古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:福岡県 > 中期

  丸隈山古墳には古墳踏査をはじめて間もない2014年の春に訪れています。石室とはこのようなものかという程度の感想しか持たなかったのですが、数多くの石室のある古墳を訪ねた今、いくつかの理由で丸隈山が大変貴重な古墳であることに気づかされました。一つは羨道は破壊され玄室しか残されていないものの平らな石を何枚も重ねた小口積みの石室が塗られた赤色顔料(うっすらではあるが)とともに残っていること。二つは箱式石棺が残され、それは仕切りの石板をおいて二人分埋葬できる珍しいものであること。追葬用でしょうか。それとも同時に二人が亡くなったのでしょうか。三つは丸隈山に先立ち築かれた同種の石室をもつ鋤崎古墳(福岡市)が埋め戻されて見学ができないのに対して鉄の格子越しですが間近に見学できることです。市のHPなどで石室内部の画像を公開している例は多数あります。ところが実際に訪ねようと思い事前調査をすると埋め戻されていたり、危険なので現在は非公開ですなどといわれがっかりすることは一度や二度ではありませんでした。その意味でも本当に貴重です。

 もっとも動画1でおわかりのように階段を登った先が墳長85mの前方後円墳の前方部というのは周囲の木立とも相まって古墳に興味がなければ気がつかないのではないでしょうか。後円部の墳丘の北側三分の一ほども消滅し、石室の羨道部分もまったくありません。いきなり埋葬施設の心臓部、玄室です。これではあたかも丘陵の先端に円墳の一部が残されているようにしか見えないのです。ただ残された石室は既に書きましたように素晴らしいです。墳丘についても二度目の訪問で隣接する竜松寺側、つまり西側を歩いたところくびれも含め前方後円墳ということが実感できることがわかりました。動画1の後半でご覧になれます。現地を訪れる機会がある方、是非とも竜松寺側にまわってください。ただし、くれぐれも足を踏み外して寺の敷地に転落しないようご注意ください。

 ところで今回の古墳のある福岡市西部の今宿平野には、前述の鋤崎古墳、山ノ鼻1号墳、若八幡宮古墳、丸隈山古墳、兜塚古墳、今宿大塚古墳まで4C央から6C前まで次々と中型の前方後円墳が築かれています。山ノ鼻1号墳、若八幡宮、今宿大塚古墳についてはいずれ紹介する予定です。

福岡市のHPによれば丸隈山古墳は古くから開口していたようで江戸時代の福岡出身の儒学者貝原益軒が著わした『筑前国統風土記』には、寛永6年(1629)に村民の発掘で、銅鏡二面、巴形銅器、直刀、鉄鏃や、玉類が出土したと伝えられているそうです。アクセスはJR筑肥線周船寺駅から561号線に出て東に徒歩10分ほどです。竜松寺を目指します

(撮影20161227日)
PNG marukumayama zu


丸隈山古墳基本データ

所在地 福岡県福岡市

形状 前方後円墳

規模 墳長85m、後円部径60m 高さ8m、前方部幅45m 高さ不明

三段築成、葺石、埴輪あり

築造時期 5C

出土品 銅鏡二面、巴形銅器、直刀、鉄鏃や、玉類等(伝)、埴輪片

史跡指定 今宿古墳群として国指定

特記事項  残存する石室は横穴石室としては初期のもののようだ。石室規模は

2.4m、長さ4m、高さ2m。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  八女古墳群は既にアップ済みの童男山古墳1号墳童山古墳2号・3号墳(クリックすれば飛べます)が最後に、今回の石人山古墳が最初に築かれた福岡県の八女市一帯東西に広がる丘陵に5Cから6Cに築かれています。中でも墳長130mを超える前方後円墳の岩戸山古墳は、ヤマト王権と軍事的抗争にまで発展した筑紫君磐井(つくしのきみいわい)の墓の確率が高いとされ、凝灰岩製の彫刻、石人・石馬が多数出土しています(いずれアップします)。他方、今回の石人山古墳はその名称の由来どおり、装飾された蓋のある家形石棺を守るかのように立ちはだかる武装石人で有名です。墳長107mの前方後円墳で築造の時期は岩戸山古墳よりも古く5C前半と考えられ被葬者は磐井の祖父との説もあります。

 墳丘は動画4で見るように雑木林に覆われていました。冬でもこの程度ですから夏場は墳丘自体あまり見えないのではないのでしょうか。気を取り直して東側に回り前方部の階段を戻ります。昭和を感じさせるコンクリートと鉄格子の小屋の中には武装石人が・・・。石人としては初期のものだそうです。

 顔面はほとんど石の塊状態で冑も裾まわりでかろうじてわかる程度です。朱が塗られていたことは目をこらすとわかりました。もちろん、造られた当初はこんなではありませんでした。どうやら病気による痛みが、石人のその部分を叩くと和らぐというこの地方の信仰が関係しているようです。風化だけではないのですね。それにしても少々気の毒です。裏にまわると動画2、3に見る装飾が彫られた横口式石棺が石室に半埋没の状態で見えました。残念ながら暗くて装飾自体はぼんやりしかみえません。入室できないのでやむなく鉄格子越しの撮影でしたが、たしかに美しい幾何学模様が彫られていることがわかりました。線刻模様をどのように誰が彫ったのでしょうか。

 この石室も石人も古くから地元の人々に知られていたようで、石室内の副葬品の多くは持ち去られ石人、埴輪以外は見つかっておらず武装石人のご利益はなかったようです。 

 JR久留米駅から西鉄バス筑紫船小屋行きで約30分、一条のバス停から広川町古墳公園資料館まで徒歩で15分ほど。バスの進行方向と反対に歩きセブンイレブンのある信号を左折し500mで広川町古墳公園資料館の看板がみえます。石人山古墳は資料館の裏手です。

 なおややこしいことにこの石人山古墳は八女郡広川町に、そして岩戸山古墳を含む他の古墳の多くは八女市にあります。そのせいでしょうか。八女市の岩戸山古墳資料館(最近超モダンな建物に移った)のHPの八女古墳群の古墳一覧のなかに石人山古墳は紹介されていないのです。考古学的には八女古墳群で最初に築かれた大型の前方後円墳は石人山古墳であるにもかかわらずです。現在の縦割り行政が古代の遺跡にも及んでいるという妙なことになっています。広川町の石人山古墳資料館にも簡易なHPがあり八女市の岩戸山古墳資料館ではリンクを貼れるように交渉しているというのですが・・・。今日にも解決できる話だと思いますが皆さんはどうお考えでしょうか(撮影2016年12月27日)。
PNG Sekijinsan kofun zu (修正版)






石人山古墳(八女古墳群)基本データ

所在地 福岡県八女郡広川町

形状 前方後円墳

規模 墳長107m、後円部径53m 高さ12m、前方部幅63m 高さ11m

周濠あり 前方部二段、後円部三段築成

築造時期 5C

出土品 石人、家等形象埴輪

史跡指定 国指定 
特記事項 石室壁は板石の平積み



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  非常にダイナミックな印象を受ける前方後円墳です。動画1と2でその一端をとらえることができていれば嬉しいのですが・・・。この前方後円墳、墳長はわずか68mしかありません。なのにこれだけ大きくみえるのは古墳の周囲、とりわけ南側が谷のように削り取られているからではないでしょうか。実は沖出古墳には周溝はありません。丘の先端を利用して造られているために周濠をめぐらす余地がなかったのでしょう。その周濠のように見える谷を隔てて造られた現代の道路からは並行してその巨艦のような墳丘をとらえることができます。当時は下から見上げた墳丘を現在の我々は、ほぼ同じ高さから見ているわけです。

  東側から見る葺石のある後円部三段、前方部二段の墳丘はまた印象的です。動画1でおわかりのように墳丘を見下ろしているのです。前方後円墳は数あれど、高いところから墳丘を眺めることができる数少ない例といってよいと思います。東広島市の三ッ城古墳も見事でした(クリックすれば飛べます)。墳丘には円筒、壺形の埴輪や家形埴輪が置かれていたようで一部復元されています。また船の絵が描かれた朝顔形埴輪も出土して太陽が沈む方向に置かれていたとのこと。嘉麻市の遺跡ブックレット(2015年)では、古代人は、船があの世とこの世を結ぶ乗り物と考えていたと説明しています。

  この古墳で珍しいのは腕輪型の三種類の石製品(石釧、車輪石、鍬形石)が出土していることだそうで九州では沖出古墳だけだそうです。そのほか盗掘坑を利用して造られた道をたどると後円部にある竪穴石室を覗くことができるのも珍しい試みです。なかにはレプリカですが割竹型石棺が置かれています。アクセスはJR九州筑豊線の桂川(けいせん)駅から西鉄バスで西鉄大隈営業所行きで牛隈下車徒歩で20分ほどです。国道211号の牛隈の交差点を北にあがり沖出の信号を東に進むとほどなく動画2の墳丘がみえます(撮影20161226日)。
PNG okidekofun zu






沖出古墳基本データ

所在地 福岡県嘉麻市漆生

形状 前方後円墳

規模 墳長 68m、後円部 径40m 高さ6m  、前方部幅26m 高さ4m

後円部 三段、前方部二段築成、葺石あり、周濠なし

竪穴式石室は長さ3.7m、幅1.5m、深さ1.2m

築造時期 4C

出土品 石製品(鍬形石、車輪石、石釧)、円筒、壺形、朝顔、家形埴輪、鉄刀、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 石製品三点セットは九州では唯一。朝顔形埴輪には船の絵が刻まれていた。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ