古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:佐賀県 > 後期

 教会の礼拝堂のような横穴石室 
 これまで多くの横穴石室を紹介してきましたが、度肝を抜かれたという意味では奈良県桜井市の赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)以来のことではないでしょうか。古墳時代後期の6C後半にまるでキリスト教会の礼拝堂を思い起こさせるようなドーム型(専門的には穹窿(きゅうりゅう)式と呼ぶそうです)の空間が広がっているとは。ただただ驚きです。径20m弱の円墳ですが高さは5.8mと尖った印象の墳丘です。それもそのはずで鍵は石室にありました。羨道、前室、後室からなる長さ11m弱の複式構造の石室で天井高は4.2mもあります。ヘッドランプを頼りに奥壁を辿りながら天井のほうを見上げてみると四方がなだらかに湾曲している様子がよくわかりました。後室のまぐさ石の上が空間になっていて驚かされたのですが、これは前室と後室の天井が共有されているからなのでしょうか。いやはや素晴らしい。時を忘れなかなか立ち去る気が起こりませんでした。

 それにしてもなぜこれほど巨大な石室を構築したか不思議です。そう思って調べてみたところ6C後半に北九州や西日本で、その地域最大の古墳や石室が造られたとの指摘を見つけました。天井高6.5mと国内最大といわれる熊本県氷川町の大野窟古墳の説明のなかでの記述です(残念なことに熊本地震で被災し立ち入り禁止になってしまいました)。今回の田古里古墳は熊本は有明海を挟んだ対岸に当たります。この辺りの海運を仕切っていた豪族の墓であることは用意に想像がつきます。残念なことに副葬品などはまったく明らかになっていないようです。アクセスはJR長崎本線で博多から肥前大浦まで行き徒歩で20分ほどです。有明海沿いに列車は走りしばし景色にみとれました。肥前大浦からはわかりやすく県道207号線を南に下り一つ目の田古里の信号を左折し300mほど道なりに進むと田古里古墳と書かれた大きな看板が見えます(2018326日)。


PNG takorikofun ichi zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  熊本城はじめ数多くの歴史的文化財が2016414日日以降九州を襲った大地震により甚大な被害を受けています。今回、後期古墳として紹介する西隈古墳のある佐賀市でも震度4の揺れを複数回記録しています。この貴重な国指定の史跡に何もなければと思いながら書いていますが、それにしてもとても変わった石室でした。しゃがんで鉄格子の間からライトを照らすと朱が施された石室内に不思議な石棺が横たわっていました。動画2からおわかりのように棺の前面の中央部が切り落とされたような感じで開いていることに驚きました。盗掘の穴にしては大きすぎる。専門家や石室に詳しい方はそうは思わなかったに違いありません。調べてみると家形石棺の身の前面に穴をあけて棺の蓋を開けずに遺体などを出し入れできるようにした横口式石棺といわれるものでした。いやはや石棺ひとつとっても奥が深いですね。しかも、半円状、半球上の蓋の前面、石棺前面の穴をはさんだ左右には円紋と鋸歯紋の線刻模様が描かれているのです。動画でもおぼろげながら模様がみえます、是非、ご確認ください。

 石室の玄室は長さ33m、幅15m、高さ17m、石棺は阿蘇の凝灰岩製で長さ2m、幅11m、高さ13mだそうです。肝心の墳丘は円墳。ただ、住宅や雑木、田畑に阻まれて遠くから墳丘を確認できないこともあり円墳のようには見えません。二段築成で墳丘には埴輪が廻り葺石も葺かれていたとのことです。現状は円墳だった墳丘の一部が残存しているという感じに見受けられます。加えて西側に開口している横穴石室は説明板によれば墳頂部に設けられているというのですが、動画でおわかりのように一度掘り下げられたところに横穴石室が開いていました。それほど数多くの石室を見たわけではありませんが新鮮な驚きでした。築造は5C末とされ後期古墳でも初期ということになります。

 現地へのアクセスはなかなかに複雑です。私が辿ったルートは佐賀市営バスセンターから尼寺(にいじ)金立(きんりゅう)線 運転免許センター行に乗り 整肢学園前で下車し 銚子塚古墳(いずれアップしますがバス停からすぐ)に寄ったあと西隈古墳に向いました。整肢学園前バス停のある31号線を北に進み一つ目信号を左折します。車が頻繁に通る大きな通りです。そのまま西に進み、一つ目の信号を右折し道なりに進みます。しばらく歩くと大きな溜池にぶつかるのでその手前を右折(北方面)し、そのまま歩くと「ひなた村自然塾」が左手にあります。かなり大きな施設なのでわかると思います。そのまま古代の人もみたであろう背振山方面眺めながらを500mほど北進し梅園入口の看板を右折、竹林越しに右手に溜池を見ながらさらに500mほど進むと到着します。整肢学園前からだと徒歩45分ほどでしょうか(撮影2015年12月25日)。



西隈古墳基本データ

所在地 佐賀県佐賀市金立町西隈

形状 円墳

規模 径40m 高さ4mの2段築成

出土品 不明 凝灰岩製の横口式石棺(長さ2m、幅11m、高さ13m)あり

史跡指定 国指定

特記事項 ブログ中に記載したように九州に多くみられる装飾古墳同様、円紋と鋸歯紋の線刻模様がある

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ