古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: その他

謹賀新年

みなさま新年をどのようにお迎えでしょうか。
今年も楽しんで頂けるように訪れた古墳の数々をアップするつもりです。
よろしくお願いいたします。


 あっという間に今年も3月ですね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。古墳踏査は秋から冬に限るという先輩の助言にしたがって今シーズンもあちらこちら飛び歩きました。気がついたら6時間も休みなしに歩いている日もありました。少々くたびれましたというのが正直なところです。車を使えばいいじゃないのという声も聞こえそうですが、公共交通機関と徒歩という原則でスタートした以上、よほどのことがない限りタクシーは使いたくないのです(苦笑)。古代人の移動手段は歩くか河川を利用するしかなかったはずですし・・・。山並みなど当時の人々と同じ景色を見ながら歩くというのもよいものです。
 このブログの更新も結構手間がかかります。古墳にもブログにも関心のない友人は、「デジカメで撮ってくるんでしょう。貼り付ければ終わりじゃないの」などととんでもないことを言います。手の内を明かせば、撮ってきた1分から2分単位の短い映像をムービーメーカーで編集しキャプションやタイトルをつけます。それを一度You Tubeにアップし、このブログにリンクさせています。あれ、こんな筈ではなかったという映像も多く、使えるものをつなげているケースが大半です。古墳自身の説明も専門家はどのような見方をしているかなどチェックが必要です。ブログの更新が遅れているのはそうした理由からです。楽しみにして頂いている方にはお待ち頂いて申し訳ありません。
 先日はパニックになりかけました。先ほど触れた未編集のデジカメ動画を移したPCが何度も強制終了してしまったのです。ちょうど外付けHDDにバックアップしようという直前の出来事のことで、このままPCがダウンすればまだアップしていない古墳の動画がすべて失われます。メーカーのサポートセンターの指示にしたがってPCをチェック、とりあえずは復旧しましたが、これからは古墳を訪ねたあとこまめに外付けHDDにバックアップすることを心がけることにしました。
 愚痴ばかり聞いて頂いてすみません。最後に新機能(私にとっては)を付け加えました。以前からどうするのかが分からなかったために過去にアップした古墳に飛ぶにはカレンダー経由という面倒な手順を踏まなければなりませんでした。つい最近アップした谷首古墳、飯野坂古墳群(2)を例にすれば、本文中に他の古墳を参照することをお勧めしますとあるところ、グレーの古墳名をクリックするとそのページに飛ぶことができるようになりました。できるだけ早い機会にすべてのアップ済み古墳に関して
同様の手法で他の古墳に飛ぶことができるようにしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

  今回はこれまでアップした前方後円墳、方墳、円墳など156基の中から、葺石も含め復元された(以前は復原も使っていましたが復元に統一します)前方後円墳をご紹介します。あれも抜けているこれもないよというご指摘があるかもしれません。既にアップ済みのものの中から選択していますので、ご容赦を。

  墳丘に葺かれた葺石の機能は権力を見せつけるため(可視性)、墳丘の斜面を保護して古墳の崩壊を防ぐため(排水)、さらには古墳とそれ以外の地域とを区別する聖域であることを示すためなど専門家の間でも色々な見方があります。とはいえどこに力点を置くかの差のように思えます。個人的には葺石が敷かれテラスなど平坦部分に埴輪が並べられた前方後円墳の姿は遠くからも十分に確認できます。見せる・見られるための機能が十分にあったのではないかと思っています。

  最初に紹介するのは広島県東広島市にある三ツ城古墳(クリックすれば飛べます)です。墳長は92mと、このあと紹介する古墳よりも小規模です。しかし前面に葺石が復元されていることもあり実に堂々としています。まれなケースといってよいと思いますが墳丘を見下ろすことができるという意味でも貴重な古墳です。このブログをスタートして最初の頃にアップしたこともあり動画のキャプションなど稚拙さが目立ちます。


 岐阜県大垣市の墳丘150mもある昼飯(ひるい)大塚古墳(クリックすれば飛べます)も印象的です。全国で302基ある墳長100m超の古墳の一つです。葺石の復元は一部ですが葺くにあたっての区分がよくわかります。石自身は昼飯大塚に限らず多くの場合、近接の河川から採取したもののようです。それは素人目にもわかります。とにかく膨大な数なのですから。遠隔地から特定の石にこだわることは困難だったでしょう。4C末に造られたと考えられているので前期に位置付けましたが前期と中期の丁度境目になります。

   ついで石川県能美市の墳丘141m秋常山古墳(クリックすれば飛べます)です。

中期の初頭ですから昼飯大塚古墳(こちらの区分は前期末)とほぼ同じ時期に造られています。ここでも葺石が葺かれる順ということでしょうか。動画4(タイトルがダブっています)の最後の部分で後円部墳頂から裾にかけて縦に区域がわかれていることがわかります。


大阪府八尾市の墳長160m心合寺山(しおんじやま)古墳(クリックすれば飛べます)の葺石も見事です。前方部の西側しか復元されていないのが残念ですが、それでも昼飯大塚、秋常山古墳の葺石とは異なっていることはわかります。石自体が大きく密に組まれています。なお動画2の前方部南側からのショットには築造当時の葺石が用いられていることを示すキャプションを入れてあります。


  京都長岡京市の恵解山(いげのやま)古墳(クリックすれば飛べます)は最近完成したばかりの復元古墳です。5C中頃に造られたと考えられている墳長128mの前方後円墳です。葺石の復元は前方部南側の一部にとどまっています。


五色塚古墳亀塚古墳のところで触れていますが、葺石を築造当時に近く復元した墳長194mの迫力は違います。あらためてご覧ください。







 


 


  


 

 野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)ですが草刈り後の墳丘を撮ることができましたので追加して動画5-6をアップしました。是非、ご覧ください。あいにくの雨でしたが形はよくわかります。なお、動画1-4のキャプション(撮影位置情報)は間違っているところがありました。訂正は叶いませんので撮影位置の図を参考にしてください。なお、前回訪問時にあった円筒埴輪はありませんでした。世田谷区役所によればセラミック製の埴輪は破損が著しく、先がとがって危険なため撤去したとのことでした。夜間も出入り自由な公園のため管理が難しく、再度、設置の予定はないそうです。大変残念なことです。

↑このページのトップヘ