古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 宮崎県

遠景が美しい古墳
 九州の古墳というと朝鮮半島に近い北九州が中心ではないかと思われがちですが、既にこのブログでも紹介してきたように古墳時代前期最大の前方後円墳は宮崎市にほど近い生目古墳群(見学可能な3号墳はアップしています。生目3号墳をクリックしてください)に造られています。ついで中期最大の前方後円墳は国の特別史跡の西都原古墳群にある墳長176m男狭穂塚(帆立貝型)、女狭穂塚になります(西都原古墳群の数々についてはHP右の都府県別の宮崎県からお入りください)。古墳時代、現在の宮崎県、日向地域が九州の中でも突出してヤマト王権にとり重要であったかを示すものです。ところが生目古墳群から引き継いだ形の西都原古墳群では規模の大きな前方後円墳は男狭穂、女狭穂で途絶えてしまいます。また権力の移動があったのでしょうか。編年表(全国古墳編年集成、雄山閣出版社1995年)によれば、生目、西都原古墳群の近くを流れる一ツ瀬川流域では今回の松本塚古墳が墳長104mと突出した規模を誇っています。陪塚も伴っています。西都原古墳群の南2㎞ほどのところに位置しますが生目、西都原古墳群のように長い年月古墳が築かれ続けられたというわけではないようです。

 動画1にみるように周囲が田畑のために遠くから美しい墳丘を確認することができました。前方部の高さが後円部を上回っていることも遠目にもわかりますし、実際に墳丘を歩いてみると中期以降の前方後円墳の特徴である前方部の幅が後円部径を大きく上回っていることがよくわかりました。前方部にあるとされる造出しは見方が悪かったのか確認はできませんでした。説明板によれば墳丘の規格が大阪羽曳野市の古市古墳群の軽里大塚古墳(白鳥陵、クリックすれば飛べます)に相似しているとのことです。この点も政権との距離の近さを示すものかもしれません。倍近い規模の草木に覆われた白鳥陵は宮内庁管理のために墳丘に近づくことはできませんが、松本塚古墳からその姿を想像することができるとは思いもよりませんでした(アクセスは西都原古墳群を訪ねたあと宮崎市へ戻るバスの時間を利用してタクシーで訪問しました)(撮影2017323日)。

PNG matsumotozuka kofun zu

松本塚古墳基本データ

所在地 宮崎県西都市三納

形状 前方後円墳

規模 墳長104m、後円部径61m 高さ7.6m、前方部幅79m 高さ約8m 周溝あり

二段築成

出土品 円筒、朝顔形埴輪

築造時期 5C

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は未調査


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

生目古墳群衰退に向かう頃の二基

生目(いきめ)古墳群の第4回目です。何度か書いたように古墳というと九州では北九州のイメージが強いのですが実は宮崎、日向の地に数多く築かれています。とりわけ前期では、生目古墳群が最大なのです。紹介した3号、22号を含め墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基があります。ということは4C後半まで生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたと想像されます。改めて調べてみると古墳公園として整備された面積は22ha、東京ドーム4.6個分もの広さです。もっとも西都原古墳公園は14.5個分という点は指摘しておく必要があるでしょう(必ずしも墓域と公園の整備面積は一致しない)。

今回の14号ですが古墳群で優美な姿が印象的だった墳長143m3号墳(クリックすれば飛べます)から南に歩き西側を振り向くとやや墳丘の背が低い前方後円墳が目に入ります。墳長は63mです。多数発掘された壺形埴輪が後円部墳頂と前方部平坦面に並び、葺石が葺かれ後円部頂は敷石や礫があったようです。復元された5号墳(クリックすれば飛べます)と同様(14号の後に築かれる)、全面石に覆われたかなり武骨な姿だったのではないでしょうか。前期古墳の典型である前方部が未発達の柄鏡型ということがよくわかります。周溝は前方部前面にはなかったようです。

動画3で紹介している23号墳ですが100mクラスの22号墳の北東側に接して築かれていますが情報がありません。資料館、生目の杜遊古館で入手した資料にもなく14号墳よりも一回り小さな前方後円墳としました。いずれも古墳パンフレットの編年表によれば前期の後半の4C後に2314号の順で築かれており、生目古墳群が衰退していく時期にあたっています。反対に西都原古墳群の被葬者の力が強くなっていった結果でしょうか。大型化進みます。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。


PNG ikime14&23 zu 修正版



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

バランスのとれた美しい横穴石室


   西都原古墳群を訪ねた帰りに一ツ瀬川をはさんだ対岸の台地の端に築かれた千畑(ちばたけ)古墳を見てきました。完存している横穴石室に驚かされるとともにもっと知られてよい古墳ではないかと思いました。古墳では9か所しかない国の特別史跡の西都原古墳群は史跡公園として整備され四季折々花が咲き乱れ独自のHPも持っています。他方、千畑古墳は国の史跡であるにもかかわらず西都市のHPにひっそりと紹介されているだけです。古墳の好きな人だけにとっておかれているようなそんな気もします。だからこそ周辺を含めた静寂さが保たれているのかもしれません。墳長約40mの前方後円墳とのことですが竹林に覆われた墳丘からはその姿を想像することはできません。動画1からおわかりのように南を向いて開口する石室は屈めば楽に入室できる大きさでした。巨石を用いた羨道から玄室に進むと左右両サイドに空間が広がり両袖形(両袖式)ということがわかります。羨道幅と玄室幅が同じ無袖形、玄室横壁の左右どちらかだけが羨道幅より広い片袖形、そしてこの千畑古墳のような両袖形とありますが、それがどのような意味を持つのかは解明されていないようです。被葬者の地位が高位であれば石室が大きく両袖が採用されると解釈している人もいますがあくまで一つの見方のようです。

これまで数多くの石室を紹介してきましたが羨道、奥壁、横壁とバランスのとれた空間は

なかなかないものです。特に玄室側から羨道方向をみた動画3がおすすめです。石室長は9.2mと巨大というほどではありませんが宮崎県下では最大だそうです。川をはさんだ西都原古墳群との関係が気になりますが既に紹介した鬼の窟古墳(クリックすれば飛べます。)の石室と共通点が多いそうです。あらためて見直してみると奥壁の石積みなど似ていなくもありませんが天井が千畑のほうがずっと高く一回り大きい石室です。

 アクセスは今回は帰りのバスの時間の関係でやむなくタクシーを使いました。そのドライバーさんも千畑古墳のことは知らず焦りました。時間があれば一ツ瀬川を見ながら西都原古墳群からのんびりと歩きたいものです(撮影2017323日)。
PNG chibatake kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

さすがは国の特別史跡、西都原古墳群の一基


さすがは国の特別史跡。特に重要な史跡として指定されただけあります。全国の古墳を歩き始めた早い段階で訪れた時には、こんなもんかという印象しかなかったのですが、あちらこちら歩くうちに、その特別な存在がわかるようになりました。なんといってもその魅力は数多くの古墳が築造当時の敷地を大きく変えることなく保存されていることにつきると思います。価値のある古墳であっても周辺の状況が造られた当時とは大きく異なっている中、西都原古墳群は別格です。しかもこの墓域には前方後円墳31基、円墳279基、方墳1基、地下式横穴墓11基、横穴墓12基もの多くの古墳があり、その一部は今回の46号墳の墳頂からも垣間見えます。もっとも古墳群の中心的存在でありながら墳丘がほとんど見えないためにこのブログでもサワリ程度にしか紹介していない男狭穂塚、女狭穂塚については残念の一言です。

今回の46号古墳は、古墳群全体が3群に分けられる中、第1群に含まれ郡中最も遅く4C末から5C初めに築かれたと考えられている墳長83.6mの前方後円墳です。丁度、前期と中期の狭間にあたっていますが、前方部幅はあまり広がらず、高さは後円部のほうが前方部よりも高い前期古墳の姿をとどめています。調査で明らかになった段築は後円部、前方部ともに三段です。運よく草刈りのあとに訪れたためにその様子をはっきりと確認することができました。現地説明板によれば埋葬施設は後円部で確認された方形区画、つまり竪穴石室ではないかとみられています。全面的に墳丘は葺石で覆われていたそうで、その一部が墳丘裾南側に保存されています。それにしても石は小ぶりで、これではさほど時を経ず崩落してしまったのではないかと思いました。これまでに紹介した西都原古墳群の数々は以下のとおりです。併せてご覧ください。
PNG dougasatueiichi saitobaru46goufun


PNG saitobaru46goufun basho

西都原13号墳と35号墳
西都原169号墳
西都原170号墳と171号墳
西都原202号墳
鬼の巌(いわや)古墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ