古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った山梨県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 滋賀県

埋葬施設も復元されたわかりやす古墳公園
 東海道線を大津から琵琶湖に沿って草津、野洲と進むと近江八幡駅に着きます。そこから南方向に未盗掘古墳として有名な雪野山古墳があり、その近くに今回の天乞山(あまごい山)古墳を含む9基からなる木村古墳群があります。いずれ紹介する久保田山古墳と天乞山の二基だけがどこまでも続きそうな田畑のなかに復原整備(あかね古墳公園)されています。雪野山古墳とは違い平野部に盛り土をした巨大な方墳です。
  近江鉄道バスで20分ほどあかね古墳公園前に降り立った時の感動はなかなかわかって頂けないかもしれません。周辺に遮るものが何もない青空に映える二基の古墳。巨大なモニュメントが聳えていました。古代の権力者が「見せるために」造った大建造物の真骨頂がそこにはありました。その時点(20131021日)では静止画像しか撮っていなかったので、アップした動画は再訪した最近のものです。葺石の間から下草が顔を出していたのが残念でした。
  方墳は前方後円墳、前方後方墳よりは格下の人物の墓と考えられていますが、地方豪族の墓としては堂々たる規模だったといえないでしょうか。一辺65mの天乞山古墳は5C前半に築造されたと考えられていますが、同時期に方墳では日本一の規模を誇る一辺90mの桝山古墳が橿原市に造られています。崇神天皇の皇子である倭彦命(やまとひこのみこと)の墓に比定されています。

JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行であかね古墳公園前下車。バスは一時間に1本です(撮影2015年5月27日)。

PNG amagoiyama zu


天乞山古墳との対比が美しい
 今回はつい最近アップした天乞山古墳(方墳)とともに木村古墳群を形成する滋賀県東近江市の久保田山古墳を紹介します。円墳です。

 幾ちゃんのこだわりで触れたように古墳時代の序列では前方後円墳が最上位、ついで前方後方墳、方墳、最後に円墳というのが通説のようです。その見方からすれば地方の豪族、それも最も有力者ではなかったということになるのでしょう。でも復原された二段築成、直径57m、それも二つの造り出しつき葺石で覆われた円墳をみると、半端ではない権力者だったのではないかと思えてきます。それは、未盗掘古墳として有名になった墳長70mの雪野山古墳を含め、このあたり一帯に築かれた4Cから6Cにかけての数ある古墳の中では大規模なものといってよさそうだからです(データは方墳の天乞山古墳墳頂の説明板)。

  周囲はどこまでも続く平野という感じですが古墳築造には不可欠な河川、日野川が南西方向1kmのところにあります。築造時期は天乞山古墳よりは5C前半でも少々あとになるようです。

 JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行であかね古墳公園前下車。バスは一時間に1本です(2015年5月27日)。
PNG kubotayam zu



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

琵琶湖を見下ろす前期前方後方墳
 
PNG oujiyama zu



  今回紹介するのは琵琶湖沿いにある近江神宮近くの皇子山山腹に残る前方後方墳です。4C後半に造られたとされる墳長は約60mしかなく決して大きくはありません。しかし動画でご覧いただければわかるように訪れた季節がよかったのか、冬枯れに舞う落ち葉が見事です。くすんだ葺石の色とのハーモニーをお楽しみください。私は復原に際して琵琶湖側にしか葺石を貼らなかったのではと考えたのですが、勘違いでした。当初から葺石が敷かれた前方部は琵琶湖側が極端に広がり、見せる古墳の意図が明白だったようです。さぞかし琵琶湖から見上げる皇子山古墳の雄姿は人々の心に焼き付いたに違いありません。動画3では後方部の埋葬施設(区画されたところ)も映っています。すぐ近くには直径20mの円墳、二号墳もあります。古墳のある錦織地区は後に大津宮が営まれたとされ遺跡発掘が行われました。駅から古墳の途中にありますから興味のある方は寄られたらいかがでしょう。勿論、大津宮からも古墳は見えたはずです。どんな気持ちで宮の人々は古墳を眺めていたのでしょうか。

 アクセスは京阪電鉄近江神宮前駅から徒歩で西側に向って15分ほど。公園になっているが入口が住宅地内にあるので少々わかりにくいと思います。私は大津錦織郵便局でお聞きしました(撮影2015年1月27日)。今回紹介するのは琵琶湖沿いにある近江神宮近くの皇子山山腹に残る前方後方墳です。4C後半に造られたとされる墳長は約60mしかなく決して大きくはありません。しかし動画でご覧いただければわかるように訪れた季節がよかったのか、冬枯れに舞う落ち葉が見事です。くすんだ葺石の色とのハーモニーをお楽しみください。私は復原に際して琵琶湖側にしか葺石を貼らなかったのではと考えたのですが、勘違いでした。当初から葺石が敷かれた前方部は琵琶湖側が極端に広がり、見せる古墳の意図が明白だったようです。さぞかし琵琶湖から見上げる皇子山古墳の雄姿は人々の心に焼き付いたに違いありません。動画3では後方部の埋葬施設(区画されたところ)も映っています。すぐ近くには直径20mの円墳、二号墳もあります(撮影2015年1月27日)。

皇子山古墳データ

所在地 滋賀県大津市錦織

形状 前方後方墳

規模 墳長60m 後方部幅35m 高さ6m、 前方部幅28m 高さ4m

築造時期 4C後半

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後方部に、前方部に確認されているが数については
資料によって異なる

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

小型前方後円墳に三つの横穴石室
 今回は7C前半、終末期の八幡社46号墳を紹介します。古墳は未盗掘のままで発掘され、話題を呼んだ東近江市の雪野山古墳の山裾にあります。前方後円墳の46号墳は八幡社古墳群として11基の円墳とともに県指定史跡となっています。

 変わっているのは墳長21mと小規模の前方後円墳に三つの埋葬施設があることです。つい最近紹介した三島の向山3号墳よりも小さいですね。そこに全長7mほどの横穴石室が後円部(A)、くびれ(B)、前方部(C)にそれぞれ造られています。この時期、畿内では既に大型の前方後円墳は造られなくなっていましたから、できるだけ効率よく埋葬しようとしたのでしょうか。一つの横穴石室に追葬するという方法もあったはずですが、そうはしてはいません。追葬するには石室が小さすぎたのでしょうか。色々なことを考えてしまいます。

同じ頃、東国では、既にアップ済みの宝塔山(624日)、蛇穴山古墳(629日)(いずれも方墳)の仏教の影響も受けた見事な切石細工による石室が造られていましたが、こちらは素朴な荒々しさをとどめた石室です。ヤマト王権に近いのになぜという気もしますが、宝塔山、蛇穴山古墳の被葬者はヤマト王権に近く、他方距離的にはともかく、46号墳の被葬者は在地の豪族にすぎなかったということなのでしょうか。興味は尽きません。

 アクセスは天乞山(623日)、久保田山両古墳(627日)と同様、JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行で羽田西下車。徒歩20分で雪野山歴史公園につきます。バスは一時間に1本です(撮影2015年5月27日)。

PNG hachimansha46 zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 


 



↑このページのトップヘ