古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:大阪府 > 中期

 前回は古墳時代前期、それも出現期の3C中頃に築造され卑弥呼の墓ともいわれる箸墓古墳を紹介しました。今回紹介する古室山古墳の被葬者は日本全国の大半の古墳同様、当時の有力豪族という以外なにもわかっていません。ただ古墳時代中期初頭の畿内にある古墳の一つとして取り上げる意味はあると思います。


 ヤマト王権(ヤマト政権の中枢を構成した政治権力、白石太一郎)の地域的基盤を時系列的に見ると、奈良盆地東南部のオオヤマト古墳群、北部の佐紀古墳群、西南部葛城の馬見古墳群、大阪平野南部の南河内の古市古墳群、和泉北部の百舌鳥古墳群と移動するようですが、古室山古墳は古市古墳群に属する古墳の中では津堂城山古墳と(いずれ紹介)並び古い時期に築造されたと考えられています。

 この古市古墳群は百舌鳥古墳群とともに世界遺産登録を目指しており、墳長425mと全国第二位の規模を誇る誉田御廟山古墳(応神天皇陵)も含まれていますが古室山古墳よりも後に造られています。現在、古室山古墳の後円部から一望できる巨大な応神天皇陵の姿は、古室山古墳ができた時の景色とは異なるということになります。


 古市古墳群、百舌鳥古墳群には墳長200mを超える古墳が9基あり、その中で150mの古室山古墳は小規模ですが、墳頂にあがれる数少ない墳墓であり、木々の間から明瞭に墳形が読み取れるという意味でも大変に貴重だと思います。近鉄南大阪線の土師の里から仲津山古墳を周濠沿いに500mほど歩き古室八幡神社までくればすぐに見えます。
PNG komuroyama zu





古室山古墳データ



所在地 大阪府藤井寺市古室2丁目

築造時期 4C末から5C初頭

時期区分 中期

規模 墳長150m 後円部径96m 高さ15.3m 

前方部幅100m 高さ9.3m

出土品 円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 葺石 東側に造り出し 周濠 竪穴式石槨


参考文献

白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 古墳からみた倭国の形成と展開(敬文舎、2013)


 


 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回はこれまで紹介した中では290mの墳長を誇る大阪府堺市の土師ニサンザイ古墳です。大仙(仁徳天皇陵)、陵山(履中天皇陵)古墳とともに百舌鳥古墳群を形成し、規模では全国では第8位ですが十分に巨大です。古墳群の中では最も新しい5C後半の築造といわれています。墳丘は陵墓参考地(天皇、皇后、皇太后を葬った陵及びその他の皇族を葬った墓の可能性がある)として宮内庁が管理して一般の人々は近づくことはできないものの、堺市が管理する周濠を囲む御陵山公園は大仙古墳などよりも建造物が接近していないためかその巨大さを実感できます。もっとも陵墓ではないために拝所はなく威厳に欠けると考える人もいるようです。


  上空から見た土師ニサンザイ古墳は前方部が大きく広がり、墳丘を囲む周濠が印象的でした。もっとも、築造した人々を含め古代人がこの姿を見ることはなかったわけで実に不思議な気分でした。前方部が大仙(仁徳天皇陵)、陵山(履中天皇陵)が南を向いてるのに対して、近くの御廟山古墳とともに西向きです。それにしてもなぜニサンザイというのでしょう。陵すなわちミササギが訛ったものだそうです。


   南海高野線を中百舌鳥駅で下車し、府道28号線を南西方向に1kmほど歩き百舌鳥八幡南の信号を左折すると右に見える森になります。

Hajinisanzai chizu PNG





所在地 大阪府堺市百舌鳥西之町

形状 前方後円墳

規模 墳長290m 後円部径156m 高さ24m 前方部幅226.5m 

高さ22.5m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、須恵器、木製品(立ち飾り)

史跡指定 宮内庁治定 東百舌鳥陵墓参考地 

特記事項 三段築成、二重の周濠がある。堺市は2015130日、

蓋(きぬがさ)を模した木製埴輪の上部に立てられた「立ち飾り」が出土したことを発表した。



 

 ようやく三度目の訪問で動画を撮ることができました。一度目は臨時の休館日、二度目はまだ動画を撮っていない時期でした。梅雨時だったので葺石の間から雑草が顔をのぞかしているのではないかと心配しましたが、動画1でご覧頂けるように、実に美しい姿を見ることができました。生駒山系を借景にした古墳です。古墳を囲む溜池は平安時代のものだそうですが築造当時の5C前半にはどうなっていたのでしょうか。興味はつきません。

動画4でお分かりのように心合寺山古墳は中期の古墳によくみられるように前方部が後円部と同じくらいの高さ(12m、後円部高さ13m)になっています。復原されている墳丘は三分の二ほどなので、築造時の後円部からみた前方部はより大きなものだったのではないでしょうか。それにしても前方部の方形壇は犬山市の青塚古墳(まだアップしていません)で見ただけだったので新鮮でした。

大阪市立大学の岸本直文さんは、心合寺山古墳は同じ頃に造られたとされる前方後円墳の雄、大仙古墳(仁徳天皇陵)と測量の結果が似ており、ヤマト王権の王墓をモデルにしたのではないか、したがって心合寺山古墳の被葬者は中央権力ときわめて近しい有力豪族ではなかったかという趣旨のことを述べておられます(「心合寺山古墳とその時代」史跡心合寺山古墳整備完成記念 講演会記録集。八尾市教育委員会、2006年)。墳長160mというのも全国で60番目ぐらいだそうですから、なるほどと思いました。

アクセスは近鉄河内山本駅から瓢箪山駅行で大竹下車徒歩5分。バスの本数は1時間に3ないし4本です。

PNG Shionjiyama zu

心合寺山古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 前方後円墳

規模 墳長160m 後円部径92m 高さ13m、前方部幅90m 高さ12m

3段築成 周濠がめぐる

築造時期 5C

出土品 銅鏡、埴輪、甲冑

史跡指定 国指定

特記事項 粘土槨3基 木棺1基の埋葬施設が後円部にあり、前方部端にも方形の基壇がある

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  世界遺産を目指す古市、百舌鳥古墳群の古墳の多くは陵墓指定されていて墳丘まで登ることができません。その中で今回紹介する藤井寺市の大鳥塚古墳は既にアップした古室山古墳(519日)と並んで貴重な存在です。道を隔てて位置する応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の墳長420mには比べるべくもありませんが、それでも110mをほこる堂々たる前方後円墳です(古市古墳群には墳長100m以上の前方後円墳が15基)。藤井寺市のHPにはクヌギが立つ墳丘は夏でもひんやりとしますとありますが、全くそのとおりです。墳長150mと大鳥塚よりやや大きい古室山は桜が美しいことを思い出しました。


  古市古墳群はいずれ紹介する4C後半ごろに築造されたと考えられる津堂城山古墳にはじまるといわれていますが、そこから南東方向に2km弱下ったところに位置しています。埋葬施設は不明ですが銅鏡や鉄鏃が副葬されていたこと、葺石があり家形、盾など各種形象埴輪等の存在が明らかになっています。前方部の幅は後円部の直径よりもだいぶ短く、後円部の高さも前方部よりも6mほど高くなっている墳丘の形状からいっても中期前半(5C前半)頃に築造されたといってよいようです。



 アクセスは古市古墳群ウォーキングマップにしたがって近鉄藤井寺駅近くの津堂城山古墳からスタートして色々な古墳をめぐる途中に寄るのもよいでしょうし、大鳥塚だけ訪ねたい場合には近鉄土師ノ里駅で下車し170号線を1kmほど南に下り三つ目の信号を右折し西名阪道路にぶつかったところ(信号あり)を右折して200mほど進むと後円部裏に出ます。なお、西名阪道路高架下には赤面山古墳が一部保存されています。

PNG ootorizuka zu

 

大鳥塚古墳基本データ

所在地 大阪府藤井寺市

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径72.6m 高さ12.3m、 前方部幅50m 高さ6.1m

周堀あり

築造時期 5C

出土品  円筒埴輪、家形、蓋(きぬがさ)、盾、靫(ゆき)、冑(かぶと)など形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 古市古墳群で数少ない墳丘に登れる古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

  古墳というと世界遺産を目指す仁徳天皇陵や応神天皇陵のある百舌鳥、古市古墳群(堺市、藤井寺市、羽曳野市)を思い浮かべてしまいますが、古墳時代の中期をはさみその前後に畿内のあちらこちらで中規模の古墳が築造されていたとは、この世界を勉強するまで知りませんでした。考えてみればヤマト王権と同盟関係を結んでいた豪族が多数いたはずで、その人々の墳墓が残されていないほうがおかしいのですが・・・。722日にアップした心合寺山古墳もそうした有力豪族が被葬者だったと考えられています。



 淀川を越えて北上した伊丹空港近くの豊中市に今回紹介する大塚古墳を含む桜塚古墳群は位置します。確認された44基の古墳は西、東、中央、南群にわかれ大塚古墳は御獅子塚古墳(前方後円墳、いずれアップ)とともに南群に属しています。桜塚古墳群には中期の大塚古墳を中心としては多数の馬具や武具が副葬されおり、その出土数は巨大前方後円墳が多数含まれる百舌鳥、古市古墳群に近いそうです(田中晋作「武器・武具から復元する古墳時代の常備軍」、倭王の軍団、新泉社、2010)。陵墓が多数を占める百舌鳥、古市古墳群はほとんど発掘がなされていないということは考慮する必要があるとしても興味深い指摘です。動画2で埋葬施設が図示された墳頂をご覧いただけます。なお御獅子塚古墳がすぐそこに見えます。



これまで紹介した円墳、627日の滋賀の久保田、710日の兵庫の朝来茶すり山、823日の埼玉丸墓山と比べてご覧ください。アクセスは阪急宝塚線の岡町駅東側南桜塚小学校前の大塚公園内にあります。徒歩で10分ほどです。

動画1のキャプション墳長50mは56mが正しく、習合は周濠の誤りです。

PNG ootsuka zu

大塚古墳データ

所在地 大阪府豊中市中桜塚

形状 円墳

規模 直径56m 高さ8m

築造時期 5C

出土品 鏡、鉄製甲冑、鉄製剣、盾等

史跡指定 国指定

特記事項 立ち並んでいた埴輪は円筒埴輪のほか、

家、盾、翳(きぬがさ)、動物等の形象埴輪

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 


 

  今回は皆さんよく御存じの仁徳天皇陵として宮内庁が治定している大仙古墳をご紹介します。仁徳天皇陵古墳、大仙古墳、大山古墳と色々な呼び方があるようですが、ここではタイトルでは仁徳天皇陵とし、文中では大仙古墳とします。巨大古墳の分布図にある百舌鳥古墳群に属する日本最大の前方後円墳です。もっとも考古学的にみて仁徳天皇が葬られているのかどうかは判然としないようです。とはいえ築造時期と推定される5C前半の大王の墓であることはその規模からして衆目の一致するところでしょう(もっとも築造時期についても種々の見解があるようです)。

宮内庁が管理しているために墳丘には近づけません。それどころか余りの巨大さに全体像をつかむのも容易ではありません。一番外側の周濠を含めると全長は850m。一周できる遊歩道は2.8kmもありますから当然です。古墳がJR阪和線の三国ヶ丘駅と百舌鳥駅の間を占領している感じがします。あの巨大な森はいったいなにか、はじめて見た時にそう思ったことを思い出しました。もっとも大仙古墳を含む数々の陵墓からなる百舌鳥古墳群や古市古墳群のおかげで開発の波を食い止めることができたともいえそうです。歩けば容易にわかりますが陵墓ぎりぎりまで高層マンションやアパートが立ち並び、その光景は動画1、番外編の静止画像からも確認できます。

このブログは基本的には墳丘に登れる古墳を対象にしています。墳丘にも近づけない。ならば全体像を掴むにはどうしたらよいか。あの教科書掲載の画像を思い出し、ヘリコプターに乗ってみました。古代の人々が目にすることのできなかった巨大古墳の姿がそこには広がっていました。周囲には大仙古墳の被葬者の陪冢(ばいちょう、従者の墓)と思われるいくつか小規模墳も見えます。何を目的にこれだけ巨大な構造物を近接した地域に、しかも100年(5C-6C)の間に造ったのだろう。あらためてそう考えざるを得ませんでした。

現在では宮内庁管理で近づくことのできない古墳ですが、1872年(明治5年)には堺県が前方部の埋葬施設が露わになったことを理由に調査し、石棺や甲冑の絵図が残されました。その写真画像をはじめ大仙古墳の詳細を知りたい方々にお勧めしたい一冊があります。一瀬和夫さんの 古墳時代のシンボル・仁徳陵古墳(新泉社、2009年)です。わかりやすく丁寧な説明です。

アクセスはJR阪和線百舌鳥駅で下車。西方向に5分歩くと前方部端に着きます。拝所を含め遊歩道一周をお勧めします。拝所ではボランティアガイドさんの解説も聞けます。

PNG nintokutennouryou zu(修正版)
大阪・奈良大型古墳分布図

仁徳天皇陵(大仙古墳)データ

所在地 大阪府堺市堺区大仙町

形状 前方後円墳

規模 墳長 486m、後円部径249m 高さ35.8m、前方部幅307 高さ33.9m、三段築成

築造時期 5C前半

出土品 埴輪、須恵器

史跡指定 なし 宮内庁による陵墓指定

特記事項

現在ボストン美術館所蔵の甲冑、鏡、環刀が大仙古墳前方部の埋葬施設から発掘されたものと伝えられているが、専門家は出土品の年代考証から疑わしいとしている




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 

今回紹介する中期古墳は大阪府岸和田市にある久米田古墳群に属する風吹山古墳です。以前から気になっていたのですが、百舌鳥・古市古墳群の周辺にはどのような古墳が築かれていたのだろうか。探してみるとあそこにもここにもという具合にあるのです。専門家からは、そのようなことは当然だと笑われてしまいそうですね。それにしても5C代の大王墓がいくつも含まれる百舌鳥・古市古墳群だけが注目される中、周辺にももっと目が向けられてよいような気がします。既にいくつか紹介しましたが心合寺山古墳(2015722日アップ)などその一例でしょう。久米田古墳群は。久米田古墳群には仁徳天皇陵(大仙古墳)から10kmほどしか離れていません。百舌鳥・古市古墳群の被葬者達とはどのような関係にあったのか興味はつきません。築造時期は報告書(久米田古墳群発掘調査報告書、岸和田市埋蔵文化財調査報告書2、2013年)によれば4C末から5C初だそうですから、大仙古墳が完成する前には風吹山古墳は存在したということになります。順序が逆になりましたが、風吹山古墳のある久米田丘陵には、消滅したものも含め10数基の古墳が存在したと考えられているそうです。今では別の機会に紹介する貝吹山古墳及び今回の風吹山古墳、無名塚古墳、女郎塚古墳が墳丘を間近にすることができます。動画5では隣接する無名塚こふんも紹介しています。
 築造時期が先行する貝吹山古墳が一般的な前方後円墳であるのに対して、風吹山古墳は前方部が極端に短い帆立貝型前方後円墳です。墳長は71m、後円部の径が59mに対して前方部の幅は30mしかありません。発掘された副葬品は胃や鉄製の鎧、銅鏡、鉄刀、鉄剣、玉類等貴重なものが多いのにもかかわらず前方後円墳の中では格下の帆立貝型だったのか答えはみつかりません。同様のことが東京世田谷区の等々力にある野毛大塚古墳(2015618日アップ)にもいえそうです。比較してご覧ください。

 アクセスはJR阪和線久米田駅から東南方向にある久米田池を目指す道(商店街)を10分ほどあるくと右手に周濠がめぐる貝吹山古墳がみえます。この久米田公園に三基の古墳が残されています。

PNG kazefukiyama zu



風吹山古墳(久米田古墳群)基本データ

所在地 大阪府岸和田市池尻町

形状 前方後円墳(帆立貝形) 無名塚は円墳

規模 墳長 71m、後円部径59m 高さ9m、前方部幅30m 高さ2.2m

無名塚は径26m、高さ1.6m

築造時期 両古墳とも4C末から5C初頭

出土品 胃や鉄製の鎧、銅鏡、鉄刀、鉄剣、玉類多数

史跡指定 岸和田市

特記事項 二つの埋葬施設のうちの第二主体部の2人の被葬者はともに女性の可能性が高いとしている(ブログ本文の報告書)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  JR阪和線百舌鳥駅から南西方向に400mほど歩くと線路沿いに百舌鳥古墳群の一つ墳長146mのいたすけ古墳が見えます。高度成長期のはじまりの頃、宅地開発のための土砂採取で墳丘が削平されそうになった時、ストップをかけたのが堺市の市民の運動だったそうです。墳丘を囲む周濠沿いの桜はそれは美しく(動画1)、市民の皆さんのお陰で後世の我々はこの景色を楽しむことができる、そう思わざるを得ませんでした。

百舌鳥古墳群は、既に紹介した箸墓古墳(クリックすれば飛べます)などオオヤマト古墳群、塩塚古墳(クリックすれば飛べます)の含まれる佐紀古墳群が奈良に築かれたのに対して大阪、河内平野の堺市の近隣4㎞四方ほどに造られています。時期的にもくだります。それにしてもあちらを見てもこちらを見ても古墳だらけです。この界隈だけでもいたすけ古墳、大仙古墳(仁徳天皇陵)(クリックすれば飛べます)に加え、駅前の交番裏には墳長102mの前方後円墳の長塚古墳があり、いたすけ古墳の北東200mには墳長203mの御廟山古墳があります。古墳群の墳墓の巨大性と凝集性にあらためて驚かされます。広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)によれば百舌鳥古墳群には39基の前方後円墳を含む108基が造られ、墳長200m以上の前方後円墳が4基、100m以上が7基も含まれるそうです。486mの大仙古墳、365mの上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)も百舌鳥古墳群です。この数字だけでも驚かざるを得ませんが、それらが4C末から6C後半の約150年ほどの間に造られているというのですから二重の驚きです。

肝心のいたすけ古墳ですが群中、墳丘に近づいて見ることのできるという意味では貴重かもしれません。巨大古墳は宮内庁の陵墓指定のために遠くから眺めるしかないからです。とはいえ、いたすけ古墳も墳丘そのものは動画でご覧いただければおわかりのように生い茂る木々に隠れ全く確認できません。三段築成といわれてもねえとため息が洩れてきます。それに動画2でご覧いただける墳丘南側に半壊状態のまま放置されたコンクリートの橋はなんなのでしょう。聞けば開発が進められている時に土取りのために造られたものだそうですが、なんとも無粋です。墳丘に棲みついたたぬきが時折、壊れた橋まで姿を現すというエピソードとともに、これでよいのだろうかと考えざるを得ませんでした(撮影2016年4月7日)。

PNG itasukekofunzu

いたすけ古墳基本データ

所在地 大阪府堺市

形状 前方後円墳

規模 墳長146m、後円部径 90m 高さ12.2m、前方部幅 99m 高さ11.4m、三段築成

築造時期 5C

出土品 衝角付冑埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 百舌鳥古墳群にあって数少ない宮内庁が管理していない古墳、陪塚の一つ善右ヱ門古墳が残されている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は5C前半(論者によっては初頭)に造られたとみられる全国の第三位の規模、墳長365mの巨大古墳、履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)です。既に紹介した仁徳天皇陵(大仙古墳)(クリックすれば飛べます)いたすけ古墳(クリックすれば飛べます)等と同様、百舌鳥古墳群に属しています。

江戸時代の絵図には履中天皇陵の表記がみられ、上石津ミサンザイ古墳の上石津は堺市に古墳の所在地が編入される前、泉北郡神石村の大字が上石津だったためのようです。遺跡の名称は考古学者の森浩一さんによれば「その所在地の大字や小字によるところが原則で、登呂遺跡や唐古・鍵遺跡(奈良県にある弥生時代の環濠集落遺跡、筆者注)などもすべてその原則にしたがっている」(森浩一編、日本の古代5、前方後円墳の世紀、中公文庫、1996年)のだそうです。知りませんでした。

もう一つカタカナ表記のミサンザイも不思議です。通説では陵の読み方ミササギが訛ってミサンザイとなったようです。既に紹介した土師ニサンザイ古墳のニサンザイも同様です。古墳の世界に迷い込むと次から次へと疑問が湧いてきます。専門家やプロはだしの古代史ファンには常識であっても戸惑うことが多く躓きそうになります。
 それにしても墳長365mの古墳は見事です。ヘリコプターによる上空からの様子は動画1でわかるように前方部が発達した典型的な中期古墳です。すぐ横にはいたすけ古墳も見えます(400mほどの距離)。奥の森状の仁徳天皇陵(大仙古墳)とは違い、地上に降りても墳丘を遠目に観察できるためにその大きさを感じることができます(動画1と動画3)。とはいえ周濠越しに見る墳丘は古墳の世界に関心のない人にとっては単なる緑の山です。
 宮内庁が被葬者としている履中天皇かどうかについても根強い異論があります。出土した土器、埴輪などの考古学的な成果からすると履中天皇陵の父である仁徳天皇陵の築造時期のほうが新しいといわれています。白石太一郎さんは5Cに入り最初に築かれた巨大古墳が上石津ミサンザイ古墳、ついで古市古墳群の誉田御廟山古墳(応神天皇陵、全国第二位の巨大古墳)、そのあとに大仙古墳(仁徳天皇陵)が造られたとみています(古墳からみた 倭国の形成と展開、敬文舎、2013)。
 JR阪和線百舌鳥駅から南西方面に500mほど下ったところにあります。徒歩7-8分(撮影2016年4月7日)。
大阪・奈良大型古墳分布図
PNG richutennnouryou zu



履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)基本データ

所在地 大阪府堺市西区

形状 前方後円墳

規模 墳長 365m、径205m 高さ27.6m、前方部幅235m 高さ 25.3m

築造時期 5C

出土品 不明

史跡指定 なし 宮内庁が履中天皇陵に治定

特記事項 全国で第3位の巨大古墳。陪塚が10基あったといわれる。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

大阪方面からJR阪和線に乗り百舌鳥駅で下車すると踏切を越えた右後に仁徳天皇陵(大仙古墳)が見えます。踏切を越えず左に100mほど歩くと目指す御廟山古墳の緑濃い墳丘が住戸の間からのぞきます。うーん。幅広の周濠に囲まれた墳長203mの前方後円墳は動画でご覧頂ければわかるように堂々たるものです。くびれもよくわかります。北側前方部寄りから接近したのですが、中期特有の前方部の発達ぶりも確認できます。百舌鳥古墳群の中では仁徳陵履中陵土師ニサンザイ古墳(いずれもクリックすれば飛べます)に次ぐ規模です。既にアップ済みのいたすけ古墳よりは50mほど大きくなります。残念ながら百舌鳥古墳群の大半の大型前方後円墳がそうであるように、御廟山も宮内庁が陵墓参考地に指定しています。なんと応神天皇の墓の第2候補だというのです。現在の応神天皇陵が誤りであった場合に代わって御廟山古墳が応神天皇陵として繰り上がるわけですが、なんとも不思議です。

 加えて宮内庁管理(濠は堺市)のために墳丘に登ることはもちろん、一般人には接近することも叶いません。仁徳天皇陵、履中陵と既に紹介した墳丘と美しくはありますが同じように見えるのはそうした根本的な問題にありそうです。当然、発掘調査は行われておらず埋葬施設も副葬品もわかっていません。ただし護岸工事のために宮内庁と堺市が行った調査から円筒埴輪列、葺石が確認をされています(御廟山古墳の発掘成果、堺市)。5C半ばの築造でも埴輪の特徴から仁徳天皇陵よりも古いと専門家はみているようで倭の五王の側近の墓ではないかと考えている人もいるようです。そこまでわかってなぜそれ以上発掘調査ができないのか隔靴掻痒の感は免れません。なお、御廟山のいわれは応神天皇の御廟というところにあるようです。アクセスは冒頭に書きました(撮影2016525日)。
PNG Gobyouyama zu



御廟山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市

形状 前方後円墳

規模 墳長203m、後円部径113m 高さ17m、前方部幅136m 高さ17m

三段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定

特記事項 百舌鳥古墳群中第4位の墳長



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ