古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:大阪府 > 後期(終末期)

横穴石室を上から見ることができる珍しい古墳

 追手門学院の茨城キャンパス造成中に発見された今回の真龍寺古墳は長さ4.5mの石室をもつ径22mの円墳です。羨道の状況が不明なために石室全体の長さはわからないと説明板にはありました。墳丘は木々が繁茂し動画1でみるように円墳という形はわかりません。それもそのはず円墳の上半分の封土が削られてしまっているのです。ですから肝心の柵に囲まれた横穴石室は上から見下ろすことになるので一見すると竪穴石室の天井の板石を抜いた感じに思えます。横穴石室ということを確認するには石室と同じ高さで玄室を見ることができればよいのですが、石室内には降りられず残念ながらそれは叶いません。それにしても天井板石が抜き取られた玄室や残された羨道の一部から推測するとかなり大きな横穴石室だったのではと想像されます。奥壁は2段ということが上から見てもわかります。やや細部にわたりますが羨道幅よりも玄室幅のほうが大きく、上からのぞくと片方の羨道横壁と玄室横壁はつながっているようにみえたので片袖式と考えたのですが、調べてみると両袖式のようです。実際に石室に降りれば確認できたでしょうに残念です。

事前に連絡をしなかったにもかかわらず追手門学院中学・高校の事務の方はご親切にもグラウンドの隣に保存されている古墳まで案内してくださいました。ありがとうございました。アクセスはJR茨木駅から追手門学院茨木キャンパス行の直通バスが運行されています。構内で中高事務室を訪ねるとよいでしょう(撮影201844日)。

PNG shinryujikofunzannzonnjyoukyouryakuzu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

切石技術の高さが印象的な終末期の横口式石槨


 鬱蒼とした標高100mにある打上神社の裏山にある今回の石宝殿(いしのほうでん)古墳。小雨交じりの生憎の天気ということもあってあまり見通しがききません。そこにポッと現れた巨大な灰褐色の石の塊。びっくりしました。封土があったのかなかったのか。見方もわかれるようですがなかったとすればきれいさっぱり、こんなにも石像然という姿になるものでしょうか。それはともかく横口式の石槨といえば奈良県高取町の寺崎白壁塚古墳、大阪府南部の羽曳野市の観音塚古墳が思い出されます。ただ石宝殿は底石の上に一つの巨石を加工した上石(石槨)を載せている点で異なります。花崗岩の巨石をくり抜いているわけです。いずれの古墳も切石加工の美しさが印象的でしたが、時代が下るということもあり技術レベルの高さでは石宝殿が図抜けているような気がします。

 動画からもその巨大さは伝わっていると思われますが、底石は約3m厚さ10㎝、蓋石は直径約3.2m高さ約1.7mもあります。羨道部分から石槨に歩を進めて驚されたのは、はめ込み式の扉があったと思わせる切込みです。そして中を覗くとその美しさにまた驚かされました。時代的には推古朝が終わり、権力を振るっていた蘇我蝦夷をバックに誕生した欽明朝の頃になります。寺院建築の技術など大陸から続々伝わっていた成果がこの横口石槨にも表れているのではないでしょうか。

 動画3では折角の下部に四つ並ぶ列石を紹介しています。これが何を意味するものか墓域の区画を示すものなど諸説あるようです。墳丘にあった封土の土留め石とすれば墳丘が八角形ではなかったかとの見方もあります。単なる印象ですが、冒頭に書いたように、あまりに石槨が独立した形で据え置かれているので墳丘そのものがなかったのではないかと思われて仕方がありません。アクセスはJR学研都市線東寝屋川駅下車徒歩15分。駅の東口に出てすぐの打上団地前の信号を左折しスーパーいずみやの敷地端まで歩き、反対側にわたり南東方向にある打上神社を目指します。緩やかな坂が続きます。神社を過ぎて暫くいくと動画1の石柱が見えます(撮影20171129日)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

精美という言葉しか思い浮かばない石室 

 大阪市の東側、越えれば奈良県という標高60mから180mほどの山麓に古墳時代後期を中心に多数の群集墳が築かれています。言い換えれば河内湖(現在の大阪市)を望む山肌に築かれたということになるでしょうか。その内、郡川北・南群、大窪・山畑、服部川から成るのが高森古墳群です。今回の服部川7号墳のある服部川支群は高森古墳群全体で現存する237基(元は565基)を数える古墳の内170基を数え、しかも大型横穴石室を有する古墳が数多くあるという中心的支群だそうです。
 これまで高安古墳群の中から開山塚(郡川古墳群)、二室塚(服部川古墳群)、俊徳丸古墳(大窪・山畑古墳群)と抜塚(大窪・山畑古墳群)、加えて高安古墳群近くの古墳としてよく紹介される府内最大の横穴石室をもつ愛宕塚古墳、中期の大型前方後円墳、心合寺山古墳と紹介してきましたが、改めて一度に見返してみると圧巻でした(古墳名をクリックすると飛べます)。総じて石室の石が巨大で石組も精緻なのです。素人目にもよくわかります。2015年に国指定の史跡に認められた(半数の105基が対象)と聞き大いに納得しました。一つ一つアップしているときには気が付かなかったのですが、他地域の後期、終末期の石室とくらべるとスケール感が違いますし、それらが近接して築かれているという点が重要です。。とはいえ残存する古墳のうち石室まで見学可能なものは残念ながらほんのひとにぎりです。例えば玄室が二部屋つながる特異な形式の古墳は二室塚古墳だけではありません。郡川支群に交互二室塚古墳と呼ばれる古墳がありますが民間の所有で近づくことはできません。

 今回の服部川7号墳ですが史跡高安古墳群保存活用計画(八尾市、20177月)では墳丘にほとんど削平崩落が見られず石室も石組に崩落や弱い部分が見られず非常に良好な保存状態と記されています。墳丘、石室ともに「非常に良好」の評価は数少ないです。玄室の幅が広くヘッドランプの光が十分いきわたっていませんが羨道が良好に残っているために外からの光がほとんど入らないためかもしれません。石は周辺から採取された花崗岩のようで、現在でも所々で大きな石材をみることができます(動画1の冒頭)高安古墳群の石室は大半が片袖式ですがその中では最大の11.5mの長さを誇っています(撮影2017222日)。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

大型前方後円墳に登れる魅力満載の大型古墳公園


 古墳公園として整備された今城塚古墳。古墳踏査をはじめて間もない頃に訪れ、ジョギングや犬をつれて散歩をする人、リュックを背負った古墳巡りの人々、その数の多さにこれは古墳?と思いながらも、古墳が地域の人々の生活に溶け込んでいることを実感しました。慶長伏見の大地震(1596年)で大きく崩れた墳丘は自然保存する一方、前方部の幅が後円部径を大きく上回る様子や造出しの様子など当時の姿をわかりやすく伝えています。内濠は水を張ったところと空堀をわけて整備し、内堤の祭祀の場を再現した200体を越える人物、家形、鳥、牛馬、武具等の埴輪列は圧巻の一言でした(動画4と5)。墳長190mに二重の濠の内濠だけでこれだけの迫力ですから、墳丘だけしか残っていない他の古墳の濠を含めた全体の姿を想像する際の参考になります。しかも隣接して今城塚古墳の発掘の成果が展示されている今城塚古代歴史館があるのも魅力的です。ただ、訪れるたびに人々が多く、思い切って冬本番の2月の某日早朝に出かけて撮ったのが今回の動画です。6時半頃に到着し朝陽を浴びた墳丘、埴輪像が心にしみました。それでも皆さん早起きですね。ジョギングや散歩の人々が既におられました。

 崩れた後円部には本格的な横穴石室があったようでその説明板が現地にあります。ただ、これだけではイメージが湧きません。歴史館には三つの凝灰岩製(阿蘇ピンク石)、二上山製造、高砂製(竜山石)石棺の詳細な説明があります。それにしても熊本からピンク石の石棺を運ばせたわけですから、その権力の大きさのほどがわかります(ピンク石製の石棺の現物はこぶりですが奈良県桜井市の兜塚古墳(クリックすれば飛べます)で見ることができます。もっとも内堤の三か所をくり抜いて見学者の利便のためにコンクリートで壁面を固めたトンネルが造られていることなどを例にあげ、ここまで古墳を改造してしまってよいのだろうかと厳しい批判を展開しているのは考古学を専門とする矢澤高太郎さんです(天皇陵の謎、文春新書、2011)。一理ある議論ですが、自然保存をたてに荒れるに任せた古墳よりはよほどましと思っています。
 肝心の被葬者ですが宮内庁の陵墓指定には入っていませんが出土品等から考古学的には継体天皇陵として確定しています(継体陵と宮内庁が治定している太田茶臼山古墳は、同様の理由で1C以上古く築かれ継体天皇の在位した時代と合いません、クリックすれば飛べます)。今城塚古墳は6C前半の築造といわれこの頃の前方後円墳としては飛びぬけて大型です。継体天皇といえばそれまでの天皇とは出自が異なり古事記、日本書記では傍流、具体的には武烈天皇に後継者がいなかったために、祖先が応神天皇につながる越後を治めていた男大迹(ヲホド)を王権有力豪族が推挙し即位したといわれています。その在位期間には朝鮮半島での百済と新羅の戦いに百済支援のために派兵する一方、国内ではヤマト王権とは異なる方針(新羅を支援)をとった北九州の有力豪族磐井と内戦になるなど(磐井の乱、ヤマト王権が鎮圧)よく教科書にも紹介されている事柄に直面した天皇です。アクセスはJR富田駅から阪急バス1番乗り場から 関西大学、 萩谷 、 萩谷総合公園行きで氷室下車すぐです(撮影2017216日)。

PNG imashirozuka kofun zu

今城塚古墳基本情報

所在地 大阪府高槻市郡家新町

形状 前方後円墳

規模 墳長約190m、後円部径100m 高さ不明、前方部幅142m 高さ12m

築造時期 6C前半

出土品 円筒、水鳥、家形、武具、人物等形象埴輪、石棺片

史跡指定 国指定

特記事項 本文で触れたように真の継体天皇陵とみられています。用いられている

埴輪を製作したと思われる埴輪工場が古墳の北西1㎞のところに新池埴輪製作遺跡として整備されています。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ