古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:大阪府 > 後期(終末期)

豊富な副葬品が出土した円墳 

  琵琶湖と瀬戸内海を結ぶ淀川が大阪平野に入って間もない茨木市に今回の青松塚古墳はあります(地図参照)。現在の淀川までは南に10㎞ほどでしょうか丘陵の先端にある北警察病院(20194月から北大阪ほうせんか病院)敷地内の裏山にあります。銅鏡3面を含む多彩な出土品で知られる前期前方後円墳、紫金山古墳とともに病院建設の際に1947年に発見されています。20mほどの円墳と考えられているそうですが封土は流れ石室が露出しています。動画3にある大きな天井石からわかるように中規模の石室です。東に1㎞ほど、直前に立ち寄った真龍寺古墳(クリックすれば飛べます)と同様の自然石で造られ、奥壁の積み方を除けばよく似ています。羨道の残存部分から玄室に入ってもさほど天井までの高さは感じられませんでしたが、教育委員会に確認したところこれは土砂堆積のためで本来はもっと高かったようです(玄室長3.3m、幅2m、高さ2.4m)。実は京都大学の調査ではさらに天井高はあったようで「玄室の長さ、幅に比べかなりの高さがある」(文科省科研費による2011年から14年に行われた発掘調査の報告)としています。個人的に天井高の高い石室が好きなので拘ってみました。それはともかくあちらこちらから差し込む太陽光は大きな地震がくれば崩壊してしまいそうな石室の現状を示しています。この古墳からは紫金山古墳同様、発見時に須恵器、2面の銅鏡、轡や杏葉など馬具、鉄刀、鉄鏃等数多くの貴重な副葬品が確認(京都大学所蔵)されているそうで、古墳時代の前期、後期という違いはあれこの地域の有力豪族(淀川水運の支配者?)の奥津城ではないかと思われます。残念ながら公開はされていないようです。追手門学院大学内の真龍寺古墳の石室を訪ねたあと寄ってみました。西に1㎞ほど歩いた北警察病院(20194月から北大阪ほうせんか病院)に到着し、道順は案内所で親切に教えてもらいました。患者さんが多数おられる病院内を歩くことになるので注意が必要です(撮影201844日)。
PNG seishouzuka kofun to Yodogawa


青松塚古墳基本データ

所在地 大阪府茨木市

形状 円墳

規模 20m 高さ不明

石室規模 玄室長3.3m、幅2m、高さ2.4m(現状)

築造時期 6C

出土品 武器、農工具など鉄製品、馬具、玉類、土師器、須恵器

史跡指定 未指定

特記事項 2011年から14年にかけて京都大学が調査を行っている。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

都会の喧騒の中に残る横穴石室

関東の人間にとり大阪の猪名川といってもピンときません。改めて地図で確認すると、伊丹空港(大阪空港)近くを流れる淀川に合流する川だということがわかりました。その猪名川流域にも数多くの古墳が築かれています。大阪の淀川よりも北の豊中市や池田市を中心とする地域です。墳丘の規模は堺市の百舌鳥古墳群、藤井寺市、羽曳野市の古市古墳群とは比較になりませんが前期から後期まで個性豊かな古墳を見ることができます。このブログでも前期の禁野車塚古墳牧野車塚古墳大石塚・古石塚古墳池田茶臼山古墳、中期の太秦高塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます)を紹介してきましたが、今回の二子塚古墳は後期の横穴石室が残る前方後円墳です。もとは現在ではほとんど削られている前方部の高まりが別の墳丘だと考えられていたようで、二子塚はそこに由来しているようです。前方部の幅が40mと後円部径よりも10mも大きくしかも墳長全体で45mですから前方部が極端に発達した後期古墳の典型であることがわかります。

 八幡神社の鳥居の横にフェンスに囲まれ封土が流失した石室が残されていました。全長6.72m、玄室4.5m、幅1.54m、高さ1.68m。残念ながら石室内には入れず、開口部も土砂と枯葉で埋まっているために奥壁が見通せず焦りました。ヘッドランプの光を頼りに漸く確認できた奥壁は表面が平滑され丁寧に造られていて驚きました。アクセスは阪急宝塚線石橋阪大前で下車し府道176号線沿いに北西方向に歩き井口堂信号で北側にわたり阪急バス石橋営業所を目指します。駐車しているバスを見ながら北に直進すると突き当り動画の冒頭の光景がみえます(撮影2016223日)。
PNG futagozukakofun(ikedashi) basho

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

59m×55mの巨大方墳の推古天皇陵

 

 近鉄長野線の喜志駅から上ノ太子行の金剛バスに乗って20分ほど。葉室のバス停で降りて(最も近いバス停は御陵前)南に向かって下っていくと動画1冒頭のような光景が迎えてくれます。夏空に映える墳丘は巨大の一言。すぐに方墳ということがわかる角ばった墳丘です。歴代天皇のなかで最初の女帝として592年から36年もの間、その地位にあった人物の墓だけのことはあります。

もっとも三段築成の長方形をした方墳(59m×55m)といわれる墳丘は文久の修陵で大きく改変されたようです。徳川幕府は文久2年(1862年)から全国の陵墓の修復を進め、その際に工事前後の様子を絵師に書かせていたことがわかっています。「文久山陵図」がそれで外池昇さんの「検証天皇陵」(山川出版社、2016年)には数多くの文久山陵図がカラー写真で掲載されています。

その山陵図をみると工事前と工事後の推古天皇陵の様子はかなり違います。工事前はどう見ても三段築成には思えない規模の墳丘です。なぜ、これほど立派になったのでしょうか。以下は憶測ですが、幕末の尊王思想を反映した文久の修復で甥の聖徳太子とともに治世中に十七条憲法や遣隋使の派遣など数多くの事績を残した推古天皇に相応しい陵墓に改変しようとしたのではないか。厚葬することを禁じて没したといわれる推古天皇。当初の陵墓が現在ほどの大きさでなかったとしても納得がいきます。ただ、推古天皇の願いは早逝した息子、竹田皇子との合葬だったといわれ南に向いて開口する石室2基があると考えられています。なお動画2の最後には同じ磯長谷にある推古天皇の2代前の天皇の墓、用明天皇陵を付け加えています。



PNG suikotennouryou dougasatueiichi zu

推古天皇陵(山田高塚古墳)基本データ

所在地 大阪府太子町山田

形状 方墳

規模 長さ東西63m 南北55m、高さ11m3段築成(現状)

築造時期 7C前半

出土品 不明

史跡指定 なし 宮内庁が推古天皇の陵墓として治定するも考古学会では太子町山田にあるところから山田高塚古墳と呼んでいる

特記事項 日本書紀には天皇が崩御されたあと息子の竹田皇子之陵に葬られたとあるものの場所は記されていない


PNG suikotennnouryou zu yahoo
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

再訪してはじめてわかった貴重な横穴石室

 古墳巡りを始めた頃、何かのきっかけで今回紹介する高井田山古墳を訪れ、曇りかけた覆屋のガラス越しに見た石室は、正直、「こんなものか」といった印象しかありませんでした。ところが、全国の古墳を歩き、入室した石室も数を重ねた今、ようやくその重要性がわかりました。

 初心者にとりわかりにくかったのは墳丘が失われ、横穴石室の玄室と羨道の一部だけ、それも下半分だけがかろうじて残り、その上に動画で見るような覆屋が被せられているからだと思います。羨道が玄室手前2mしか残されていないので(歴史資料館の資料にはそう書かれているが、現状はもっと短い気がする)まるで竪穴石室を上からみている感じがするのです。今回、改めて資料をひっくり返し、資料館にも電話して横穴石室ということを確認しました。横穴石室の築き方は様々ですが、高井田山古墳の場合、地山に深さ1mほどの墓坑を堀り玄室と羨道の壁を積み上げ天井石を架け石室を完成したあと盛土で覆ったようです。現状は残された石室下半分しか見えず、羨道の開口部も崩壊しているのでわかりにくいのです。

 石室には2基の埋葬施設があり、東側が女性、西側が男性とみられています。その理由は東棺枕元には銅鏡とひのし(当時のアイロン)が、西棺には鉄刀が置かれ、西棺の北隅には短甲が立て掛けてありました。いずれもレプリカで再現されています。そして興味深いことに、6C前半の築造といわれる武寧王の棺と同様、左右の棺ともに高野槇製ということがわかっています。武寧王陵(クリックすれば飛べます)からも、そっくりのひのしが出土し、ガラス玉が副葬されていた点も高井田山古墳と同じことがわかっています。こちらは5C後半に築かれたとみられており、石室の構造、設計など百済の当時の様式と似ていること(高井田古墳は武寧王陵と違いレンガ(塼、せん)積みではありません)、その前提となる当時の倭と百済の交流の深さを考えると武寧王の父、昆支(こんき)王夫妻の墓ではないかとの説もあるようです。仮にそうでなくとも、百済の王族クラスの墓であることは確かなようです。これの記述は柏原市のHPをもとにしていますが、この説明を頭に入れて再訪した高井田山古墳は、はじめて訪れた時とは全く違った輝きを見せていました。アクセスはJR西日本大和路線で高井田駅徒歩10分と非常にわかりやすいです。一緒に高井田横穴古墳群も見学されるとよいでしょう。動画3として武寧王陵の短縮版をアップしています(撮影2019313日)。


PNG dougasatsueiichi takaidayama kofun )
PNG takaidayama kofun sekishitsu fukugennno様子
PNG takaidayama kofun matsuokayama kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ