古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:大阪府 > 前期

 今回の前方後円墳は大阪府枚方市にある4C 後半に造られたと考えられている牧野車塚古墳です。墳長は107.5m。全国で100mを超える前方後円墳は302基しかありません。そのうちの一つですが、前期となるとさらに数は絞られます。4C後半段階の倭の状況を俯瞰できたとして、淀川沿いの台地に造られた牧野車塚古墳はどのように見えたのでしょうか。興味深いところです。築造時期については5C に入ってからの中期というのが以前の見方でしたが、最近では4C後半とされています(枚方市の文化財担当に確認)。公園として整備され墳丘が明瞭にわかる車塚古墳は都会のなかにあって静かに佇んでいました。

 
  アクセスは京阪電鉄枚方市駅から京阪バスで北片鉾行または小倉町行で片鉾・中央図書館下車徒歩すぐです。バスは1時間に4本はあり便利です。


PNG makinokurumazuka zu

牧野車塚古墳基本データ

所在地 大阪府豊中市

形状 前方後円墳

規模 墳長 107.5m、後円部径54.5m 高さ8.5m、前方部幅44m 高さ5.5m

二段築成

築造時期 4C

出土品 家形埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介するのは枚方市の禁野(きんや)車塚古墳です。訪れたのは冬でしたが、公園は雑木林の山の後円部に殺風景なグランドが広がっているだけで少々がっかりしました。しかし、説明板によれば2008年の調査で墳長は、考えられていたよりも長い120mに達し、前方部は箸墓古墳と類似するバチ型であることが明らかになったそうです。前方部側に位置する天野川流域の大阪府で最古期(4C初頭)にまで遡れる重要な前方後円墳です。よく整備管理された牧野車塚古墳のあとに訪ねたこともあって、それほど重要な古墳であれば、もう少し整備すればよいのにと思いました。荒れ果てたままになってしまうとすればとても残念です。

 アクセスは京阪電鉄交野線宮之阪駅から徒歩で5分です。線路沿いに南に下り線路を渡れば古墳のある公園です。

PNG kinyakurumazukakofun zu

禁野車塚古墳データ

所在地 大阪府枚方市宮之阪

形状 前方後円墳

規模 墳長 120m 後円部径 63m 高さ9.9m、前方部幅55m 高さ4m

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 大阪府で最古期に築造された前方後円墳



 

今回紹介する前期古墳は大阪府岸和田市にある久米田古墳群に属する貝吹山古墳です。同群では中期の復元された風吹山古墳(クリックすると直接飛べます)を紹介していますが、その冒頭で次のように私は書きました。「以前から気になっていたのですが、百舌鳥・古市古墳群の周辺にはどのような古墳が築かれていたのだろうか。探してみるとあそこにもここにもという具合にあるのです。専門家からは、そのようなことは当然だと笑われてしまいそうですね」その気持ちは今でも全く変わっていません。古墳時代というと世界遺産を目指す百舌鳥・古市古墳群だけが注目されていますが同時期に、全国でまた大王墓の至近距離(久米田古墳群へは大仙古墳(仁徳天皇陵)(クリックすると直接飛べます、動画2がその巨大さを知るにはベストです)。から南に10kmほど)でも前方後円墳を中心とする造墓活動が続いていたのです。このことの意味は大きいと思います。こぞって同じ形のものを造る。被葬者とヤマト王権の間に明示的な連携があったのではないでしょうか。もっとも次の点は重要です。
  築造時期は報告書(久米田古墳群発掘調査報告書、岸和田市埋蔵文化財調査報告書2、2013年)によれば久米田古墳群のなかでは今回の貝吹山が最初に、いずれ紹介する摩湯山古墳が次に、そして4C末から5C初頭に既にアップ済みの風吹山古墳が造られたそうです。大仙古墳が完成する前には貝吹山古墳も風吹山古墳も存在していたということになります。反対に大仙古墳等大王墓が和泉北部地域に造られるようになると久米田古墳群のある中部地域ではぱたりと大型の古墳が造られなくなります。普通に考えれば5C中期以降大王による権力掌握がさらに強まったということになります。
  墳長は約135m、後円部径約82m(岸和田市のHPでは75m) 高さ9m、前方部幅約64m、高さ5.5mとされていますが、動画でおわかりのように前方部は中世に陣屋が築かれるなどして変形、削平されています。戦後(太平洋戦争)には畑作が行われ桃の木も植えられていたそうです(岸和田市HP、古写真から見る岸和田の文化財)。それでも前方部から見る後円部の大きさは動画2で確認できるのではないでしょうか。周囲には1213.5mの周濠が巡り、当時の様子をわずかながらも感じることができます。後円部にあった埋葬施設の石槨、石棺は盗掘により破壊され詳細は不明とのことですが石棺の石材は香川県の津田湾沿岸の凝灰岩であることが確認され、四国との交流を示すものとして重要と報告書は記しています。同時に画紋帯神獣鏡や小札皮綴甲、柄付手斧のような中国と繋がるような遺物の存在は被葬者の地位を物語っているとも述べています。大きく削られた墳丘をみながらもったいなあと思うのは私だけではないと思います。
  順序が逆になりましたが、貝吹山古墳のある久米田丘陵には消滅したものも含め10数基の古墳が存在したと考えられているそうです。貝吹山古墳に加え風吹山古墳、無名塚古墳、女郎塚古墳の墳丘を間近にすることができます。
 アクセスはJR阪和線久米田駅から東南方向にある久米田池を目指す道(商店街)を10分ほどあるくと右手に周濠がめぐる貝吹山古墳がみえます(撮影2015年11月24日)。


PNG kabukiyama kofun zu


貝吹山古墳基本データ

所在地 大阪府岸和田市池尻町

形状 前方後円墳

規模 墳長135m、後円部径約82m(岸和田市のHPでは75m) 高さ9m、前方部幅
64m、高さ5.5m、三段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 碧玉製管玉、鉄片、銅鏡(画紋帯神獣鏡)、銅鏃、鉄製甲、腕輪形石製品、円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 岸和田市指定

特記事項 貝吹山古墳の東側にある行基が開いた久米田寺と縁のある橘諸兄が葬られているといわれ橘諸兄塚と呼ばれていました。ただ8Cに活躍した橘諸兄とは古墳築造時期は合いません。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


  今回の大石塚古墳・小石塚古墳が含まれる中小40基ほどからなる桜塚古墳群の被葬者は特徴ある集団ではないかといわれています。すでに紹介した大塚古墳(クリックすれば飛べます)以降の古墳からは軍事的色彩の濃い副葬品が多数出土しているからです。大塚古墳では盗掘を免れた埋葬施設から甲冑二組・短甲、刀剣、刀子等武器類が発掘されており桜塚古墳群を研究した考古学者の田中晋作さんは、「墳丘の規模が縮小化する傾向を見せながら、埋葬される武器が増えるという現象は、被葬者が置かれた社会的地位が相対的に低下していく一方で、彼らが勢力をもった地域が軍事的に重要な地位を占めたのではないか」(一部改変、倭王の軍団、新泉社、2010)と述べています。

そうした桜塚古墳群で4C中頃、最初に築かれたのが墳長80m、群中最大規模の大石塚古墳で、墳長49mと約半分の小石塚が主軸を揃え並んでいます。今回の二基からは武器は出土しておらず、円筒埴輪と朝顔形埴輪、壺型埴輪のみが検出されています。動画でご覧いただけばわかるように墳丘はかろうじてわかる程度で、よほど関心のある人でないと古墳とは気づかないでしょう。墳丘は頑丈な柵で周辺と遮断され、墳丘自体も樹木で覆われてしまっています。唯一豊中市伝統芸能館のテラスが墳丘くびれ部にあたり、そこが最も古墳を間近に感じられるスポットになります。墳丘内に入れないために径48mの後円部に比して短めの前方部を体感することもできません。
 小石塚のほうはさらに見学者にとっては難儀です。前方部から後円部がよく見渡せないのです。墳丘が民有地に囲まれ墳丘との間には道がないためです。古墳に親しみをもってほしいと行政側で思っても、これではねえと嘆息するばかりです。姫路市の瓢塚古墳(クリックすれば直接飛べます)を民家やガソリンスタンドに囲まれてしまい気の毒だとのニュアンスで紹介しましたが、今回の大石塚・小石塚は存在すら一部の専門家にしかアピールできないという点で哀れかもしれません。墳丘墳丘自体はきれいに復元されていることがわかる御獅子塚古墳も桜塚南小学校内にあるために立ち入りが禁止です。墳丘に登れる大塚古墳の目の前にあるにもかかわらずです。こうした保存の方法が最善なものか豊中市にはよく考えてほしいものです。とはいえ伝統芸能館には動画1の最後に張り付けた大石塚古墳から出土した埴輪は墳丘の立体図などが展示されており必見です。
 アクセスは阪急宝塚線の岡町駅で下車し東側にある豊中市伝統芸能館を目指します。徒歩で5分ほどです(撮影2015年7月7日)。

大石塚・小石塚古墳基本データ

所在地 大阪府豊中市岡町

形状 前方後円墳

規模 大石塚 墳長 80m、後円部径 48m 高さ6m、前方部幅30m 高さ2.9m

三段築成 葺石

小石塚 墳長 49m 後円部径29m 高さ3m、前方部幅21m 高さ1.5m、二段築成 

葺石

築造時期 4C

出土品 大石塚 円筒埴輪、朝顔形埴輪、小石塚 円筒埴輪 壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 なし



PNG ooishizuka koishizuka zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  阪急宝塚線の池田駅を降りると車が絶えることのない国道176号線が通り、その向こう北東方向に高台が見えます。標高350mほどの五月山の麓です。目指す池田茶臼山古墳はそこにありました。直線距離で1㎞ほどですがうねった登坂が続くために20分以上かかりました。池田駅の西側500mほどのところには大阪湾にそそぐ猪名川が流れています。この猪名川流域には古墳時代に中小規模の古墳が多数築かれたようで「古墳時代の猪名川流域」(池田市立歴史民俗資料館、2010)という書籍も出版されています。既に紹介した大石塚・小石塚古墳、大塚古墳(いずれも桜塚古墳群)、中山荘園古墳も猪名川流域にあります。いずれ紹介する横穴石室がある前方後円墳二子塚古墳もみることができます。

 肝心の池田茶臼山古墳ですが、公園として保存整備されてきたそうです。周辺にはマンションが立ち並ぶなかに忽然として現れる古墳は、よほどの地元の声がなければ残らなかったのではないでしょうか。ただ、残念なことに墳丘を自然のままにしているために土壌の流出が激しく、このままではいずれ前方後円墳には見えなくなってしまうのではないかとの不安を感じました。かろうじてみえる後円部からの前方部は幅が狭く未発達です。前期の前方後円墳の典型がみてとれます。

 アクセスは地図上はわかりやすいですが一苦労でした。親切なご婦人に近くまで案内してもらいました。あとで池田市立中学校を目指すのがよいことがわかりました。古墳は校庭の東側にあります。歴史民俗資料館は火曜日が休館で駅前の観光案内所もお休みです。ご注意を(撮影2016年4月7日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

池田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府池田市五月丘

形状 前方後円墳

規模 墳長 62m、後円部径33m 高さ6.45m、前方部幅18m 高さ3.45m

築造時期 4C

出土品 椀型土師器、管玉、埴輪円筒棺

史跡指定 府指定

特記事項 なし




PNG ikedachausuyama zu

↑このページのトップヘ