古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:兵庫県 > 後期(終末期)

  今回紹介するのはこのブログでははじめて登場する珍しい形状をもった兵庫県宝塚市の中山荘園古墳です。墳丘裾が八角形を意図したとみられることから八角墳と呼ばれています。八角墳でよく知られているのは奈良県明日香村の天武・持統陵ですが陵墓指定のために外から眺めるしかありません。その意味でも中山荘園古墳は貴重です。阪急売布(めふ)駅北側に見える丘の端に築かれた古墳は1982年マンション建設中に発見され、規模を変更してまで保存整備を行ったという経緯があります。径約13メートル、高さ約2.6メートルで墳丘は小規模な円墳のようにみえます。特異な形状の観察はもちろん石室も自由に見学できる点がよいですね。動画で確認できるように古墳は茶色のマンションの敷地横に並ぶように位置しています。古墳の裾には列状の石が並んでいて辺が確認できます。ただ明瞭なのは六角までです。石室前のテラス状の部分をいれると八角になるのでしょうか。横穴石室は短い羨道がついていますが、これまで見てきた石室よりはずいぶん短い感じがします。

 アクセスは阪急売布(めふ)神社駅西口から北に100mほど歩き池(菰池)のみえる通りを北東方面300m先のライオンズマンションを目指します。マンション横に古墳公園があります(撮影2016年2月23日)。



 全国各地の古墳を訪ねて6年ほど経ちますが今回ほど不安を抱えての山歩きははじめてでした。なぜかって?クマの出没です。大藪古墳群のある養父市教育委員会から事前に散策用マップを送って頂いたのですが、そのメールにクマ対策をしてお越しくださいとあったのです。近年、全国的にクマの出没情報は多いとはいえ古墳の近くまでに出没とはびっくりです。早速、鈴を購入しましたが前夜はクマに襲われた夢までみる羽目に。実際、防獣ネット(フェンス)のカギを開けて動物たちのの生活領域に足を踏み入れた時には生きた心地がしませんでした(案外臆病です)。もっともご安心ください。養父市HPには私も訪れた大藪古墳群中最大の石室がある禁裡塚古墳を地元小学生たちが訪れている写真がアップされています。季節を選べばまったく心配はなさそうです。ところで大藪古墳群についての養父市HPの解説は測量図などもあり充実しています。

 今回の35mの円墳塚山古墳は散策ルートにあるように防獣ネットの手前にある古墳ですが、心配性の私は鈴に加え携帯ラジオを持参し、ガンガン鳴らしながら見学しました。やや見つけにくかったこともあり石室を確認した時は、いつものように胸の高まりを抑えることができませんでした。訪ね歩いてきた多くの石室の中でも塚山古墳は最もお気に入りの一つになる気がします。動画1に見るように苔生す山腹(墳丘)の中ほどに開口している石室は実に絵になります。加えて印象的だったのは羨道から玄室に入った時の空間の広がりです。高さが3.6mと羨道の高さの倍もあるからです。そして動画2にあるように天井の巨大な板石。なんと長さ4.8mもある一枚ものです。大藪古墳群のある但馬(兵庫県北部)地域では最大だそうです。

 大藪古墳群には長さ12.1mの横穴石室をもつ塚山古墳以外にも同規模かそれに近い石室をもつ古墳(円墳)がいくつも造られておりパンフレット「大藪古墳群」は「奈良県の飛鳥地方にあっても並々ならぬ規模をほこる大型の石室」と書いています。それが決して大げさではないことはこの動画ブログの数々の横穴石室から確認できます。アクセスはJR西日本山陰本線八鹿(ようか)駅下車。全但バスで大屋橋下車し徒歩で散策ルートの最初のこうもり塚古墳(荒神神社横)まで歩きます。今回は雨模様だったのでやむを得ずタクシーでこうもり塚まで直行しました(撮影日20171113日)。他の古墳についてはいずれアップします。
動画1のタイトルに誤りがあり削除し再度編集をやり直しました。動画3のあとにアップしています。ご不便をおかけします。

PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-toPNG tsukayamakofun Ooyabukofunngun shuuseiban




塚山古墳基本データ

所在地 兵庫県養父市

形状 円墳 50×60の方形基壇上に径35mの円墳

石室 長さ 12.1m、玄室長 4.6m、幅2.5m 高さ3.6m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ