古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ:宮城県 > 中期

  仙台空港が北西3kmほどのところにあり南に2kmほど下ると海側に大津波襲った阿武隈川があります。多くの犠牲者をだした東日本大震災ですが今回紹介する亀塚古墳には直接的な被害はなかったようです。岩沼駅から北に1kmほど歩くと収穫が終わった水田のなかに、それこそぽつりとスリムな墳丘が横たわっていました。現在の墳丘長は39.5mしかありませんが2011年の発掘調査で、二回りほど大きい48m、後円部径も25m、さらには全体に周濠が巡っていたことが明らかになっています。そして岩沼市民図書館(岩沼駅から徒歩5分)のふるさと展示室には東側くびれ部で完全な形で出土した一木二又鋤と呼ばれる農耕具が展示されていました。墳丘全体の形などから5C代、古墳中期に造られた地元豪族の古墳とみられていますが、新たに見つかった農耕具だけでは築造時期の特定は難しいと調査を担当された方が話されていました。葺石や埴輪も発掘されていないそうです。

 動画からもわかるように開発が至近距離まで迫っています。それでも亀塚古墳が現在まで残ってきたのは、地名として亀塚が残っていることに加え、地域の人々になくてはならない存在だったからのように思われます。昔からサッペ講と呼ばれる火防祭が旧暦の1025日(現在は新暦の日)に行われてきたようなのです。岩沼市文化財保護委員の千葉宗久さんは「かつては、家々で新米のモチをついて、豆腐モチやアンコモチを親類や親しい人々にごちそうしたそうです。そして夕方になると大人も子供もワラを抱えてかめ塚古墳に集まり、それで1メートル程の小屋を作ったという。供え物をして、多宝院様にお願いをしてお祭りを行い、終わると切り火を切って一切の物を焼いたそうである」(岩沼市文化財だより、平成1431日)と書いています。11月初旬の訪問だったためか動画2の前方部手前に切り火を切った跡が見られるように思うのですが気のせいでしょうか。いずれにせよこの地元に愛されてきた亀塚古墳をこれからも大切にしたいものです。

 アクセスはわかりやすいです。岩沼駅を線路沿いに北に歩き25号線の高架をくぐりさらに直進すると住宅地が途絶え田畑が広がります。動画1がそのあたりになります。JR岩沼駅から徒歩15分です。図書館は線路をはさみ古墳とは反対側(海側)にある岩沼小学校のすぐ近くにあります。徒歩5分(撮影2015年11月5日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

亀塚古墳基本データ
所在地 宮城県岩沼市亀塚

形状 前方後円墳

規模 墳長39.5m、後円部径16.3m 高さ 2.45m、前方部幅10.3m 高さ2.05m2011年の調査で墳長48m、後円部径25m、前方部長22m、くびれ部幅11mであることがわかった、岩沼市教育委員会)。

築造時期 5C

出土品 一木二又鋤と呼ばれる農耕具

史跡指定 岩沼市

特記事項 本文説明にあるようにさっぺ講と呼ばれる火防祭が亀塚で行われてきた


 PNG kamezuka iwanuma zu

晴天に映える雷神山古墳はどのように私を迎えてくれるのだろう。ワクワクしながら歩いた期待は裏切られませんでした。動画1の前方部端側から後円部にかけて広がる墳丘は、芝がきれいに刈り取られていたこともあり鮮やかの一言でした。墳長が169m、後円部径92mとほぼ同じなのは甲斐銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)です。こちらの墳丘も美しく是非比較してご覧ください。ただ前方部幅は雷神山が96mに対して、69mとずっと狭くなります。甲斐銚子塚が造られたのは3C後半と典型的な前期古墳に該当します。雷神山古墳は前期と中期の境目に位置するだけあって前方部幅は96mと発達しています。後円部は3段、前方部は2段の筑成が施されている墳丘には一面葺石が葺かれ、壺形埴輪がめぐっていたようですが、整備にあたっては復元されていません。

また、動画キャプションでも触れているように前方部端には墓地があり墳丘自身が崩れています。植栽でカバーしているとはいえ些か残念です。京都府の長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)の墳丘も墓地があったことを思い出しました。昔の墓のために現在の墓を移すわけにはいかないのはわかりますが、現在まで墳丘がどのように人々によって扱われてきたかを知るには貴重な資料かもしれません。
   埋葬施設は発掘調査されていないために不明ですが東日本大震災の際に後円部頂の中央が1mほど陥没し埋葬施設ではないかとの指摘もあるようです。その後円部に隣接して陪塚ではないかといわれる径54mの円墳小塚古墳が築かれています。またその先、1.5㎞には雷神山古墳の被葬者に遡るこの地の支配者が葬られているともいわれる飯野坂古墳群(1)飯野坂古墳群(2)飯野坂古墳群(3)(それぞれクリックすれば飛べます)があります。こちらは中規模の前方後方墳が複数並んで築造されています。

アクセスはJR東北本線で2駅下った館腰駅前から西に200mほど歩き郵便局を見ながら右折すると左に館腰神社が見えます。その先を左折し道なりに歩くと右手に急な細い坂道が見えます。坂道を上り道なりに進むと前方部端入口説明板に到着します(撮影2015年11月5日)。
PNG raijinyama zu saishu



所在地 宮城県名取市

形状 前方後円墳

規模 墳長 169m(168m)、後円部径 96m 高さ12m、前方部幅96m 高さ6m

後円部3段、前方部2段築成、葺石あり

小塚古墳 径54m 高さ6mの円墳 

築造時期 4C末(4C後とも)

出土品 壺形埴輪(底部穿孔(せんこう)土器とよばれ底に穴があいている古墳用に作られたもの

史跡指定 国指定

特記事項 被葬者は飯野坂古墳群との関連が指摘されている。飯野坂は前方後方墳であるのに対して雷神山は前方後円墳。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ