古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ: 宮崎県

  ようやく九州は宮崎県の前期古墳を紹介できることになりました。西都市の西都原古墳群の第1回目、13号墳と35号墳です。実は2014年の3月に一度訪れていますが動画撮影をまだはじめていなかったのです。手元にあるのは全て静止画像。今回は満を持して動画をと張り切りすぎたせいでしょうか。あいにくの本降りの雨。それでも歩き始めたら興味深い古墳ばかりで今回も予定の時間までにすべてをまわることはできませんでした。なにしろ前期から終末期まで前方後円墳18基を含む311基もの墳墓が東西2.6㎞南北4.2㎞の広さに築かれているのです。もっとも古墳は均等に並んでいるわけではありません。第一古墳群、第二古墳群、第三古墳群と呼ばれる地域に密集しています。今回の13号と35号墳は第一古墳群に前後に並ぶように築かれています。知っておられる方も多いと思いますが、以下は二基の説明の前に宮崎(日向)の古墳についての予備知識です。

改めて驚かされたのですが宮崎県は天孫降臨の神話の世界は別にしても九州七県の中で福岡県と並びずば抜けて前方後円墳が多く177基も築かれています。しかも九州の中で前期最大、墳長143m3号墳が生目古墳群に(いずれ紹介します)、中期では墳長176.3mの女狭穂塚古墳が西都原古墳群に造られています。古墳時代全体でみても九州で最大です。(このあたりの記述は北郷泰道さんの「西都原古墳群」(同成社、2005)に負っています)。なぜ宮崎(日向)に前方後円墳がそれほど多く、しかも大型なのか興味は尽きません。墳丘の形式や規模が地方の首長とヤマト王権との関係を示しているとすれば、宮崎の在地首長は特別に遇されていたということになります。ヤマト王権にとりなぜそれほど重要だったのかについてのヒントは交易ルートにあるようです。詳しくは北郷さんの本をご覧ください。

肝心の13号墳と35号墳ですが墳長78.5m70mと中規模の大きさの前方後円墳である一方、墳丘は前方部が細く長い柄鏡型でその特徴は動画3の35号墳の後円部からの眺めではっきりと確認できます。13号も同様に柄鏡型で後円部の高さが前方部よりはるかに高いという点も共通しています。前期に特有の墳丘形式です。ただ13号にはあった周濠が後から造られた35号にはありません。動画2で紹介している13号墳後円部の埋葬施設は全国的にみた復元古墳でも珍しいもので貴重です。後期古墳によくみかける横穴石室のように後円部の入口を入ると後円部頂から2mのところで見つかったという人頭大の川原石(礫)で覆われた粘土郭のレプリカを見ることができます。ずいぶん大きく感じました。

アクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobaru13&35 zu



西都原古墳群(1)13号・35号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 前方後円墳

規模 13号 墳長78.5m 後円部径45m 高さ6.7m、前方部幅26m 高さ4.1m

     三段築成 葺石

     35号 墳長70m 後円部径37m 高さ6.5m、前方部幅20m 高さ3.2m

     葺石 周濠

出土品 35号 三角縁神獣鏡、ひすい勾玉、ガラス小玉、鉄剣、刀子等

13号 方格規矩鏡、碧玉勾玉、管玉、直刀、鉄剣等

築造時期 4C

史跡指定 西都原古墳群として国の特別史跡

特記事項 35号墳は動画で紹介しているように後円部の礫に囲まれた埋葬施設が復元公開されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  はじめて目にした時どう読むのだろうと一瞬戸惑いを覚えた宮崎県宮崎市の生目(いきめ)古墳群。よく耳にするプロ野球のキャンプが行われる野球場(生目の杜運動公園)に隣接しています。墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州で古墳時代前期(3C央から4C後半)に造られた前方後円墳では九州最大です。ということは当時この日向の地では西都市の西都原古墳群(古墳名をクリックすれば直接飛べます)ではなく生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたことになります。

宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えました。目指す古墳公園です。これでほっと一安心です。というのも下調べをして現地に到着しても必ずしも古墳によってはどこにあるかわからないことも少なくないからです。胸の高まりを覚えながら古墳に急ぎます。どんな表情で迎えてくれるのでしょう。階段をあがると右方向にあとで5号墳とわかる墳長57mの前方後円墳が横たわっていました。全面葺石の墳丘です。その驚きは5号墳の紹介の時に触れるとして、そのすぐ後ろに今回紹介する古墳群で最大の前方後円墳、4C央に造られた墳長143m3号墳が見えました。3号墳と100m超の他の2基もともに前期に造られています。動画でおわかりのように3号墳は墳丘には手を加えずに保全されていますが、南西側には他の古墳がなく遠くから眺められるために実際よりも大きく見えます。残念なのは前方部、後円部ともに木立に遮られて冬以外は見通しがきかなさそうな点です。墳丘の崩れを防ぐためかもしれませんが木々の伐採など期待したいものです。

 前方部から後円部に歩くと段築らしきものが見えてきました。墳頂に登る途中にかなり広めのテラスがぐるっと回っているのがわかります。自然に任せる保全の仕方で段築がここまで明瞭なのは珍しいと思いましたが、あとで調べるとやはり後世に手が入っていました。戦国時代に砦として利用された名残りのようです(柳沢一男他著、生目古墳群と日向古代史、鉱脈社、2011)。後円部は三段、前方部は二段築成だったようです。埋葬施設は後円部墳頂にあったと考えられています。

 それにしてもなぜこの地に古墳時代前期に大型の前方後円墳が造られたのでしょうか。宮崎の古墳に詳しい北郷泰道さんは次のような趣旨の興味深い解釈をしています。当時の畿内政権はライバル関係にあった北部九州の筑紫国をけん制するために南九州の日向国をより身近なものにしておく必要があった。その要素は海上交通の権益で中国大陸や朝鮮半島への経路を瀬戸内、関門海峡の北ルートとは別の南九州南端の大隅半島、薩摩半島を回る南ルートの確保。そのため、畿内の大王は日向から妃を迎え婚姻関係を持つ必要があった。日本書記によれば景行天皇の代に日向の御刀媛(みはかしひめ)を妃に迎え、生まれた子供が日向国造の始祖となる豊国別皇子(とよくにわけのみこ)でそれは4C初頭の頃であった。彼こそが4C代に九州で巨大な前方後円墳を造り得た人物ではないか(柳沢他著、生目古墳群と日向古代史、前掲書)。 前期には大型古墳が造られた生目古墳群ですが中期になるとその座を西都原古墳群に譲り(墳長176mの女狭穂塚、176.3mの男狭穂塚古墳)規模が縮小していきます。日向のなかで権力が移動したのです。

ところで同じ前期4C後半に造られた畿内以外の大型古墳は墳長190m京都府京丹後市の神明山古墳(以下いずれもクリックすれば直接飛べます)、京都府与謝野町の145m蛭子山1号墳、中期との境4C末に兵庫県神戸市の194m五色塚古墳、宮城県名取市の169m雷神山古墳があります。いずれも日本海、瀬戸内、太平洋岸の水運を支配した首長が葬られたとみられており生目古墳群同様ヤマト王権との関係が極めて強かったとみられています。

 こうした知識をもとに撮ってきた動画を見てみると同じ墳丘が奥行を増したように見えました。つくづくフィールドワークと文献での頭の整理が必要だと思いました(撮影2017322日)
PNG ikime3goufunn zu

宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の二回目です。一回目には前期古墳の13号墳と35号墳と(古墳名をクリックすれば飛べます)を紹介しましたが今回は群中最大規模の二基とともに古墳時代中期に造られています。陵墓参考地の女狭穂塚、男狭穂塚古墳の陪塚と考えられている円墳169号墳です。女狭穂塚かが墳長176mと九州でも一二を争う前方後円墳なので、それに相応しく径50mもあります。古墳群として保存整備されてきただけに周辺に眺望を遮るような建造物はなくその雄姿を三本の動画で確認できます。遠目にも三段築成が明瞭にわかる墳丘で本来は墳頂に円筒はじめ形象埴輪が立ち並び墳丘全体には葺石が覆っていました。

北郷泰道さんの『西都原古墳群』(同成社、2005年)によれば大正時代から調査が行われ副葬品の倣製(国内産)の銅鏡、刀、鉄斧、銅釧(うでわ)、鉄鏃などが墳頂から発掘される一方、埋葬施設の検出には至らなかったそうです。とはいえ木棺による直葬ではなかったかと想像はできます。残念ながら現状ではよくわかりませんでしたが墳丘下東側には9m×3mの造出があったようです。墳頂からは男狭穂塚、女狭穂塚の二基がよく見えますが、残念ながら鬱蒼とした木々に覆われ墳丘全体を見ることができません。それに陵墓参考地として宮内庁が管理しているために墳丘内に立ち入ることはできません。ただ拝所があり鳥居が立つ陵墓(天皇、皇后、皇族の墓として宮内庁が管理。全国に740)と違い、陵墓参考地(被葬者名が特定できないが宮内庁が管理するもの。全国で46)はフェンスで囲まれているだけのところも多く、動画3の最後に付け足したように墳丘を柵越しにみることはできます。改めて見てみると女狭穂塚の前方部幅の広さには驚かされます。

 ところでこのブログでは格の上では前方後円墳、前方後方墳につぐ円墳を何基か紹介してきましたがいくつかあげておきます。比較してご覧ください。いずれも中期の古墳で見栄えよく復元されています。古墳名をクリックすれば直接飛べます。滋賀県東近江市の径57m久保田山古墳(5C前半)、兵庫県朝来市の径90mの巨大な墳丘を誇る朝来茶すり山古墳(5C前半)、奈良県都祁南之庄町の径40m三陵墓西古墳(5C前半)、京都府綾部市の径70mの私市(きさいち)円山古墳(中期央)、奈良県広陵町の新木山古墳の陪塚、径45m三吉石塚古墳(5C後)。大型の円墳は中期に集中している印象がありますが、全国最大の円墳は実は古墳時代後期の6C前半に築かれた埼玉県行田市のさきたま古墳群にある丸墓山古墳で径100mもあります。西都原古墳群見学にはアクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobarukofungun ryakuzu
PNG saitobaru169 zu - shuuseiban

 



西都原古墳群(2)169号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 円墳 

規模 径50m 高さ7m、葺石あり、三段築成

築造時期 5C

出土品 倣製銅鏡、刀、鉄斧、銅釧、鉄鏃 

史跡指定 国の特別史跡

特記事項 男狭穂塚、女狭穂塚古墳の陪塚と考えられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ