古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 大阪府

  猪名川流域で初期に造られた前方後円墳
 阪急宝塚線の池田駅を降りると車が絶えることのない国道176号線が通り、その向こう北東方向に高台が見えます。標高350mほどの五月山の麓です。目指す池田茶臼山古墳はそこにありました。直線距離で1㎞ほどですがうねった登坂が続くために20分以上かかりました。池田駅の西側500mほどのところには大阪湾にそそぐ猪名川が流れています。この猪名川流域には古墳時代に中小規模の古墳が多数築かれたようで「古墳時代の猪名川流域」(池田市立歴史民俗資料館、2010)という書籍も出版されています。既に紹介した大石塚・小石塚古墳、大塚古墳(いずれも桜塚古墳群)、中山荘園古墳も猪名川流域にあります。いずれ紹介する横穴石室がある前方後円墳二子塚古墳もみることができます。

 肝心の池田茶臼山古墳ですが、公園として保存整備されてきたそうです。周辺にはマンションが立ち並ぶなかに忽然として現れる古墳は、よほどの地元の声がなければ残らなかったのではないでしょうか。ただ、残念なことに墳丘を自然のままにしているために土壌の流出が激しく、このままではいずれ前方後円墳には見えなくなってしまうのではないかとの不安を感じました。かろうじてみえる後円部からの前方部は幅が狭く未発達です。前期の前方後円墳の典型がみてとれます。

 アクセスは地図上はわかりやすいですが一苦労でした。親切なご婦人に近くまで案内してもらいました。あとで池田市立中学校を目指すのがよいことがわかりました。古墳は校庭の東側にあります。歴史民俗資料館は火曜日が休館で駅前の観光案内所もお休みです。ご注意を(撮影2016年4月7日)。









にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

池田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府池田市五月丘

形状 前方後円墳

規模 墳長 62m、後円部径33m 高さ6.45m、前方部幅18m 高さ3.45m

築造時期 4C

出土品 椀型土師器、管玉、埴輪円筒棺

史跡指定 府指定

特記事項 なし




PNG ikedachausuyama zu

  タヌキが棲息することで知られる前方後円墳
 JR
阪和線百舌鳥駅から南西方向に400mほど歩くと線路沿いに百舌鳥古墳群の一つ墳長146mのいたすけ古墳が見えます。高度成長期のはじまりの頃、宅地開発のための土砂採取で墳丘が削平されそうになった時、ストップをかけたのが堺市の市民の運動だったそうです。墳丘を囲む周濠沿いの桜はそれは美しく(動画1)、市民の皆さんのお陰で後世の我々はこの景色を楽しむことができる、そう思わざるを得ませんでした。

百舌鳥古墳群は、既に紹介した箸墓古墳(クリックすれば飛べます)などオオヤマト古墳群、塩塚古墳(クリックすれば飛べます)の含まれる佐紀古墳群が奈良に築かれたのに対して大阪、河内平野の堺市の近隣4㎞四方ほどに造られています。時期的にもくだります。それにしてもあちらを見てもこちらを見ても古墳だらけです。この界隈だけでもいたすけ古墳、大仙古墳(仁徳天皇陵)(クリックすれば飛べます)に加え、駅前の交番裏には墳長102mの前方後円墳の長塚古墳があり、いたすけ古墳の北東200mには墳長203mの御廟山古墳があります。古墳群の墳墓の巨大性と凝集性にあらためて驚かされます。広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)によれば百舌鳥古墳群には39基の前方後円墳を含む108基が造られ、墳長200m以上の前方後円墳が4基、100m以上が7基も含まれるそうです。486mの大仙古墳、365mの上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)も百舌鳥古墳群です。この数字だけでも驚かざるを得ませんが、それらが4C末から6C後半の約150年ほどの間に造られているというのですから二重の驚きです。

肝心のいたすけ古墳ですが群中、墳丘に近づいて見ることのできるという意味では貴重かもしれません。巨大古墳は宮内庁の陵墓指定のために遠くから眺めるしかないからです。とはいえ、いたすけ古墳も墳丘そのものは動画でご覧いただければおわかりのように生い茂る木々に隠れ全く確認できません。三段築成といわれてもねえとため息が洩れてきます。それに動画2でご覧いただける墳丘南側に半壊状態のまま放置されたコンクリートの橋はなんなのでしょう。聞けば開発が進められている時に土取りのために造られたものだそうですが、なんとも無粋です。墳丘に棲みついたたぬきが時折、壊れた橋まで姿を現すというエピソードとともに、これでよいのだろうかと考えざるを得ませんでした(撮影2016年4月7日)。

PNG itasukekofunzu

いたすけ古墳基本データ

所在地 大阪府堺市

形状 前方後円墳

規模 墳長146m、後円部径 90m 高さ12.2m、前方部幅 99m 高さ11.4m、三段築成

築造時期 5C

出土品 衝角付冑埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 百舌鳥古墳群にあって数少ない宮内庁が管理していない古墳、陪塚の一つ善右ヱ門古墳が残されている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  ヘリコプターで見下ろしてみた墳長365mの前方後円墳
 今回の中期古墳は5C前半(論者によっては初頭)に造られたとみられる全国の第三位の規模、墳長365mの巨大古墳、履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)です。既に紹介した仁徳天皇陵(大仙古墳)(クリックすれば飛べます)いたすけ古墳(クリックすれば飛べます)等と同様、百舌鳥古墳群に属しています。

江戸時代の絵図には履中天皇陵の表記がみられ、上石津ミサンザイ古墳の上石津は堺市に古墳の所在地が編入される前、泉北郡神石村の大字が上石津だったためのようです。遺跡の名称は考古学者の森浩一さんによれば「その所在地の大字や小字によるところが原則で、登呂遺跡や唐古・鍵遺跡(奈良県にある弥生時代の環濠集落遺跡、筆者注)などもすべてその原則にしたがっている」(森浩一編、日本の古代5、前方後円墳の世紀、中公文庫、1996年)のだそうです。知りませんでした。

もう一つカタカナ表記のミサンザイも不思議です。通説では陵の読み方ミササギが訛ってミサンザイとなったようです。既に紹介した土師ニサンザイ古墳のニサンザイも同様です。古墳の世界に迷い込むと次から次へと疑問が湧いてきます。専門家やプロはだしの古代史ファンには常識であっても戸惑うことが多く躓きそうになります。
 それにしても墳長365mの古墳は見事です。ヘリコプターによる上空からの様子は動画1でわかるように前方部が発達した典型的な中期古墳です。すぐ横にはいたすけ古墳も見えます(400mほどの距離)。奥の森状の仁徳天皇陵(大仙古墳)とは違い、地上に降りても墳丘を遠目に観察できるためにその大きさを感じることができます(動画1と動画3)。とはいえ周濠越しに見る墳丘は古墳の世界に関心のない人にとっては単なる緑の山です。
 宮内庁が被葬者としている履中天皇かどうかについても根強い異論があります。出土した土器、埴輪などの考古学的な成果からすると履中天皇陵の父である仁徳天皇陵の築造時期のほうが新しいといわれています。白石太一郎さんは5Cに入り最初に築かれた巨大古墳が上石津ミサンザイ古墳、ついで古市古墳群の誉田御廟山古墳(応神天皇陵、全国第二位の巨大古墳)、そのあとに大仙古墳(仁徳天皇陵)が造られたとみています(古墳からみた 倭国の形成と展開、敬文舎、2013)。
 JR阪和線百舌鳥駅から南西方面に500mほど下ったところにあります。徒歩7-8分(撮影2016年4月7日)。
大阪・奈良大型古墳分布図
PNG richutennnouryou zu



履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)基本データ

所在地 大阪府堺市西区

形状 前方後円墳

規模 墳長 365m、径205m 高さ27.6m、前方部幅235m 高さ 25.3m

築造時期 5C

出土品 不明

史跡指定 なし 宮内庁が履中天皇陵に治定

特記事項 全国で第3位の巨大古墳。陪塚が10基あったといわれる。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

仁徳陵(大仙古墳)よりは古い前方後円墳

PNG Gobyouyama zu


 大阪方面からJR阪和線に乗り百舌鳥駅で下車すると踏切を越えた右後に仁徳天皇陵(大仙古墳)が見えます。踏切を越えず左に100mほど歩くと目指す御廟山古墳の緑濃い墳丘が住戸の間からのぞきます。うーん。幅広の周濠に囲まれた墳長203mの前方後円墳は動画でご覧頂ければわかるように堂々たるものです。くびれもよくわかります。北側前方部寄りから接近したのですが、中期特有の前方部の発達ぶりも確認できます。百舌鳥古墳群の中では仁徳陵履中陵土師ニサンザイ古墳(いずれもクリックすれば飛べます)に次ぐ規模です。既にアップ済みのいたすけ古墳よりは50mほど大きくなります。残念ながら百舌鳥古墳群の大半の大型前方後円墳がそうであるように、御廟山も宮内庁が陵墓参考地に指定しています。なんと応神天皇の墓の第2候補だというのです。現在の応神天皇陵が誤りであった場合に代わって御廟山古墳が応神天皇陵として繰り上がるわけですが、なんとも不思議です。

 加えて宮内庁管理(濠は堺市)のために墳丘に登ることはもちろん、一般人には接近することも叶いません。仁徳天皇陵、履中陵と既に紹介した墳丘と美しくはありますが同じように見えるのはそうした根本的な問題にありそうです。当然、発掘調査は行われておらず埋葬施設も副葬品もわかっていません。ただし護岸工事のために宮内庁と堺市が行った調査から円筒埴輪列、葺石が確認をされています(御廟山古墳の発掘成果、堺市)。5C半ばの築造でも埴輪の特徴から仁徳天皇陵よりも古いと専門家はみているようで倭の五王の側近の墓ではないかと考えている人もいるようです。そこまでわかってなぜそれ以上発掘調査ができないのか隔靴掻痒の感は免れません。なお、御廟山のいわれは応神天皇の御廟というところにあるようです。アクセスは冒頭に書きました(撮影2016525日)。

御廟山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市

形状 前方後円墳

規模 墳長203m、後円部径113m 高さ17m、前方部幅136m 高さ17m

三段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定

特記事項 百舌鳥古墳群中第4位の墳長



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ