古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:岡山県 > 後期

この地域では珍しい石棚のある石室


  見つけるのにだいぶ時間がかかってしまった小迫大塚古墳(クリックすれば飛べます)の次は同じ岡山県矢掛町の橋本荒神塚古墳。小田川沿いに走るJR井原線の東10㎞のところには2018年の西日本豪雨で被災した吉備真備駅があります。待ってもらっていたタクシーに飛び乗ったものの運転手さんも行ったことがないとのこと。こういう時の頼りは町役場の文化財担当の方です。運よく在籍。詳しい場所を聞き、ようやく到着。なかなか雰囲気のあるお社の真裏に石室が開口していました。
  小迫大塚古墳に比べると羨道がほとんど失われているためかスケール感には乏しいですが、珍しいのは奥壁の下から1mほどのところに造られた石棚です。説明板によれば県下では岡山市一宮古墳など6例に過ぎないところから、被葬者がこの地域(備中)を超えて広域に活動していたとみています。分厚い頑丈な造りですが、後世のものでしょうか支えの石がなんともアンバランスです。和歌山県の大谷山22号墳(岩橋千塚古墳群)(クリックすれば飛べます)のような本格的な石棚ではなく、同じ和歌山の船戸山2号墳(クリックすれば飛べます)の棺台に似ている気がしました。側壁をみると川原石ではなく大型の石材を積んでいて石室としてはなかなか堂々としていました(撮影2017年9月25日)。PNG hashimotokoujinzuka zu yagakemachi




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

切石加工が美しい石室

切石の美しい地蔵寺古墳をあとに住職の奥様に教えて頂いたルートで平荘湖畔に出てみました。神戸製鋼など播磨一帯の工業用水用に1066年に完成した人造湖ですが、石切り場が時折姿を見せる景色と実にマッチしています。3㎞ほどの距離を家形石棺の蓋が置かれているところなどをとおりながら歩くと目指す升田山15号墳の標識が湖畔に見えます(動画冒頭の湖沿いのシーンは帰路のものです)。と書くと簡単なようですがgoogle map を頼りに探したものの結局わからず、自転車を引いていたシニアを追いかけて聞く羽目に。小さいころからよくこの辺りは歩いているのでしっているよとのこと。すぐそこでした。標柱を見落としていたのです。小道を曲がり下った途中に藪に覆われた石室が開口していました。

そのシニアさんに一緒にどうですかというと、いやいやと首を振られてしまいました。石室というと墓というイメージが強く、軽々に出入りするものではないという考えの方も多いようです。他方、完全に古墳時代の人工構造物として、その形式や積み方の技術、使われている石材などに興味を持つ人もいます。私は後者です。話は脱線しましたが、意外といったら失礼でしょうか。長さ13mもある石室の規模に羨道の残りのよさに驚かされました。何度も触れていますが。羨道は欠損していたり、半壊状態だったりと完存ないし完存に近い状態というのはそれほど多くはないのです。地蔵寺古墳(クリックすれば飛べます)よりも石工の技術は表面の仕上げな洗練されてはいませんし、天井も高いとはいえず空間を感じるというほどでもありません。とはいえ全体が残っているというのは大変なメリットです(キャプションで側壁は3段としましたが4段のようです。なお墳形は円墳、径は35mだそうです(撮影2018312日)。


 PNG masudayama 15gou fun ichi 修正版

升田山15号墳基本情報

所在地 兵庫県加古川市

形状 円墳

規模 径35m 高さ不明

築造時期 6C

出土品 高坏、壺、器台等須恵器、馬具、玉

史跡指定 市指定

特記事項 1960年代の平荘湖建設にあたり調査が行われた結果、約100基からなる群集墳の1基であることがわかった。その多くが湖底に沈んだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ