今回紹介するのはこのブログでははじめて登場する珍しい形状をもった兵庫県宝塚市の中山荘園古墳です。墳丘裾が八角形を意図したとみられることから八角墳と呼ばれています。八角墳でよく知られているのは奈良県明日香村の天武・持統陵ですが陵墓指定のために外から眺めるしかありません。その意味でも中山荘園古墳は貴重です。阪急売布(めふ)駅北側に見える丘の端に築かれた古墳は1982年マンション建設中に発見され、規模を変更してまで保存整備を行ったという経緯があります。径約13メートル、高さ約2.6メートルで墳丘は小規模な円墳のようにみえます。特異な形状の観察はもちろん石室も自由に見学できる点がよいですね。動画で確認できるように古墳は茶色のマンションの敷地横に並ぶように位置しています。古墳の裾には列状の石が並んでいて辺が確認できます。ただ明瞭なのは六角までです。石室前のテラス状の部分をいれると八角になるのでしょうか。横穴石室は短い羨道がついていますが、これまで見てきた石室よりはずいぶん短い感じがします。

 アクセスは阪急売布(めふ)神社駅西口から北に100mほど歩き池(菰池)のみえる通りを北東方面300m先のライオンズマンションを目指します。マンション横に古墳公園があります(撮影2016年2月23日)。