古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:大阪府 > 後期(終末期)

不思議な巨大前方後円墳

 墳長335mを誇る今回の河内大塚山古墳は古墳時代後期の6C半ばに現在の羽曳野市と松原市にまたがるように造られたと考えられています。墳長でいえば全国で第五位、6Cでは最大の超巨大古墳です。残念ながら大正末期の1924年に宮内庁が陵墓参考地に指定したために前方部にあった村は強制撤去され以後、陵墓の仁徳天皇陵(クリックすれば飛べます)等と同様、立ち入り禁止です(2010年に考古学者など専門家に対して一部公開)。

この大塚山古墳は百舌鳥古墳群とともに世界遺産登録の国内候補になっている古市古墳群には含まれていません。応神天皇陵(誉田御廟山古墳)(クリックすれば飛べます)を中心とする古市古墳群から3㎞ほど西に離れていることや築造時期が100年以上下ることから古市古墳群には含まれないとの見方が大勢のようです。世界遺産登録ブームに乗り遅れた(?)ためでしょうか同じ6Cでも、前半に造られ高槻市が一部復元した今城塚古墳や最後の前方後円墳として有名な五条野丸山古墳に比べあまり知られていないようです。

それにしても巨大古墳が造られなくなった6Cになぜ超巨大な前方後円墳が築かれたのでしょうか。当然、生前の被葬者あるいは周囲の人々の意向が反映されているはずで、巨大構築物を造るだけの権力と権威が被葬者にはあったのでしょう。ただ、墳丘のデータを見て不思議に思ったのは後円部の高さ20mに比べ前方部は4mと極端に低いことでした。幅は後円部径185mに対して230mと中期以降の特徴である前方部の発達は見られるのですから余計に不思議です。最後の巨大前方後円墳である五条野丸山古墳(見瀬丸山古墳)(クリックすれば飛べます)の後円部高さ2mに対して前方部15mと比べても極端に低いのです。松原市の方のお話では江戸時代の絵図では後円部に鎮座する神社から低い前方部が見渡せる様子が残されていることから後世改変されたものではなく元から低かったようだとのことでした。だとすると河内大塚山古墳は未完成ではないかという疑問が湧きます。実際そうした見解もあるようです。ただ墳丘に登ることができた時期に横穴石室の天井板石の存在が確認されているそうですから葬ったあとに何らかの事情で盛り土ができなくなったのでしょう。もっとも現在の鬱蒼とした緑の山からは前方部の高さの低さをうかがわせるものはなにもありません。

立ち退きを強いられた村人たちの来歴や被葬者が誰かなど様々な見方を紹介している考古学専門のジャーナリスト矢沢高太郎さんの書籍、天皇陵(中公選書、2012)があります。ご関心のある方にお勧めです。

このブログで紹介してきた後期古墳の大半は小規模の円墳や方墳で、前方後円墳の数は極端に少なくしかも東国に偏重しています。その中で超巨大でしかも畿内に築かれたという意味で河内大塚山古墳は実に不思議な存在です。

近鉄南大阪線の恵我之荘駅から南西方向に5分ほど歩いた恵我之荘小学校の目の前に動画1に見る周濠に囲まれた墳丘が広がります。もっとも多くの古墳同様水を湛えた周濠は後世灌漑用に改変されたもので築造当時は空堀でした(撮影2017830日)。


PNG kawachiootsukayama kofun zu 修正版


河内大塚山古墳基本データ

所在地 大阪府羽曳野市(墳丘東側)、松原市(西側)

形状 前方後円墳

規模 墳長335m(羽曳野市は330m)、後円部径185m 高さ20m、前方部幅230m 高さ4m

築造時期 6C

出土品 埴輪、管玉

史跡指定 なし

特記事項 墳丘は全国で第五位の規模。宮内庁が陵墓参考地として管理



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

畿内にみる珍しい複室構造の石室

今回の後期古墳、大阪北地震の影響が心配される大阪八尾市の高安古墳群から二室塚古墳です。生駒山系の東側 高安山の大阪側山麓に分布する300基の古墳群の一基ですが

文字通り二つの玄室からなるかなり大型の石室です。墳丘自身は径20mと小さく、調査の

結果円墳ないし方墳ともいわれています。現在の墳丘は雑木が席巻していて判然としません。高さも2008年の調査報告書には記載がありません。他方、目玉の石室は全長11.2mもありなかなかに見応えがあります。どうりで日本の考古学界の父ともいわれる明治期のお雇い外国人(英国の冶金技術者ウィリアム・ゴーランド)が写真として残す価値のある石室と判断したわけです。その写真は現地の説明板でみることが可能です。動画2で見る後室から前室方向をみた右片袖式の玄室がよくわかるアングルです。彼が高安古墳群を調査したのは1887年から88年のことです。130年前と同じ石室の様子を前にして言うに言われぬ感慨を覚えました。それにしてもこのゴーランドさん専門の冶金技術者としても卓越した能力を発揮したようですが、古墳の研究も半端ではありません。調査した石室の数は滞日16年で406基にものぼっています。交通網の発達した現在でも古墳踏査は時間がかかります。ただただ驚くばかりです。

話がそれましたが、玄室が複数ある古墳は童男山1号墳八幡山古墳石室(クリックすれば飛べます)などいくつか紹介してきました。大半が九州です(例外的に埼玉県行田市の八幡山古墳石室は三室構造、クリックすれば飛べます)。しかも畿内ではほとんど見られない仕切り石で床を囲み遺体を安置する埋葬形態が特徴でした。これに対して今回の二室塚はよく見られる横穴石室を二つ縦につないだものです。ただ説明板によれば大変珍しい形態だそうで近隣の交互二室塚古墳にしかみられないのだそうです(この交互二室塚は確認ができませんでした)。二室をつなげた奥壁までを開口部からみると幅が狭いこともあり天井が高く巨大な石室に見えます。それにしても木の根と思われる前室のブルーシートは気になります。おそらく伐採すると石室全体が崩れる可能性があるのではないでしょうか。それだけに地震の影響が心配です。アクセスは近鉄信貴線服部川駅から高安古墳群周回のモデルコースの途中にあります。八尾市観光協会のHPに入り高安古墳群コースを参照してください(撮影2017222日)。



PNG nishitsuzukakofun no ichi


二室塚古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 円墳(方墳)

規模 径ないし一辺約20m

横穴石室 全長11.2m 前室 長さ4.4m 幅2.4m 高さ3.2m、後室3.82m 幅2.3m 高さ3.05m

築造時期 6C

出土品 土師器、須恵器片 耳環、鉄釘

史跡指定 市指定

特記事項 本文にも書いたように九州以外の複室構造の横穴石室は珍しい


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

切石の美さが際立つ横口式石槨

 
 動画をご覧になってどこかで見たような石室だとお気づきの方も多いのではないでしょうか。そうです大阪府羽曳野市の観音塚古墳(クリックすれば飛べます)と富田林市のお亀石古墳(クリックすれば飛べます)が今回の寺崎白壁塚古墳同様の横口式石槨です。畿内の後期、終末期の古墳にみられる個性的な形式の石室です。高松塚古墳をはじめ主なものだけでも15基を越えるようです。とはいえそれぞれ微妙な差はあって寺崎白壁塚古墳は観音塚と同様に羨道と前室に加え石槨という形式ですがお亀石は羨道と石槨が直結しています。

 石材については素人の私には違いもわからないのですが安山岩とは違い地下深部で時間をかけて冷えたものだそうで、この素晴らしい切石は閃緑岩だそうです。残念ながらどこから調達したものかは情報がありません。石槨には木棺や漆で塗られた乾漆棺が納められたようです。当然のことながら被葬者はかなり高位の人物であったと想像されます。

 何度かの発掘調査で一辺35mの方墳で三段築成であったことが明らかになっています。もっとも動画2でお分かりのように墳丘は枯草で覆われていてよくわかりません。しかも、

だいぶ前に設置された見学用の渡り廊下の鉄パイプが錆びついていて石槨の美しさとのアンバランスに驚かされました。人も予算も限られているのでという答えが返ってきそうですが、それにしてもという感じです。

 復元整備されたカンジョ古墳からカンス塚古墳(未紹介)を横目に竹林に入ると、ところどころに動画2に映っている標識にしたがって歩きます。10分もかからずに古墳に着けると思います。アクセスはカンジョ古墳をご覧ください。近鉄吉野線飛鳥駅から歩きました。直行すれば1時間ほどで着くでしょうか(撮影20171127日)。にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

羨道の天井石もよく残る高安古墳群の名石室

 なるほどと思いました。大森貝塚を発見したモースや日本考古学会の産みの親ともいわれるガウランドがこの石室を見て海外に紹介したというのです。二室塚古墳(クリックすれば飛べます)もそうでしたが、古墳時代に学術的な関心のある人々含め貴重な遺産なのでしょう。数だけは結構見て回ってきた私にも非常に印象深い石室でした。何より他の石室の多くは玄室はよく保存されていても羨道が欠損していたり、残っていても天井の板石が抜き取られたりと築造当時の姿を伝えているものは案外少ないです。ところが開山塚古墳は8mを越える羨道が動画1でおわかりのようにきちんと残されています。そして幅1.5mほどの羨道の先にはぐんと幅の広がる(3.37m)(つまり両袖式)玄室が控えています。奥行は4.67ですから10畳ほどもあります。堆積している3-40㎝の土砂を除くと天井高は4.2mと(現状は3.8mほそ)推定されるというのですから驚きです(開山塚古墳調査報告書 2010年)。ヘッドランプの光が届かないぐらいの暗闇です。

 さて開山塚古墳、径30mほどと小さな円墳(石室以外はほとんど削平されているので復元推定)で河内平野を望む高安山の中腹、標高130mほどのところに位置します。見事としか言いようのない眺望は古墳の被葬者が見たであろう景色と同じなのでしょうか(当時は現在の平野は河内湖)。法蔵寺境内の奥まったところにあるのでご住職のお宅で場所をうかがうと奥様が「わかりにくいのでご案内します」とご親切にそばまで道案内をしてくださいました。感謝。ところが階段の途中の標識の方向に歩いても墳丘は見当たりません。実は先ほど書いたように石室だけしか残されておらず、その横には後世造られた石垣があって竹やぶの先の開口部を見つけるのにうろうろしてしまいました。その後のことは既に記したとおりです。存分にご堪能ください。アクセスは近鉄信貴線服部川駅から高安古墳群周回のモデルコースで後半に訪れるところです。八尾市観光協会のHPに入り高安古墳群コースを参照してください。終点の信貴山口駅から歩く方法もあります(法蔵寺はどの地図にも載っています)が、坂がとても急です(撮影20171113日)。高安古墳群では既に俊徳丸古墳と抜塚を紹介しています(クリックすれば飛べます)。合わせてご覧ください。


開山塚古墳(郡川1号墳)基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 円墳

規模 径30m、石室 長さ13.05m、玄室長4.67m 幅3.37m 高さ4.2mと推定

羨道長 8.38m、幅1.5m、高さ1.9m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 高安古墳群として国指定

特記事項 高安古墳群はいくつかの支群からなり開山塚古墳は郡川支群に属する

開山塚の由来は法蔵寺を開山した好山和尚に由来する。


>


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ