古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 香川県

岩清尾山古墳群中では残りのよい墳丘


 今回紹介する岩清尾山古墳群の前期古墳、北大塚古墳と姫塚古墳は既に紹介した石船塚古墳、猫塚古墳と同様、安山岩の積石によって墳丘が築かれた珍しい古墳です。香川県高松市峰山の丘陵尾根には、こうした積石の古墳が3C半ばから4Cに連続して造られ、その形も双方中円墳、前方後円墳、方墳など多様です。

今回の北大塚古墳と姫塚古墳はともに墳長40mほどの前方後円墳です。そして北大塚古墳の前方部先には古墳群唯一の小さな方墳があります。二つの前方後円墳はこぶりながらも墳丘はよく残っています。特に姫塚古墳に積まれた岩のような石は一つ一つが大きいように感じました。二つの動画から、その変わった形がよくわかると思います。以前も触れましたが、大きいものでは30㎝ほどの石の塊が続く墳丘を歩くのはなかなか疲れます。雨で積石が濡れていたらとても撮影は難しく、訪ねる方は天候を十分にチェックすることをお勧めします。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは動画2にあるように北方向に瀬戸内海がよく見えます(撮影2016年3月24日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

竪穴式石室が見学できる貴重な前方後円墳  
 
今回紹介する香川県高松市にある前期古墳、高松茶臼山古墳は是非ともご覧頂きたい一推しの古墳です。できることなら是非、足を運んで頂きたいと思います。発掘調査に日ごろ携わっている研究者は別にして一般人が竪穴石室に入ることができる機会は滅多にありません。このブログで紹介している入室可能な石室は大半は横穴石室です。できるならば竪穴石室もと思っていたところ高松市にそれはありました。厳重な管理がなされているわけでもなく、調査のあと埋め戻しせずに見学者が出入りできるようになっています。しかも前方後円墳の後円部に第一、第二の二基も埋葬施設があり、ともによく観察できます。いやー感激です。

興味深いことに4C前半の築造と考えられるこの古墳の北北西5㎞のところに既に紹介した岩清尾山古墳群の猫塚古墳(クリックすれば飛べます)があります。荒々しい様相の積石塚古墳を皆さんは覚えておられるでしょうか。ほぼ同じ時期に造られたといわれていますが、高松茶臼山古墳はオーソドックスな前方後円墳で、前期のそれらしく前方部の幅も狭くなっています。この古墳の形状の違いは素人目からみても被葬者が異なる豪族集団に属していたことがわかります。出土した銅鏡(平縁神獣鏡)や珍しい鍬形石(腕輪の一種)からヤマト王権との関係の濃さも想像できます。

 もとに戻りますが南側の第一石室は横穴石室の羨道と錯覚しそうになるほど手前部分が掘りこまれていますが(その天井石は後円部周囲に置かれている)、北側の第二石室のほうは竪穴石室がそのまま残されており、築造時を想像することが十分に可能です。しかも端の開口部から縦に潜り込めば内部を観察することもできます。さすが高さが0.60.8mと低くカメラをもって前進することは叶いませんでした。5.9m先の奥壁はズームで撮ったものです。なお参考のためにガラス越しに見学できる竪穴石室を紹介しておきます。広島県東広島市の三ツ城古墳、愛媛県今治市の妙見山古墳、滋賀県東近江市の天乞山古墳(復元)、などが思い浮かびます(クリックすれば飛べます)。比較してご覧ください。なお高松茶臼山古墳は見つけるのに苦労しました。高松駅から琴電水田駅まで行き川添浄水場の前をとおり三叉路を右折すると左側にみえるお寺、一心院を目指してください。徒歩で30分ほどです。ここまでは楽ですが、一心亭の裏山にある古墳は標識もなく手探りでした。頂上まで登り右手に進むと古墳らしき後円部の高まりが見えてきます(撮影2016325日)。

 PNG Takamatucyausuyama zu



高松茶臼山古墳基本データ

所在地 高松市前田西町、新田町、東山崎町

形状 前方後円墳

規模 墳長75m、後円部径35m 高さ2.4m、前方部幅17m 高さ1.8m

築造時期 4C

出土品 銅鏡(平縁神獣鏡)や珍しい鍬形石(腕輪の一種、鉄鏃鉄剣等鉄製品、玉類、

埴輪、土師器等

史跡指定 県指定

特記事項 第一石室(南) 長さ5.45m 幅1m 高さ1.35m、第二石室(北)長さ5.9m 幅0.8m 
高さ0.6m-0.8m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

積石塚ではない岩清尾山古墳群の一基
 岩清尾山(いわせおやま)古墳群ではこれまで墳丘が積石で覆われた前期古墳、石船塚古墳猫塚古墳鏡塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)を紹介してきましたが、今回は6C後半から7C初頭に造られたと考えられている径10mほどの小規模な円墳の横穴石室です。岩清尾山古墳群では中期終わり頃にはもはや積石塚古墳は造られず、後期に入って今回のような全国どこにでもみられる小規模な円墳が多数造られたようです。積石塚は地域を束ねる権力者の墓、今回のような横穴石室をもつ円墳は各村落の有力者の墓とみられています。こぶりですが残りはよく、奥壁の一枚板石と持ち送りがよくわかる玄室です。ただ、ごつごつした積石塚古墳の圧倒される姿に比べると同じ古墳群に指定するのはどうかなと疑問を持ちました。説明板によると2号墳と積石塚との関係はわかっておらず、最も残りのよい石室墳であることから鏡塚、猫塚など積石塚古墳と併せて国の史跡に指定されたとのことです。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。

2号墳は管理事務所のある芝生広場の北の端にあります。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは北方向に瀬戸内海がよく見えます。




岩清尾山2号墳基本データ

所在地 香川県高松市峰山町

形状 円墳

規模 径10m 高さ2m 横穴石室 長さ6m 玄室長 3m 幅2m 高さ2m

築造時期 6C

出土品 須恵器、金環、ガラス小玉

史跡指定 岩清尾山古墳群として他の古墳とともに国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳時代前期に築かれた特徴ある前方後円墳 



 四国で最大の前方後円墳といえば墳長138mの香川県さぬき市の富田茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)、ついで徳島県徳島市の墳長105mの渋野丸山古墳(いずれアップ)、そして今回の墳長98.8mの快天山古墳の順になります。ただ前2基は中期に造られていますから前期では4C中頃の快天山古墳が最大ということになります。いずれの古墳も数字をみる限り全国の前方後円墳と比べ非常に大型というわけではありませんが動画でご覧になれるように実に堂々とし大きくみえます。おそらく周囲に墳丘をさえぎるものがないからではないでしょうか。

丸亀市のHPによればこの地域では規模の小さな積石による前方後円墳が造られていたところに突如、後円部、前方部ともに三段築成(後円部はそれ以上かも)で斜面は葺石で覆われテラスには円筒埴輪がまわる快天山の墳丘が出現したということです。しかも動画2にあるように後円部には3基の埋葬施設が確認され、いずれもくり抜き式の割竹型石棺(竹を割った形)が使用されていたとのこと。専門家の研究では割竹型木棺から石棺に変わる最初の段階であり、これ以降割竹型石棺が畿内に普及していくそうです。いずれの埋葬施設からも銅鏡はじめ豊富な副葬品が出土しています。そうしたところからもこの古墳の被葬者とヤマト王権の関連が注目されています。

アクセスは動画キャプションにも書きましたようにわかりやすいです。琴電栗駒駅から国道32号線を東に1㎞ほど歩くと住吉神社の信号があり左折するとすぐに快天山古墳の説明板があります。実は20163月にも訪れていますが撮影に失敗し二度目の訪問になります。以前は前方部と後円部の間が大きく掘削され切断されていましたが今回は修復されていてラッキーでした。しかし割竹型石棺は埋め戻され見学できないのは残念でした。おそらく香川市の石船塚古墳(クリックすればとべます)と同様のものではないでしょうか(クリックすれば飛べます。動画3でくり抜き式石棺がご覧になれます)(撮影201943日)。PNG kaitenyamakofun zu
PNG kaitenyama marugameshi zu
PNG kaitenyama marugameshi tutumiyama tono

快天山古墳基本データ

所在地 香川県丸亀市

規模 墳長98.8m 後円部68m×63.5m 高さ10.55m 3段築成以上

前方部幅30m超 高さ4.35m 3段築成 葺石あり

築造時期 4C

出土品 3基の石棺から青銅鏡(方格規矩四神鏡)、内行花文鏡、鉄鏃、斧、刀子など鉄製品、腕輪の一種の石釧(くしろ)、管玉、勾玉など玉類。円筒埴輪。

史跡指定 国指定

特記事項 3基の内2基からは被葬者と思われる人骨(女性と男性)が出土している。なお快天山の由来は墳頂に江戸時代の円福寺僧侶の快天、快山、宥雅の墓が残っているため。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ