古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:福岡県 > 前期

今回は福岡市の前方後円墳、墳長75m超、後円部径48m 高さ6.5mの那珂八幡古墳を紹介します。福岡平野では古墳時代の前期、それも最古に属する古墳といわれています。後円部の二つある埋葬施設のうち第一主体部の大半は那珂八幡宮の床下に位置するため未発掘ですが、その北側にある全長2.3mの直葬された割竹型木棺から三角縁神獣鏡と勾玉、管玉、ガラス製小玉が出土し、神獣鏡は京都の椿井大塚古墳のものと同笵鏡(どうはんきょう、同じ鋳型から造られたもの)がわかっています。ヤマト王権と密接な豪族がられていることは間違いがありません。

それだけ重要な古墳であるにもかかわらず、保存状態は残念のひとことです。動画と図から明らかなように前方部の大半は開発されて削平されています。墳丘が崩れた円墳というのが第一印象でしたが、宅地開発の荒波にもまれながらも後円部だけでもよく残ったというべきかもしれません。八幡様が古くから墳頂にあったからともいわれています。

JR竹下駅から北東方向に延びる道路を直進すると左にこんもりした森がみえます。それが那珂八幡古墳です。615日にアップしたアサヒビール工場敷地内にある東光寺剣塚古墳と合わせてご覧ください。こちらは竹下駅前にある後期の前方後円墳で横穴石室も見学できます。

PNG nakahachiman zu

那珂八幡古墳データ

所在地 福岡県福岡市博多区那珂町

形状 前方後円墳

規模 墳長75m、後円部径48m 高さ6.5m 前方部 削平

築造時期 4C初頭

出土品 三角縁神獣鏡と勾玉、管玉、ガラス製小玉、土師器の高坏

史跡指定 福岡市指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する前期古墳の光正寺古墳は安産祈願で知られる宇美八幡宮近くにあります。墳長53mと墳丘は小さいものの周辺が谷となった丘陵を利用したためでしょうか、ずっと大きく見えます。三段築成の後円部に短めの二段築成の前方部からなる墳丘は葺石こそないものの(築造当時はあった)、よくできた復元古墳です。後円部に比べ前方部の高さが低く狭く前期古墳、それもかなり早い段階のものではないかと素人目にもわかります。現地の説明版によれば埋葬施設の第一主体部から出土した土師器から古墳は前期古墳としても最も古い3C後半に位置づけられるそうです。九州の前期古墳としてこれまで紹介してきたのは大分の赤塚古墳(以下三基の古墳は古墳名をクリックすれば直接飛べます)や佐賀の久里双水古墳、福岡の那珂八幡古墳ですが、那珂八幡についで古いということになります。いずれにせよ箸墓古墳が造られてほどなくして筑前(筑紫、現在の福岡県の玄界灘側)の地にも前方後円墳がいくつも造られていることは実に興味深いことです。このことは前方後円墳がヤマトの地から徐々に全国に広まったのではなく、かなり早い段階で、時間の流れが遅い古墳時代においては同時期にといってもよいくらいの時期に地方においても築かれたことを意味します。

 初めて訪れたのは古墳踏査を開始してほどない20135月でしたが、今回の再訪で古墳の特徴がようやく理解できた気がしました。近くには光正寺古墳より約100年後に造られた七夕池古墳があります。前回は機会を逸しましたが、今回は七夕池からみた光正寺古墳も動画1でお楽しみいただけます。おそらくこの角度からの眺めは周辺に密集した住宅を別にすれば当時と今も変わらないのではないでしょうか。不思議な気がします。もっとも墳丘全体を間近から収めることは古墳が丘の先端を利用して造られたという事情もあり厳しい状況でした。とはいえ動画2、3では後円部と前方部の高低差などよくわかると思われます。アクセスはJR香椎線宇美駅で下車し西方向に歩き県道68号線出たら宇美八幡方面に北西方面に500mほど進みます。九州自動車道を越えて一つ目を右折し(光正寺古墳と看板あり)、道なりにさらに500mほど歩き一つ目の信号の左が古墳公園です。駅から徒歩で30分弱です(撮影20161226日)。PNG  koushouji umimahci zu



光正寺古墳基本データ

所在地 福岡県宇美町光正寺

形状 前方後円墳

規模 墳長54m 後円部径34m 高さ5m、前方部幅20m 高さ3m

後円部3段、前方部2段築成

築造時期 3C央から後半

出土品 勾玉や管玉、刀剣類、刀子、土師器

史跡指定 国

特記事項 墳頂に5基の埋葬施設(箱式石棺3、木棺1、土器棺1)があることがわかっている。また被葬者は3C半ばに書かれた「魏志倭人伝」に登場する倭を構成する一国、不彌国(ふみこく)(奴国の隣国)の首長ではないかとの見方もある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ