古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:兵庫県 > 後期(終末期)

切石加工が美しい石室

 山陽本線加古川駅北東方向4㎞のところに工業用水の安定供給を目的に1966年に造られた人造の湖、平荘湖(へいそうこ)があります。湖底には数多くの古墳が眠っているそうでいずれ紹介する古墳升田山15号墳など今でも見学できる古墳がいくつかあります。今回の地蔵寺古墳もその一つで南側には加古川が流れる丘の先端に位置しています。動画1の地蔵寺の後側が平荘湖になります。

 加古川駅から都台行きのバスで20分ほど揺られ池尻ダム口で下車。そこから徒歩で東に県道78号線を15分ほど歩くと左手に地蔵寺の屋根が見えました。高台にあるので遠くからもよくわかります。あのお堂のどこに横穴石室があるのだろう。いつものことながらわくわくドキドキです。境内に入っても道標はなく住職のお宅のベルをならすと「はーい」と女性の声が。「ちょっとわかりにくいのでご案内しますね」とまことにご親切でした。たしかに母屋伝いに古墳石室までは近いとはいえ、声掛けをしなければ不審者と間違えられてしまいそうです。目指す石室は家屋の端に開口していましたが、円墳と考えられている墳丘の面影は全くありません。

 それはともかく短い羨道を通り抜けるとこれはびっくり。巧みな切石加工がなされた玄室が現れました。羨道幅より幅の広い両袖式です。奥壁は巨石の一枚板のようにみえます。「のように」と書いたのは雨水でしょうか水が5㎝ほど溜まり奥まで入れないのです。敷石がところどころ水面に現れていましたが滑ることは間違いなし。諦めてズームでがまん。天井の板石も巨石で、ノミで滑らかに加工されています。持ち送りはほとんどなく全体に長方形の箱といった感じの石室でした。現地の簡単な説明板によれば7C初頭に造られたようです。

 動画3に番外として付けたのは14C鎌倉時代に古墳の石棺の蓋に彫られた地蔵立像と六地蔵です。縄掛け突起が削られることなくそのまま残されていることにもびっくりしました。究極のリサイクルですが当時古墳が人々の間でどのように扱われていたか、診られていたかを想像するに足る遺物ではないでしょうか(撮影2018312日)。

autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

大藪古墳群中最もアクセスしやすい古墳

 大藪古墳群のなかで1968年、塚山古墳(クリックすれば飛べます)、禁裡塚古墳、西ノ岡古墳、それに今回のこうもり塚古墳の四基が兵庫県の指定文化財になっています。但馬地域、兵庫県を代表する大型の横穴石室が狭い区域に良好に保存されているからだそうですが、なるほど、それぞれとても大規模な石室です。その中でこうもり塚古墳だけが墳丘の封土がすっかり削られ、奈良の石舞台などと同じように石室だけが残されています。しかし12m以上もある石室は動画でおわかりのように築造当時の迫力を想像するに十分です。もっとも他の県指定の古墳とは異なるところもあります。禁裡塚古墳の天井高が3.6m、塚山古墳も3.6mに対してこうもり塚は1.82mしかなく持ち送りも見られないためでしょうか、全体的に長方形のボックスのような感じがします。

 大藪古墳群のルートマップでおわかりのようにこうもり塚古墳は最もわかりやすく道路脇にあります。盛り土はありませんが、一辺30mほどの方墳とみられています。大藪古墳群のパンフレットによれば、こうもり塚古墳の後ろの山にある塚山古墳との近接性から被葬者は父子になるような近親者ではないかといわれています。「7世紀の大型古墳は、円墳から方墳に形態が変化します。大和の中央政権から認められた律令官人で、但馬の政治に大きな影響力を示した人物と思われます」と踏み込んでいます。アクセスはJR西日本山陰本線八鹿(ようか)駅下車。全但バスで大屋橋下車し徒歩で散策ルートの最初のこうもり塚古墳(荒神神社横)まで歩きます。今回は雨模様だったのでやむを得ずタクシーでこうもり塚まで直行しました(撮影日20171113日)。

PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-to
こうもり塚古墳基本データ所在地 兵庫県養父市形状 方墳規模 一辺30mほどの方墳築造時 7C前半出土品 不明史跡指定 県指定特記事項 なしにほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

これはいったい何なのだろう?

 山陽新幹線西明石駅を過ぎてほどなくして右手に垂直にそそり立つ採石場がいくつも見えます。今回の不思議な石造物、石の宝殿はその地域にあります。生石(おうしこ)神社の御神体としてまつられている推定重量500トンの竜山石の巨石は横6.4m、縦4.7m、高さ5.5mもあります。これまで何度が古墳の石棺などの石材が竜山石といわれていることを紹介してきました。加工しやすい凝灰岩の竜山石。巨大な石造物は何の目的で造られたのでしょうか。

 生石(おうしこ)神社は動画1前半にあるように急な階段の先にあり、目指す石造物は社殿真裏に鎮座しています。社殿があるために正面から全体像を捉えることはなかなか難しく苦労しました。石の下部をみると池状の水たまりがありそこに巨石が浮かんでいるようにみえるところから浮石とも呼ばれているようです。もちろん、この巨大構築物は岩盤から切り離されてはおらず作業が途中で終わっているようにみえます。そのことは動画1の後半に出てくる周囲の岩肌の削られた跡をみるとわかるような気がします。ぐるりと周囲をまわると三角状の突起物がありこれも謎を深めています。

 歴史的には以前から知られており古くは播磨風土記(715年頃に完成)に聖徳太子の時代に造られたとの記述があるようです。それが正しければ作業は7Cのはじめ頃に行われていたということになります。それは動画2の最後で紹介している、石の宝殿の工人のものではないかといわれている竜山1号墳が造られた時期とも合います。また幕末の日本研究で有名な蘭学者シーボルトも訪れているようです。

 それにしても繰り返しになりますが巨大石造物は何の目的で造られたのでしょうか。石棺の未完成品、占星台、横口式石槨などの説がありますが専門家の間でも結論は出ていないようです。寝屋川市の石宝殿古墳(こちらは「の」が入らない)の大きな横口式石槨を既に紹介していますが(クリックすれば飛べます)、個人的には全く違う印象です。さて石造物の直下は古墳時代当時加古川の河口だったようで、それを前提に考えると謎の石造物は切り出されたあと水運によって遠隔地に運ばれる予定ではなかったといわれています。あまりに大きすぎて運べないことがわかり削り出しの作業が中断したのでしょうか。こうした目的が判然とせず未完成のままに放置されている巨石は奈良の橿原市にもあり岩船と呼ばれています(いずれ紹介します)。地図上の運動公園のところが石の宝殿のある生石神社です。アクセスはJR山陽本線宝殿駅から徒歩20分(撮影201864日)。

PNG ishinohouden ime-jizu
PNG ishinohouden takasago chizu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室に加え出土品も見応えのある古墳


 本格的な冬が来る前にその横穴石室をどうしても訪ねたい。そう思っていました。目指す古墳は兵庫県といっても日本海側。鳥取のほうが神戸よりもはるかに近い山陰道(国道9号線)の途中、標高270mのところにあります。律令国でいえば但馬になります。多い時には積雪は1mを越すと聞き、早く行かねばと思う一方、遠い。二の足を踏んでいるうちに時間だけが過ぎていきます。丁度その頃、大阪梅田から高速バスで訪ねる方法を見つけました。JR西日本山陰本線の浜坂駅行きの高速バス1便に乗り福岡ハチ北口で全但バスに乗り換えれば、午後の早い時間には現地に着けることがわかりました(下調べでは香美町観光案内所にはずいぶんとお世話になりました)。

 20181127日。漸く実現した文堂古墳行きは晴天に恵まれ車中から見る晩秋の紅葉は見事でした。不思議なバス停名、福岡ハチ北口で下車し八幡山古墳公園を訪ねた後、全但バスで高井まで移動。動画1の映像はそこからです。思ったよりも住宅が立ち並び、狭い山陰道は結構な車の量です。山々が迫ってくるという感じではなく些か拍子抜けでした。善性寺の境内に目指す文堂古墳はありました。

墳丘は形状がよくわからないほど変形していますが、石室入口は南に向いてはっきり見えました。開口口は土砂の堆積のためでしょうか。狭く見えます。しかし少し進むとヘッドランプに照らされた羨道の先に玄室まで見通せる空間が広がっていました。床に敷かれた奥壁まで続く大小の礫が印象的です。多くの石室に天井に行くにしたがって内傾する持ち送りが見られる中、この玄室では2m×2mの鏡石に沿って側壁がほぼ垂直に立ち、まるで四角い箱の中に入った感じです。側壁を含め随所に巨石が用いられており、しかも表面は滑らかに加工されています。奈良県明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)のような精度の高い切石加工ではありませんが・・・。奥壁に立つと玄室幅が羨道幅よりも広い両袖式であることがよくわかります。入口に進むと動画のキャプションにも書きましたが羨道の開口部付近に頭大の石がいくつか並んでいることがわかります。閉塞石の残りなのでしょうか。

 立派なのは石室だけではありません。香美町HPによれば鏡(珠文鏡)、武器(頭椎大刀(動画4)、双龍環頭大刀、圭頭大刀、鉄族など)、馬具(動画4)、装身具、土器など保存状態も良く種類も豊富な副葬品が出土しています(1948年と1970年)。2018年には大手前大学史学研究所と香美町教育委員会により出土品の再調査が行われた結果、但馬での地域支配者の系譜や被葬者の畿内政権とのつながりを知ることができる兵庫県内でも貴重な資料であることから、史跡文堂古墳とは別に県の重要有形文化財に指定されたそうです。村岡地区にある民俗資料館では動画4の後半で紹介しているように見事な出土品を目の当たりすることができます(実物は貸し出されていることが多く、これも出来の良いレプリカです)。出土品を古墳間近の資料館や博物館で見ることができるのは珍しく、その意味でも貴重です。文堂古墳訪問の際には民俗資料館をお見逃しなく(建物は1887年建造の郡役所です(撮影20181127日)。PNG bundoukofun zu
PNG bundoukofunsekishitu zu

文堂古墳基本情報

所在地 兵庫県香美町村岡

形状 不明

規模 20m前後(冊子「文堂古墳」大手前大学私学研究所・香美町教育委員会2014

石室 玄室 長さ4.63m 2.05m 高さ2.15m、羨道5.77m 幅1.53m 高さ1.76m

築造時期 7C前半

出土品 鏡(珠文鏡)、武器(頭椎大刀(動画4)、双龍環頭大刀、圭頭大刀、鉄族など)、馬具、装身具、土器(須恵器、土師器)

史跡指定 古墳、出土品ともに県指定

特記事項 村岡地区にある民俗資料館まほろばで出土品が展示


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ