古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:大阪府 > 中期

住宅に囲まれた墓山古墳


  古市古墳群の5回目。紹介する墓山古墳及び野中古墳と向墓山古墳の二基の陪塚はこれまで何度か訪れたもののタイミングが悪く墳丘が雑木林や雑草に覆われてよく見えませんでした。陪塚とは大型古墳に近接して位置する小型墳で、内容、規模などから大型墳との密接な関係(たとえば主従)が考えられるものです。今回はようやく宮内庁管理(墳丘のみ)の墓山古墳を含め多少はましな動画が撮れたように思えます。それにしても墳長が225mもある墓山古墳の南側の墳形に沿って現代の墓地が広がっている光景を眺めていると不思議な感覚に襲われます。古代と現代の共存でしょうか。後円部墳頂からは首長級の埋葬に用いられる長持形石棺が出土したという報告があるそうですから、巨大さの理由もわかります。雑木が部分的に伐採された今回の訪問ではおぼろげながら墳丘のスケールも分かりました。動画1である程度伝わったとすれば嬉しいのですが。

 動画2で紹介している墓山古墳の陪塚と考えられている野中古墳は短甲11(1領だけでも貴重との専門家の指摘)、兜11刀剣169など多くの武器武具はじめ出土したことで有名です。重要文化財に指定されたこれらの出土品は発掘調査にあたった大阪大学が保管しています(レプリカが藤井寺市のシュラホールで見られます)。陪塚の中規模の方墳にそれだけの副葬品が葬られていたことからしても主墳の墓山古墳の被葬者のランクの高さがうかがえます。時期から考えれば朝鮮半島で南下する高句麗に対抗する百済支援にまわった倭の有力者の一人なのでしょうか。

 動画3の墓山古墳の陪塚の一つと考えられている向墓山古墳はフェンスに囲まれた一辺68m、高さ10mもある大型の方墳です。残念ながら周囲の状況から俯瞰することができず全体像をつかむことができません。説明板によれば墳丘はよく残されているというのですが崩れた山のようにもみえます。隣接して羽曳野市のガイダンス施設があり古市古墳群出土の埴輪などが展示されています。この大きさをイメージして頂くためにほぼ同規模の一辺65mの滋賀県東近江市の天乞山古墳(クリックすれば飛べます)、一回り大きい一辺78mの千葉県成田市の龍角寺岩屋古墳(クリックすれば飛べます)を是非ご覧ください。向墓山古墳も築造当時はこのような姿だったのでしょうか。アクセスは近鉄南大阪線の古市駅から北に徒歩で15分。羽曳野市役所の西側裏にあります。なお墓山古墳と向墓山古墳は羽曳野市、野中古墳は藤井寺市にあります。なおこれまでアップした古市古墳群の各古墳は以下のとおりです。合わせてご覧ください。群中で墳丘に登れる数少ない古墳古室山大鳥塚の両古墳(それぞれクリックすれば飛べます)。白鳥、清寧陵(一度に紹介しています。クリックすれば飛べます)。はざみ山・野中宮山(一度に紹介しています。クリックすれば飛べます)(撮影日2016926日、2017220日)。
PNG hakayama nonaka zu 修正

墓山・野中古墳他 (古市古墳群)基本データ 

所在地 墓山、向墓山古墳 大阪府羽曳野市、野中古墳 藤井寺市

形状 墓山 前方後円墳、向墓山 野中 方墳

規模 墓山 墳長225m、後円部径135m 高さ約21m、前方部幅153m 高さ約19m

三段築成、向墓山 一辺68m 高さ10m 二段築成、野中 一辺37m 高さ4m 二段築成

築造時期 墓山、向墓山古墳 5C前半、野中古墳 5C

出土品 墓山 玉類、形象埴輪、向墓山 埴輪、野中 兜、刀剣類、鉄てい等 

史跡指定 野中古墳 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

整備保存のあり方を考えさせる古墳
 百舌鳥古墳群は仁徳天皇陵(大仙古墳)、履中天皇陵(石津ヶ丘古墳)など超大型の古墳が多く、また宮内庁がそれらを天皇陵としているために拝所やビルの谷間に見え隠れする姿を眺めるだけで近づくことすら叶いません。もっとも陵墓指定されていない他の前方後円墳も数多くありますし、円墳、方墳を合わせると100基以上が百舌鳥古墳群を形成していたそうです。現在では44基が残されています。これ以下の記述の事実関係は最近知った久世仁士さんの「百舌鳥古墳群をあるく」(創元社、2014)によっています。単なるガイドブックではなく考古学者としての著者の古墳保存のあり方など共感する部分がかなりありました。

 古市古墳群に比べ墳丘を間近に見ることのできる古墳は百舌鳥古墳群は非常に少ないです。しかも今回ご紹介する旗塚古墳、銭塚古墳、グワショウ坊古墳ともに原形からはかなり遠い形での保存になっています。とはいえ動画1と2に見る旗塚古墳の周囲にめぐる濠越しに見る墳丘は短い前方部と後円部の対比がよくわかります。墳長58m、後円部径42mと中規模の帆立貝型前方後円墳です。ところが動画のキャプションにも書きましたが堺市の都市緑化植物園の実験林として墳丘が用いられてきたために樹木が密生し墳形を確認することはできないのです。しかも墳丘下部は崩落防止のためでしょうか石垣が巡っており、これでは古墳の形をした山にしかみえません。久世さんも指摘されているように旗塚とグワショウ坊の古墳は、古墳名を記した石柱はありますが考古学的な説明板はありません。実に不思議です。旗塚古墳は円筒埴輪に加え朝顔、衣笠のような形象埴輪、そして石見型埴輪と呼ばれる盾形をした埴輪が出土した点で貴重だそうですが、ならばなおさらのこと史跡としての説明が必要です。兵庫県伊丹市の御願塚古墳(クリックすれば飛べます)がほぼ同じの墳長52mですから比較するには適当だと思われます。だいぶ保存状況は異なります。

 グワショウ坊古墳は径62mと百舌鳥古墳群中二番目の大きさですが削られた墳丘上にはうっそうと実験林が広がりとても古墳とは思えません。動画を撮る気力さえ失せてしまいました。様々な歴史的経緯があるのでしょうが残念の一言です。この二つの古墳から道を挟んだ大阪府立堺特別支援学校の校庭にある銭塚古墳は綺麗に整形された墳丘の裾周りをみて一瞬円墳かと思いました。調べてみると元は墳長72.5mの帆立貝型の前方後円墳で現在は学校建設のために前方部は削平されてしまったとのこと。旗塚よりも一回り大きな帆立貝型前方後円墳でありなんとか保存できなかったかと思うばかりです。皆さんはどう思われますか

これまでアップした百舌鳥古墳群は仁徳天皇陵(大仙古墳)、履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)、いたすけ古墳御廟山古墳です。いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます。アクセスはJR阪和線百舌鳥駅下車。仁徳天皇陵とは反対の南西方向に5分ほど歩くと右手に大きな公園が見えます。その中にあります。銭塚は道を挟んだところにみえます(撮影2017220日、2014125日)。
PNG hataduka mozu5 ssakuseichu


旗塚古墳他 基本データ

所在地 大阪府堺市

形状 前方後円墳(帆立貝形)グワショウ坊 円墳、銭塚(帆立貝型形)

規模 墳長58m 後円部径41m 高さ不明、前方部幅25m 高さ不明

グワショウ坊 円墳 径61m 高さ不明、銭塚(帆立貝型前方後円墳)

墳長 72.5m、後円部径54m 高さ不明、前方部幅不明 高さ不明

築造時期 旗塚 5C央、グワショウ坊 5C後、銭塚 5C

史跡指定 百舌鳥古墳群として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

百舌鳥古墳群中、間近に観察できる数少ない一基

 
 今回の中期古墳は宮内庁が仁徳天皇陵(大仙古墳)の陪塚としている永山古墳です。仁徳天皇陵の後円部の北西側200mほどのところに位置している墳長が100mもある前方後円墳です。古墳踏査をはじめて間もない頃、仁徳天皇陵後円部北側の周濠沿いの遊歩道から固まった森を見つけ、あれはなんだろうと思ったことをよく覚えています。調べてみると宮内庁が12基ある仁徳天皇陵の陪塚の一つとしている永山古墳でした。それにしても墳長100mもある古墳が陪塚といえるのか不思議です。そう思っていたところ明確に陪塚ではないと判断する専門家がおられました。「百舌鳥古墳群を歩く」(創元社、2014)の著者久世仁士さんです。「その規模からして陪塚とは考えられません」と明言しています。たしかに他の陪塚に認定されている古墳には円墳でもかなり大きい径60m茶山古墳や、墳長87mの前方後円墳丸保山古墳もありますが、永山古墳は墳長100mを超える点で図抜けた規模です。 
 とはいえよほど想像力を巡らさなければ古墳には見えない仁徳天皇陵とは違って近づくことができ、動画に見るように前方後円墳の墳丘がよくわかります。前方部の幅が後円部よりも大きいこと、後円部、前方部の高さがほぼ同じことがわかります。簡単に一周できます。久世さんによれば、墳丘を見通せる西側の濠は以前は民間の釣り堀として使われていたのを堺市が立ち退き請求を行い、その結果現在のような美しい濠が戻ったそうです。そうなのです。永山古墳は宮内庁が墳丘を管理し濠は堺市の管理になっています。奇妙なことに永山古墳を見た後、横断歩道を渡って仁徳天皇陵(大仙古墳)周濠を歩くと、その巨大さを改めて知ることになりました。アクセスはJR阪和線三国ヶ丘駅下車、西北側310号線を越えたところにあります。徒歩10分(撮影2017年8月28日)。
永山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市堺区東永山園
形状 前方後円墳
規模 墳長100m 後円部径63m 高さ10.3m、前方部幅68.5m 高さ10.3m二段築成、葺石あり、周濠あり
築造時期 5C前半
出土品 埴輪
史跡指定 なし 
特記事項 宮内庁は仁徳天皇陵の陪塚としているが、くびれに造出しがあり、後円部と前方部 の高さが同じところから堺市は独立した古墳とみている
PNG nagayamakofun (mozukofungun)7



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

愛らしい円墳
 今回紹介する中規模の円墳、太秦高塚古墳はよく知られた京都市の太秦ではなく大阪府寝屋川市にあります。どうやら京都太秦の広隆寺を建立した として知られている秦河勝のゆかりの地が今回の寝屋川市のようなのです。広隆寺の記録などからも寝屋川市のこの地が秦氏の本拠地といわれているそうです。ややこしいですね。ともあれ寝屋川市の丘陵には数多くの古墳が築かれたものの、唯一残された一基が今回紹介する円墳ということなのですから貴重です。

 草刈が終わったばかりの墳丘は可憐なという表現がぴったりの円墳でした。40mに満たない二段築成の墳丘には円筒埴輪が立ち並び、小さな造出しが北西方向に設けられています。そこには水鳥、人物、家形などの形象埴輪が区画内に置かれていたようです。また、頂上の埋葬施設からは短甲、鉄鏃、鉄斧、鐙など鉄製品が確認されています。墳丘は高さ7mよりもはるかに高く感じます。それは幅7mの周濠のせいでした。なんと深さは2.5mもあるのです。

京阪バス「太秦住宅」行きで「豊野浄水場前」で下車すると目の前に古墳だとすぐに気が付く二段築成の墳丘がみえます(撮影201689日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ