今回紹介する前期古墳は兵庫県姫路市網干(あぼし)駅近くにある前方後円墳、瓢(ひさご)塚古墳です。この古墳を訪ねるにあたって下調べをしていたら網干駅から徒歩とありました。どこかで見かけたような駅名です。そう。京都や大阪から神戸方面に向かうJR山陽本線の終着駅の一つでした。関西在住の方には馴染みある地名ではないでしょうか。古墳は駅から東方面に2kmほど歩いたところに鎮座していました。というよりも動画でおわかりのように窮屈そうにその姿を横たえていたといったほうがよいかもしれません。どこにも逃げどころのない四方を仕切り板で囲まれた墳丘です。

 この前方後円墳は墳長109mですからこれまでアップした前期古墳では奈良の赤土山古墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、中期では大阪の大鳥塚古墳、奈良の三陵墓東古墳と同規模です。周囲の環境が異なると同じ形状、墳長でもずいぶんと印象が異なることがわかります。是非、比較してみてください。
  このバチ形に広がった前方部(動画4)と古式の壷形特殊土器が出土したことなどから最古式の古墳と考えられているそうです(現地説明板)。この播磨地域では墳長143mの前方後円墳、壇場山古墳(いずれアップ)が5C前半に築かれますが、それ以前では瓢塚古墳(正確には後円部しか残っていない輿塚古墳も4C後半に築造)が最も大きく首長墓としての威容を誇っていたのでしょう。全国古墳編年集成(石野博信編、雄山閣出版、1995)を参考に築造時期は4C前半としました。動画で確認できるように東側は山、古墳から西に4kmほどのところには揖保川が流れています。他の古墳同様河川近くに築造されていることがわかります。

 アクセスは非常にわかりやすいです。網干駅前の415号線を東に1kmほど歩き、勝原小学校の交差点を左折し415号線を500mほど北上すると右手に墳丘が見えます(動画1)(撮影2016年4月6日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

瓢塚古墳基本データ

所在地 兵庫県姫路市勝原区

形状 前方後円墳

規模 墳長109m、後円部径 58m 高さ7.5m、前方部幅40m 高さ4.25m

後円部 三段築成、前方部二段築成、葺石あり

築造時期 4C前半

出土品 埴輪、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂南寄りに竪穴石室があり天井石の一部が露出している




PNG hisagozuka kofun saishu zu