古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: その他

 墳丘に登れる古墳を中心に数多くの古墳を紹介してきましたが、都市開発の影響を受け、その多くは墳丘全体を遠くから眺めることはできません。そうしたなかでいくつかの古墳は、極めてまれといえますが築造当時に近い美しい墳丘の姿がみられます。地域の方々、行政の努力、地権者の理解など好条件が重なったためだと思います。今回は東京に比較的近い3基を紹介します。宮城県名取市の雷神山古墳(中期)墳長は169m、茨城県石岡市の舟塚山古墳(中期)墳長は186m、それに山梨県 甲斐銚子塚古墳(前期) 墳長は雷神山と同じ169m。いずれも前方後円墳です。現在まで確認された墳長100m以上の前方後円墳は302基(広瀬和雄、前方後円墳の世界、岩波新書)ですので、これら3基は、その中でもかなり大型のものといえます。古墳名をクリックすれば直接ご覧になれます。是非とも現地に足を運んで、これらの美しい墳丘を確認して頂ければと思います。

現代の葬祭場とマッチした古墳遺跡公園


  福岡県上毛町の木の葉模様が残る穴が葉山1号墳(クリックすれば飛べます)を訪ねたあと、せっかくなので中津駅に戻る途中、市公営・風の丘葬祭場のある相原山首遺跡に寄り道してみました。山国川を渡ると大分県です。古墳時代前期から奈良時代までの墳墓が小規模とはいえ集中してみることのできる貴重な遺跡群です。動画にも一部映っていますが近代的な葬祭場の建物が古墳群ともマッチして中中野見栄えでした。私ははじめてみたのですが、火葬墓がいくつも残されており、中には墳丘をもつものもあります。石室の代わりに骨壺を入れた丸い穴が墳頂にあけられている様子が復元されています。それが最も早く造られた古墳時代前期の方形周溝墓の隣にあるのですから不思議な感覚に襲われました。中期は造り出しか短い前方部のある径18mの円墳で群内では最も大きな墳丘です。あとは7基の方墳が封土が流れ石室の下半分の石積みが露わになった方墳が開口部を東に向けて並んでいます。その多くが排水溝をもつ古墳で、それも復元されています。これらの数百年に及ぶ墳墓群は、この地方で最大権力をもっていた豪族たちの累代墓(先祖代々の墓)と考えられているようです。アクセスは中津駅から日田方面行のバスで三口下車。本数が少ないです(撮影2020年2月18日)。相原山首遺跡と穴ヶ葉山古墳との位置関係

↑このページのトップヘ