古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:兵庫県 > 後期(終末期)

小ぶりの円墳に長大な横穴石室が完存


  訪ねている古墳が日本列島のどの辺りに位置するのか時々わからなくなります。今回も目指す見長大歳神社古墳が丹波市にあると聞いて、あれ兵庫県の姫路や神戸とはどういう関係だったか考えてしまいました。googleのマップにあるように兵庫県の中央東側やや京都よりのところにみつけた目的地はJR福知山線の柏原駅から歩いてもそう遠くはないことがわかりました(最後までお読み頂くと如何にこの地が古来から重要であったかがわかります)。ところが当日、すんでのところで下車するのを忘れてしまうところでした。車内アナウンスが「かしわばら」には聞こえないのです。大阪でも同じ漢字の駅名があったなあとぼんやり考えていると時計は到着時刻の12時55分を指しています。思わず話に夢中のシニアの女性お二人に、ここって柏原駅でしょうか、と聞くと「そうですよ、かしわばらではなくて、かいばらっていうの」。お礼の言葉もそそくさと、飛び降りました。冷や汗ものです。

 話を古墳に戻します。丹波高地のなかの盆地、標高は95mとさほどなく、加古川の支流柏原川がながれるその川沿いにあります。動画1の冒頭の景色にあるように山々が迫っています。見長大歳神社古墳(みながおおとしじんじゃこふん)と呼ばれる今回の古墳、国道176号線を南西方向にくだり見長北の信号の次の辻を左折して200mほどの住宅地のなかに姿を横たえていますが、見つけやすく迷うことはなさそうです。この古墳の特徴は横穴石室全体がほぼ完存していることです。自然石による武骨な感じのする石室は堂々としています。前日の雨が溜まっていたせいでしょうか7m近い羨道を歩きながらあちらこちらから雫がおちてきます。そして玄室、かなり床部分は土砂が堆積していて、現在2.2mとされる高さは元は3m以上あったのではと思いました。奥壁から羨道方向をみると大きなまぐさ石が見え、ここからも玄室の本来の大きさがうかがえます。

 帰京してネットにアップされていた奈良大学による見長大歳神社古墳の調査報告書(1995年)をみると「利用されている石材の選定、積み方は丁寧とはいえない」とあり、専門家の見方は違うものだなあと思いました。また、動画2では奥壁からみて左側壁の突出した出っ張りは土圧によるものではないかと書きましたが、報告書には左右ともに下2石目より持ち送り状に迫り出しているとありました。ただ、現状は左右は均等ではないのです。調査後に変化があったのでしょうか。この報告書の冒頭には古墳にも関連する重要なことが書かれていました。この柏原を含む氷上盆地は本州中では最も低い中央分水界で、古来「水わかれ」と呼ばれ、この水別れを通過することで苦労なく瀬戸内海と日本海を結ぶことが可能であり、昔より交通の要所であったと推測されるとありました(撮影2019326日)。\
PNG minagaootoshijinjya kofun ichi 1
PNG mingaootoshijinjya kofun ichi 2
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

工人の工夫?視覚効果が見事な石室



  クマが出るかもしれないとの助言を受けておそるおそる訪ねた兵庫県養父市の大藪古墳群ですが、今回はこうもり塚古墳(クリックすれば飛べます)、塚山古墳(クリックすれば飛べます)から谷を越え尾根の頂上に点在する野塚支群最大の野塚3号墳(クリックすれば飛べます)に続き禁裡塚古墳です。これに西ノ岡古墳を加えた5基が石室がよく残る大藪古墳群の主要古墳です。なかでも今回の禁裡塚古墳は郡中、最も早く築かれたと考えられ石室の規模も14m弱と最大です。クマ、イノシシの生息地域の中にある野塚古墳群をうろうろしながら見学可能な3号墳を漸く見つけるのに10分ほど。撮影を終えたら脱兎のごとく次の禁裡塚古墳まで急ぎました。ダラダラとし続く下り坂の終点には猪捕獲用の檻が置かれており、その先には人家の屋根が見えました。ホッとしました。ここまでくれば一安心。道標にしたがって歩くと視界が開け動画1の円墳が待っていました。 開口部の幅は狭く石室長はあまり長くない印象を受けましたが早とちりでした。勘違いした理由はやはり石室幅と高さにありました。幅は1.5mほど、高さは2.3mとありますが入り口は土砂で埋まっています。ところがこの8m近くもある細い羨道が意外な効果をあげています。その先の玄室が実際以上に大きく見えるのです。もちろん、奥行きが6m、幅も羨道の倍近くの2.8m、高さも3.5mですから十分すぎるぐらい大きいのですが、おそらく工人はこの視覚効果を狙って石室を造ったに違いないと思いました。これが今も残るように朱(ベンガラ)で塗られていたことを考えると今となっては不思議な空間が広がっていたということになります(2017年11月13日)。
PNG kinrizuka kofun sekishitu 超略図

PNG ooyabukofungun sansaku root
PNG ooyabu kofungunichikankei zu



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

住宅街にこれほど完成度の高い石室が残るとは・・・

事前の調べで以前訪れた中山寺(白鳥塚)古墳(クリックすれば飛べます)の近くには数多くの古墳が残り、しかも良好な開口石室を伴うものもあるとのことでした。中でも中筋山手東古墳群には3基の円墳が残り、いずれも石室が見学できるというではありませんか。とはいえ阪急宝塚線中山寺駅から30分ほどの現地を訪れてみると1号墳と3号墳は宅地造成中の敷地内にあり見学は不可。やむなく住宅が立てこんだ一角に公園化された2号墳だけの見学に終わりました。しかし、これが素晴らしいの一言でした。

動画1冒頭の円墳の形状からは想像できないのですが、畿内では珍しい前室、後室からなる複室構造(ここで紹介している九州の古墳石室に多い)なのです。もっとも完存するのは後室のみで前室の天井石、側壁の相当部分は破壊され、羨道も現状を見る限り確認できません。それでも、前室と後室の間に立つ流線形に形作られた袖石(?)の美しさに目を奪われたました。これまで見てきた石室の中にはきれいに表面が平滑された切石による巨石墳もありましたが(明日香村の岩屋山古墳や福山市の大坊古墳、長崎市の兵瀬古墳、いずれもクリックすれば飛べます)、今回のような弧を描いた石積みはみたことがありません。動画2でも3でもこのカーブの美しさに焦点を当ててみました。石工技術の高さからすると7C中頃以降の終末期に築かれたものと思ったのですが、現地説明板の説明では須恵器、耳環などから6C後半に築かれたと推定されるとのことです。また興味深いことに耳環が8個出土したことから被葬者は4名と考えられているようです。なお宝塚市文化財担当の話では本年中には、1号墳、3号墳についても見学が可能になるとのことでした。(撮影2019311日)。
PNG yamatenakasujihigashi sekishitu 略図

PNGnakasujiyamatehigashikofungun 2goufun
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

超変わった姿で残る双室墳


複数の石室を持つ古墳はさほど珍しくはありません。ここでも長野県飯田市の馬背塚古墳、滋賀県近江八幡市の八幡社46号墳、奈良県葛城市の二塚古墳等(いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)、いくつか既に紹介しています。いずれも前方後円墳です。しかし姫路市にある見野6号墳の場合、本来の墳丘がどのようなものであったかわからないほどに破壊され、そこに奥壁、羨道が失われた二つの石室が残された様子はあたかも双眼鏡のように見えるということが特徴ではないでしょうか。古墳マニアでなくともこの姿を一度みれば記憶に残るに違いありません。

 その様子は動画で紹介していますが、冒頭古墳群へに向かう道の景観を紹介したあと、いきなり6号墳の変わった姿にスポットを当てています。自分自身どちらが開口側か奥壁側なのかがわからないほどの姿に、しばし唖然としました。これが古墳なの?というのが率直なでした。説明板によれば06年度、07年度と2回発掘調査が行われ東石室は長さ9.5mの左片袖、西石室は長さ8.5mの無袖の石室ということが確認され、金環(東のみ)、銀環や鉄刀、玉類、馬具(東のみ)、土師器、須恵器等が出土しているそうです。それだけ豊富な副葬品があったにしては、墳丘、石室の状況は残念な状況です。古墳群では現在、13基が確認されていますが4号墳を除く大半の古墳は6号墳と同様、損壊の程度が著しいのです。おそらく山裾に築かれた古墳は平地に近く人々の目につきやすかったのかもしれません。現在、海岸線まで6㎞ほど(キャプションでは4㎞になていますが6㎞のほうが正しい)。当時はこの古墳を背景に田畑が広がり、その先には瀬戸内海の入江が迫っていたと想像できます。ところで、この古墳群ならではの活動があることを知りました。これ以上、地元の文化財の破壊を防ごうと見野古墳群保存会が設立され、ボランティア活動が公園化された古墳群を支えています。アクセスはよく姫路駅前から神姫バス見野循環線に20分ほど乗り見野古墳群前下車(1時間1本)。徒歩5分(撮影2019912日)。
PNG mino6goufun ichi zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ