、鉄鏃

史跡指定 県指定

特記事項 神門3号と4号墳が同様の形態の墳丘墓だったことがわかっているが
開発のため削平



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ