古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ: 島根県

  今回紹介するのは番外編です。古墳時代直前の弥生後期の島根県出雲市にある四隅突出型として有名な西谷墳丘墓です。このブログ、古墳を動画で見るサイトは古墳時代の画期として前方後円墳の存在を強調していますが、それ以前の弥生時代にも大型の墳墓が日本の特定の地域に築かれていたことが知られています。出雲市の斐伊川近くの丘陵のはじに築かれた西谷墳丘墓群もその一つです。

C後半に造られたと考えられる3号墳は東西30m、南北40mの規模で発掘調査の結果8つの埋葬施設(主体部)が確認され、特に動画2にある朱が塗られた第4主体部からは鉄剣と玉の装身具が出土しています。また葬送儀礼に用いられたとみられる4個の大型の柱穴が周囲をめぐり夥しい数(223点)の土器が確認されています。興味深いのはそれら土器のうち61%の山陰系は当然としても丹越系(山陰東端から北陸西端)21%、吉備系(岡山)14%、不明9%と各地からのものがみられることです(出雲王登場、出雲弥生博物館特別展図録、2016)。出雲の王のためにわざわざ各地の首長がやってきたということなのでしょうが、古墳時代より以前に特定の地域間の交流は活発だったことに驚きました。

この時期、まだ紹介していませんが吉備(岡山)では造山古墳(中期)の近くで大型の弥生墳丘墓楯築遺跡が造られています。最初にアップした卑弥呼の墓ではないかともいわれる箸墓古墳の墳丘からも吉備の特殊器台の土器が採取されていることを思い出しました。白石太一郎(近つ飛鳥博物館館長)さんは日本海側の広範な地域に特に四隅突出型墳丘墓がみられることについて「弥生時代後期後半~末葉の段階に、山陰地方の有力な首長たちが共通の葬送儀礼を執り行い、四隅突出型墳丘墓という共通の様式の墳丘墓を営んでいたということは、とりもなおさず彼らが生前から強い絆で結ばれていたことを物語るものにほかならない」と述べています(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文舎2013)。

 動画32号墳は一部残存していた墳丘に当時の姿を葺石を含め復元したものですが古墳時代の墳墓とはかなり様相を異にしていることがよくわかります。四隅に突出した舌状の部分から葬送に参加する人々が墳丘に登ったようです。動画でもわかるように3号墳よりも後に造られたと考えられる2号墳の突出部分のほうが発達しています。前方後円墳の前方部も時代が下るにつれ発達してきたこととよく似ています。

 2号墳の墳丘下には発掘から復元までの様子がわかるガイダンス施設が、また墳丘墓が並ぶ丘公園入口には出雲弥生の森博物館があります。アクセスは出雲市駅からバスもありますが極端に本数が少ないので徒歩をおすすめします。山陰本線(一畑電鉄も並行して走る)の高架沿いに1kmほど東に歩き、突き当りを右折し小川沿いに東南方向に歩く(途中に妙仙寺を右手にみる)1kmほどで出雲弥生の森博物館方面の⇒が見えるので右折する。そこから500mほど。徒歩30分(撮影2016年5月12日)。


PNG nishitani funkyubo 1shusei

JR山陰本線出雲市駅から高架沿いに300mほど東方向に歩くと室町時代に開山された大念寺という古刹があります。今回紹介する古墳はその寺域にある墳長92mの前方後円墳です。今市と呼ばれるようになったのは古墳が造られたあとのことでしょうが、人々の賑わう市が開かれる要衝の地に大きな前方後円墳、しかも後円部には全国最大規模の石棺を擁する横穴石室が築かれています。斐伊川まで2㎞、日本海まで4㎞の地です。

 ただしJRの車窓からも大念寺はよくわかりますが、肝心の前方後円墳は墳丘に生い茂った雑木林に遮られてよくわかりません。本堂の右手奥にまわると墓石が多数立ち並ぶ大念寺の墓地があり、すぐ左手の高まりに横穴石室が開いています。ここが後円部西側に当たります。つまり石室のある径45mの後円部の奥に前方部があるということになります。墓地に沿って後円部をまわるとようやく前方部の墳丘が確認できました。

 約11mの横穴石室は江戸時代末期の1829年(文政9年)に行われた寺の改修の際に発見されたそうです(今市大念寺古墳パンフレット、出雲市文化財課)。玄武岩の自然石を使った羨道、前室、奥室からなる石室も見事ですが何より巨大な凝灰岩で造られた家形石棺に圧倒されます。長さが3.3m、幅が1.7m、高さが1.89mもあるのです。現在の日本人の平均身長よりも遥かに高いのですね。それに対して奥室の天井の高さは3.3mしかありません。少々バランスを欠いた印象です。その理由は私自身理解できていませんが、石棺の向かって右側横には四角の口が開いています。動画でも確認することができます。この巨大な石棺からすると墳丘はあとに造られたことが容易に想像できます。羨道の高さは1.8mしかなく石棺を通過させることは不可能だからです。

 文政年間に石室を開けた際には夥しい副葬品がみつかり、その内容は発見7年後に描かれた絵図に残されています。金銅製の履(くつ)、金環、メノウ玉・鈴等で前述パンフレットによれば金銅製の履は中国地方では2例と貴重なものだそうです。墳丘の規模、石棺の巨大さ、豊富な副葬品から、今市大念寺古墳が古墳時代後期、この地方を支配した強大な権力者の墓であることがわかります。これまで紹介した前方後円墳に造られた横穴石室と比較してご覧ください。石棺も残されている福岡県の東光寺剣塚古墳、奈良県の市尾宮塚古墳、京都府の天塚古墳、岡山県のこうもり塚古墳、群馬県の前二子古墳をあげておきます。石棺、横穴石室といっても多種多様であることがわかります。いずれもクリックすれば飛べます。

 アクセスは冒頭に書きましたように出雲市駅から徒歩で10分ほどの近さのところにあります。出雲大社、松江城だけではなく今市大念寺古墳も史跡めぐりの一つにいれてほしいものです(撮影2016年5月10日)。


PNG  imichidainenji kofun zu

今市大念寺古墳基本データ

所在地 島根県出雲市今市町

形状 前方後円墳

規模 墳長 92m、後円部径 45m 高さ 7m、前方部幅47m(測量図から推測)不明

出土品 金銅製履(くつ)、金環、メノウ丸玉、鈴、太刀、槍の先など(江戸時代 1826年に石室が発見された時に描かれた絵図による)

史跡指定 国指定

特記事項 本文で述べたように石棺は国内最大規模 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は既に紹介した今市大念寺古墳の石室に続く出雲市にある後期古墳石室、上塩治築山(かみえんやつきやま)古墳です。訪問し終わって振り返ると妙蓮寺山古墳、宝塚古墳、上塩治地蔵山古墳(いずれアップします)とどれも印象に残る石室ばかりです。国の史跡に大正時代にすでに指定されていることだけを考えても、これら遺跡の重要性がわかります。同時に、如何にこの地域を支配していた豪族が力をもっていたかの証ということも理解できました。とりわけ今回の石室の長さは島根県では最も長く14.6mを数えます。そこに大小二つの精巧な家形石棺が縦(大石棺)、横(小石棺)に置かれており、どちらも横面に穴が開いているところが(専門的には横口というそうです)目を引きます。出雲市文化財課の担当者のお話では、埋葬者は棺の中でも生きていると考えられていたようで、そのための出入りの穴(口)だったとのこと。九州の影響を受けているそうで畿内の家形石棺にはみられない特色だそうです。死生観が地域によって異なっていたということのようです。今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)の全国一の規模も同じところに穴(口)が開いていました。比較してご覧ください。こうしていくつもの石棺をみるだけでもバラエティーに富んでいて飽きません。

 墳丘自体は見た目だいぶ崩壊が進んでいるようで雑木に覆われていることもあり円墳といわれなければ小山のようにしかみえません。それでも内部の石棺を目の当たりにして不思議な感覚に襲われました。1400年もの間、時空を超えてここに存在し続けていたのです。ただそれだけなのですが・・・。

現地を訪れてわかったことは動画1の冒頭のところカメラの後側に走る県道277号にも築山古墳群を形成する円墳が4基並んでいたということでした。現在は最近整備されたばかりの道路の下になり、その姿を確認することはできません。それだけに上塩治築山古墳の遺跡としての重要性がわかります。明治20(1887)に石室は開口され、大棺からは金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土しています(上塩治築山古墳パンフレット、出雲市)。
  アクセスは出雲市駅前から循環バスを利用してもよいですが私は1㎞ほどなので歩きました。277号を南へ下り島大東を左折して左側に動画1の見学者用駐車場が見えます。その奥の小山です(撮影2016年5月10日)。


PNG kamienyatsukiyama kofun zu

上塩治築山古墳基本データ

所在地 島根県出雲市上塩治町築山

形状 円墳

規模 径46m 高さ6m

築造時期6C

出土品 大棺から金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土

史跡指定 国指定

特記事項 羨道 長さ5.8m1.8m高さ2.2m、玄室 長さ6.6m2.8m高さ2.9m

石棺() 長さ2.8m1.4m 高さ1.7m()長さ2.1m 幅1.4m 高さ1.4m

 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する前期古墳は島根県安来市荒島の中海を遠くにみる塩津山1号墳です。後述するように多くの弥生墳丘墓、古墳時代前期の古墳がこの近くには残されています。動画1で敢えて音声を残したように墳丘下には山陰道(安来道路)が走ります。このブログで紹介してきたいくつかの古墳でも高速はじめ道路が間近に迫ったり迂回したりしているところは少なくありません。私市円山古墳(クリックすれば飛べます)も朝来茶すり山古墳(クリックすれば飛べます)もそうでした。古代と現代が融合しているさまはなかなか印象的です。大きく削り取られたり消滅の憂き目にあった数々の古墳に比べればラッキーに違いありません。地元はじめ関係者の熱意の結果だろうと思います。他方、古墳史上きわめて重要で専門書にも度々登場する古墳でも現在では考えられないような光景を残しているものもあります。その代表例は椿井大塚山古墳(クリックすれば飛べます)です。現在のように文化財の保護に関心がなかった明治期に、墳丘を大きく横断する形で鉄道が敷かれています。それでも地元の方々の協力も得て、それ以上の破壊は免れ今では古墳公園として整備されています。
  話が脱線しましたが塩津山1号墳のある島根県、荒島駅付近にはまだ紹介していない前期では最大の方墳 造山1号墳はじめ弥生時代から古墳時代にかけての墳墓が軒を並べています。訪れた日も荒島駅から古代出雲王領の丘の造山古墳公園から塩津山公園、宮山公園、仲仙寺公園と半日かければ歩くことができました。もっとも雨にも遭い塩津山1号の動画2ではご覧のようなことになってしまいました。古墳の足回りは決してよいとはいえず訪れる皆さんはよく注意して頂きたいと思います。塩津山1号は弥生墳丘墓、角がヒトデのようになっている四隅突出型の名残りのような形をとどめており復元に際しても注意が払われたようです。興味深いのは墳頂には6基もの埋葬施設があったそうで25m×20mの面積の割には多くの人々が葬られている印象を持ちました。古墳時代の前期初頭には後の時代のように後円部に一人の権力者が眠るという習慣はまだなかったのでしょうか。荒島から西に50㎞ほど離れた出雲市の西谷墳丘墓(クリックすれば飛べます)とも比較しながらご覧ください(撮影日 2016年5月11日)。




PNG shiotsuyama1gou zu

塩津山1号墳基本データ

所在地 島根県安来市荒島町

形状 方墳(弥生墳丘墓の名残りあり)

規模 南北25m 東西20m 高さ3m

築造時期 4C

出土品 壷型土器、高杯・鼓形器台、特殊円筒器台土器

史跡指定 国指定

特記事項 中海を見下ろす標高50mの山間に位置


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介する岡田山古墳群の1号墳は前方後方墳の墳丘もさることながら出土した円頭太刀に銀象嵌で額田部臣と書かれていることがわかり一躍有名になりました(重要文化財に指定され展示館で常設展示されています)。古墳時代の文字資料はさきたま古墳群の稲荷山鉄剣はじめ非常に限られているからです。

 八雲立つ風土記の丘の展示館から至近の距離にある1号墳は動画1でわかるように遠くからその姿を確認することができます。小規模な前方後方墳ですが前方部手前に24-5m四方のテラスが付属しているためにより大きくみえます。その手前の2号墳は径43mの円墳が小さくみえるぐらいです。残念ながら両古墳ともに墳丘は登頂禁止なので1号墳の後方部と前方部の関係、前方部と大きなテラスの関係はよくわかりませんでした。岡田山古墳群は両古墳に加え、小規模な古墳5基からなっています。

 1号墳の後方部の西側には長さ5.6mの横穴石室が開口していて組合式家形石棺が置かれています。不思議なのは長さ1.5mしかなく高さ0.9m、幅も0.8mしかないことです。かなり小型です。副葬品も前述の太刀に加え、銅鏡、玉など多数発掘されています。ただ、石室と石棺がともに残り、しかも公開しているものは決して多いとはいえません。これまでアップしているものを思いつくままに並べてみると奈良県の都塚市尾宮塚赤坂天王山、佐賀県の西隅、岡山県のこうもり塚、群馬県の宝塔山、静岡県の賎機山といったところでしょうか。是非、比較してごらんください。古墳名をクリックすると直接飛べます。

 それにしても八雲立つ風土記の丘に眠る古墳は幸せです。周囲に墳丘を遮るものがほとんどなく築造当時の姿を想像することが十分に可能です。

 アクセスはJR松江駅一畑バス④乗り場 八雲行きで30分ほど。風土記の丘入口で下車して進行方向に進むと右に小さな坂があります。そこを登ると展示館裏の駐車場に出ます。交通量が多いのでご注意ください(撮影2016年5月12日)。
PNG okadayama1&2 zu shusei




岡田山1号墳と2号墳基本データ

所在地 島根県松江市大草町

形状 1号 前方後方墳 2号 円墳

規模 1号 墳長24m、後方部辺11.5m 高さ3.5m、前方部幅11.5m 高さ3m

三段築成 2号 径43m 高さ6.5m

出土品 埴輪、須恵器、鏡、鉄刀(銀象嵌銘あり)、鉄鏃、鞍金具等多数

史跡指定 国指定

特記事項 銀象嵌銘のある円頭太刀は国重要文化財



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は既に紹介した今市大念寺上塩治築山古墳(いずれもクリックすれば飛べます)の石室に続く出雲市にある後期古墳石室、上塩治築山古墳です。まだ妙蓮寺山古墳、上塩治地蔵山古墳(いずれアップします)をアップしていませんが、どうして古墳時代後期にこれだけ立派な石室をもった墳墓が集中して出雲の地域に築かれたのか謎は深まるばかりです。畿内の古墳にも石棺が残っているところは数多くありますが、狭い地域に集中してこれだけ特徴のある石棺が揃い、どれも入室して観察できるところはないと思います。その意味でも貴重です。

ただ今回の宝塚古墳は方墳か円墳かもわからないほど墳丘の損傷が激しく、羨道の天井石も崩れ落ちているのが残念です。もっとも切石積みの石室内部及び石棺は上塩治築山古墳同様に高度な技術が用いられていることが誰にでもわかる素晴らしいものです。武骨な自然石が積まれた壁も個人的には好きですが、凝灰岩の切石積みは加工技術の進歩をうかがわせる恰好の材料です。今回の石棺も今市大念寺、築山と同様、横口式石棺で大きく長辺の一つが刳り貫かれています。ここから被葬者の魂は棺の内外を行き来したということなのでしょう。

アクセスは簡単です。JR山陰本線西出雲駅のホテル前の道を277号線まで進み北東方面に800mほどで左に出雲西高校が見えます。高校方面に左折すると動画1の光景がみえます(撮影2016年5月12日)。



宝塚古墳(出雲市)基本データ

形状 方墳か円墳か不明

規模 不明 石室 長さ3.6m、幅2m、高さ2.5

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の前期古墳は島根県安来市にある方墳2基です。造山古墳群の3号墳と1号墳(紹介順)。複数の古墳群からなる古代出雲王領の丘公園にあるいくつかの古墳群のうちのひとつです。頂上に登ると中海が眼下に広がる丘陵上に前方後方墳と複数の方墳が並びます。3号墳は38m×301号墳は60mもあります。前期古墳の方墳では全国で最大規模といわれ二段築成の様子が現在でもよくわかります。残念ながら墳丘に立つことにできる整備された3号墳と違い、1号墳は外周からの観察にとどまります。動画でおわかりのように谷越しに見る墳丘は、雑木林がおい茂り、よほど注意しなければ古墳であることはわかりません。3号墳や2号墳(前方後方墳)については標識がありますが、前期方墳では最大規模を誇るという肝心の1号墳は標識すらありません。1号墳は存在しないことになっている感じです。

安来市に電話してようやく見つけることができましたが、聞けば民間人の所有だからというものでした。市には所有者の方の理解を得られるよう粘り強い話し合いをお願いしたいと思いました。意外に思われるかもしれませんが古墳の相当数が民有地にあります。文化財として広く公開したいという考えの方ももちろんおられますが、既に耕作されている田畑の隅に古墳が造られている場合もあり、部外者に公開は難しいというところも多いようです。行政側が少しずつ古墳のある土地を買い上げて史跡整備にまでこぎつけたというところもあります。

 話が脱線しましたが、この出雲の古墳は、なるほどと思う特色があります。今回の2基もそうですが、方墳が多いのです。規模が被葬者の地位の裏付けという考え方からすれば、1号墳は当時の首長級の墓であったに違いありません。ということは前方後円墳、後方墳、円墳、方墳という古墳の一般的ランク付けは出雲では通用しそうにないということになります。ここで思い出すのは至近の距離に造られ既に紹介した時期的にはさらに古い塩津山1号墳(クリックすれば飛べます)も方墳でしたし、四隅突出の西谷墳丘墓(弥生墳丘墓)(クリックすれば飛べます)も、方墳の四隅の足をとれば方墳、いずれ紹介する造山2号墳は墳長50mの後期の前方後方墳です。全国的にみても後期に前方後方墳が造られるのは珍しく、同じ出雲の地域に墳長90mの山代二子塚古墳があります。方墳というのがこの地域のキーワードに思われます。荒島駅から今回の方墳2基がある古代出雲王領の丘公園から塩津山公園、宮山公園、仲仙寺公園と歩くのがよいでしょう(撮影2016511日)。

PNG zouzan3goufun zu
PNG zouzan1goufunzu

PNG zouzankofun3gou&1gou ichikannkei

造山古墳群(3号墳)(1号墳)基本データ

所在地 島根県安来市

形状 方墳

規模 3号墳 38m×30m 高さ不明、1号墳 60m 高さ5m(谷側二段築成)

築造時期 4C

出土品 銅鏡(三角縁神獣鏡)、太刀、玉類

史跡指定 国指定

特記事項 1号墳はこの時期で全国最大の方墳。民有地にあるために公園内案内図にも図示されていないので注意



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村続きを読む

↑このページのトップヘ