古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 徳島県

徳島県最古の前方後円墳


   墳丘のある丘陵から50mほど下ったところを流れる鮎喰川沿いには数多くの古墳が築かれたようで宮谷古墳はその中でも最古、3C後半から末にかけて造られたと考えられています。墳長は37.5m、後円部径は25mに対して前方部長さはその半分の12.5m、幅は15.5mに留まっています。前方部がバチ型に開いている感じもします。いずれにせよ帆立貝形ほどではありませんが前方部が短いのが特徴です。その前方部先端斜面からは三枚の三角縁神獣鏡が出土しておりヤマト王権とのつながりを感じさせます(四国では他に香川県の西山古墳、奥三号古墳からのみ出土)。同時期に築かれた古墳はこの地域では確認されていないという点でも地方の豪族クラスの中でも頭一つ越えた存在であったに違いありません。

   それにしても住宅に囲まれた古墳を数多く見てきた者からすると阿波史跡公園として墳丘周辺も整備された宮谷古墳は被葬者を含め実に幸せといってよいと思います。動画からおわかりのように丘陵先端にあるために鮎喰川をはさんで徳島市方面の山並みが目に飛び込んできます。アクセスは矢野古墳のある徳島市立考古資料館(JR徳島線府中(こう)駅から徒歩30分)を出て200mほど南に下ると八倉比売神社の大鳥居が見え、それを右折するともう阿波史跡公園です。緑に囲まれた結構な登坂が続きあらためて古墳は気延山先端の丘陵に築かれているという記述を思い出しました。実は宮谷古墳の後に訪ねた円墳と方墳はより山奥にあり、林の中を歩き長い長い石段の続く八倉比売神社の裏山にありました。いずれ紹介します(撮影20191月15日)。

PNG miyatanikofun (tokushima) zu
PNG awashisekikouen miyatanikofun yanokofunn

宮谷古墳基本データ

所在地 徳島県徳島市国府町

形状 前方後円墳

規模 墳長37.5m 後円部径25m 高さ3m、前方部幅15.5m 高さ不明

築造時期 3C後半から末

出土品 三角縁神獣鏡3面

史跡指定 徳島市指定

特記事項 後円部の埋葬施設は6m×1.3mの石室に長さ5.3mの割竹形

木棺が安置されていた


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

「何これ」と思わず声が出た驚きの石室


 
 今回の徳島行きは個性的なスタイルで知られる(そう書く私も今回はじめて知った)、段の塚穴型石室のいくつかを見学しようと計画したものです。段の塚穴型古墳というのは玄室が中央がやや膨らむ胴張りで、穹窿(きゅうりゅう)式つまりドーム型の石室の一種です。既にアップした佐賀県の田古里古墳道越古墳(いずれも古墳名をクリックすると飛べます)が典型例です。しかし、段の塚穴はドームの作り方が変わっています。中ぐらいの石材を内側に迫り出すように積んでいく一般的な方法ではなく、奥壁(手前の壁も)の中段ぐらいから大きな1枚の板石を斜めに天井に向かって懸けるという実にユニークな組み立て方です。羨道から玄室に入ると石棚の上に覆いかぶさるような板石が目に飛び込んできます。正直、びっくりしました。その最大規模のものが段の塚穴(太鼓塚古墳と棚塚古墳の2基からなる)で、野村八幡神社はじめ類する石室を有する古墳を段の塚穴型古墳と呼ぶようです。専門家の調査では美馬地域に28基確認され、そのうち8基には九州や和歌山のいくつかの石室に見られた石棚を伴っているそうです(季刊、考古学45号、2018年復刻版、横穴式石室の世界)。

古墳のある美馬市の文化財担当の方にお聞きするとほとんどの古墳は吉野川の北側に並んでいるので見学はしやすいのではないかとのこと。地図をみるとたしかに最も東の東拝原古墳から段の塚穴まで12-3㎞ほどの間に点在しています。歩けない距離ではありません。それでも「歩くんですか」と「ちょっとそれは無理ではないか」とのニュアンスが伝わってきます。でも昔の人は歩いたのですよね。こういう時は意地でもあるこうという気が起こるものです(苦笑)。結局、東拝原古墳と今回の野村八幡神社古墳、段の塚穴(太鼓塚古墳と棚塚古墳)の4基を日の暮れるまでに訪ね終えました。

今回の野村八幡神社古墳は最初に訪ねた東拝原古墳よりもずっと規模が大きかったこともあり、私の受けたショックも半端ではありませんでした。「えっ、何これ」という感じです。分厚い板石の石棚もあります。動画からどこまでそのニュアンスが伝わるかはわかりませんがじっくりご覧ください。もう一つ特徴的なのは全てを結晶片岩(緑色片岩、緑泥片岩)で造っているのではなく側壁は砂岩を用いている点です。石材の調達が間に合わなかったのかはわかりませんが、独特の雰囲気を醸し出しています。加えて開口部前を遮るようにしておかれている大きな石も不思議です。羨道の手前部分の天井石といわれているようですが、敢えてどかさずにそのままにしているところがいいのでしょうね(撮影201942日)。
PNG dannotsukanagatakofun no ikutsuka
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

小ぶりですが段の塚穴型の特徴がよくわかる石室

JR徳島線で阿波池田行きに乗って穴吹まで1時間15分。吉野川沿いにひたすら西に向かいます。40㎞にも満たない距離ですがなぜこんなに時間がかかるのか不思議でしたが単線なんですね。桜の残る沿線の景色を楽しみながらようやく到着。駅前の北側にある吉野川にかかる穴吹橋を渡ると目指す拝東古墳はすぐのはずです。動画1の冒頭の光景です。

 いささか寂しいJRの車内でしたが、吉野川沿いに走る国道318号線の賑やかなこと。ひっきりなしに大型トラックや自家用車が行きかっていました。これではJRがさびれるのも無理もありません。いささか話が脱線しましたが、古墳時代に吉野川沿いにいくつもの特徴ある石室を伴う古墳が築かれているということは当時水運を使った物流を仕切っていた豪族たちの墓ということは容易に想像されます。

今回の拝東古墳。現在の墳丘は削られやせていますが径15m、高さは5mはあったようです。畑、果樹園、民家に囲まれてよくぞ残ったという感じです。所有者の文化財に対する理解がなければさっさとつぶされていたでしょう。肝心の石室ですが、見返してみると段の塚穴型と呼ばれる、奥壁が玄室天井中央部に向かって大きく傾斜するという特徴がよくわかります。しかも玄室手前の玄門の上をみると奥壁同様に天井中央部方向に大きく傾斜しています。この地方独特の造られ方がよくうかがえる石室です。なぜ、この地域だけに段の塚穴型と呼ばれる同時期の他の古墳とは異なるものが誕生したのか知りたいと思い調べましたが現在のところわかっていません。何か有益な情報を入手次第お伝えするつもりです。アクセスは冒頭に書きましたが、穴吹橋を渡り国道に出て一つ目の信号を左折するとすぐに県道12号線にぶつかります。この信号を東に少々進むとガソリンスタンドがあり、古墳は12号線を挟んだ南にあります(撮影201942日)。
PNG dannotsukanagatakofun no ikutsuka
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

奥壁の鏡石の美しさに感動

今回の矢野古墳、JR徳島線で府中駅から徒歩で30分ぐらいの山裾にあります。周囲は動画1冒頭のような光景ですが、徳島市考古資料館の真裏という好立地です。しかし、わかりにくかったのは古墳の場所ではなく府中の読み方です。素直に読めば府中ですが、「こう」と読むのだそうです。事前に資料館の方に電話をして場所を確認した際、「「府中」で下車し」の説明がなかなか分からなかったなかったのは、この府中の読み方の難しさにありました。

本当に資料館の真裏、これでは迷いようがありません。道標もしっかりしています。肝心の径13mの円墳は破壊されているものの原型をとどめ、そこに11.5mもの長さの石室が築かれています。石室には墳頂から回り込むように入ります。羨道は欠損していますが、おーっと思わず声が出たほどの完成度です。1枚の板石の奥壁の見事さ。丁寧に磨かれたそれは鏡石と呼ぶに相応しいと思いました。羨道に思えたのは複室構造の石室の前室でした。九州に多い複室からなる石室ですがこの地域では珍しい形式で、九州系の工人の手になるものか、被葬者が九州と密接な関係を築いていたのかなど想像をたくましくしてみました。羨道の天井石が石室開口部の手前に保存されていました(撮影2019115日)。



矢野古墳基本情報

所在地 徳島県徳島市国府町

形状 円墳

規模 径17.5m 高さ不明

築造時期 6C後半

出土品 須恵器、土師器、金環

史跡指定 県指定

特記事項 なし


PNG yanokofun tokushimashi basho
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ