古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:佐賀県 > 中期

  移築された復元古墳とはいえ今回紹介する中期の久保泉丸山古墳群はなかなか見ごたえがあります。佐賀県佐賀市にあります。元は現在の場所から500m東の久保泉町川久保にあったそうですが長崎自動車道の建設のために金立公園内に遺跡全体を移したのです。1983年のことでした。縄文時代から弥生時代にかけての支石墓と古墳群からなる遺跡ですが横穴石室のある複数の小規模の円墳が特色といってよいでしょう。支石墓とは日本では朝鮮半島の強い影響を受けた北九州で縄文時代終わりごろから弥生時代に盛んに造られたようです。数個の支石の上に長方形に近い天井石を載せています(動画では天井石がみえます)。
 横穴石室は前期の終わり頃に北九州ではじまりますが、このブログでもお分かりのようにその大半は後期から終末期に集中しています。その意味でも中期の5C前から後半にかけて造られた横穴石室のある円墳は貴重だと思います。移築に際しては1号、2号などいくつかの円墳はホールケーキを切り分けるように墳丘全体を移動するという難しい作業を行ったそうで(佐賀市教育委員会)、遺跡の復元という点からも興味深いと思います。
  2号墳では亡骸を置いた屍床が見られますし石室内はあとで塗られた朱が鮮やかで当時を思いおこすに十分です。葺石が葺かれた墳丘が周濠に囲まれています。他方、コンクリートの墳丘で復元された4号墳は横穴石室内部が2号墳とは全く違うという意味でも興味深いのではないでしょうか。6号墳は竪穴石室が復元され観察できるという点で面白いと思います。ただあまりに狭く撮影に苦労しました。
 既に紹介した福岡市の横穴石室のある後期古墳 丸の口古墳群(クリックすれば飛べます)と比較してご覧ください。
 JR
佐賀駅バスセンターから運転免許センター行きの市営バスで金立で下車し、徒歩10分。公園内のつくし斎場を目指すと入り口手前にあります(撮影2015年12月25日)。

PNG Kuboizumimaruyama zu



  今回紹介する中期古墳の船塚古墳は有明海に向って広がる筑紫平野の端にあります。動画1からわかるように、どこからみても天山などの山並みが目に入る墳丘は三段築成が明瞭なこともあり、これぞ前方後円墳という感じがしました。春先や初夏の姿もみてみたいですね。墳丘の周囲には現在は農地化された幅10m以上の周堀が巡っており、さらにその外周は果樹林や水田ですから古墳を遮るものがありません。肝心の墳丘は掘削されたあとがあちこちにあり、先人たちがさまざまな意味で古墳に関心をもっていたことがわかります。前方部から登ってみるとそのスケールの大きさに驚かされます。動画3からその点が伝わるでしょうか。中期古墳の特徴である端に行くにしたがって前方部は広がり、高さも後円部と同じかそれ以上という発達ぶりが見て取れます。後円部の北側に残された7基の陪塚が主墳の船塚古墳を引き立てています。動画では3基のみその姿を追っています(動画の倍塚は陪の誤りです)。墳丘には葺石があり後円部頂からは家形埴輪が発掘され、盗掘坑からは二つの石棺が取り出されたと伝えられているようです。
  専門家の研究からは佐賀平野(筑紫平野の筑後川より西)の前方後円墳では船塚古墳(墳長114m)を筆頭に銚子塚(98m、いずれアップ)、伊勢塚(80m)が飛び抜けて大きく、あとは60m以下のクラスが多数築かれていることがわかります(蒲原宏行、古墳と豪族、風土記の考古学⑤肥前風土記の巻、同成舎、1995年)。それら三基は中期、前期、後期における最大の前方後円墳ですが、地域的には異なるところに築かれています。ということは古墳時代の佐賀平野の長は時代によって勢力範囲を変えたということになるのでしょうか。それとも佐賀平野一帯は同じ豪族が支配していたが奥津城の場所だけを変えたということになるのでしょうか。興味は尽きません。
  アクセスはJR佐賀駅佐賀バスセンターから中極(ちゅうごく)線で大久保下車。バス停すぐのホテルの角を北方向に歩き信号を直進、長崎自動車道を越えると左手に「かわでん」の九州工場が見えます。敷地を越えたところで左折すると、左手に老人ホーム・シオンの園があり、その右手に墳丘が見えます。歩いて15分。バスの本数は1時間に2本程度です(撮影2015年12月25日)。


PNG funazuka zu(修正)

 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ