古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ: 広島県

 今回ご紹介するのは中期古墳、それもかなり早い時期の築造といわれる東広島市の三ッ城古墳です。安芸最大の前方後円墳の被葬者はヤマト政権とも良好な関係を築いていたのでしょう。興味深いことに412年ごろの築造ではないかとの見解が研究者によって明らかにされています。興味のある方は是非、広島大学古瀬清秀教授のインタビューをご覧ください(考古学は総合科学 「三ツ城古墳」1号墳の築造年代を特定!)、http://www.hiroshima-u.ac.jp/top/kenkyu/now/no11/)。
 肝心の古墳の姿ですが、中期以降の古墳にみられる造り出しを持ち葺石で覆われた全体像は周濠があるせいでしょうか墳長92mよりもはるかに大きくみえます。とりわけ動画一つ目の市立中央図書館の駐車場側から見た古墳からは壮大な規模が伝わってきます。形象埴輪を含む埴輪は全部で1800本。その一部が立つ後円部には三つの埋葬施設がガラス越しですが見ることができますし、復原された古墳の中では秀逸だと思います。図書館内の一角にあるガイダンス施設も充実しています。

 JR
西条駅から広島大学行のバスで中央図書館前下車です。



三ツ城古墳データ

所在地 広島県東広島市西条中央

形状 前方後円墳

築造時期 5C

規模 墳長 92m 後円部径 62m 高さ13m 前方部幅67m 高さ11m

出土品 埴輪、刀剣、鏃、勾玉他

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂部には槨(かく)を有する箱式石棺2基,箱式石棺1基の埋葬施設がある。

  JR福塩線 道上駅の東を走る県道393号線を北に3㎞ほどあがった丘陵端にある大坊古墳。周囲はビニールハウスが立ち並ぶ畑地です。道上駅から歩く予定でしたが、偶然、車で移動することになり途中の景色はあまり記憶にありません。しかし、複数の古墳を短時間でまわるには車は便利ですね。肝心の古墳に戻ります。

まだ緑濃い時期だったので丘は雑草に覆われていましたが、見上げると大型の石室がドーンと開口していてびっくりしました。これは凄い。入口に立つと全長11.2mと長い石室の奥壁に残る朱がぼんやりみえます。羨道の側壁は一枚の花崗岩。あとでわかったのですが、幅も高さも凡そ2m弱なので、四角い箱の中を歩いている感じです。羨道と玄室の間にも大きな袖石があり、玄室は床に置かれた二つの石柱で前後にわかれています。二名の被葬者の棺が前室、後室にそれぞれ置かれたということなのでしょうか。石室に興味を持つと蟻地獄になると聞いたことがありますが、その気持ちがわかるような気がしました。備後、備中で他に5基の石室を見ましたが、いずれも見事でした。いつもながら工人の技術力の高さに感心するばかりです。

動画と一緒に今回の大坊古墳のある現在の福山市がどのあたりにあるかわかる地図を載せておきました。旧国でいえば備後にあたるこの地は、備前、備中とともに後期から終末期の大型の横穴石室が数多く造られています。墳丘の規模のわりに横穴石室が大型でしかもいずれも切石の花崗岩を用いている点が特徴です。ヤマトの古墳では明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)、平群町の西宮古墳(クリックすれば飛べます)や烏土塚(うどつか)(まだアップしていません)を思い出させます。石野博信編全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995)の説明でも、この地は畿内の政権と直結した地域文化が顕著と書いています(撮影2017925日)。

PNG daiboukofun cihzu

大坊古墳基本情報 

所在地 広島県福山市西中条

形状 円墳

規模 13m×10mの円墳 

横穴石室 石室長 11.2m、玄室長 5.32m 幅1.92m 高さ1.91m

羨道長 4.6m 幅 1.9m 高さ1.9m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ