古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 福岡県

石棚が側壁にある珍しい横穴石室 


 古墳踏査をしているとハプニングはつきもの。今回もそうでした。二重の意味でです。福岡空港から天神のバスターミナルに移動して高速バスで後藤寺営業所まで行き、夏吉古墳群のある秋里を通る路線バスに乗る予定でしたが、高速バスが遅延しバスに乗り換えられなくなってしまったのです。次のバスまでは1時間以上待たねばならず古墳までたどり着けないかもしれません。やむなくタクシーを呼ぶことに。がっかりです。ところが二つ目のハプニングはラッキーでした。運転手さんが夏吉古墳群に詳しく近くまで連れていってくれるというのです。古墳は地元の方でも知らないことが多く、このようなケースは珍しいのです。ただ、猪が出るので注意してといわれましたが・・・。地図にある灌漑用のため池に沿って歩くと動画1冒頭の非常にわかりやすい標識が立っていました。これも珍しいことです。如何に田川市がこの古墳を大切にしていることがわかります。聞けば年に2回、文化財担当の方が古墳に常駐して今回の夏吉1号墳と21号墳の概要を説明する会を催しているのだそうです。

 肝心の1号墳。径14.2m 高さ3.5mの墳丘の残りはよく円墳ということはだれがみてもわかります。築造当時の光景とは違うかもしれませんが杉木立の中に佇む古墳はなかなかのものです。南を向いて開口している横穴石室は九州ではよくある複室構造です。羨道、それに前室と後室(玄室)からなる全長8.2mです。奥壁は1枚の板石です。全長11.5m福岡市の夫婦塚2号墳(クリックすれば飛べます)を一回り小さくした感じです。それだけに

撮影の環境としては厳しく(後退しにくいので)後室の全体像がよくわからないかもしれません。しかしこの古墳の最大の特徴は奥壁から見た右側壁にある石棚です。これまでアップしてきた石棚のある石室は全て奥壁に設けられていましたが、どのような理由からか側壁に作られています。後室が狭く奥壁にスペースが確保できなかったからなのでしょうか。典型的な石棚は和歌山県岩橋千塚古墳群に多数ありますが、大谷山22号墳(クリックすれば飛べます)を紹介しておきます。比較してご覧ください。夏吉1号墳の出土遺物は盗掘を受けていたために須恵器と鉄製品少々に留まっているそうです(撮影2019325日)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

持ち送りや分厚い袖石が印象に残る見事な石室
   夏吉1号墳(クリックすれば飛べます)と並び田川市の指定文化財となっている夏吉21号墳。1号墳と同様の複室構造の横穴石室をもつ径25mの円墳ですが、1号墳よりもずっと大きく全長12.5mです。1号墳は8.2mですから1.5倍ということになります。1号墳は石棚が側壁にある珍しい構造でしたが、21号墳には石棚はありません。ですが比較して見直してみると使用されている石材の大きさはより大きく、天井に向かって内傾する持ち送りの積み上げ方もより丁寧な印象です。前室から後室(玄室)の境にある分厚く大きな袖石が重厚さを与えています。それにしても何度みても美しい石室です。是非、比較してご覧ください。21号墳までは夏吉1号墳から500mほど南に歩くと周辺の田畑のなかに古谷産業の社屋が見え、その左手、東側300mの山裾に動画1の冒頭にある夏吉21号墳と記された道標があります(撮影2019327日)。

PNGnatsuyoshi 1goufun to 21goufun no ichikannkei
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

見応えのある墳丘と穹窿式(ドーム型)石室


 今回の日拝塚(ひはいづか)古墳のある現在の春日市は福岡県の北部に位置し、弥生時代の遺跡も数多く残されている古代日本の主要地域です。魏志倭人伝に登場する奴国(なこく)にあたり、その指導者の奥津城(墓域)ではないかといわれ大量の前漢鏡等が出土した須久岡本遺跡(紀元前4Cから紀元3C前半、弥生時代中期から後期)も日拝塚古墳のすぐ近くにあります。同じ奴国の領域であった福岡市内の比恵遺跡からは古墳時代前期はじめ、3C後半と考えられる古代道路の一部や、硯(すずり)の一部が近年相次いで発掘されています。

 その後、政権の中心が畿内に移動したこととも関係があるのでしょうか、古墳時代前期、中期を通じて那珂川流域には、さほどほとんどめぼしい古墳は築かれていません。前期では、三角縁神獣鏡出土の那珂八幡古墳(クリックすれば飛べます)、中期では初期の横口式石室で知られる老司古墳(見学不可)、そして後期に至り、今回の日拝塚古墳、そして東光寺剣塚古墳(クリックすれば飛べます)が知られています。

 日拝塚古墳。古墳には変わった名称が多いのですが、今回はわかりやすく、太陽を拝むと

いう意味です。マップに記したようにお彼岸の時期に後円部の東にある大根地山(おおねちやま)から昇る太陽を拝めるのだそうです。主軸が東西を向いていますから、被葬者の関係者は、そのこと(太陽を拝む)を意図して築いたのでしょうか。気になるところです。墳丘は削られているものの段築が明瞭ですし、訪れたのが桜の季節ということもあり見栄えがよかったです。古墳は何度も書きましたように訪れる季節によって全く印象が違います。

 肝心の石室ですが、事前に教育委員会で鍵を開けて頂き見学。これはもうご覧のとおりの立派な穹窿式でただただ感心。天井中央に壁が集まっている様子がよくわかります。佐賀県の田古里古墳(クリックすれば飛べます)、道越古墳(クリックすれば飛べます)と同じタイプです。それと羨道方向をみるとわかりますが、袖石の迫力。なんとも存在感があります。残念だったのはキャプションに書いた、奥壁の赤色部分です。朱が残っているのかと思ったのですが、文化財課の方のお話では赤カビだそうです。そういえば石室は湿気の宝庫でした。また豊富な副葬品の出土品には金製垂飾付耳飾り、金環等装身具、環頭柄頭をもつ太刀等武具、輪鎧、須恵器などが含まれているそうです。アクセスはわかりやすく九州新幹線の博多南駅から徒歩10分です(駅に案内があったと記憶しています)。蛇足ですが新幹線の料金としては破格の安さで8分乗車で300円です。通勤用に使われているからでしょうか(撮影2018328日)。
PNG dougasatsueicichi hihaizuka kofun kasugashi
PNG hihaizukakofun to oonechiyama
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

胴張りの奥室が見応えのある石室


 令和27月豪雨で甚大な被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げます。今回の古墳のある福岡県久留米市を流れる筑後川も氾濫しています。こんな時にと思われるかもしれませんが、アップの順番の都合でこうなりました。

大塚古墳歴史公園に保存されている大塚2号墳は筑後川の支流、巨瀬川(こせがわ)の南側に広がる耳納(みのう)山地の麓に築かれている比較的小型の円墳です。動画1の冒頭にあるように雄大な光景が広がります。JR久大線(久留米と大分を結んでいる)田主丸駅からひたすら歩いて45分ほど。年末の忙しいなか、前日に久留米市文化財保護課にダメ元で

開錠のお願いをしたところ、近くに寄る予定があるのでどうぞとのこと。これはラッキーと

勇んで現地へ急ぎました。きれいに刈込がなされている古墳は気持ちのよいものです。

 羨道の先に前室、奥室と複室構造の石室で全長8.9m。規模としては中ぐらいでしょうか。とても丁寧に石が積まれ、思わず声を出しそうになったのは胴張り工法を採用した奥室の見事さでした。平面は楕円にみえ、そのまま四囲が天井に向かってせりあがっています。これまで側壁が外側に膨らむ胴張りの石室は何基も紹介している気がしますが床面で、その様子がはっきりわかるものははじめての気がします。加えて、前室と奥室の境のまぐさ石。それに前室と羨道の間の石、なんというのでしょうか。ともに圧巻といってよい大きさでした。よいものを見せて頂きました。感謝。アクセスは田主丸駅から果樹園を縫うように走る道路を水縄郵便局を目指します。この通りが県道151号線で、東に500mほど進むと石垣神社があり、ここを山側に右折するとほどなく大塚古墳歴史公園が右手に見えてきます(撮影20191218日)。
PNG ootsuka 2gou fun kurumeshi zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ