古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:大阪府 > 中期

墳長全国第二位の古墳
 古市古墳群では最大、全国では第二位の応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の全景を紹介するのは大変に難しく、悩みました。仁徳天皇陵(大仙古墳)の場合と同じようにヘリ上空からとも考えましたが、古墳時代の人々は見ていないわけで止めることにしました。しかし古市古墳群も百舌鳥古墳群も巨大な前方後円墳の大半は宮内庁の管理下にあって墳丘は森林に覆われ確認することは不可能です。せいぜい、できることは前方部中央に設けられた拝所から周濠をはさんで墳丘の高まりを想像するだけです。何か他の方法はないか考えながら応神天皇陵の濠沿いを羽曳野市役所方向から歩いてみました。すると墳丘西側の濠の外側に広がる農地のどこに立っても墳長420mの後円部から前方部まで一望できることに気が付きました。仁徳天皇陵の場合、一番外側の濠の近くまで住宅や森が迫り、それは不可能でした。応神天皇陵の場合も東側は他の古墳があり眺望は効かず、墳丘にも近づけません。是非、西側を歩いてその大きさを実感されることをお勧めします。

 全国の古墳を歩いて改めて気が付いたことは、地域の古墳群の盟主墳として100m以上の前方後円墳を見ることは少なくはないものの、墳長200m以上が7基ある古市古墳群、4基以上の百舌鳥古墳群のような巨大前方後円墳が古墳時代中期に集中して築かれたところはどこにもないことでした。権力の中心がこの時期河内にあったことを証明するものです。

 動画1では応神天皇陵(誉田御廟山古墳)、動画2では墳長290m、応神天皇の妃である仲津姫の陵墓と宮内庁が指定している仲津姫陵(仲津山古墳)の前方部からの姿をとらえています。もっとも考古学的には仲津姫陵のほうが先に築かれたそうです。フェンスが張り巡らされているためにデジカメを突っ込んでの撮影です。動画2の最後には仲津姫陵の陪塚とされる一辺50mの方墳、鍋塚古墳を紹介しています。古市古墳群では数少ない墳頂まで登れる古墳です。既に登れる古墳、古室山古墳大鳥塚古墳を紹介しています。合わせてご覧ください。応神天皇陵へのアクセスは近鉄南大阪線古市駅から羽曳野市役所を目指し国道170号線を渡ると応神天皇陵墳丘西側に着きます。(撮影2015128日、2017220日)。


PNG oujintennouryou zu


応神天皇陵他基本データ

所在地 大阪府羽曳野市(応神天皇陵)

藤井寺市(仲津姫陵、鍋塚古墳)

形状 前方後円墳(応神天皇陵、仲津姫陵)、方墳(鍋塚古墳)

規模 応神天皇陵 墳長 425m、後円部径250m高さ35m、前方部幅300m 高さ36m
仲津姫陵 墳長 290m、後円部径170m 高さ26m、前方部幅193m 高さ23m

鍋塚古墳 一辺50m63mに復元できるとの見方もある)、高さ7m

築造時期 5C

出土品 円筒、形象埴輪等

史跡指定 鍋塚古墳 国指定

特記事項 応神天皇陵築造前に東側に二ツ塚古墳古墳が築かれていたために周濠が歪んでおり、前方部は734年、1510年の直下型地震のために一部崩れているそうだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

陪塚(ばいちょう)も多数残る仁徳天皇陵(大仙古墳) 
 
仁徳天皇陵(大仙古墳)陪塚の編集をしている最中、大阪高槻市を震源とするマグニチュード6.1の大型地震が発生し多くの被害が出ました。お見舞いを申し上げます。震源の高槻、茨木といえば今城塚古墳はじめ数多くの古墳が残されていますが、マグニチュード7.25の伏見地震(1596年)では後円部の埋葬施設を含め大きく崩れたそうです。今回も被害が心配です。生駒山の大阪平野を見下ろす西側には既に紹介した山畑古墳群はじめ横穴石室のある円墳がいくつもあります。状況はどうなっているでしょうか。今回の仁徳天皇陵陪塚のある堺市も震度4を記録しています。本題に戻ります

  世界遺産登録を目指す百舌鳥古墳群は墳長100mを越す大型の前方後円墳が11基もあり既にそのいくつかは紹介しています。土師ニサンザイ古墳いたすけ古墳を代表例としてあげておきます(古墳名をクリックしてください)。仁徳天皇陵の周辺には宮内庁が陪塚(ばいちょう)として管理している12基があり今回紹介している6基は全てその中に含まれています。動画撮影位置をご覧になると後円部の北西側に永山古墳があります(クリックすれば飛べます)。墳長100mを越える堂々たる墳丘を一周しながら、これも仁徳天皇陵の陪塚なのだろうかと疑問に思っていたところやはりそうではないようです。久世仁士さんの「百舌鳥古墳群をあるく」(創元社、2014)に詳しく書かれています。読みやすくとても便利な本です。
 順序が逆になりましたが陪塚(ばいちょう)とは大型の主墳の周囲に従うように築かれた小型の墳墓を指し、その多くは親族や配下の物ではないかとみられています。副葬品だけを埋納した古墳もあるようです。

  動画撮影位置の右上を見ると南海高野線とJR阪和線が交差する三国ヶ丘駅があり、下車すると目の前が仁徳陵です。最も外側の濠に沿って遊歩道があり、すぐに後円部北東側に径34mの円墳、源右衛門(源右衛門山)古墳が見えます。金網越しの見学を含め、今回の古墳どれも墳丘には登れません。後円部に沿って西側に移動すると住宅が軒を連ねます。すぐに古墳とわかる茂みにぶつかります。これが丸保山古墳で墳長87mの帆立貝形前方後円墳です(どういうわけか横にラブホテルがあります)。後円部は径60mもあります。二段築成がよく残されていますが、残念なことに前方部は削られています。以前、幼稚園が建っていたためなんだそうです。気を取り直して墳丘沿いの遊歩道を歩くと前方部端手前に一辺26mの方墳、銅亀山古墳が右手に見えます。高さは4.6mというのですが現状はずっと低いです。前方部南端には径27mの円墳狐山古墳がありますが、銅亀山とともに夏の時期も草刈が行われ墳丘がよく観察できます。前方部端沿いに仁徳陵拝所に向かうと二基の帆立貝形前方後円墳、墳長61mの竜佐山古墳、墳長56mの孫大夫古墳が並びます。動画で見るように鬱蒼とした緑の中に目をこらすと墳丘を確認できます。カメラを後円部から前方部に振っているので前方部が低く小さいということもどうやらわかります。なお各動画には静止画像ですが仁徳陵のヘリからのから撮影したものを入れてあります(撮影2013327日、2017829日)。

PNG ninntokutennouryou baichou mozukofungun8 zu

宮内庁は継体天皇陵としていますが・・・?

 今回紹介する中期古墳は大阪府茨木市の太田茶臼山古墳。墳長は226m。周濠に囲まれた堂々たる前方後円墳です。全国で21番目の大きさと言いますから被葬者は大王クラスの人物であったことは間違いがなさそうです。ただ宮内庁が治定している継体天皇陵と考えるわけにはいかないようです。その点はあとに譲ることにして、墳丘は前方部から後円部まで東側の様子は一望できてなかなか魅力的です。特にくびれ部分にある造出しは東側に限っていえばよくわかります。残念なのは高い金網のフェンスを避けようと背伸びをしたためにファインダーを覗けず動画が捉えた墳丘はやや斜めになってしまいました。ご愛敬です。しかも西側の様子は一周できないためによくわかりませんでした。

 ところで古墳の被葬者が誰かということは論者によって異なることが珍しくないようなのですが、太田茶臼山古墳については継体天皇陵ではないという点で専門家の意見は一致しています。理由は簡単です。宮内庁が治定する継体天皇は6C前半、つまり古墳時代後期に活躍しており、他方墳長226mの墳丘の形態や出土した土器などから太田茶臼山古墳は5C後半、古墳時代中期に造られたと考えられています。真の継体陵はどの古墳なのかという疑問についても専門家の見解はほぼ一致しています。茶臼山古墳の北より東側1㎞のところにある今城塚古墳です。墳長は190mもあり後期に造られた畿内の古墳では極めて大型で二重の周濠に囲まれています(未アップ)。こちらは宮内庁の管理下にはなく高槻市が史跡公園として整備し自由に立ち入ることが可能です。周堤にある埴輪群については既に一部紹介しています。埴輪の色々第二回(クリックすれば飛べます)。では、太田茶臼山古墳の被葬者は誰なのかについては継体天皇の曽祖父の意富富杼王ではないかなどの説があるようです。

 継体天皇といえばそれまでの天皇とは異なり伝承では越後から迎えられたといわれ、他方、その在位期間には朝鮮半島での百済・新羅の戦いに百済支援のために派兵する一方、国内ではヤマト王権とは異なる方針をとった北九州の磐井勢力と内戦になるなど話題には事欠かない天皇です。その人物が眠る墳墓はいったいどこにあるのか確かに興味深いですね。

アクセスはJR京都線摂津富田駅から高槻市営バスで阿武山団地方面(複数の行き先がある)に乘り土室南(はむろみなみ)で下車、西に200mほどのところにあります。藍野病院を目指すとわかりやすいと思います。古墳は茨木市にありますがバスは隣接する高槻市営バスなどややこしいです。(撮影2017510日)。


PNG ootachausuyama kofun zu 修正版

太田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府茨木市太田

形状 前方後円墳

規模 墳長226m、後円部径138m 高さ19.2m、前方部幅147m 高さ19.8m

築造時期 5C

出土品 家形、人物、甲冑等の形象埴輪

史跡指定 なし 宮内庁が継体天皇陵として管理

特記事項 本文で触れているように継体天皇陵ではないことは専門家の一致した見解


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古市古墳群から13基を一挙に見る(幾ちゃんの独り言29

2019514日、ユネスコの諮問機関のイコモス(国際記念物遺跡会議)が「百舌鳥・古市古墳群」を世界遺産一覧表に記載するよう勧告したと一斉に報じられました。7月初旬にはユネスコの会議で最終決定の運びとみられています。全国の古墳を訪ね歩いていると確かに、百舌鳥・古市古墳群のスケールの大きさは群を抜いています。百舌鳥古墳群の仁徳天皇陵、古市古墳群の応神天皇陵はじめ比較的狭い地域に墳長200m以上の巨大前方後円墳が11基(百舌鳥4基、古市7基)、しかも古墳時代前期後半から中期前半の150年あまりに集中して造られているのです。そのほか方墳や円墳もあります。世界遺産の対象古墳数は百舌鳥古墳群が21基、その東10㎞ほどのところに展開する古市古墳群が24基ですが対象外の古墳も前方後円墳を含め40基あります。

この報を受けてこれまでアップした百舌鳥・古市古墳群の映像を見返してみました。かなりの数の古墳を訪れており百舌鳥古墳群については上空からの映像もあります。しかし仮に登録されたとしても問題は数多く残されています。多くの古墳がマンションや住宅に囲まれその魅力を味わうことはなかなか難しいのです。巨大さ故の問題もあります。仁徳天皇陵はJR阪和線の三国ヶ丘駅と百舌鳥駅の間一駅分を占領していますが、「あれが」といわれなければ単なる森にしか見えません。私もはじめて訪れた時にはそう思いました。しかも多くの巨大古墳が宮内庁により陵墓指定され立ち入ることはできません。専門家による本格的調査も行われていません(宮内庁と関係自治体による墳丘外周の合同調査ははじまったばかり)。それでも世界遺産に登録されるというのですから人類にとりよほど価値のある遺産だということになります。地元の人々以外にどのように古墳群の意義と魅力を知ってもらうべきか知恵と工夫が必要ではないでしょうか。

今回は足で稼いだ古墳動画から両古墳群の現状をご覧頂きます。もともとアップした40分ほどのものを短く(345秒ほど)再編集しました。まずは古市古墳群から13基に絞って見て頂くことにします。百舌鳥古墳群と異なり古市古墳群には100mを越える大型の前方後円墳を含め墳丘に登れる古墳が津堂城山古墳、古室山古墳等いくつかあります。その点は魅力です。なお古市古墳群のうちアップした清寧陵、野中宮山古墳は世界遺産登録申請のリストからは外れています。それぞれの古墳についてさらに詳しくご覧になりたい方は下記の古墳名からご覧になれます。



応神天皇陵と仲津姫陵、鍋塚古墳


古室山古墳
 
 大鳥塚古墳
 
 白鳥塚古墳と清寧陵
 
 はざみ山古墳と野中宮山古墳
 
 墓山古墳と野中古墳、向墓山古墳
 
 津堂城山古墳
PNG furuichi kofungun zentai zu 2019


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ