古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ: 番外編

 今回は日本を離れ、倭の時代に交流が最も盛んであった朝鮮半島、百済の古墳、ソウル市のロッテワールド近くの石村洞古墳群を紹介します。百済が漢山城(漢城)にあった時代の古墳で、百済の王族の墓といわれています。約300の古墳が造られていたようですが、日本同様に開発によって大半が失われ、現在では8基のみが公園として保存されています。


 動画で見て頂く3号墳、4号墳の積石塚と小規模の墳丘土壙墓が残されています。一辺約50mある3号墳と17m4号墳では造られ方が異なるようで、前者は積石により後者は積石の間に土を充填しているそうです。規模の大きい3号墳は天理市の石上神社に伝わる国宝 七支刀(4C後半に作成)を倭に贈った近肖古王の墓(4C末か)ではないかといわれています。日本でも話題となったことのある積石塚の実物を修理が施されているとはいえ目の当たりにして何ともいえない感慨を覚えました。

今回は番外編としてソウルの芳荑(てい)洞古墳群を1号墳を中心に紹介します。動画でご覧頂けるように高層ビルがあたかも借景の如く映る古墳公園です。残存する8基の円墳はいずれも小型で、日本の巨大な前方後円墳に見慣れた者からすると物足りなさを感じざるを得ません。しかし、1号墳の石室(整備、修復)の石組はなかなかに見応えがあります。カーブは急ではありませんが、四面の壁が次第に狭まり、上から板石を置く築造方法(持ち送りというようです)を採っています。築造時期は三国時代、百済が高句麗の攻勢に遭っていた4C半ばから5C後半の百済前期(漢城に都があった時期の百済)のものではないかといわれています。解説板によれば盗掘されており遺物はほとんどなかったようです。したがって築造時期の特定はもっぱら石室の構造によるようです。日本の時期区分でいえば前期末から中期にかけてということになるでしょうか。

 アクセスは地下鉄5号線(紫のライン)でオリンピック公園の次の芳夷駅から徒歩で15分ほど。3番出口をあがると大きな通りがあります。その通りを南にくだり一つ目のゆるやかなカーブを道なりに右折し、一つ目の信号を越えた右側にこんもりとした森がみえます。

そこが芳荑洞古墳公園です。

PNG houteidou zu

朴天秀さんの「伽耶と倭」(講談社、2007)を数年前に読んで以来、是非、訪ねてみたいと思っていた韓国高霊市の池山洞古墳群です。考古学の専門的な知識がないなかで、表紙の尾根に連なる円墳を上空から撮影した画像にひかれたのです。日本にも岩橋千塚古墳群、西都原古墳群(いずれアップします)はじめ群集墳は数多くあるわけですが、池山洞古墳群の場合、多数の墳丘が狭い尾根伝いに円墳が立ち並ぶ姿はビジュアル的に群を抜いています。動画にも出てきますが王都である平野部からもよく見えたはずです。

百済、新羅と異なり伽耶はなじみがないかもしれません。教科書的な説明では、三国時代に朝鮮半島の南、現在の慶尚道一帯に栄えていた、百済にも新羅にも属していなかった小国家群ということになります。慶州と釜山の間、半島中央寄りのところです。文化や言語によって三韓(馬韓、辰韓、弁韓)に分けられた朝鮮半島は、その後馬韓は百済に、辰韓は新羅にとそれぞれ一つの強大国家にまとまったものの、弁韓だけは統一されず小国群として留まったそうです。小国群の中でも「金官伽耶」と「大伽耶」という2つの大きな勢力が現れ、金官伽耶は高句麗や新羅の圧迫を受け衰退し532年に新羅に従属します。その後、大伽耶が小国群の中心となったものの、強大な勢力となった新羅と百済の間に位置していた伽耶は徐々に両国に力を奪われ、562年に大伽耶が新羅に取り込まれ伽耶は滅亡したのです。高霊の池山洞にある主山には王族など支配層の古墳が700基余りあり、古墳からは金銅冠や首飾りなどの副葬品や殉葬者の骨が発掘され、埋葬者が身分の高い支配層であったと推定されています。倭との交流を示す遺物が発掘された古墳から出土していますが、前出、朴さんは、大伽耶の衰退と滅亡の一つの要因となったのが倭との交易が途絶したこと(南海岸の制海権と交易港を百済に奪われる)と述べています。また、北陸地方の古墳からは大伽耶様式の土器が多数出土しているとの指摘もあります。実に興味深いですね。是非、「伽耶と倭}お読みいただければと思います。

復元された44号墳の展示施設は、動画3でわかるように非常にリアルに石槨内部が再現されていて驚きました。それにしても殉死した人々の中には子供を抱えた男性、二人の少女などもおり複雑な気分になりました。大伽耶博物館には日本人スタッフもいて、王領展示館を含め丁寧に案内していただきました。44号墳は動画で確認できるように墳丘自体が少々外れたところにあり特別な扱いを受けた墓という印象を持ちました。肝心の古墳群はかなり急な登坂なので、時間にゆとりをもって計画されたほうがよいと思います。博物館からゆっくり歩くと往復で2時間ぐらいでしょうか。現地には慶州からタクシーをチャーターしてむかいました。といっても慶州を含めた一日の借り上げだったので高くはありませんでした。朝9時半発、現地博物館に11時着でした(撮影2016年7月27日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ