古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 幾ちゃんの独り言

皆さんは6基の中でどれに最も惹かれますか??
  数多く残されている後期、終末期の古墳の紹介が増えるにつれ石室の魅力をお見せする機会も増えてきました。それにつれ雄大な前方後円墳の魅力を見て頂く機会が減ってきたような気もします。
  今回はまだご覧になっていないかたのために(既に見て頂いた方は勿論のこと)、既にアップした大型の前方後円墳でこれは美しいと感じた6基をご紹介します。共通するのは遠くからその姿をとらえることができたことです。勿論、この6基以上の大型古墳は数多くありますが、残念ながら様々な事情でその遠景をとらえることができません。その6基の第一は墳長169mの前方後円墳、宮城県名取市の雷神山古墳(中期)です。前方部から後円部方向に歩いて墳丘をとらえています。ついで墳長210m東国最大の前方後円墳、群馬県太田市の太田天神山古墳(中期)です。秋天に映える墳丘の大きさに驚かされます。第三は墳長186mの前方後円墳、茨城県石岡市の舟塚山古墳(中期)です。北側からの眺めが美しく南側からは墳丘をこのようにとらえることができません。第四は墳長139m四国最大の前方後円墳香川県さぬき市の富田茶臼山(中期)。県道から見る墳丘に圧倒されます。第五は墳長120m、大分県大分市の前方後円墳亀塚古墳(中期)です。何度みても飽きない魅力ある復元墳丘です。そして最後は墳長143mと前期古墳では九州最大の前方後円墳宮崎県宮崎市の生目3号墳(前期)です。亀塚古墳とは違い墳丘の崩壊を防ぐ最低限の整備に留め自然のままに残しています。
 1基につき動画は一つなのでさらにご覧になりたい方は下記の古墳名をクリックして古墳本来の頁に飛んで頂ければ残る動画の視聴が可能です。



雷神山古墳
太田天神山古墳
舟塚山古墳
富田茶臼山古墳
亀塚古墳
生目3号墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

自然災害に見舞われた方々へのお見舞い(幾ちゃんの独り言(25))

ちょうど今日で北海道胆振東部地震から9日目。このブログにも北海道の方々からもアクセスがあります。改めてお見舞いを申し上げます。それにしても今年の夏はいつにも増して台風や豪雨、地震と自然災害に見舞われ続けました。古墳が多数築かれた畿内でも6月の震度6弱を記録した地震は茨木や高槻を襲いましたし、記憶も新しい台風21号では60m近くの暴風が大阪を吹き荒れました。歴史的な自然災害が古墳にも爪痕を残しています。応神天皇陵(誉田御廟山古墳)では天平の大地震(734年)、今城塚古墳(真の継体天皇陵といわれる)では慶長伏見の大地震(1596年)が墳丘を大きく破壊しています。3年前(2016年)の熊本大地震では天井高6.5mを誇る井寺古墳の横穴石室の石材が崩落して立ち入り禁止になりました。来年の夏も同じような災害が日本列島を襲い我々の祖先が残した文化財をも破壊していくのでしょうか・・・。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ