古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方のブログやHPがあります。ただなぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報とともに一古墳に3-5本の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名隣に■があれば石室動画がご覧になれます。特定古墳も頁右上から検索できます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

カテゴリ:兵庫県 > 前期

 住宅とガソリンスタンドに囲まれた由緒ある前方後円墳 
 今回紹介する前期古墳は兵庫県姫路市網干(あぼし)駅近くにある前方後円墳、瓢(ひさご)塚古墳です。この古墳を訪ねるにあたって下調べをしていたら網干駅から徒歩とありました。どこかで見かけたような駅名です。そう。京都や大阪から神戸方面に向かうJR山陽本線の終着駅の一つでした。関西在住の方には馴染みある地名ではないでしょうか。古墳は駅から東方面に2kmほど歩いたところに鎮座していました。というよりも動画でおわかりのように窮屈そうにその姿を横たえていたといったほうがよいかもしれません。どこにも逃げどころのない四方を仕切り板で囲まれた墳丘です。

 この前方後円墳は墳長109mですからこれまでアップした前期古墳では奈良の赤土山古墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、中期では大阪の大鳥塚古墳、奈良の三陵墓東古墳と同規模です。周囲の環境が異なると同じ形状、墳長でもずいぶんと印象が異なることがわかります。是非、比較してみてください。
  このバチ形に広がった前方部(動画4)と古式の壷形特殊土器が出土したことなどから最古式の古墳と考えられているそうです(現地説明板)。この播磨地域では墳長143mの前方後円墳、壇場山古墳(いずれアップ)が5C前半に築かれますが、それ以前では瓢塚古墳(正確には後円部しか残っていない輿塚古墳も4C後半に築造)が最も大きく首長墓としての威容を誇っていたのでしょう。全国古墳編年集成(石野博信編、雄山閣出版、1995)を参考に築造時期は4C前半としました。動画で確認できるように東側は山、古墳から西に4kmほどのところには揖保川が流れています。他の古墳同様河川近くに築造されていることがわかります。

 アクセスは非常にわかりやすいです。網干駅前の415号線を東に1kmほど歩き、勝原小学校の交差点を左折し415号線を500mほど北上すると右手に墳丘が見えます(動画1)(撮影2016年4月6日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

瓢塚古墳基本データ

所在地 兵庫県姫路市勝原区

形状 前方後円墳

規模 墳長109m、後円部径 58m 高さ7.5m、前方部幅40m 高さ4.25m

後円部 三段築成、前方部二段築成、葺石あり

築造時期 4C前半

出土品 埴輪、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂南寄りに竪穴石室があり天井石の一部が露出している




PNG hisagozuka kofun saishu zu

古墳史上極めて重要な前方後方墳

 古墳関係の文献を読んでいると前期古墳を紹介する箇所では必ずといってよいほど触れられている古墳です。ただし墳丘の残りのよい古墳を優先させたために訪問が遅くなってしまいました。結果的によかった気がします。古墳踏査をはじめた頃に訪れていたとしたらかなり改変が進んだ墳丘から当時の姿を想像することはほとんど不可能だった気がします。

今ではくびれ辺りには子供用の遊具が置かれ近隣の人々の憩いの場となっているだけですが、その昔、古墳時代の始まりと言われている箸墓古墳(3C央)からほどなくした3C後にはこの西求女塚古墳は築かれています。全国古墳編年集成(石野博信編、雄山閣出版、1995)をみても同じ頃に墳長98mもある古墳は築かれていませんし、しかも前方後方墳です。濃尾平野にやや先行して同じ前方後方墳の象鼻山古墳(クリックすれば飛べます)が造られていますが規模は西求女塚の半分ほどしかありません。これだけでこの古墳の貴重さがわかります。邪馬台国と対立関係にあったとされ象鼻山古墳に葬られたと考えられる狗奴国グループの一員だったのでしょうか。ただしヤマト王権との関係は悪くはなかったようで魏から倭に下賜されたとされる三角縁神獣鏡が7面も出土し、それらは同じ頃に造られた大型前方後円墳の椿井大塚山古墳(クリックすれば飛べます)と同じ鋳型(同范鏡)だそうです。発掘調査の結果、墳丘は慶長の大地震(1596年)で被害を受け、後方部の幅85㎝長さ5mの竪穴石室は崩壊していたことが明らかになっています。

肝心の墳丘ですが、改変されているとはいえ後方部から前方部に向かって歩くとバチ形に広がる様子を確認することができますし動画2にあるように南側に立ち前方部から後方部をみるとその大きさがなかなかのものだということがわかります。動画1の最後に阪神電鉄西灘駅から見たビルの合間に見え隠れする古墳の映像を入れてありますが残念ながらその先に大阪湾を見渡すことはできません。しかし当時、古墳が築かれている場所は六甲山脈を背景に大阪湾岸から100mほどの標高6-7mのところ海岸線ギリギリのところだったようです。水運を支配するヤマト王権からは距離を置くものの、友好関係を保っていた豪族の墓ということになるのでしょうか。近くに墳長70mの前方後方墳、処女塚(乙女塚)古墳、墳長80mの前方後円墳、東求女塚古墳が築かれており、三基には関連があるとみられています。アクセスは阪神電鉄西灘駅から南東方向に徒歩5分。わかりやすいです(撮影、201879日)。

PNG nishimotomezuka satsueiichi
PNG nishimotomezuka chizu

西求女塚古墳基本データ

所在地 兵庫県神戸市灘区

形状 前方後方墳

規模 墳長98m、後方部一辺50m 高さ9m、前方部幅48m 高さ不明

葺石あり 2段築成

築造時期 3C

出土品 三角縁神獣鏡7面を含む銅鏡11面、剣、刀、鏃、斧、漁具などの鉄製品他

史跡指定 国指定

特記事項 前期前半の前方後方墳としては最大


にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ